お風呂を最上級の癒しの時間に!
ピントルの入浴剤専門ページ

もう迷わない!目的に合わせた入浴剤の効果と上手な選び方

入浴剤の効果と上手な選び方やポイント

お風呂に入る時、ただ湯船に浸かるだけでも体にリラックス効果などを与えてくれますが、入浴剤を使うとさらに高い効果を期待することができます。ただし、全ての効果が入った入浴剤というものはなく、それぞれ得たい効果に合わせて購入する必要があります

それならば購入するとき、何を基準にすればいいのか、気になる方もみえることでしょう。実際に謳い文句だけを見ても、どの入浴剤にしようか迷ってしまうこともあると思います。

そこでこちらでは購入時に迷わなくていいように、目的に合わせた入浴剤の効果と上手な選び方をご紹介してきます。

スポンサーリンク

入浴剤の効果

入浴剤の効果

冒頭でも触れた通り、全ての効果を得られる入浴剤というものはありません。それは人それぞれ肌質が違うためでもあります。そのため入浴剤を入れた時の効果は種類によって異なります。購入するときに迷わないためには、まず入浴剤の種類とその効果を知っておくことが大切なのです。

まずはこちらで入浴剤の種類を知っていただきましょう。

入浴剤の種類

入浴剤の種類は成分によって大きく分けると6種類になります。この分類ごとの効果を知っておくことで、効果に合わせて商品を選びやすくなります。それぞれの特徴をここで見ていきましょう。

無機塩類系入浴剤
現在の価格はコチラ

こちらは温泉由来成分から作られた最もポピュラーな入浴剤です。

主には粉末状で、バリエーションも豊富となっています。主成分はミネラルとなっており、それらが皮膚のタンパク質(アミノ酸)と結合し、皮膚の表面にベールを作ることで保温効果を高め、湯冷めしにくくしてくれるのが特徴です。

そのため、冷え性で手足が常に冷たい方、風邪をひきやすい方、湯冷めしやすい方に効果が期待できる入浴剤となっています。また他にも洗浄効果も期待できるのも特徴となっています。

>>人気バスソルトおすすめランキングはコチラ

>>人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキングはコチラ

炭酸ガス系入浴剤
現在の価格はコチラ

入浴剤としてはイメージの強い製品です。炭酸水素ナトリウムなどの炭酸塩とクエン酸などの有機酸類を組み合わせることにより炭酸ガスを発生させます

それによりお湯に入れるとシュワシュワと泡を出しながら溶けていき、炭酸ガスが皮膚から浸透して血管を広げ血流を促進し、体を芯から温めてくれます。また血液の循環が良くなることで新陳代謝が促進され、疲労回復や痛みが回復しやすくなります

無機塩類系同様に保温効果もあるのも特徴です。

>>炭酸入浴剤の効果と選び方や使い方はコチラ

酵素系入浴剤
現在の価格はコチラ

無機塩類系にタンパク質分解酵素を配合したものがこの入浴剤になります。

成分としてはパパイヤに含まれるパパインなどが代表的です。保温効果はもちろんのこと、酵素の働きで皮膚の脂肪分やタンパク質、デンプン質を分解し、毛穴の汚れや老廃物を除去しやすくなるため、肌が清潔で滑らかになります。

さらに清浄効果が高いので、背中やデコルテのニキビにも効果が期待できるのが特徴です。

>>人気の入浴剤おすすめランキングはコチラ

スキンケア系入浴剤
現在の価格はコチラ

無機塩類に保湿成分を含ませたもので、肌を美しくする成分が入った入浴剤です。

皮膚の角質を軟化し、保湿成分が角質層まで浸透するため、お風呂上りの肌は全身しっとりと滑らかになっています。また汗疹やひび、垢切れの予防にも適しており、乾燥肌の方には特に効果が期待できる入浴剤です。

白濁とした濁り系が多く、とろりとした肌触りが特徴となっています。

>>人気の高保湿入浴剤おすすめランキングはコチラ

生薬系入浴剤
現在の価格はコチラ

主成分にショウガやミカンの皮など生薬やハーブが含まれれているのが特徴となっています。

その効果は含まれる植物によってバリエーション豊かです。生薬やハーブの独特な香りは高いリラックス効果があり、最近ではアロマテラピー関連の入浴剤も多く取り扱われています。

寝つきが悪い方やストレスが溜まっている方、気分転換したい方には効果が期待できる入浴剤です。

>>人気の薬湯・生薬系入浴剤おすすめランキングはコチラ

発汗系入浴剤
現在の価格はコチラ

無機塩類系や炭酸ガス系に、発汗作用を高める成分を配合した入浴剤です。

鳩尾まで浸かる半身浴をすることで、心臓に負担することなく全身を温めることが可能となっています。また発汗系であるため血行が促進され新陳代謝が活発になることで、脂肪が燃焼されやすくなると言われています。

