髪をキレイに保つ為の必須アイテム!
ピントルのドライヤー専門ページ

おすすめの記事はコチラ
目的別:ドライヤーの上手な選び方
目的別
選び方
すぐ乾く!人気の大風量ドライヤーおすすめランキング
大風量
ドライヤー
必見!人気のくせ毛向けドライヤーおすすめランキング
くせ毛向け
ドライヤー
軽くて人気のコンパクトドライヤーおすすめランキング
コンパクト
ドライヤー
コスパ!人気の安くて使えるドライヤーおすすめランキング
安い
ドライヤー
スポンサーリンク

旅行に!人気の海外対応ドライヤーおすすめランキング

海外対応ドライヤーおすすめランキング

旅行や出張に頻繁にいかれる方の中にはドライヤーを持参される方もいらっしゃいます。旅館やホテルのドライヤーはどうしても大衆向けにシンプルなものが多く、こだわりがある方にとっては不満になることもあるためです。

また海外へ出た時にはそもそもドライヤーが置かれていない、なんとこともあり得るため旅慣れしている方にとっては必須とも言えるアイテムになります。

旅行・出張向けにドライヤーを持つのであれば、それに見合った条件があり、的外れなものを選ぶと持ち運べないどころか、海外では使うこともできないかもしれません。こちらでは人気の海外対応ドライヤーのおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

海外対応ドライヤーの特徴

海外対応ドライヤーの特徴

旅行や出張へ行った際、旅館やホテルのドライヤーを使うと言う方は少なくないと思います。しかしこれらは大衆向けに作られているので、機能としてもシンプルで合わないと言う方もいらっしゃるでしょう。

また日本ではまだほとんどの宿泊地に設置してあるのでいいのですが、海外となるとドライヤーがないなんてこともあり得ます。

さらに髪の性質によってはいつも使っているドライヤー以外は使えないと言う方や、常日頃から髪や頭皮のケアを大事にされている方ならドライヤーを持参される方もいらっしゃるでしょう。

それが海外ともなれば、一般的なドライヤーは使えません。これは電圧の問題にあります。日本では基本的に大型の家電以外は100Vの電圧を使用します。そのためそれに合わせてドライヤーも作られていますが、海外になると100V以外の電圧を使っているところがほとんどです。

世界では220Vが主流なので、日本に合わせて作られたドライヤーをコンセントに挿すと一発で故障します。そうなると海外で使用したいと言う方は海外対応のドライヤーを準備する必要があるのです。

変圧器をドライヤーに使わない方が良い理由

海外へ良く行かれる方や、知識がある方にとっては変圧器を使えばいいのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かに変圧器は日本の電圧、つまり100Vに変換してくれる機器なので、これを挟めば日本製の電化製品も使用できます

しかし電圧を制限することでワット数が制限されてしまいます。ワット数はドライヤーのパワーを出すために必要な数値となるのですが、これが制限されてしまうということは、熱風を出すためのパワーを得られないと言うことになり、ドライヤーの性能を発揮できないのです。

もちろん変圧器で使用できる日本製の電化製品もたくさんありますが、ドライヤーだけは変圧器を使わない方が良いのです。

飛行機への持ち込みでの注意点

海外へドライヤーを持って行って使う上でもう1つ注意しなければいけないのが飛行機への持ち込みです。

手荷物に入れて搭乗できるのか、それとも預けなければいけないのか悩むところだと思います。

これについてはどちらも可能です。機内への持ち込みも可能ですし、預ける場合はタオルなどに包むなどして破損しないようにし、荷物に入れておくこともできます。

ただし注意として、ジェットスターなどのLCCはJALやANAに比べて荷物のサイズ制限が厳しくなっています

そのためLCCを利用する際には、事前に荷物の重量やサイズを計った上でドライヤーなどを入れられるか考えるようにしてください。

海外対応ドライヤーおすすめランキング:TOP5

海外対応ドライヤーおすすめランキング:TOP5

これから海外旅行をお考えの方や、出張いかなければいけない方にとっては海外対応ドライヤーは強い味方となってくれるでしょう。

そこでここからは具体的な商品についても知っていただくために、海外対応ドライヤーのおすすめランキングをご紹介していきます。

第1位:クレイツ(CREATE) / スーパーモイストミニ ED801W

現在の価格はコチラ

海外対応で最もおすすめなのはこちらのクレイツイオンのドライヤーです。対応電圧は日本の100Vから海外の230Vまで対応しているので、主流の220Vまでカバーしてくれます。

デザインとしてはシンプルですが、持ち運ぶ事も考慮して210gと非常に軽量です。その分消費電力が少なく、最大でも900W程度なので一般的なものよりはパワー不足を感じるかもしれません。

しかしマイナスイオンと遠赤外線、微弱波動の3つの機能で髪の艶と潤いを保ってくれる高性能なドライヤーとなっています。

第2位:テスコム(TESCOM) / マイナスイオン ホワイト BID31-W

現在の価格はコチラ

テスコムからも海外対応のドライヤーが販売されています。100Vから240Vまで対応しており、上記ほどではないものの、310gと軽量でコンパクトなのが特徴となります。

性能としてはシンプルですが、マイナスイオンも発生するので髪の静電気除去と艶を与えるのにも効果的です。

何よりも価格が安いのがポイントであり、手軽に購入できるものをお探しであればおすすめとして第2位になりました。

>>テスコムの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第3位:テスコム(TESCOM) / ヘアードライヤー BI12-K

現在の価格はコチラ

こちらもテスコムから販売されるコンパクトな海外対応ドライヤーです。重さは上記と同じで310gと軽量であり、電圧も100V~240Vまで対応しています。

こちらはマイナスイオン発生器はついていないものの、ハイパワーであり、またCタイプの電源プラグへ変換できるプラグや持ち運び用のポーチも付いているなどお得な商品です。

第4位:パナソニック(Panasonic) / ターボドライ1200 EH5202P-A

現在の価格はコチラ

コンパクトでありながらパワーとスピードに秀でているのがこちらのドライヤーです。海外対応と言うことで240Vまで対応しています。

それでもコンパクトで350gと軽量なので持ち運びもしやすいことから、シンプルな性能を持ったドライヤーをお探しであればおすすめです。

>>パナソニックの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

第5位:コイズミ(KOIZUMI) / TiNY 国内海外兼用タイプ KDD-0016/K

現在の価格はコチラ

こちらはコイズミから販売されている海外対応ドライヤーです。こちらも対応電圧は100~240Vと幅広くなっており、コンパクトな形状と335gと言う軽量な重さも魅力的です。

何よりもカラーリングが豊富で、好みの色を選びやすいのも良いのですが、風量にやや不安があることから第5位になりました。

>>コイズミの特徴やおすすめドライヤーについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
目的別:ドライヤーの上手な選び方
目的別
選び方
すぐ乾く!人気の大風量ドライヤーおすすめランキング
大風量
ドライヤー
必見!人気のくせ毛向けドライヤーおすすめランキング
くせ毛向け
ドライヤー
軽くて人気のコンパクトドライヤーおすすめランキング
コンパクト
ドライヤー
コスパ!人気の安くて使えるドライヤーおすすめランキング
安い
ドライヤー