髪をキレイに保つ為の必須アイテム!
ピントルのドライヤー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
目的別:ドライヤーの上手な選び方
目的別
選び方
すぐ乾く!人気の大風量ドライヤーおすすめランキング
大風量
ドライヤー
必見!人気のくせ毛向けドライヤーおすすめランキング
くせ毛向け
ドライヤー
軽くて人気のコンパクトドライヤーおすすめランキング
コンパクト
ドライヤー
コスパ!人気の安くて使えるドライヤーおすすめランキング
安い
ドライヤー
スポンサーリンク

人気のスタイリングしやすいドライヤーおすすめランキング

スタイリング向けドライヤーおすすめランキング

お風呂上りなどに使用するドライヤーの役割は、その大半が髪を乾かす上で使われます。実際使わないと風邪をひく可能性もありますし、何よりも髪に良くないです。しかし用途はそれに限ったことではありません。

最近ではドライヤーは日中に使われることも多く、その目的はスタイリングにあります。大抵は一般的なドライヤーを用いていますが、実はスタイリングしやすい商品もあるのです。そこでこちらでは人気のスタイリングしやすいドライヤーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

スタイリングしやすいドライヤーの選び方

スタイリングしやすいドライヤーの選び方

今や女性だけでなく、男性も髪のスタイリングには気を遣う時代となりました。そうなるとスタイリングしやすいドライヤーのニーズはより高まり、各メーカーとも様々な商品を販売するようになっています。

ただでさえ商品数が多いドライヤーの中からスタイリングしやすいものを選ぶのは大変です。なぜならばあくまでスタイリングしやすい機能を搭載したドライヤーが販売されているだけで、スタイリング専用のドライヤーはないためです。

つまり数ある商品の中から、メーカーがスタイリングにも使えるよう設計したドライヤーを見つけ出さなければいけないのです。

具体的な商品を直接ご紹介するのも良いですが、まずは自分でも選べるよう、スタイリングしやすいドライヤーの選び方のポイントからご紹介していこうと思います。

>>ドライヤーの上手な選び方について詳しくはコチラ

温度調節機能をチェック

スタイリングをする上で温度調節機能は非常に大切になります。ただ乾かすだけであれば、それほど気にする必要はありませんが、スタイリングにおいてはそれほど高い温度の風を髪に当てることはないためです。

スタイリングにとって熱による髪へのダメージは死活問題です。正しい使用方法で髪へのダメージを極力抑えるのと同時に、乾かし過ぎによるオーバードライにも気を付けなければなりません

具体的なスタイリング方法については後述させていただきますが、温度調節機能を上手く使い、スタイリングを行うことが重要となってくるのです。

そのためには例えば熱風でも強と弱、そして冷風だけでなく熱風と冷風の間くらいの温度が出せる機能が必要となってきます。

また上位機種にもなると自動温度調節機能などが付いたものも出てきます。このような機能がついているかどうか必ずチェックするようにしましょう。

風量をチェック

風量のチェックも重要です。風量は弱すぎるとそもそも乾かすのに時間がかかってしまい、上手くスタイリングすることができません。

そのためある程度の風量は必要になってきます。目安としては1.3㎥/minですが、一般的なドライヤーであればこれくらいの性能は十分に持ち合わせています。

ただ稀にこれを下回るものも含まれているため、ないがしろにはせず必ず確認するようにしてください。

ドライヤーを使ってスタイリングするコツ

ドライヤーを使ってスタイリングするコツ

それではスタイリングしやすいドライヤーを使ってのスタイリングの仕方もご紹介していきましょう。

もちろん選んだドライヤーを使った方がスタイリングしやすいですが、今あるドライヤーでも実践できる方法ですので、商品がまだの方も一度試してみるといいです。

>>ドライヤーの上手な使い方について詳しくはコチラ

まず根元と前髪から乾かす

まずは根元から乾かしていきましょう。こうすることでドライ時間の短縮をはかれます

またヘアスタイルを決める上で最も重要な前髪から乾かしていくことも大切です。こうすることで前髪に変なくせがつかないように乾かすことができます。

これらを先に行うのは毛先のオーバードライの防止にもつながります。そのためできれば順番としては、前髪の根元⇒前髪⇒全体の根元⇒毛先の順番が望ましいです。

ただ自分の髪の中で癖がつきやすい場所は全体の根元の次に優先して乾かすようにしてください。濡れている時が最もくせを直しやすく、乾いてしまうと直しにくくなってしまいます。変なくせがつく前に乾かしてしまうのが上策となります。

左右に振って分け目をなくす

根元や前髪を乾かす際、コツとして左右に髪を振る、根元を擦りながら乾かすなどを行うと良いです。

このように乾かすことでくせが出にくくなると言うメリットがあります。またふんわりとボリュームが出やすくなるという利点もあります。

特に分け目を消したいのであれば、濡れているうちに左右に髪を振って乾かすことで根元のくせを矯正できるので、このように乾かすのがおすすめです。

この時点で完全に乾かすのではなく、8割程度乾かす状態で止めておきましょう。そうすることで2割程度水分が残った状態になり、スタイリングしやすくなります。

乾く間際にしっかりと形づける

ある程度乾いてきたらスタイリングをする為にもしっかりと形づけなければいけません。この際、スタイリングの仕方によって違いが生まれます

例えばストレートスタイルにするのであれば、くせがつかないように髪を頭に巻き付けるように乾かし、耳の後ろ部分は髪の内側に円を描くように毛先に向かって指を通しながら乾かします。

カールやウェーブをかけるのであれば、根元から緩くねじって形づけ、毛束を持ち上げて弱風で乾かして、冷風で形をキープしていきます。

完全に乾いてしまうと形づけることができなくなってしまうので、乾く間際に行うようにしてください。

スタイリングの最後は冷風で仕上げる

スタイリングが終わったら最後は冷風で仕上げます。冷風を使うことで、ドライヤーの熱で開いたキューティクルを閉じさせることができ、髪に艶を出すことが可能となってきます。

そのため仕上げとして30秒程度冷風を髪に当て、クールダウンさせてあげましょう。これでスタイリングは完了となります。

スポンサーリンク

スタイリングしやすいドライヤーおすすめランキング:TOP10

スタイリングしやすいドライヤーおすすめランキング:TOP10

さて、スタイリングしやすいドライヤーの選び方のポイントや使い方を学んできたところですが、すぐにでも欲しいと言う方もいらっしゃると思います。

そこでここからはスタイリングしやすいドライヤーのおすすめランキングをご紹介していきたいと思います。

第1位:テスコム(TESCOM) / ノビー NB3100

現在の価格はコチラ

業務用のドライヤーとしてはかなりパワフルなドライヤーとして有名なのがこちらの商品になります。

重量こそ850gと重めですが、3mのコードもありコンセントから離れていても使えます。また消費電力は大きいものの、これによって1.7㎥/minもの大風量を生むので、速乾性も高いドライヤーとなっています。

マイナスイオンも搭載しているので、静電気を抑制しつつ髪への潤いを与えてくれる効果も期待できます。これにより、乾ききる直前でのスタイリングがしやすくなっています。

プロも愛用し、スタイリングに使えるドライヤーとして人気の商品であることから第1位になりました。

>>テスコムの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第2位:クレイツ(CREATE) / スタイリスト1400 CID-R15PRO

現在の価格はコチラ

スタイリストと言う名前が付くだけあり、スタイリングでの使用に定評のあるドライヤーになります。

こちらはクレイツ独自の高密度のクレイツイオンを放出することで、シルクのような滑らかさをもつ髪に仕上げると同時に、髪を労わりながら地肌を保ってくれます。

また超軽量設計と独特の先端部によってブローテクニックも可能となっています。これに操作性の良いデザインも加わることで、スタイリングに効果的なドライヤーとして完成されています。

使いやすさが良く、高性能なスタイリング向けドライヤーをお求めであればおすすめとして、第2位にランクインしました。

>>クレイツの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第3位:髪美人育成プロジェクト / ヒートケア60低温ドライヤー

     
現在の価格はコチラ

髪にとって熱はダメージを与える原因になります。そのため120℃の熱を髪に当て続ければ当然傷んでしまうわけですが、それを回避するべく作られたのがこちらの低温ドライヤーです。

温度を60℃と低く設定することで髪へのダメージを極力失くし、しかし素早く乾燥させるために大風量になるように作られておいるので、髪へのトラブルを防ぎながら乾かすことが可能となっています。

これによってスタイリングしやすい状態を作り出してくれるので、髪を労わるだけでなくヘアセットにも使えるドライヤーとしておすすめです。

第4位:パナソニック(Panasonic) / ナノケア EH-NA99

AMAZN
現在の価格はコチラ

パナソニック独自のイオン発生器であるナノイーを搭載したドライヤーです。これにダブルミネラルをプラスすることで、摩擦ダメージや紫外線に強い髪に仕上げてくれます。

またこちらは高機能モデルとしても人気であり、毛先まで艶のあるまとめりの良い髪にしてくれる毛先集中ケアモードや、新速乾ノズルによる乾燥スピードの向上などが見られます。