続けることで大きな効果を期待することもできます。

>>人気の発汗向け入浴剤おすすめランキングはコチラ

>>人気のゲルマニウム入浴剤おすすめランキングはコチラ

目的別:入浴剤の上手な選び方

目的別:入浴剤の上手な選び方

さて分類については分かっていただけたところで、それで選ぶこともできますが、情報を精査しただけでは選ぶのにまだまだ悩んでしまうと思います。このまま入浴剤選びをしてしまっては失敗する可能性も出てきます。そこで上手な選び方をするには分類だけでなく、目的によって選ぶと失敗が少なくなります

そこでここからは肌の性質に合わせた目的別の入浴剤の上手な選び方を見ていきたいと思います。

体を芯から温めたい人向けの入浴剤

現在の価格はコチラ

まず入浴剤を入れる理由としてよく挙がる体を芯から温めたい方向けの入浴剤には無機塩類系がおすすめです。

上述した無機塩類系の特徴を見てもらっても分かる通り、主な成分はミネラルと言う事で、保温効果を高め、湯冷めしにくくなっているので、無機塩類系入浴剤を入れた湯船にゆっくり浸かるだけで体を芯から温め、冷めにくくしてくれます。

無機塩類系入浴剤にはバスソルトが分類されます。バスソルトは天然成分だけを使った商品が多く、安全性の高い入浴剤となっています。さらに保温効果だけでなく、その他の効果も得られるのでおすすめです。

>>人気バスソルトおすすめランキングはコチラ

>>人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキングはコチラ

肩こりなど体の疲れを取りたい人向けの入浴剤

現在の価格はコチラ

肩こりなど体の疲れを取りたい方は炭酸ガス系がおすすめです。

湯に溶けた炭酸ガスが皮膚から浸透して血管を広げ血流を促進してくれます。それにより体内の新陳代謝が促進され、老廃物や疲労物質が排出されるので、肩こりが緩和し、疲労回復が促されるのです。また体を芯から温める効果も得られます。

ただ、無機塩類系の方が効果は高いので、こちらでは付属効果と思っていただくといいでしょう。

炭酸ガス系入浴剤は商品としても分かりやすいので商品選びで失敗することが少ないものでもあります。ただ炭酸ガス以外の効果も期待できる商品が多いので、一緒に得たい効果も合わせて見ていくと選びやすいでしょう。

>>炭酸入浴剤の効果と選び方や使い方はコチラ

毛穴の汚れや皮膚の老廃物を取り除きたい人向けの入浴剤

現在の価格はコチラ

毛穴の汚れや皮膚の老廃物を取り除きたい人は酵素系の商品をおすすめします。

無機塩類系にタンパク質分解酵素を配合したものがほとんどであるため、汚れの元である皮脂の脂肪分やタンパク質、デンプン質を分解して綺麗にしてくれます

無機塩類系に分類されるバスソルトはスクラブ剤として使用されることが多く、同様に毛穴の汚れや皮膚の老廃物を取り除く効果があります。しかし、スクラブ剤は擦りつけてマッサージをしないとしっかりと汚れを落とすことができません。

それに対して酵素系は入れておくだけで肌の汚れを分解してくれるので非常に便利なのです。

>>人気の入浴剤おすすめランキングはコチラ

肌が乾燥しやすかったり、肌をきれいにしたい人向けの入浴剤

現在の価格はコチラ

肌が乾燥しやすい方やきれいにしたい方はスキンケア系をおすすめします。

スキンケア系というだけあって、この入浴剤を入れておくだけで皮膚の角質を軟化してくれるので、保湿成分が角質層まで浸透するのでしっかりと潤いを与えられ、乾燥肌の改善効果が期待できます

さらにとろとろのテクスチャーのものがほとんどなので、しっとりとした肌触りに仕上げてくれることで、肌をきれいにしてくれるのも、この入浴剤の特徴となっています。

>>人気の高保湿入浴剤おすすめランキングはコチラ

リラックスしたい、自分に合った効果の入浴剤がほしい人向けの入浴剤

現在の価格はコチラ

リラックスしたい方は生薬系のものをおすすめします。

生薬系は名前の通り生薬や薬湯の成分、漢方が使用されているため、独特の香りが高いリラックス効果をもたらしてくれます。また生薬の種類によって効果に違いがあるので、リラックス効果にプラスして自分の求める効果が得られる入浴剤を選びやすくなっています。

>>人気の香りがいい入浴剤おすすめランキングはコチラ

新陳代謝を活発にしてダイエットしたい人、デトックスしたい人向けの入浴剤

発汗向け入浴剤 バスソルト ゲルマニウム入浴剤

新陳代謝を活発にしてダイエットしたい方やデトックスを目的とする方には発汗系のものがおすすめです。

こちらは無期塩類系や炭酸ガス系に分類されるものに、さらに発汗作用を高めたものとなるので、ゆっくり浸かるだけでいつも以上の汗をかくことができます

この効果が期待できる商品としてはバスソルトも入りますが、話題のゲルマニウム入浴剤も含まれます。どちらも発汗作用に加えて入浴剤によく見られる高い効果を期待できます。

