お風呂を最上級の癒しの時間に!
ピントルの入浴剤専門ページ

おすすめの記事はコチラ

決定版!人気の入浴剤おすすめランキング
入浴剤
ランキング
人気のおしゃれな入浴剤おすすめランキング
おしゃれ
入浴剤
人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキング
温泉気分
入浴剤

これで決まり!人気の入浴剤ブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ラッシュの口コミ評判とバスボムおすすめランキング
ラッシュ
ランキング
スポンサーリンク

安心!人気の赤ちゃん向け入浴剤おすすめランキング

赤ちゃん向け入浴剤おすすめランキング

入浴剤は大人がお風呂で効果や効能を得るために入れたり、温泉気分を味わったりするために使用しますが、もちろん子供でも使用することができます。しかし子供、特に赤ちゃんの場合は肌への刺激が強い、あるいは成分が問題になることもあります

そうなると家族で入る場合などには使用に気を付ける必要がありますが、実は赤ちゃんにも使える入浴剤と言うものも存在します。種類自体は一般的なものよりは少ないですが、それでもそれなりの数があり、どれを選んでいいのか悩んでしまうことでしょう。

そこで購入を検討されている方々のために、こちらでは人気の赤ちゃん向け入浴剤おすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんはいつから入浴剤を使える?

赤ちゃんはいつから入浴剤を使える?

赤ちゃんは生後間もない時期には沐浴と呼ばれる湯で汚れを洗い流すだけの入浴を行います。その沐浴の期間が過ぎると入浴剤も使用できるようになるのです

もちろん必ず入浴剤を使用しなければいけないということはありませんが、赤ちゃんの肌は新生児期から多かった皮脂量が急激に減るので肌が乾燥しやすくなります。入浴剤入りのお風呂に入れてあげることで冬の乾いた空気や夏場の冷房や汗の刺激から守る保湿対策ができるので、乾燥肌を防ぐことができるのです。

具体的な時期としては平均で生後3~4カ月を目安にして下さい。生後3カ月までは乳児脂漏性湿疹が出やすかったり、肌の機能が安定しなかったりするので、入浴剤の刺激による肌トラブルの危険性があります。

そのため生後3カ月までは沐浴剤を使用し、生後3~4カ月頃の赤ちゃんの肌機能が安定し始めた頃に様子を見ながら入浴剤を使用することをおすすめします。ただ個人差があるので決まった期間がないため、一緒に入ってみて肌に異常が見られた場合はすぐに使用するのを中止してください。

>>赤ちゃんの入浴剤の使用可否と選び方について詳しくはコチラ

低刺激な入浴剤を選ぶ

生後3カ月が経過しているからといってどんな入浴剤を使用してもいいわけではありません。基本的には肌トラブルが起こりにくい年齢の方対象の商品がほとんどであるため、赤ちゃんの敏感な肌に対応した成分で作られているわけではないのです

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚と比べると未発達で薄く、非常にデリケートです。香料や炭酸、発汗作用、メントールなどの清涼感がある入浴剤は刺激が強いため、添加物を使用していない低刺激な入浴剤を選ぶ必要があります。そのためオーガニック成分を使用したものはおすすめです。

特に適用月齢が明記されているものはそのような配慮がしっかりしているので、比較的安心して使用できます。また香りについては無香料が好ましいですが、微量な香りであればそれほど問題視する必要はありません。赤ちゃんと一緒に入浴する際、香りも楽しみたい方は香りが強すぎない、天然由来の自然な香りの入浴剤を選ぶといいです。

塩素を除去できる入浴剤を選ぶ

お風呂の湯は基本的に水道水を温めたものを使用すると思いますが、そのようなさら湯には消毒のために塩素が含まれています。この塩素を刺激と感じる赤ちゃんもいます。そうなると、お風呂に入れられないと心配されるかもしれませんが、ビタミンC入りの入浴剤を入れることで解決できます。

ビタミンCは塩素を除去できるので、このような入浴剤を入れることで、赤ちゃんの肌に刺激の少ないお湯に出来るのです。ただ、他の成分によって刺激を増してしまっては意味がないので、上述の低刺激なものを選ぶことを前提にして下さい。

人気の赤ちゃん向け入浴剤おすすめランキング

人気の赤ちゃん向け入浴剤おすすめランキング

それではここから人気の赤ちゃん向け入浴剤のおすすめランキングをご紹介してきましょう。赤ちゃん用に作られている入浴剤は少ないので、大人用のもので赤ちゃんが使用しても問題ない商品もラインナップとして入れさせていただいています

第1位:アトピタ / 薬用入浴剤

現在の価格はコチラ

よもぎから抽出された「ヨモギエキス」の働きで、入浴しながら乾燥肌などのトラブルを鎮めてくれる効果が期待できます。乾燥肌の他にも湿疹や荒れ性、汗疹などに効果を発揮します

また天然保湿成分である「オウゴンエキス」や「オウバクエキス」、「シャクヤクエキス」を配合しているので、かさつく肌に潤いを与えてくれます。

無香料で天然色素を使用しているため、人口無着色料未使用で防腐剤無添加となっています。そのやさしさと使いやすさ、安全性から赤ちゃん用の入浴剤の第1位としておすすめさせていただきます。

第2位:薬用ソフレ / ベビーバスエッセンス

現在の価格はコチラ

赤ちゃんのおむつかぶれの予防などができる、まろやか乳液ベースのバスエッセンスです。入浴効果を高め、赤ちゃんの肌トラブルの予防にも効果を期待できます。また新生児の沐浴やガーゼなどでの肌のふきとり、親子での入浴の3つの使い方ができるのも特徴です。

