お風呂を最上級の癒しの時間に!
ピントルの入浴剤専門ページ

おすすめの記事はコチラ

決定版!人気の入浴剤おすすめランキング
入浴剤
ランキング
人気のおしゃれな入浴剤おすすめランキング
おしゃれ
入浴剤
人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキング
温泉気分
入浴剤

これで決まり!人気の入浴剤ブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ラッシュの口コミ評判とバスボムおすすめランキング
ラッシュ
ランキング
スポンサーリンク

赤ちゃんも喜ぶ!人気の沐浴剤おすすめランキング

沐浴剤おすすめランキング

生まれて間もない赤ちゃんをお風呂に入れる場合、沐浴をすることがあると思います。既に子育てをされている方はご存知かと思いますが、沐浴には沐浴剤というものを使用して赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげることができます

赤ちゃんの肌は敏感で、普通のボディソープや石鹸でも刺激となってしまいます。かと言ってそのままにしておけば汗疹やかぶれなどを起こしてしまいます。それを防ぐためにも沐浴は1つの方法として有効であり、沐浴材を使うと効果的となります。

こちらでは人気の沐浴剤おすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

沐浴剤って必要なの?

沐浴剤って必要なの?

既に子育てをされた方はご存知の方も多いと思いますが、沐浴のために使用するのが沐浴剤になります。この沐浴とは体を水で洗い清めることを言います。宗教的な儀式を指すことが多いですが、乳児の体を洗うことも含まれています

赤ちゃんの場合はまだ首が座っていないことから首を支えながら体を洗うことになるため、夫婦2人がかりで洗わなければいけません。ベビーバスの中で赤ちゃんの体を支えつつ、もう1人が湯で体を洗ってあげるという作業になります。

赤ちゃんの肌は代謝が頻繁に行われているため、次々に新しい皮膚が出来てくるので古い皮膚は落ちやすく、お湯でかけ流しながらガーゼなどで軽く拭ってあげるだけで汚れなどが落ちます。そのため沐浴をする上ではお湯だけでも十分なのですが、それでも赤ちゃんを支える人と洗う人で分担しなければいけないため一苦労になりってしまいます。

また実際は石鹸をあらかじめ泡立てておき、その中で沐浴を行うのですが、事前に泡立てておくと途中で足りなくなることや、その石鹸の泡がしっかり落ちてないと肌荒れを起こす可能性もあります。

そんな時に役立つのが沐浴剤なのです。絶対に必要というわけではありませんがあると便利なアイテムと思っていただけるといいでしょう。

>>赤ちゃんの入浴剤の使用可否と選び方はコチラ

沐浴剤のメリット

沐浴剤のメリットはこのような手間を省けるところにあります。まず沐浴剤はベビーバスの湯船に投入するだけで泡立てる必要がなく、またすすぐ必要もありません。そのため追加で泡立てたり、洗い流す必要がないので動作が少なくて済み、最悪大人1人でも赤ちゃんの沐浴をさせることができるのです。

また動作が少なくて済むということは沐浴が短時間で済みます。沐浴に慣れないうちは時間がかかり、赤ちゃんの体が冷えてしまう可能性があるので負担を考えても時間が短い方がいいでしょう。

成分としても赤ちゃんの肌に合わせた作りとなっているので優しく、3カ月を過ぎることに変化する乾燥しやすい肌にも対応すべく保湿成分が入っているものも多いため、乾燥に悩まされることも少なくなります。このようなメリットを得られるため絶対必要ではないものの、あった方がかなり便利になります

沐浴剤のデメリット

ただしデメリットも存在します。メーカーやブランドによって沐浴剤に含まれている成分は異なり、赤ちゃんによって肌の性質は違うので実際に使ってみないと合うかどうかは分かりません

特に生後1カ月頃になると皮脂の分泌が盛んになり、自然と乳児湿疹になる赤ちゃんが多いのですが、沐浴剤の成分が肌に残ると湿疹が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

また便利ではあるのものの、洗浄力は石鹸より弱いです。洗い流さなくていいメリットの半面がここにあります。特に汗をかきやすいお尻の汚れや首のしわの吐き戻し、手の平の汚れ、顔の皮脂汚れなどは石鹸の方がきれいに落ちます

