汗対策にぴったりの制汗剤がわかる!
ピントルの制汗剤専門ページ

おすすめの記事はコチラ
定番!人気のスプレー制汗剤おすすめランキング
おすすめ
スプレー制汗剤
ムラなく!人気のロールオン制汗剤おすすめランキング
おすすめ
ロールオン制汗剤
手軽で便利!人気のスティック制汗剤おすすめランキング
おすすめ
スティック制汗剤
効果抜群!人気のクリーム制汗剤おすすめランキング
おすすめ
クリーム制汗剤
すっきり感!人気のシート制汗剤おすすめランキング
おすすめ
シート制汗剤

間違うと効果が薄い!制汗剤の上手な使い方と注意点

制汗剤の使い方と注意点

タバコ。ニンニク。焼肉。強すぎる香水。

世間で不快とされる臭いはいくつかありますが、夏場に最も気になるのが「汗の臭い」ではないでしょうか。特に炎天下の外回りが多い営業マンや、身だしなみに気をつかう女性にとっては悩みどころですよね。

そんな夏の強い味方として欠かせないのが「制汗剤」です。汗と臭いを抑える効果のおかげで、いまや老若男女問わず、欠かせないアイテムとなりました。

今回はそんな制汗剤に注目して、そもそもの臭いの原因や、制汗剤の上手な使い方と注意点についてご紹介します。

>>制汗剤の効果や成分について詳しくはコチラ

>>制汗剤の種類と特徴について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

臭いの原因について

臭いの原因について

実は、汗は臭いの原因ではありません。

人間の体は、気温の上昇や激しい運動をきっかけに発熱します。するとエクリン汗腺と呼ばれる汗腺から汗を噴出し、その汗の気化熱を利用して体温を下げるという方法で体温調節をしています。このエクリン汗腺からにじみ出ている汗そのものには、臭いの原因となる成分は何も含まれていません。

臭いの元の正体は汗に混じる雑菌です。本来無臭なはずの汗ですが、時間の経過とともに皮脂や垢が混じることで雑菌が増殖。その雑菌こそ不快な臭いを出す原因となります。

制汗剤の上手な使い方のポイント

制汗剤の上手な使い方のポイント

制汗剤にはスプレータイプやロールタイプなどいくつかタイプがありますが、それらを「汗をかいた場所に使うだけ」なんて思っているなら、残念ですがそれは間違いです。

汗をかいたからといってむやみに制汗剤を使っても、汗や臭いを上手に抑えることはできません

せっかく制汗剤を使うのならば、その効果が100%発揮できるようにしたいもの。今回はそのための方法をご紹介しますので、これからぜひ、制汗剤を上手に使いこなしてみてください。

汗をかく前に制汗剤を使用する

制汗剤の能力を活かすために大切なポイントは、汗をかく前に制汗剤を使用することです。汗をかく前、つまり肌が清潔なときに使用することで、制汗剤は最大限の効果を発揮できます。

日常生活のうち、制汗剤を使用するのに一番理想的なタイミングは、お風呂からあがってタオルドライをした後です。

一日のうちで肌が最も清潔な時に制汗剤を使うので、雑菌が繁殖するスキを与えません。その効果は入浴後の睡眠中も続き、翌日になっても継続して効果を発揮してくれます。

汗を拭きとってから制汗剤を使用する

実際はスポーツ後や猛暑日など、汗をかいた後に制汗剤を使いたい!というシーンだって当然ありますよね。そんな時におすすめしたいのが、制汗シート制汗スプレー併用する方法です。

もし汗をかいても、まずは制汗シートで汗を拭きとって肌を清潔にすることで、その後に使う制汗スプレーの効果が十分に発揮できます。最近では持ち運びがしやすいミニサイズの制汗スプレーが販売されているので、制汗シートと一緒にバッグに入れて持ち歩いても、大きな負担にはなりません。

>>シート制汗剤のおすすめランキングはコチラ

>>スプレー制汗剤のおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

制汗剤を使用する上での注意点

制汗剤を使用する上での注意点

制汗剤を使用する際、例えばスプレータイプなら「スプレーがうっかり人にかからないようにしよう」と気を付ける人が多いかと思います。周囲への迷惑にならないようにすることは、もちろん最低限のマナーですよね。

その上で、制汗剤を使う場合は他にも注意すべきポイントがあります。それは周囲の人のためではなく、あなた自身のためです

制汗剤はその使い方を間違えると、あなたの健康を損ねる危険性もあります。万が一の事態が起こらないように、次の注意点に気を付けて制汗剤を正しく使用してください。

汗の上から使用しても効果は薄い

制汗剤が持つ一番の能力は「雑菌の繁殖を防ぐ」こと。つまり汗の上から制汗剤を使っても、既に雑菌が繁殖し始めている状態なので、制汗剤の効果が大幅にダウンします。

特に、スプレータイプの制汗剤には強い清涼感を伴うものが多いので、汗の上からスプレーを噴き付けて、爽快感を味わいたいという人も多いでしょう。けれどそれでは、制汗剤の効果は本来のそれに比べてずっと弱くなってしまいます。

制汗剤を使う場合、できれば汗の上からではなく、清潔な肌に対して使うことをおすすめします。

汗をかいた場合は部分的に使用する

汗をかいている状態で制汗スプレーを使う場合は、脇や首筋など、臭いを抑えたい箇所に対して局所的に噴き付けるようにしてください。

汗のベタベタが気持ち悪いのはわかりますが、うっかり体中に制汗スプレーを使ってしまうと、汗の本来の目的である体温調節機能に支障が出る可能性があります。暑い夏に体温調節が上手くできないということは、すなわち熱中症のリスクが高まるということです。

スプレータイプに限らず、制汗剤を使う際は「汗腺を塞ぎきらないように」と意識して使う事が大切です。

制汗剤に頼らないことも大事

制汗剤を活用することは悪いことではありませんが、制汗剤だけに頼りすぎないことも大切です。発汗機能には体温調節という重要な役割があります。人間が汗をかいたなら、それが自分にとって必要な状況だと脳と体が判断した結果なんです。

制汗剤を使って汗が出ないようにと無理やり抑えてしまうことは、私たち人間にとって本来あるべき姿ではありません。

入浴したら丁寧に髪や体を洗う、マメに洗濯をして清潔な衣服や寝具を使う。そんな日常生活の些細なことに気を付けるだけでも、不快な臭いの予防には効果的です。

今日これからお風呂に入ろうという人がいたら、ぜひいつもより時間をかけて全身を洗ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
定番!人気のスプレー制汗剤おすすめランキング
おすすめ
スプレー制汗剤
ムラなく!人気のロールオン制汗剤おすすめランキング
おすすめ
ロールオン制汗剤
手軽で便利!人気のスティック制汗剤おすすめランキング
おすすめ
スティック制汗剤
効果抜群!人気のクリーム制汗剤おすすめランキング
おすすめ
クリーム制汗剤
すっきり感!人気のシート制汗剤おすすめランキング
おすすめ
シート制汗剤