成分にべにふうき茶エキスやオーガニックホホバオイル、甘草エキスなどのうるおい保護成分が配合されているので、肌に自然な潤いを与えてしっとり健やかな肌に整えてくれます。

ラベンダー油によるほのかな香りもあり、低刺激性、弱酸性、ノンアルコールでアレルギーテスト済となっているので、赤ちゃんに安心して使用できます。

第3位:キュレル / 潤湿保湿 入浴剤

現在の価格はコチラ

潤い成分である潤浸保湿セラミド機能成分のユーカリエキスが、お風呂で膨潤した角層の深部まで浸透し、かさつく乾燥肌もしっとり潤い、お風呂上りの乾燥を防ぐ事ができます

赤ちゃん用の入浴剤ではありませんが、コメ胚芽油配合により入浴効果を高め、荒れ性、湿疹などの肌にも効果があるので、赤ちゃんのデリケートな肌にも使用できる乳白色の入浴剤となっています。

効果としては上位2つの方が優れているため次点でこの順位となりました。

第4位:ヴェレダ / カレンドラ ベビーバスミルク

現在の価格はコチラ

肌を清潔にし、やさしく保護するバスミルクです。カレンドラのエキスが肌荒れを、スローベリーのエキスが肌の緊張を和らげます。デリケートで乾燥しがちな赤ちゃんの肌を、しっとりと保湿するスキンケア効果の高い入浴剤でもあります。

保湿成分のアーモンドオイルとオーガニックセサミオイルが赤ちゃんの肌を優しく包み込み、滑らかでしなやかな肌に整えてくれます。使い勝手、安全性とも申し分ないため第4位になりました。

第5位:ベルメ / 入浴&ボディ洗浄剤

現在の価格はコチラ

界面活性剤は使用せず、重曹水の電解技術で洗浄力をパワーアップさせた入浴剤です。お湯に浸かるだけで、体の汚れをマイナスイオンで落としてくれるので、肌に負担をかけず、汚れをしっかり落としてくれます。この効果で湯上りの肌はしっとりつるつるになります。さらに浴槽や配水管の汚れまできれいに落とすのでお風呂掃除も簡単にできます。

赤ちゃん用の入浴剤ではないものの、赤ちゃんにも安心して使用できる商品として第5位にランクインしました。

第6位:華密恋 / 華密恋 薬用入浴剤

現在の価格はコチラ

合成香料、合成着色料、鉱物油、合成保存料などの化学成分は一切使わず、カモミールの有効成分を存分に引き出したカミツレエキス100%の薬用入浴剤です。

国内で農薬を使わず有機栽培したカモミール(カミツレ)を使用しているためこの名前が付けられています。高い保湿力で、肌荒れや乾燥を落ち着かせてくれる商品でもあります。

添加物を使わず、有機栽培した植物から得られる成分のみを使用しているため、赤ちゃんに使っても安心の入浴剤として第6位に入れさせていただきました。

第7位:ママバター / バスパウダー ラベンダー&カモミールの香り

現在の価格はコチラ

天然保湿成分であるシアバターを5%配合しているので、肌を乾燥から守り、しっとり潤いに満ちるバスパウダーになっています。また重曹はスキンケアのスクラブとしても使われることが多く、マイルドな粒子が古い角質を柔らかくし、皮脂や毛穴の汚れを浮き上がらせる効果が期待できます。

入浴後は温泉に入った時のようなつるつるの肌へと導いてくれますし、リラックス効果や安眠効果があると言われているラベンダー&カモミールの香りとなっているので安らかな入浴時間を得られます。

こちらも赤ちゃん用ではありませんが乾燥肌になりやすい赤ちゃんには効果を期待できるとして第7位としました。

第8位:ウルモア / 保湿入浴液 クリーミーローズの香り

現在の価格はコチラ

赤ちゃんから高齢者の方まで、かさかさの乾燥肌に悩むすべての方の素肌をやさしく包み込み、しっとりすべすべにしてくれる入浴剤です。肌のためにコラーゲンやセラミド、吸着型ヒアルロン酸、ローヤルゼリー、シアバターの5つの保湿成分が配合されています。

またうるおいベール成分である「ポリクオタニウム-10」が、保湿成分を角質層から逃がしません。保湿効果の高さから第8位とさせていただきました。

第9位:ビオレu / 角層まで浸透 バスミルク

現在の価格はコチラ

入浴後の乾燥を防いで、しっとりやわらか肌に仕上げてくれるバスミルクです。有効成分であるシアバターやセラミド-α潤いが角層までぐんぐん浸透し、ミルクのベールがその潤いを閉じ込めてくれます。

素肌とおなじ弱酸性で、アレルギーテスト済みなので赤ちゃんのデリケートな肌にも使える入浴剤として第9位となりました。ただし全ての人がアレルギーを発症しないわけではないのでお気を付け下さい。

第10位:プリスティーン / バスウォーター あったか

現在の価格はコチラ

バスタブのお湯に少量加えるだけでお湯の性質が変わる、新しいタイプの浴用化粧料です。粒子の細かい水が塩素などによる強い刺激から肌を守ります。この効果のおかげで赤ちゃんやアレルギーで肌が弱く入浴に困っている方も入浴しやすくなる商品です。

塩素を取り除いてくれる分には赤ちゃんに使いやすいですが、それ意外の効果はそれほど高くないので、この順位となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ

決定版!人気の入浴剤おすすめランキング
入浴剤
ランキング
人気のおしゃれな入浴剤おすすめランキング
おしゃれ
入浴剤
人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキング
温泉気分
入浴剤

これで決まり!人気の入浴剤ブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ラッシュの口コミ評判とバスボムおすすめランキング
ラッシュ
ランキング