赤ちゃんの顔周りはしっかり洗わないと乳児湿疹が酷くなることもあるので、状況に合わせて使い分けることも考えた方がいいでしょう。

人気の沐浴向け入浴剤おすすめランキング

人気の沐浴向け入浴剤おすすめランキング

それではここからは沐浴向けの入浴剤おすすめランキングをご紹介していきます。商品数はそれほど多くないですが、人気の沐浴剤を中心にランキング付けさせていただいたので、購入をご検討の方は参考にしてみてください。

第1位:持田ヘルスケア / スキナベーブ

現在の価格はコチラ

スキナベーブは油分を抑えて滑りにくく、石鹸に比べて手順が簡単で、短時間で沐浴できる肌にやさしい商品となっています。石鹸を使わなくてもきれいになり、すすぎやあがり湯は必要ありません。低刺激となっているので赤ちゃんの肌の乾燥や汗疹などを防ぎ、デリケートな肌をやさしくケアします。

初めての沐浴に対する「不安」「大変さ」を少なくしたいという要望から生まれた沐浴剤で、1970年の発売以来、長らくくの赤ちゃんに使用されてきたロングセラー商品となっており、その高い人気から第1位にランクインしました。

第2位:ピジョン / ベビー沐浴料

現在の価格はコチラ

ベビー用品を数多く取り扱うピジョンの商品です。赤ちゃんの胎脂に近い保湿成分であるイソステアリン酸コレステリルとセラミド2を織り交ぜて作られたピジョンベビーリピッドを配合した新生児から使える沐浴料となっています。

お湯に溶かして沐浴するだけで、新陳代謝が盛んな赤ちゃんの肌の汚れを手早く落とすことができ、すすぎや上がり湯がいらないので、ベビーバスでの沐浴に最適です。ぬるつきがなく、滑りにくいので、まだ沐浴に慣れていない時期でも安心して使用できるのもポイントです。

赤ちゃんをリラックスさせるオレンジのほのかな香りとなっており、弱酸性、無着色、パラベンフリーで皮膚アレルギーテスト済みとなっているので安全性も高い商品として第2位となっています。

第3位:アイクレオ / ベビーベイジングリキッド

現在の価格はコチラ

デリケートな赤ちゃんの肌を潤いたっぷりの成分で守って洗う沐浴料です。その効果を実現するため、胎脂類似成分である保湿成分マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルを配合しているので、滑らかな洗い上がりとなります。

汗や皮脂に馴染みやすく、さっぱり洗い流せるのもポイントです。1日何回も使えるマイルド処方で滑りにくく、ぬるつきにくく、すすぎも不要となっています。

第4位:マドンナ / ベビーマドンナ沐浴剤

現在の価格はコチラ

天然成分である天然馬油やモモ葉エキス、ビワ葉エキスを配合した新生児から優しく使える沐浴剤です。

天然馬油は産科のスキンケア指導でも使われる成分です。お湯に入れると乳白色にかわり、すべりにくく、上がり湯の必要がありません。もちろん無着色・無香料で、弱酸性、パラベンフリーにより赤ちゃんの肌にやさしい仕上がりとなっています

無香料タイプなのにパルマローザの香りがほんのりしますが、刺激はありませんので心配はありません。ただこの香りがいまいちという方もみえたので第4位となっています。

第5位:ソフレ / 薬用ソフレ ベビーバスエッセンス

現在の価格はコチラ

日頃の肌トラブルを防ぎ、自然なうるおいを与えて、健やかな肌に保つベビー入浴剤です。入浴剤とは言うものの沐浴剤としても使用されます。アミノ酸が水中の赤ちゃんの肌への刺激になる塩素を除去して、やわらかなお湯にしてくれます

さらにべにふうき茶エキス、ホホバオイル、甘草エキス、天然ビタミンE、ラベンダー油が潤い保護成分として働きます。こちらもほのかな香りがしますが、これはラベンダーによるものなので刺激などの心配はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ

決定版!人気の入浴剤おすすめランキング
入浴剤
ランキング
人気のおしゃれな入浴剤おすすめランキング
おしゃれ
入浴剤
人気の温泉気分を楽しめる入浴剤おすすめランキング
温泉気分
入浴剤

これで決まり!人気の入浴剤ブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ラッシュの口コミ評判とバスボムおすすめランキング
ラッシュ
ランキング