ムダ毛処理に必須の便利アイテム
ピントルの電気シェーバー専門ページ

スポンサーリンク

深剃りにおすすめの電気シェーバー。剃り残しが気になる人必見!

深剃りにおすすめのモデル

人よりもヒゲが濃い・ヒゲの量が多いとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

電気シェーバーだとどうしても、剃り残しが出てしまうため、カミソリを使っているという声もよく聞かれます。しかし、毎朝のカミソリでシェービングは時間や手間がかかってしまい面倒ですよね。

今回は電気シェーバーの中でも、しっかりと剃り残しなく深剃りができるモデルを厳選してご紹介していきます!

スポンサーリンク

電気シェーバーは深剃りが苦手?

電気シェーバーは深剃りが苦手?

電気シェーバーは本来、深剃りがあまり得意ではないと知っていましたか?

T字のカミソリは、肌に直接刃が当たるため、ヒゲの根本からカットできるようになっています。

一方の、電気シェーバーは、外刃がヒゲを捉え、内刃でカットをする仕組みになっています。そのためヒゲを根元からカットすることはできず、どうしても深剃りの性能が落ちてしまいます。

そのためヒゲが濃い人はカミソリを使っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、最近ではカミソリにも劣らないほど、深剃りができる電気シェーバーも発売されてきています。電気シェーバーは、カミソリよりもお肌に優しくシェービングすることが可能ですし、なにより時間をかけずに手軽に扱うことができます。

▼カミソリと電気シェーバーの特徴
カミソリと電気シェーバーの深剃り性能深剃り性能比較表

深剃りが得意な電気シェーバーを選ぶポイント

深剃りが得意な電気シェーバーを選ぶポイント

さて、ここからは実際に深剃りができる電気シェーバーを選んでいく際のポイントについて解説していきます。

  1. 往復式シェーバーを選ぶ
  2. お風呂剃り対応

大事なポイントは、「①往復式シェーバーを選ぶこと」「②お風呂剃り対応を選ぶこと」の2点になります。

この2点に注目すれば、ある程度の深剃り性能をもった電気シェーバーを購入することができます。より詳しくみていきましょう!

深剃りしたいなら往復式シェーバー

電気シェーバーをすでにお持ちの方はご存知かもしれませんが、シェーバーには「①往復式」「②回転式」の2つのタイプが存在します。

より詳しく分けると「③ロータリー式」と呼ばれる日立のみが採用している方式もありますが、メジャーな選択肢ではないので今回は説明から省かさせていただきます。


▲パナソニック ラムダッシュの往復式シェーバー

パナソニック(Panasonic)のラムダッシュブラウン(BRAUN)は、往復式のシェーバーを採用。外刃でヒゲをキャッチし、激しく往復する内刃でヒゲをカットしていきます。

回転式のシェーバーと比べると、深剃りが可能になっており、くせヒゲや長いヒゲも処理できるモデルも発売されています。その反面、お肌へのダメージは大きい傾向にあり、敏感肌に人には向いていないタイプです。


▲フィリップスの回転式シェーバー

一方のフィリップス(PHILIPS)は、回転式のシェーバーを採用しています。ヘッドの部分が丸みを帯びており、肌の上を弧を描くようにしてシェービングを行います。

お肌への設置面積が大きく、肌に優しいのが特徴です。また、往復式シェーバーに比べると、運転音が小さいというメリットがあります。

▼往復式と回転式シェーバーの違い
往復式と回転式の違い

肌にも優しいお風呂剃り対応モデル

往復式の電気シェーバーの中でも、お風呂剃りが可能になっているモデルがおすすめです。

お風呂剃りが可能なモデルとは、防水性能が施されており、ジェルやクリームを使用してウェットな状態でシェービングすることが可能です。

そのため、通常のドライ剃りと比較するとお肌へのダメージを軽減。シェービング後に赤くなったり、ヒリヒリしたりすることがありません。

またジェルやクリームを使用することによって、深剃りが可能になるのもポイント。

「水洗い対応モデル」をお風呂剃り対応モデルと勘違いしてしまう方がいますが、水洗い対応モデルはシェービング剤を使用することはできません。「お風呂剃り対応」としっかり記載してあるモデルを選びましょう。

スポンサーリンク

深剃りにおすすめの電気シェーバー

深剃りにおすすめ電気シェーバー

それでは、深剃りにおすすめでの電気シェーバーをご紹介していきます。300近い電気シェーバーの商品の中から、深剃り性能に優れた機種のみをピックアップしています。

ヒゲの剃り残しで悩んでいる方は、これらのモデルから選ぶと良いでしょう。

ブラウン シリーズ9 9295cc

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥33,000~
  • 発売時期:2016年9月
  • 駆動方式:往復式
  • 電源方式:充電式
  • 刃の枚数:4枚刃
  • 本体重量:210g
  • カラー:シルバー
  • Amazon評価:3.8/5(2018年9月現在)
  • お風呂剃り:◯

まずご紹介するのは、ブラウンの最高峰「シリーズ9」から9295cc。

4枚刃+ストレッチスキンガードの5カットシステムを採用し、抜群の深剃り性能に加えて、お肌への優しさも両立しています。

「チタン加工極薄リフトアップ刃」という厚みがわずか、0.24mmの極薄刃を採用しているので、寝ているヒゲやクセヒゲもしっかりと持ち上げてシェービングしてくれます。

今まで使っていた電気シェーバーだと、剃り残しが出てしまうという方は、まずはブラウンの「9295cc」を検討してみるといいでしょう。アルコール洗浄器も付属しているので、お手入れもラクラク!

【関連記事】
ブラウンのおすすめ電気シェーバーと口コミや評判をご紹介!

パナソニック ラムダッシュ ES-ST8Q

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥16,000~
  • 発売時期:2018年5月
  • 駆動方式:往復式
  • 刃の枚数:3枚刃
  • 電源方式:充電
  • 本体重量:155g
  • カラー:青・ゴールド調
  • お風呂剃り:◯

つづいてご紹介するのは、パナソニックからお風呂剃りシリーズ「ES-ST8Q」。ブラウンのモデルと比較すると、価格が安くお求めやすくなっているのがポイントです。

リニアモーター高速駆動システムによって、忙しい朝の時間帯でも早剃りが可能。また左右30°に動く「密着スイングヘッド」によって、顔の凹凸部分にしっかりとフィットし、剃り残すことがありません。

深剃り性能に関しては、ブラウン「9295cc」とほぼ差がないと考えてよいでしょう。自動洗浄器を搭載していない分、コチラの方がお求めやすくなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク