ムダ毛処理に必須の便利アイテム
ピントルの電気シェーバー専門ページ

スポンサーリンク

口コミや評判は?フェリエのフェイス用シェーバーを徹底調査!【パナソニック】

パナソニックのフェイス用フェリエ

お顔のムダ毛処理をする際に、とても便利なのがパナソニックから発売される「フェリエ」のフェイス用シェーバー。

価格も安く、お手軽にムダ毛の処理ができるので、人気ヒット商品になっています。

ご家族やご友人で使っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなパナソニックのフェイス用フェリエ徹底調査!実際に使用しているユーザーの口コミをリサーチし、「お肌へのダメージ」や「剃り心地」などを調べていきます。

購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【関連記事】
【2018年最新版】女性用電気シェーバーのおすすめ10選。肌に優しい人気モデルもご紹介

スポンサーリンク

パナソニック「フェリエ」のラインナップ

さっそくですが、フェリエのラインナップについてみていきましょう。

実は、パナソニックから発売されているフェリエには、「フェイス用」「ボディ用」の2タイプが存在します。

たまに、フェイス用シェーバーで全身のケアを行ってしまう人や、ボディ用シェーバーでお顔のケアを行ってしまう人がいますが、肌荒れの原因となってしまうので、しっかりと用途にあったものを選ぶようにしてください。

なお、2018年3月に新モデルが発売。フェイス用のシェーバーのラインナップが新しくなりました。

▼パナソニックのフェリエの商品一覧(2018年9月現在)
フェリエのラインナップ

【関連記事】
口コミや評判は?フェリエのボディ用シェーバーES-WR50を徹底調査!

旧モデルとの変更点

新しくモデルチェンジをしたフェリエですが、「新モデル」と「旧モデル」の変更点は、2点ほどあります。

  1. 充電式ニッケル水素電池の使用が可能に
  2. カラバリエーションが変更

旧モデルでは、単4アルカリ乾電池のみが使用可能でしたが、新モデルからは充電式の電池も使用することが出来るようになりました。これによって毎回電池を購入する必要がなく、ランニングコストを抑えることができますね!

また、カラーバリエーションにも変更が見られます。のちほど、新モデルのカラーはすべてご紹介していますので、チェックしてみてください!

▼フェリエフェイス用シェーバーのカラー変更点
フェリエフェイス用シェーバーのカラー変更点

フェイス用「フェリエ」の特徴

フェリエのフェイス用シェーバーの特徴

さて、そんなフェリエにはどんな特徴があるのでしょうか?実は、繊細な女性の肌を傷つけないための様々な工夫がされています。

肌を傷つけない丸い刃先

実はフェリエの刃先は、「丸み」を帯びており、お肌を傷つけることがありません。

丸みを帯びているといっても「可動刃」と「固定刃」の2枚の刃で挟んでムダ毛を処理するので、しっかりと剃りきることができます。

実際に使用しているユーザーからも、「とにかく肌に優しい」「お肌がチクチクしない」という意見が多数みられます。

メイクの上からでも使用可能

そして嬉しいポイントがもう一つ。なんとメイクの上からでもムダ毛処理をすることができます。

外出先で、ふとした瞬間にムダ毛が気になるときってありますよね!

フェリエは、石鹸やローションを必要としないので、外出先などメイクの上からササっとムダ毛処理をすることが可能です。

眉毛のお手入れをラクラク

眉の高さを「2mm・4mm・6mm」の3段階で調節をすることが可能です。ふんわり眉毛や濃い目の眉毛など、流行りに合わせて自由に長さを変えられるので便利ですね!

また、誤ってまつげを剃ってしまわないように、まつげを保護する「マユカバー」も付いています。

後ほど詳しくご紹介しますが、ES-WF51は眉毛の処理に非対応なので注意が必要です。

肌の凹凸に合わせて、ヘッドがスイング

電気シェーバーやカミソリを使用したことがある方は、分かるかもしれませんが、頬や鼻の下などお肌に凹凸がある部分って剃り残しがでてしまいますよね...。

フェリエは、肌の凹凸に合わせて、ヘッドの部分が左右に10°スイング。お肌にピタッと密着するので、剃りにくい箇所でも力を入れずに剃ることができます。

しっかりワンストロークで剃り切ってくれるので、何度も刃を滑らす必要がなく、お肌に優しい設計になっています。ES-WF41は非対応。

水洗いは不可

一方で、使いにくい点も存在しますので、きちんと紹介しておきます。

フェリエは使用をした後に、水洗いでシェーバーを綺麗にすることはできません。そのため取扱説明書の方法に従って、刃を取り外し、掃除用ブラシ(付属品)でお手入れをする必要があります。

また、刃の錆びや切れ味をキープするために、3回に1回程度、専用オイル (別売り)を注油することが推奨されています。

ややお手入れに面倒な点があるのも、事実です。

購入時には乾電池の購入が必要

これは勘違いをして、困ってしまうユーザーが多いのですが、フェリエを購入した際には、乾電池が付属されていませんので、ご自身で用意する必要があります。

用意する電池は、単4系アルカリ乾電池もしくは、単4系充電式ニッケル水素電池を使用してください。

ただし、旧モデルを購入の際は、単4系アルカリ電池を使用してください。(充電式電池は使用不可)

パナソニック製の単4系アルカリ電池を使用した場合、約1か月間使用することが可能です。(1回約5分・週2回・室温20℃の場合)

パナソニックのフェリエの特徴

スポンサーリンク

フェイス用「フェリエ」の比較

フェイス用「フェリエ」の比較

続いては、具体的にどの商品を選んだら良いのかについて解説をしていきます。

フェリエのフェイス用シェーバーは「ES-WF41」「ES-WF51」「ES-WF61」の3モデルが展開されています。

モデルで異なる点は、「①眉毛を処理できるか」「②凹凸部分を剃りやすくする密着スイングヘッドの有無」の2点にあります。

詳しくはモデルごとの解説でみていきましょう!