>>人気の発汗向け入浴剤おすすめランキングはコチラ

>>人気バスソルトおすすめランキングはコチラ

>>人気のゲルマニウム入浴剤おすすめランキングコチラ

スポンサーリンク

入浴剤の上手な選び方のポイント

入浴剤の上手な選び方のポイント

入浴剤を選ぶベースとなる部分はこれで理解していただけたと思います。目的別で選ぶことで失敗も少なくなりますが、それだけでは本当に自分に合うものが選べるか、と言われればまだ不足しています。

入浴剤は成分だけでなく、以下のようなお得なポイントをおさえておくと、自分に合う入浴剤を上手に選べるのです。

  • 入浴剤の香りで選ぶ
  • 入浴剤の色で選ぶ
  • 低刺激かどうかで選ぶ
  • 赤ちゃんに使えるかどうかで選ぶ
  • ギフト向けかどうかで選ぶ

このようなポイントも選択肢に入れることで、ベストな商品選びが可能となるのです。それではそれぞれのポイントについて細かく見ていきましょう。

入浴剤の香りで選ぶ

入浴剤は体への効果を重視しがちですが、香りも重要となります。

湯船に溶けた成分だけでなく、香りによるリラックス効果やストレス軽減効果が期待できます。雑貨として扱われる入浴剤に多いですが、ハーブを配合したようなものはこの効果を得られる可能性があります。

好きな香りを楽しみたい場合は、どのようなハーブが配合されているかも注視して選んでください。

>>人気の香りがいい入浴剤おすすめランキングはコチラ

入浴剤の色で選ぶ

現在の価格はコチラ

嗅覚から得られる効果だけでなく、視覚的な効果も重要です。色はかねてより精神に効果をもたらすものとして注目されています

例えば気持ちを高ぶらせる赤には新陳代謝を促進する効果や食欲増進、集中力を高める青には精神の沈下と安定内分泌系の沈静化、ストレスを減少させる緑には神経系統の鎮静作用、鎮痛作用、緊張緩和作用などがあります。

そのため、成分的な効果と同時に色による精神的な作用も得たい方は色を楽しめる入浴剤を選ぶといいです。入浴剤で使われる色とその期待できる効果の一例を下の表にまとめておきますので、そちらも参考にして下さい。

期待できる効果
ホワイト ストレス緩和
ピンク ストレス緩和、疲労緩和
生理痛緩和
ブルー 緊張緩和、ストレス緩和
集中力向上
オレンジ 食欲増進、肌トラブル改善
緊張緩和
グリーン ストレス緩和、、目の疲れ
緊張緩和
パープル ストレス緩和、緊張緩和
体調不良や不眠症に

低刺激かどうかで選ぶ

現在の価格はコチラ

乾燥肌の方や敏感肌の方、アトピーの方、子供や赤ちゃんは低刺激な入浴剤がおすすめです。

乾燥肌の改善にスキンケア系入浴剤を使っても刺激があっては効果は半減するどころか、悪化することさえあります。実際スキンケア系は低刺激になっていますが、自分での確認も大切です。

また無添加、無着色、無香料のものは天然素材の入浴剤となっており、刺激も少なくこのような方々が選びやすい商品となっています。

>>低刺激の人気天然成分入浴剤おすすめランキングはコチラ

赤ちゃんに使えるかどうかで選ぶ

沐浴剤 入浴剤

赤ちゃんが自宅に見える場合は、赤ちゃんに使える入浴剤がどうかも重要です。

赤ちゃんには成人が使うような入浴剤は成分や刺激が強いなどの理由から生後3~4カ月までは避けるべきだとされています。この期間は沐浴剤という赤ちゃん専用の洗剤を使います。

この沐浴の期間を卒業したら赤ちゃん向けに展開されている低刺激な入浴剤を選びましょう。この商品は新生児期から乾燥しやすい赤ちゃんの肌のために保湿効果が期待できるものとなっています。もちろん赤ちゃん用に調整されており、月齢によって使い分けができるようになっているので安心です。

しかし購入する際には必ず対象年齢を確認するようにしてください。

>>人気の沐浴剤おすすめランキングはコチラ

>>人気の赤ちゃん向け入浴剤おすすめランキングはコチラ

ギフト向けかどうかで選ぶ

現在の価格はコチラ

ギフト向けとしても使いやすいのが入浴剤の特徴です。

入浴剤の多くは見た目がおしゃれなものも多く、ギフトセットとして展開されている商品もあります。特に女性に人気で、贈り物に悩んだら入浴剤を贈ってもいいでしょう。メーカーやブランドによってはプレゼント用に、成分はもちろん見た目にもこだわった商品も存在しています

可愛いパッケージのものからおしゃれなものまで揃っているので、ギフトセットを選んでみてはいかがでしょうか?

>>人気のギフト向け入浴剤おすすめランキングはコチラ

>>おすすめ高級入浴剤厳選10種はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ

決定版!人気の入浴剤おすすめランキング
入浴剤
ランキング
人気のおしゃれな入浴剤おすすめランキング
おしゃれ
入浴剤
人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキング
温泉気分
入浴剤

これで決まり!人気の入浴剤ブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ラッシュの口コミ評判とバスボムおすすめランキング
ラッシュ
ランキング