いい匂いと肌に潤いをプラス!
ピントルのボディクリーム専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ボディクリームおすすめランキング
おすすめ
ボディクリーム
いい香りのボディクリームおすすめランキング
いい香り
ボディクリーム
メンズ向けボディクリームおすすめランキング
メンズ向け
ボディクリーム
ボディクリームのブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ボディクリームの効果的な使い方
ボディクリーム
使い方

ボディオイルの効果と特徴

ボディオイルについて

冬の肌ケアの強い味方であるボディオイルをピックアップしてみました。乾燥予防としても人気のあるボディオイルの特徴や概要を解説していきます。またボディケア用品として人気の高いボディクリームとの違いにも触れていきます。

ボディオイルのメリットや使い方まで詳しく説明していきますので、最後までご覧ください。ボディオイルをオススメしたい年代やどんな時に塗ると効果があがるのか、さらに注意する点なども記載しています。

スポンサーリンク

ボディオイルとは?

ボディオイルとは?

ボディオイルは乾燥予防や美肌などの目的で使うボディケア用のオイルです。オイルそのものが油分なので保湿力はとても高く、冬の乾燥にも重宝される商品。のびも良く滑らかな使い心地からマッサージオイルとして使われることも多く、アロマオイルのかわりに手軽につかえるスキンケアとして使用されており、塗りやすく使いやすい事からお年寄りにもオススメのアイテムです。

保湿力が高いテクスチャーはどうしてもベタツキが強いので夏の汗をかく時期には人気がおちてしまいます。しかし夏こそ紫外線のダメージや冷房からの隠れ乾燥が増えるので、ケア用品として使いたい商品になります。

浸透性の高いオイルですので基本的には天然植物オイル配合のものを選んでください。たとえばオリーブオイル・シア脂・ココナッツオイル・ホホバオイルなど。まだまだ種類はありますが、ボディオイルとして有名なものをあげていますので、初心者の方はこの中から選んでみると失敗しにくいですよ。

ボディクリームとボディオイルの違い

ボディクリームとボディオイルの違いは大きく分けるとテクスチャーの違いこれにつきます。細かい部分をあげていくとオイルはクリームよりも保湿力が高く、伸びが良いのでコスパも良いがベタツキがあるのでいつでもどこでも使う事が出来ないという点があります。逆にクリームは、オイルには保湿力は勝てませんが使いやすいテクスチャーなのでいつでも使用する事ができるという点があげられます。

またクリームは色々な香りのものが販売されていますが、オイルの香りはさほど種類がなくどちらかというと自然のオイルの香りがメインという違いもあります。

>>ボディクリームについて詳しくはコチラ

ボディオイルのメリット

オイルのメリットは抜群の浸透性。肌なじみも良く塗りだした直後はベタツキを感じますが、塗りこめば塗りこむほど肌が潤ってくるのがわかりベタツキも収まります。伸びがよいため少量でたくさんの部位を保湿できるのでコスパも良いというのもメリットです。

>>ボディオイルおすすめランキング

スポンサーリンク

ボディオイルの使い方

ボディオイルの使い方

まずボディオイルを塗る時は必ず清潔な肌に塗るようにしたいので、タイミング的にお風呂あがりすぐというのが良いです。お風呂あがりは体の水分が蒸発しやすい状態になっているので、できるだけ早く塗りこみを開始するようにしてください。

ボディオイルをワンプッシュ分(500円玉程)手のひらにのせます。そのあと合掌する感じで両手を合わせオイルを体温で温めます。足の場合は両手で包み込むような形で片足ずつ下から上へと塗りこんでいきます。この調子で体全体に塗りこんでいくのですが、大体片腕・ウエスト回り・お尻・など1つの部位ごとにワンプッシュ使うと良いです。

基本的にはボディオイルだけでも充分な保湿力をもたらせてくれますが、さらに効果的なのはボディクリームと合わせて使用する方法です。

まず上記で説明したようにボディオイルを全身にぬりこみます。そのあとにボディクリームを塗りこんでいくだけの簡単作業です。オイルは浸透力が高いので、その上にクリームを塗ることでクリーム単体で使用する時よりもクリームの成分を浸透させやすくなります。

またクリーム以外にもボディミルクをあわせて使うと、水分がとぶのを防ぐ蓋の役割をこなしてくれるのでとてもおススメです。オイルだけだと気になるベタツキ感もミルクのサラッと感が合わさり少し緩和されるので、夏でも使いやすくなるのが魅力です。

オススメのボディオイルの使い方

ボディオイルは滑らかさが抜群のアイテムなので、マッサージする時に使うのがオススメ。足裏のツボ押しの際や肩周りのコリほぐしの際に使うととても便利です。

またむくみ解消のリンパマッサージの時も滑りをよくすることで老廃物を促す効果があがりますし、血流の流れも良くするので冷えなどの悩み解消にも役立ちます。

ボディオイルの注意点

ボディオイルには実は塗らない方が良い部位があります。それは皮脂腺の多い場所で、胸元や背中です。油分が多い部位にさらにオイルで油分をたしてしまうと、ニキビなどの肌トラブルにつながってしまう恐れがあります。

オイルをメインにつかっていても胸元や背中だけはボディローションのような油分が少ないサッパリしたテクスチャーのものを使うようにしましょう。

またオイルは酸化していく商品なので太陽に当たるところに置き続けないなどの注意事項をしっかり確認することも大切です。酸化してしまったオイルは香りが変化するので、違和感を感じたら使用しないようにしてください。そのまま使い続けると肌トラブルのもとになってしまいます。

 

※本記事での「美白」についての解釈:日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ボディクリームおすすめランキング
おすすめ
ボディクリーム
いい香りのボディクリームおすすめランキング
いい香り
ボディクリーム
メンズ向けボディクリームおすすめランキング
メンズ向け
ボディクリーム
ボディクリームのブランドおすすめランキング
おすすめ
ブランド
ボディクリームの効果的な使い方
ボディクリーム
使い方