二重まぶたにできる必須アイテム!
ピントルのアイプチ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ぱっちり自然な二重!人気のアイプチおすすめランキング
おすすめ
アイプチ
くっきり二重!人気のアイテープおすすめランキング
おすすめ
アイテープ
王道!人気の粘着式アイプチおすすめランキング
おすすめ
粘着式
新定番!人気の折り込み式アイプチおすすめランキング
おすすめ
折り込み式
強力!人気の両面接着式アイテープおすすめランキング
おすすめ
両面接着式
スポンサーリンク

自然に仕上がる!アイテープの上手な使い方

アイテープの上手な使い方

接着式アイテープには、片面接着式アイテープと両面接着式アイテープの2種類があります。どちらのタイプも透明タイプや肌色タイプ、スリムタイプやワイドタイプなどのほか目尻や目頭などにポイントで使えるものなど種類も豊富にあるので、自分のまぶたの厚さや目立ちにくさで選ぶことが出来ます。

片面接着式アイテープと両面接着式アイテープは基本的な使い方は同じですが、デリケートな目元の肌に接着剤を貼りつけるため、使用の際にはいくつかの点に注意する必要があります。

ここでは、アイテープ初心者の人でも失敗の無い二重を作れるように自然に仕上がる!アイテープの上手な使い方と使用の際の注意点についてわかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

接着式アイテープの使い方 

接着式アイテープの使い方 

接着式アイテープには、片面接着式アイテープと両面接着式アイテープの2種類があります。どちらのタイプも透明タイプや肌色タイプ、スリムタイプやワイドタイプなどのほか目尻や目頭などにポイントで使えるものなど種類も豊富にあるので、自分のまぶたの厚さや目立ちにくさで選ぶことが出来ます。

片面接着式アイテープは、まぶたに貼ったテープ部分が二重ラインとなり、その上にまぶたがかぶさることで二重が作れるアイテープです。まぶた同士を接着させるわけではないので、肌への負担が少なく、また乾かす時間も無いためとても便利です。

まぶたの薄い人や柔らかい人におすすめのタイプで、目を閉じた際も自然に仕上がるのが特徴です。

両面接着式は、テープの両面にまぶたをくっつけて二重をつくるタイプのアイプチです。まぶたにテープを張り付けて、プッシャーでくい込ませることによってテープがまぶたにくい込みまぶたの凹の部分で皮膚同士を接着させます。

まぶたの厚い人や頑固な一重の人でもしっかりと接着できるためくっきりとした二重を作ることが出来ます。

片面接着式アイテープと両面接着式アイテープは基本的な使い方は同じです。ここでは、接着式アイテープの上手な使い方について解説していきます。

>>アイプチの種類と特徴について詳しくはコチラ

1.油分をオフする 

まずはコットンを使って優しくまぶたの皮膚の油分をオフしましょう。洗顔をした後の場合は、化粧水などは使わないようにしましょう。油分があるとアイテープの粘着力が弱まってしまうので、テープがはがれる原因となってしまいます。

2.プッシャーで二重の幅を決める 

鏡を見ながら、プッシャーをまぶたに軽く押し当てて、二重を作るラインを決めます。この際、二重の幅を欲張りすぎると不自然な二重に仕上がってしまったり、二重がうまく作れなくなってしまう可能性があるので、自然な二重の幅になるように心がけましょう

3.二重のラインにテープを貼る

半目の状態で、決めた二重ラインの下に合わせてアイテープを貼り付けます。片面接着式アイテープの場合には、指でテープ部分を軽く押さえて肌に密着させるようにしましょう。

4.プッシャーを当てながら目をあける

二重のラインに軽くプッシャーを当てながらゆっくりと目を開けます。片面接着式アイテープの場合にはアイテープがまぶたに折り込まれて二重が作られます。両面接着式アイテープの場合には、アイテープの上下の皮膚を接着させます。

5.指やプッシャーで二重を整える 

指やプッシャーで、不自然な部分を修正し形を整えます。両面接着式アイテープの場合は、目頭や目尻側もしっかりとくっつくように、指でしっかりと押さえて整えましょう。

6.まぶたに合わせてカットする 

目の幅によっては、アイテープがはみ出てしまう場合があるので、自分の二重の幅に合わせてアイテープを先に切っておくと綺麗な二重に仕上がります。アイテープの横幅が広いと、目尻側からアイテープがはみ出て見えてしまうため、二重が綺麗にできていてもアイテープをしていることが周りにばれてしまいます。

アイテープを皮膚に貼る前に、自分のまぶたにアイテープを合わせてみて、アイテープがはみ出るようであれば、まぶたに貼り付ける前に端をはさみでカットしてから張り付けるようにしましょう。

ファイバー式アイテープの使い方

ファイバー式アイテープの使い方

ファイバー式アイテープは、細い糸状のテープをまぶたにくい込ませるようにして二重の溝をつくるアイテープです。現在販売されているほとんどのファイバー式アイテープは医療用の粘着剤やファイバーを使用しているため、肌のトラブルが起こしにくいのが特徴です。

また、まぶたにくい込みやすく、接着式よりも肌への負担が少なくて済みます。アイプチしていることが周りにバレにくく、自然さを求める人におすすめです

ファイバータイプには、伸縮性があるタイプと、伸縮性が無いタイプの2種類があります。伸縮性があるファイバーは、ファイバーを伸ばしながらまぶたに貼りつけ、ファイバーが縮もうとする力を利用してまぶたにくい込ませて二重を作ります。

伸縮性が無いファイバーは、ピンとファイバーを張った状態でまぶたにしっかりとくい込ませて二重ラインを作って二重を作り出します。商品によって多少の使い方の違いはありますが基本的な使い方は同じです。ここでは、ファイバー式アイテープの上手な使い方について詳しく解説していきます。