頭皮にも優しいスカルプモードも搭載しており、これによってダメージになりにくい60℃の温度で温風を当ててくれるのも嬉しい機能となっています。

頭皮から毛先までしっかりと風と潤いを行きわたらせられる高性能モデルであることから、スタイリングにも効果が高い商品として第4位に入りました。

>>パナソニックの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第5位:シャープ(SHARP) / IB-HP9

現在の価格はコチラ

こちらはワンボタンで髪の艶を増すビューティモードへの切り替えも可能となっています。シャープ独自のプラズマクラスターと搭載していますが、それだけでは艶感が足りないと感じた場合は、そのまま切り替えてドライすることが可能なのです。

この艶感を増す機能によって美しさを維持するだけでなく、スタイリングしやすい水分量を与えることができます。綺麗にスタイリングしたい方にもおすすめとして第5位にランクインしました。

>>シャープの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第6位:リュミエリーナ(Lumielina) / レプロナイザー3D-Plus

現在の価格はコチラ

リュミエリーナの独自技術であるバイオプログラミングによって特定の振動と波長の組み合わせで物質そのものがエネルギーと情報の場を持つようにプログラミングされ、驚くほどの潤いと艶を与えてくるドライヤーです

これは髪をダメージから守ると同時に、このプログラミング効果によって髪のタンパク質の水和構造を堅固にすることで実現しています。

使えば使うほど髪は潤うのに、髪の乾きは早いと言う常識外れの性能で、ドライ時間自体の短縮も行ってくれるので髪質改善にも効果を発揮します

これによりこれまでスタイリングしにくかった髪の方も、改善によって好きなセットを行えるようになるかもしれないと言う点も踏まえ第6位になりました。

>>リュミエリーナの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第7位:日立(HITACHI) / イオンケア HD-N1240

現在の価格はコチラ

ドライヤーの風がマイナスイオンをエアカーテン状に閉じ込めることで、髪に満遍なく潤いを届けるドライヤーです。

またヘアーセットポジションという機能によって温度を抑え、髪をセットしやすい弱風に自ら調整してくれます。

これらの効果によりスタイリングしやすい状態を作り上げてくれるため、こちらもおすすめの商品です。

第8位:パナソニック(Panasonic) / イオニティ EH-NE59

現在の価格はコチラ

ナノイーこそ搭載してはいませんが、温風からマイナスイオンに含まれる水分を守るモイスチャーセーブ方式という独自の吹出口機構でマイナスイオンを髪に届けるドライヤーです。

これにより普通のマイナスイオンでも十分な潤いを髪に与えることができるようになっているのもポイントです。

速乾ノズルと最大風量1.9㎥/minもの大風量により、素早く乾かしつつ潤いを与えてくれるので、こちらもスタイリングしやすい状態を作り出してくれるとしておすすめです。

第9位:ダイソン(Dyson) / Dyson Supersonic

現在の価格はコチラ

速乾性とナノイオンによる潤い保湿はこちらも負けていません。非常に高性能なので価格としても高いのですが、操作性も高く、ドライだけでなくスタイリング時にも使える商品です。

風量の切り替えもできるため、セットするときにも最適の風の量を選択できます。絶対にこれでないとダメと言うわけではありませんが、ドライからスタイリングまで高性能な1本が欲しいならおすすめです。

>>ダイソンの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第10位:コイズミ(KOIZUMI) / ヒュージ KHD-1238/K

現在の価格はコチラ

大風量と風速の速さが人気の商品です。マイナスイオンも発生するため、キューティクルを保護しつつ、素早く乾かすことができます。

パワーイオンノズルとセンター吹出方式により、効率よくイオンを髪に運んでくれるので、スタイリングに良い状態をすぐに作り上げられる商品となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
目的別:ドライヤーの上手な選び方
目的別
選び方
すぐ乾く!人気の大風量ドライヤーおすすめランキング
大風量
ドライヤー
必見!人気のくせ毛向けドライヤーおすすめランキング
くせ毛向け
ドライヤー
軽くて人気のコンパクトドライヤーおすすめランキング
コンパクト
ドライヤー
コスパ!人気の安くて使えるドライヤーおすすめランキング
安い
ドライヤー