ムダ毛処理に必須の便利アイテム
ピントルの電気シェーバー専門ページ

電気シェーバーのおすすめランキング。2018年最新の人気モデルを徹底調査!

2018年おすすめの電気シェーバー

「おすすめの電気シェーバーを教えてください!」といった質問をよく受けますが、実は自分に合った電気シェーバーは人それぞれ異なります。

ヒゲが濃い方は、深剃りに向いた商品を。敏感肌で肌が弱い方は、刺激が少ない商品を選ぶ必要があります。

今回は初心者でも分かり易く、あなたに合った電気シェーバーの選び方とおすすめモデルをご紹介していきます。購入を検討している方は必見です!

目次 [非表示]

スポンサーリンク

電気シェーバーでヒゲを剃るメリットとは?

電気シェーバーでヒゲを剃るメリットとは?

普段何気なく電気シェーバーを使ってヒゲを剃っているという方も多いと思いますが、必ずしもすべての人に電気シェーバーがおすすめとは言い切れません。

人によっては、カミソリの方が快適にヒゲを剃れるという方もいます。電気シェーバーの特徴をしっかりと理解をして、自分に合っているかを見極める必要があります。

お肌に優しい

電気シェーバーの最大のメリットは、お肌へのダメージが少ないことにあります。

電気シェーバーは外刃でヒゲをキャッチし、内刃で刈り取るという構造になっています。そのため、直接刃の部分が肌に密着するカミソリとは異なり、お肌へのダメージが少なくなります。

また脱毛サロンを利用される方もいますが、これも「光(フラッシュ)」や「レーザー」を肌に直接、投射するため肌へのダメージが大きくなってしまいます。

「肌荒れが気になる」「敏感肌なので、肌ダメージを抑えたい」という方は、電気シェーバーの使用に向いていると言えるでしょう。

時間がかからない

そして、電気シェーバーのもう一つのメリットは、「時間をかけずに、簡単にヒゲが剃れる」ことです。

仕事や学校に行く前に、時間をかけてヒゲ剃りはできませんよね...。

電気シェーバーは、肌を濡らさずにヒゲを剃る「ドライ剃り」をすることが可能です。そのためカミソリでヒゲを剃るときのように、顔を濡らしたり、シェービングジェルを使用する時間を省くことができます。

深剃りは苦手

お肌にダメージを与えずに、早剃りができるというメリットがある一方で、カミソリと比べると深剃りを苦手としています。

刃でしっかりと根本から剃るカミソリと異なり、電気シェーバーは刃が肌に直接触れない設計になっています。

そのため、「ヒゲが濃い」という方はカミソリの使用がおすすめです!しかし最近の電気シェーバーは高性能化がすすみ、ヒゲが濃い人でも深剃りが可能なモデルが多く発売されています。

▼電気シェーバーとカミソリの比較
電気シェーバーとカミソリのメリット・デメリットの比較表

電気シェーバーの選び方

電気シェーバーのメリットが確認できたところで、さっそく電気シェーバーの正しい選び方についてみていきましょう。

駆動方式を選ぶ

電気シェーバーを選ぶ上で、まず最初に決めたいのはシェーバーの「駆動方式」です。

この駆動方式を、自分のニーズに合ったものを選ぶことによって、失敗しない電気シェーバーを手に入れることができます!

深剃りをするなら「往復式」

電気シェーバーの先端である「ヘッド」の形状が四角いのが、往復式シェーバーになります。

外刃でヒゲを捉えて、内刃でしっかりカットをするため、素早く深剃りをすることができるのが特徴。

ただし、その一方で他の駆動方式と比較すると、肌への負担が大きいことや駆動音が大きいといったデメリットがあります。

「素早くヒゲを剃りたい」「ヒゲが濃いので深剃りがしたい」という方におすすめのタイプです。最も人気のある駆動方式。

また高級機種であれば、深剃りをしつつも肌へのダメージを抑えることが可能なモデルもあります。「ヒゲは濃いけど、お肌が荒れやすい」という方はハイエンドモデルを中心に検討すると良いでしょう。

往復式電気シェーバーの採用メーカー

敏感肌におすすめ「回転式」

ヘッドの部分が丸みを帯びており、肌への負担が少ないことが回転式シェーバーの特徴です。

駆動音も回転式と比べると、非常に「静か」。夜間や早朝でも気兼ねなく使用することができます!