>>アイプチの種類と特徴について詳しくはコチラ

1.油分をオフする

まずはコットンを使って優しくまぶたの皮膚の油分をオフしましょう。洗顔をした後の場合は、化粧水などは使わないようにしましょう。油分があるとアイプチの粘着力が弱まってしまいます

2.プッシャーで二重の幅を決める 

プッシャーを使って、鏡を見ながら二重になりやすいラインを見つけましょう。この際、二重の幅を欲張りすぎると不自然な二重に仕上がってしまうので、自然な二重の幅になるように心がけましょう。

3.ファイバーを伸ばしてまぶたに貼る

ファイバーテープを左右に引き伸ばしながら、ピンと張った状態で、決めた二重ラインの黒目の上にファイバーの中心を貼り付けます。次に目頭、目尻と強く押し当てながら貼りつけます。貼り付けたら、何度かまばたきをしてまぶたにしっかりとくい込ませましょう。

しっかりとくい込んだら、少し上を見るような状態で5秒ほどキープすると、よりしっかりと接着することが出来ます。

4.余った部分をハサミでカット

ファイバーは、目の幅全部に貼り付ける必要はありません。両端のまぶたからとび出た余分な部分をはさみでカットします。この時にはさみで皮膚を切らない様に、注意が必要です。ファイバー式アイテープ専用のカッターも販売されているので、それを使用すると安全です。

5.指やプッシャーで二重を整える

指やプッシャーで頭や目尻側の浮いた部分を、まぶたになじませながら修正して、形を整えて完了です。

6.アイプチを併用して強度アップ

ファイバーを使う前や、最後に形を整える際にアイプチを使うことで二重がより崩れにくくなり長時間ぱっちり二重をキープすることが出来ます。方法は、ファイバーをまぶたに貼り付ける前に、二重を作るラインにアイプチを薄く塗って少し乾かします。

この時、アイプチを薄く塗ることがポイントとなってきます。

スポンサーリンク

アイテープ使用時の注意点 

アイテープ使用時の注意点 

慣れてしまえば手軽に二重が作れるのが特徴のアイテープですが、安全に使用するためにも使用の際には、下記の点に注意しましょう。

  • オフの際には擦らない。
  • 炎症やトラブルが起きたらすぐに使用を中止する。

ここでは、これらの注意点について詳しく解説していきたいと思います。

剥がすときは優しく 

アイテープの中には接着力が強いものも多くあります。無理に剥がしてしまうとまぶたの皮膚の角質を剥がして、肌を傷つけてしまったり、ダメージを与えてしまったりするので、アイテープを剥がすときは、なるべくゆっくりと剥がし皮膚が引っ張られないように注意してください。

肌に負担をかけないアイテープの落とし方についてもご紹介しましょう。手順は下記のとおりです。

  1. コットンに水や化粧水(商品によってはメイク落としを推奨している場合もあるので、その場合はメイク落としを使用)をたっぷりと含ませて、まぶたに優しく当てておく。
  2. しばらく経ってアイテープが浮いてきたら、優しく皮膚を引っ張らないように剥がしていく。
  3. 万が一剥がれにくい場合は、再度コットンを当てて時間を置く。
  4. アイテープが剥がれたら、まぶたに接着剤が残っていないか確認。
  5. 接着剤が残っていたら、優しくメイク落としなどをくるくると肌の上を滑らすように馴染ませて取り除く。
  6. 洗顔をしっかりと行う。

肌に負担をかけないためにも、焦らず無理に剥がそうとせずに、しっかりとアイテープを浮かせてからオフするようにしましょう。また、まぶたに接着剤が残っていると肌トラブルの原因にもなるので、しっかりと取り除くことが大切です。

使用後には、アイクリームなどでたっぷりと保湿をするなどスキンケアをしっかりとしましょう。

トラブルの際は使用中止

アイテープは接着剤の成分が含まれています。もともと目元部分の肌はデリケートに出来ており、その部分に接着剤をつけるため刺激を受けて、まぶたにかゆみが出たり、赤く腫れる、カサカサしてくるなどの皮膚が炎症やかぶれなどのトラブルが起きる危険性もあります。

そのほかにも、普段は特に問題なく使用できていても小さな傷がついていたりすると、肌トラブルを起こしてしまったり、アイテープを繰り返し使用することによってまぶたの皮膚が伸びてたるんでしまったり、色素沈着を起こす可能性もあります。

アイテープを使用している際に、肌のかぶれや炎症などのトラブルが発生してしまった場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。痛みやかゆみがある場合には、清潔な冷たいタオルや保冷材で炎症部分を冷やすのもおすすめです。また、ワセリンなどで患部を保護してあげましょう。

しかし、あまりにもひどく皮膚がただれてしまっている場合などは、何もつけずにすぐに皮膚科を受診してください。

両面接着式アイテープの場合は、目が完全に閉じることが出来なくなるため、ドライアイの人などは使用をしてはいけません。また、両面接着式アイテープを使用してドライアイなどの症状がでてきた際も使用はやめましょう。

眼球に何か異変を感じた場合や皮膚トラブルが出てしまった場合には、眼科または皮膚科を早めに受診することも大切です。

>>肌に優しいアイプチおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ぱっちり自然な二重!人気のアイプチおすすめランキング
おすすめ
アイプチ
くっきり二重!人気のアイテープおすすめランキング
おすすめ
アイテープ
王道!人気の粘着式アイプチおすすめランキング
おすすめ
粘着式
新定番!人気の折り込み式アイプチおすすめランキング
おすすめ
折り込み式
強力!人気の両面接着式アイテープおすすめランキング
おすすめ
両面接着式