パナソニックフェイス用フェリエの比較

ES-WF41

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥3,000~
  • 対応部位:カオ
  • 電源方式:乾電池
  • サイズ(cm):高さ14×幅1.6×奥行1.4
  • 本体重量:20g
  • カラー:ルージュピンク・ピンク・シルバー
  • 防水対応:×
  • 旧モデル:ES-WF40

まずご紹介するのは、フェリエのフェイス用シェーバーのエントリーモデルに当たる「ES-WF41」です。最も価格が安く3,000円程度で購入することができます!

お顔周りのムダ毛処理はもちろんのこと、「マユカバー」と「マユコーム」が付属しているので、眉毛のお手入れも可能です。

ただし、当モデルは「スイングヘッド」を搭載していないので、お肌の凹凸部分のお手入れは少し面倒...。

頬や鼻の下といった凹凸部分の剃り残しが気になる、という方には上位のモデルをおすすめしています。

しかし、サイズが上位モデルよりも、コンパクトになっているので、カバンやポーチに入れて持ち運べるというのも嬉しいポイントです。

「スイングヘッドはなくても大丈夫そう」という方は、このモデルを選んで間違いないでしょう!

ES-WF51

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥4,000~
  • 対応部位:カオ
  • 電源方式:乾電池
  • サイズ(cm):高さ15.6×幅1.7×奥行3
  • 本体重量:20g
  • カラー:ゴールド・紫
  • 防水対応:×
  • 旧モデル:ES-WF50

次にご紹介するのは、フェリエのフェイス用シェーバーのミドルクラスに当たる「ES-WF51」です。お値段は、エントリーモデルよりも1,000円程度高くなった4,000円程度での購入が可能です。

こちらのモデルには、エントリーモデルには搭載されていなかった「スイングヘッド」機能を搭載。お肌の凹凸部分でもワンストロークで綺麗に剃り切ることができますよ!

ただし、その代わりに「マユコーム」「マユカバー」は付属していません。眉毛のお手入れもしたい、という方には不向きなモデルです。

ES-WF61

現在の価格はコチラ

製品詳細

  • 価格の目安:¥4,500~
  • 対応部位:カオ
  • 電源方式:乾電池
  • 本体重量:20g
  • カラー:ピンク・ルージュピンク・白
  • 防水対応:×
  • 旧モデル:ES-WF60

最後にご紹介するのは、ナンバーワンおすすめモデル「ES-WF61」になります。価格こそ高くなってしまいますが、「スイングヘッド」機能を搭載。それに加えて「マユカバー」と「マユコーム」もしっかりと付属しています。

眉毛のお手入れから顔回りのムダ毛処理まで、これ一本で済ますことができます!

フェイス用「フェリエ」の口コミや評判

フェリエのフェイス用シェーバーの口コミ

  • 今までカミソリを使用していましたが、フェリエなら肌を傷つける心配がないので安心です。(ES-WF41)
  • 敏感肌なので、カミソリ負けをしていましたが、こちらに変えてからは肌が荒れません。(ES-WF41)
  • カミソリと比べると、根本から剃れている気がしない。(ES-WF41)
  • 脱毛の前処理用に購入。肌を傷つけずに綺麗に剃ることができます。(ES-WF50)
  • ヘッドの先端が動くので、剃り残しが少なくて満足しています。(ES-WF50)
  • ヘッド部分が動くので、ワキの下やVラインにも使用しています。(ES-WF61)

フェリエを実際に使用している人の口コミとして多かったのが、カミソリに比べて非常にお肌に優しいという意見です。

カミソリだとどうしてもお肌が荒れてしまってたけれども、フェリエに変えてからはカミソリ負けがなくなったという声が聞かれます。

フェリエを使用して「お肌が荒れた」「ヒリヒリ」するなどの意見がほぼ見られないのが、この商品のすごいところ。

また「密着スイングヘッド」を搭載している「ES-WF51」「ES-WF61」は、剃り残しが少ないという口コミが多くみられました。

Amazonでの評価も、3モデルとも非常に高く、購入して損はないシェーバーと言えるでしょう。

まとめ

ここまでパナソニック(Panasonic)フェリエのフェイス用シェーバーについて解説をしてきましたが、いかがでしたか?

女性のお肌を傷つけない設計がされているフェイス用フェリエは、ユーザーからも高い評価がされています。カミソリからフェリエに変えた人はその肌への優しさに驚きの声も見られました。

お顔のムダ毛処理はしたいけれども、肌ダメージも気になるという方にぜひおすすめしたい商品です。

ただし、お肌に優しいフェリエでも、正しい使い方をしないと肌トラブルの原因となってしまいます。処理前の準備やアフターケアなどにしっかり注意して使うようにしましょう。

【関連記事】
女性用電気シェーバーの上手な使い方。つるつるお肌を手に入れたい人必見!

スポンサーリンク
スポンサーリンク