奥さんや彼女、お子様を起こさずに使用できるのも嬉しいポイントですね。

ただし、「素早くヒゲを剃ること」や「深剃り」には向いていません。また、ヘッドが大きいためモミアゲ部分などの細かい部分の処理は不向きです。

「お肌がすぐ荒れてしまう」「赤くなってしまう」という方におすすめのタイプです。フィリップスが主に取り扱っています。

回転式電気シェーバーの採用メーカー

日立のみが採用する「ロータリー式」

ロータリー式は、日立のみが採用する駆動方式です。日立が採用しているといっても「ロータリージーソード」と呼ばれるシリーズのみで展開しており、他のシリーズはすべて往復式となっています。

そのため、ロータリー式シェーバーの商品数は非常に限られます。

特徴としては、往復式とロータリー式の中間といったところでしょう。適度な深剃りと肌へのダメージの少なさを併せ持つタイプ。

商品数が少ないので、現状ではあまりメジャーな選択肢ではありません。

ロータリー式電気シェーバーの採用メーカー

お風呂剃り対応かを選ぶ

次に確認したい点は「お風呂剃り」に対応しているかどうかです。

お風呂剃りに対応していると、お肌が濡れた状態でシェービングが可能なので、ドライ剃りよりもお肌へのダメージを抑えることができます!

またシェービングフォームやジェルを使用することもできるので、深剃りにも向いています。

以前は、「お風呂剃り対応」モデルは高価でしたが、最近では安くても対応しているモデルも発売されています。

自動洗浄対応かを選ぶ

ヒゲを剃り終わったあとには必ず電気シェーバーのお手入れをする必要があります。

しかし、忙しい朝の時間帯や就寝前などは、どうしても面倒になってしまいます。

そんな時におすすめなのが「自動洗浄対応」のモデルです。このモデルであれば、洗浄機にセットをするだけで洗浄から乾燥までを自動で行ってくれます。

初期費用こそ高くなってしまいますが、「楽にお手入れしたい」「より清潔にしたい」という方におすすめです!

電気シェーバーの洗浄方式まとめ

持ち運びの便利さで選ぶ

ご自宅で使用する際には、特に気にする必要はありませんが、もし出張や旅行・会社での使用を検討しているのであれば、「電源方式」にも注意してみると良いでしょう。

電気シェーバーの電源方式は主に3つのタイプに分けることができます。

持ち運びに最も便利なのは「乾電池式」の電気シェーバー。単3もしくは単4の電池で使用することができます。

ポータブルシェーバーとも呼ばれ、コンパクトサイズに設計されていますが、深剃りには向いていません。

あくまでも出先でのサブシェーバーとして購入される方が多くなっています。

電気シェーバーの電源方式まとめ

メーカーで選ぶ

「電気シェーバーは種類があってどれを選べばいいか分からない」なんて方は、メーカーで選んでみるのも一つの手です。

電気シェーバーはメーカーによって、特徴が分かれますので、大まかにメーカーごとの個性をつかんでおくといいかも知れません。

スポンサーリンク

【深剃り】おすすめの電気シェーバーTOP5

【5位】ブラウン シリーズ3 310s

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥4,000~
  • 発売時期:2017年4月
  • 駆動方式:往復式
  • 刃の枚数:3枚刃
  • 電源方式:充電式
  • 本体重量:175g
  • カラー:ブルー系
安い機種ながらお風呂剃りに対応

安い機種ながらお風呂剃りに対応

さて、深剃りしたい方におすすめの電気シェーバー第5位にランクインしたのは、ブラウンから『シリーズ3 310s』。

シリーズ3ということでお求めやすい価格ながら、上位機種と同じ網刃を採用しているので、しっかりと深剃りすることができますよ!

また、低価格ながらしっかりとお風呂剃りにも対応しているのが嬉しいポイント。シェービングフォームやジェルを使用すれば、肌荒れが心配な方でも安心して使用することができます。

一方で、モミアゲ部分や生え際部分を整える「キワゾリ刃」が搭載されていない点が少しマイナス。

キワゾリ刃は普段から使わない!という方はコチラのモデルで充分。価格は抑えたいけど、しっかり深剃りしたい人におすすめです。

価格を抑えつつも、深剃りがしたい人

【4位】イズミ S-DRIVE IZF-V557

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥3,000~
  • 発売時期:2017年11月
  • 駆動方式:往復式
  • 刃の枚数:4枚刃
  • 電源方式:充電交流式
  • 本体重量:177g
  • カラー:ゴールド・レッド
忙しい朝でも4枚刃でサッと深剃り

忙しい朝でも4枚刃でサッと深剃り

第4位にランクインしたのは、イズミの4枚刃電気シェーバー『S-DRIVE IZF-V557』。

イズミというメーカーを聞いたことがないという方もいるかも知れませんが、低価格で高品質な電気シェーバーを製造する国内メーカーです。

肌への設置面積が広い「早剃り4枚刃」を採用。朝の忙しい時間帯でも、時間をかけずに素早くヒゲを剃ることができます!

また、大容量のリチウムイオン電池を搭載し、約4週間も充電をせずに使用可能。

電気シェーバーのこまめな充電は面倒という方にぴったりなモデルになっています!

素早く、深剃りがしたい人

【3位】パナソニック ラムダッシュ ET-ST2Q

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥9,000~
  • 発売時期:2018年5月
  • 駆動方式:往復式
  • 刃の枚数:3枚刃
  • 電源方式:充電式
  • 本体重量:145g
  • カラー:黒・赤・白
  • 旧モデル:ES-ST2P
硬くて剃りづらいヒゲにも強い

硬くて剃りづらいヒゲにも強い

続いてご紹介するのは、パナソニックの『ラムダッシュ ET-ST2Q』。

第4位、第5位のモデルも深剃りに優れていますが、ここから更に深剃り性能がまた一段上がっています。

「30°鋭角ナノエッジ内刃」を採用し、硬くてなかなか剃れなかったヒゲもしっかりと捉えてカットすることができます。

また、「泡スルーヘッド」によって、シェービングフォームやジェルをうまくお肌の上に残すことができるので、お肌のダメージ少なくスムーズなシェービングを可能に!

しっかりとお風呂でウェットシェービングを行えば、肌を傷つけることなく深剃りすることができますよ。

シェービングはお風呂ですることが多い人

【2位】ブラウン シリーズ9 9295cc

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥35,000~
  • 発売時期:2016年9月
  • 駆動方式:往復式
  • 刃の枚数:4枚刃
  • 電源方式:充電式
  • 本体重量:120g
  • カラー:シルバー系
深剃りはしたいけど、敏感肌の人に

深剃りはしたいけど、敏感肌の人に

第1位のモデルと引けを劣らず、深剃り性能に優れているのがブラウンの最高峰シリーズ『シリーズ9 9295cc』です。

形状の異なる5種類の刃を搭載しているので、さまざまな向きに生えるヒゲを剃り残すことがありません。

また「3連サスペンションヘッドシステム」により、お肌にシェーバーがより密着。

実際に使用しているユーザーからは、「肌に軽く当てるだけで、驚くように剃れる」という意見も聞かれました。

深剃りはしたいけど、お肌へのダメージもしっかりと考えたいという人におすすめです!

敏感肌だけど、深剃りしたい人

【1位】パナソニック ラムダッシュ ES-LV5D

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥26,000~
  • 発売時期:2018年9月
  • 駆動方式:往復式
  • 刃の枚数:5枚刃
  • 電源方式:充電交流式
  • 本体重量:200g
  • カラー:黒・赤
  • 旧モデル:ES-LV5C
ユーザーから抜群の高評価

ユーザーから抜群の高評価

「ヒゲの量が多くて時間がかかる」「ヒゲの剃り残しが目立ってしまう」そんな人にとにかくおすすめしたいのがパナソニック『ラムダッシュ ES-LV5D』です。

まず注目したのが、その刃の枚数。ラムダッシュ独自の5枚刃を採用しているため、1ストロークで綺麗さっぱり剃り上げてしまいます。

また前後・左右・上下に新たにツイスト・前後スライドを加えた「5Dアクティブサスペンション」を採用することにより、どうしても剃り残してしまっていた「アゴ下」や「頬」のヒゲまでもしっかりとキャッチしてくれます。

実際に使用しているユーザーからの評価は抜群!

やや価格が高いのもありますが、深剃りにお悩みの方はコチラのモデルで間違いないでしょう。

ヒゲの剃り残しに悩んでいる人

【敏感肌】おすすめの電気シェーバーTOP3

【3位】日立 ロータリージーソード RM-LX6D

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥16,000~
  • 発売時期:2016年9月
  • 駆動方式:ロータリー式
  • 刃の枚数:2枚刃
  • 電源方式:充電交流式
  • 本体重量:200g
  • カラー:チタニウムシルバー
静音性に優れたロータリーモデル

静音性に優れたロータリーモデル

第3位としてご紹介するのは、日立独自の駆動方式であるロータリー式を採用した『ロータリージーソード RM-LX6D』。

ヘッドの部分が大きく、肌に当てても圧力がうまく分散するので、肌へのダメージを軽減することができます。

ユーザーからは使用中の駆動音の静かさに驚きの声が多くみられます。マンションやアパートなどで音が気になるというかにおすすめです!

剃り味に関しても高い評価を得ていますが、ロータリー式独自の剃り方に慣れるまでに時間がかかるとの意見もあり、今回は3位に選出。

電気シェーバーの音が気になっている人

【2位】フィリップス 9000シリーズ S8980/13

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥20,000~
  • 発売時期:2017年9月
  • 駆動方式:回転式
  • 電源方式:充電式
  • 刃の枚数:3枚刃
  • 本体重量:164g
  • カラー:ネイビーブルー・シルバー
敏感肌だけど、剃り残しもしたくない方に

第1位でご紹介した商品よりも更に肌への優しさにこだわったモデルが、9000シリーズ『S8980/13』になります。

ダブルVトラック刃を新たに採用したことにより、寝ているヒゲや短いヒゲもしっかりと捉えてカット。

何度もストロークする必要が無いので、肌へのダメージを最低限に抑えることが可能になっています。

実際に使用しているユーザーからは「肌に吸いつくように滑らか」との評価がされています。

また、8方向に可動する輪郭検知ヘッドを搭載しているので、首元や顔の凹凸など剃り残しやすいゾーンにもしっかりと対応。

価格こそ高くなりますが、敏感肌の方で深剃りもしたいという方におすすめです!

価格は高くても、お肌へのダメージを抑えたい人

【1位】フィリップス 5000シリーズ S5050/05

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥6,000~
  • 発売時期:2017年9月
  • 駆動方式:回転式
  • 刃の枚数:3枚刃
  • 電源方式:充電式
  • 本体重量:173g
  • カラー:アクアティックブルー・ブラック
優しい剃り味を実現したコスパ最強モデル

優しい剃り味を実現したコスパ最強モデル

敏感肌の方におすすめの電気シェーバー第1位に選出したのは、フィリップス『5000シリーズ S5050/05』。

「このシェーバーを使い始めてから肌荒れがなくなった」「駆動音がほんとに静か」といった意見が多くみられます。

この優しい剃り味の秘訣は、ヘッド部分が丸みを帯びた「コンフォートカット刃」にあります。肌を守りながらやさしいシェービングを実現。

お風呂剃りが可能なので、シェービングフォームやジェルを使えば、よりお肌をケアしつつヒゲ剃りを行うことができます。

価格も¥6,000~と非常に手頃ということで、今回は見事1位にランクインしました!

1万円以下で、肌に優しいモデルが欲しい人

おすすめの電気シェーバーの比較表

おすすめの電気シェーバーの比較表

【深剃り】電気シェーバーの比較表

ランク 【1位】 【2位】 【3位】 【4位】 【5位】
メーカー パナソニック ブラウン パナソニック イズミ ブラウン
シリーズ ラムダッシュ シリーズ9 ラムダッシュ S-DRIVE シリーズ3
モデル ES-LV5D 9295cc ET-ST2Q IZF-V557 310s
駆動方式 往復式 往復式 往復式 往復式 往復式
刃の枚数 5枚刃 4枚刃 3枚刃 4枚刃 3枚刃
電源方式 充電交流 充電 充電 充電交流 充電
本体重量 200g 120g 145g 177g 175g
お風呂 × ×
自動洗浄 × × × ×
水洗い
海外使用
価格目安 ¥35,000 ¥35,000 ¥9,000 ¥3,000 ¥4,000

【敏感肌】電気シェーバーの比較表

ランク 【1位】 【2位】 【3位】
メーカー フィリップス フィリップス 日立
シリーズ 5000シリーズ 9000シリーズ ロータリージーソード
モデル S5050/05 S8980/13 RM-LX6D
駆動方式 回転式 回転式 ロータリー式
刃の枚数 3枚刃 3枚刃 2枚刃
電源方式 充電 充電 充電交流
本体重量 173g 164g 200g
お風呂 ×
自動洗浄 × × ×
水洗い
海外使用
価格目安 ¥6,000~ ¥20,000~ ¥16,000~
スポンサーリンク

電気シェーバーの購入に関する疑問を解決

電気シェーバーはどこで購入するのがお得?

電気シェーバーはどこで購入するのがお得?

「電気シェーバーが欲しいけど、どこで購入すればいいか分からない!」なんて人も多いのではないでしょうか?

電気シェーバーは主に、以下の3か所で購入することができます。

  1. ネット通販
  2. 家電量販店
  3. ドラックストア

基本的におすすめの購入方法は、ネット通販になります。同じ商品でもやはりネットで購入した方が安い傾向にあります。欲しいモデルが見つかったらAmazonや楽天といった通販サイトを比較してみると良いでしょう。

また、家電量販店でもポイントを付与するなどして、ネット通販と同価格帯で購入できるお店もあります。デザインや実際に手で持った感覚を味わいたい人は足を運んでみるのもありかも知れませんね。

試し剃りをすることは可能?

購入する前に、一回試しにヒゲを剃ってみたいという方もいらっしゃるかも知れません。

事実、一部の家電量販店では、試し剃りのコーナーを設けているところもあります。

しかし、他人が使用したヒゲ剃りを使うのは、肌荒れの原因となる可能性があります。購入前の試し剃りは難しいと考えた方が良いでしょう。

電気シェーバーの保証期間は?

電気シェーバーの保証期間は、他の家電と同様に購入日から1年間が基本となっています。

メーカーや販売店によっては、延長保証サービスをオプションで行っているところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

電気シェーバーってどれくらいの期間使える?

電気シェーバー本体は、適切な使用方法であれば、約5年以上故障なく使用できるケースが多いようです。

ただし、毎日使用していると「刃の劣化」は避けられません。

メーカーにもよりますが約1年~2年で替え刃の必要がありますので注意をしましょう。

電気シェーバーの使い方のコツ

電気シェーバーの使い方のコツ

いくら自分に合った電気シェーバーを見つけることが出来ても、正しいシェーバーの使い方をしないと、肌を傷つけたり剃り残しが出てきてしまいます。

お肌のダメージを抑えつつも上手にシェービングするためには、ヒゲを剃る時間や事前の準備が必要になってきます。

また少ないストロークでしっかりと剃り切ることやお肌とシェーバーを直角にすることが大事です。詳しくは別のページで解説しているので参考にしてみてくださいね!

【関連記事】
男性必見!肌を傷つけない電気シェーバーの使い方。深剃りをする方法も解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク