巻き髪もストレートも思いのまま!
ピントルのヘアアイロン専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!種類別:人気ヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ヘアアイロン
初心者必見!失敗しないヘアアイロンの上手な選び方
ヘアアイロン
選び方
決定版!人気ストレートヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ストレート
巻き髪なら!人気カールヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
カール
便利!人気2wayヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
2way

もう悩まない!髪の傷みを防ぐヘアアイロンの使い方とケア方法

髪が痛まないヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンを愛用していると髪がパサパサに傷んでくることがあります。せっかくヘアアイロンでスタイリングをばっちり決めても髪が傷んでいてはあまり見た目が良くありませんよね。

今回はなぜヘアアイロンを使用すると髪が痛んでしまうのか、どうすれば髪が痛みにくいのか、傷んだ髪をケアするにはどうすれば良いのかを解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

目次 [非表示]

スポンサーリンク

なぜヘアアイロンをすると髪が傷むのか

なぜヘアアイロンをすると髪が傷むのか

ヘアアイロンを使うことによって髪が傷む原因は主に三つです。

一つは「熱によるタンパク質変性」、二つ目は「プレートスライド時の摩擦」、そして三つ目は「水蒸気爆発」です。

それぞれについて詳しく解説していきます。

ヘアアイロンの熱はタンパク変性を引き起こす

ヘアアイロンによって髪をストレートにしたりカールにすることが可能なのは、その熱によって髪の毛の主な成分であるケラチンというタンパク質を変化させるためです。

一定の温度を超えることによって髪の毛の性質が変化することは、生卵に火を加えるとゆで卵に変化することや焼き肉の肉の色が変わったり焦げたりすることを思い浮かべてもらえると分かりやすいでしょう。

この変化によって、髪の毛は切れ毛や枝毛を引きこ起こしやすくなり。一般的に髪の毛がダメージを受けている、もしくは蓄積しているという状態となります。

ヘアアイロンのプレート部分の摩擦によるダメージ

ヘアアイロンを髪の毛に当てる際、ストレートアイロンかカールアイロンかに関わらず、プレートに髪をはさみながらヘアアイロンをスライドさせることによって摩擦が生じます。

このプレートと髪の摩擦によって、表面のキューティクルにダメージを与えたり、必要以上に強くはさんだ状態で移動させることで髪がつぶれ、熱によるタンパク変性と合わせて髪の毛の組織を破壊してしまいます。

水蒸気爆発によるダメージ

ヘアアイロンをしている時に、髪の毛から「バチバチ」「ジュージュー」といった音を聞いた経験はありませんか?

あれは髪の毛の内部の水分が、ヘアアイロンの熱によって一気に温められ蒸発している時に発している音です。

爆発というとちょっと極端な印象をもたれるかもしれませんが、非常に小規模な爆発的な蒸発が起きているということです。

主に濡れた髪の毛にヘアアイロンを当てた際に起こる現象で髪の内部の細胞を破壊するので髪の毛に非常に大きなダメージを与えることになります。

ヘアアイロンで髪が傷まない温度設定は?

ヘアアイロンを使用する前の準備

ヘアアイロンは熱によって髪の毛の状態を変化させることでストレートやカールといったくせつけを行います。

これによって髪が傷んでしまうことにつながりますが、実際にはヘアアイロンの温度が何度になると髪の毛にダメージを与えるのでしょうか。

130度程度でタンパク変性が始まる

その人の髪の毛の質にもよるのである程度の個人差はありますが、髪の毛が熱によるタンパク変性を起こすのは130度前後と言われています。

普段からヘアアイロンを使用している方にとってはかなり低い温度だと感じられる方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、これは乾いた髪にヘアアイロンを使った場合であり、濡れている髪の場合は100度前後でもタンパク変性を起こしダメージを与えるので、ヘアアイロンは乾いた髪にというのは非常に重要です。

180度以上で髪の毛の炭化が始まる

タンパク変性の部分でも解説しましたが、熱による構造変化が進むと髪の毛の「炭素化」が始まります。その温度が180度前後です。

炭素化とは、簡単に言ってしまえば焼き肉で肉を焼きすぎた時に、肉が焦げて炭のような状態になってしまうことを思い浮かべていただけると分かりやすいと思います。

髪の毛にとっては当然ながら良い状態というわけではありません。

250度以上になるとキューティクルが溶ける

200度でも十分高温と言えるヘアアイロンを250度にして使っている方はいないと思いますが、この温度までいくと髪の毛が溶けます。

説明不要かとは思いますが髪は原形をとどめることはなく、当然とてつもないダメージとなります。

スポンサーリンク

髪を痛めないヘアアイロンの使い方

髪を痛めないヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンを使うことはどうしても髪の毛を痛めてしまうことにつながる。かと言ってヘアアイロンを使ったスタイリングをしなわけにはいかないでしょう。

というわけで、たとえヘアアイロンを使っても極力髪を傷めない使い方について紹介していきます。

ヘアアイロンはなるべく毎日使わない

冒頭から身も蓋もない話になってしましますが、ヘアアイロンを毎日使うことは髪の毛にとって良いことであるとはとても言えません。

難しい方も多いかもしれませんが、ヘアアイロンを使わないスタイリングを取り入れるなど、極力毎日の使用を避けることを考えてみてください。

髪をしっかり乾かしてから使う

ヘアアイロンで髪の毛を傷めないために最も重要なのことが「髪が濡れた状態でヘアアイロンを使わない」ということです。

髪の毛にとって水分はとてつもなく大切なものであり、濡れた髪にヘアアイロンをあてる行為というのは、一瞬にしてこの水分を奪いとることを意味します。

ヘアアイロンで髪の毛が傷む最も大きな要因となるので、絶対に避けましょう。

高い温度で同じ部分に長時間当てない

比較的簡単にくせつけが可能なことから、ヘアアイロンの温度設定を180度以上といった高い温度設定で行う方は少なくないでしょう。

その際に気をつけなくてはいけないのが、同じ部分に長時間ヘアアイロンを当てないことです。

高温であることからタンパク変性を起こしやすいというだけでなく、アイロンを動かすことによって摩擦によるダメージも加わります。

これらを避けるためにもあらかじめブロッキングをしっかりしておくなど、同じ部分に何度もヘアアイロンをあてなくても済む工夫をしておきましょう。

強く引っ張りすぎない

ヘアアイロンを使う方の中には、挟み込んだ髪を強く引っ張ることでくせがつくと勘違いしている方も多いようですが、これは間違いです。

あくまでも熱による髪の変化によってくせ付けをしているので、強くはさんでも強く引っ張っても意味がありません。

ただ髪を傷めるだけになってしまうので、やさしくはさんであげるようにしましょう。

アイロン前のクシをしっかりとおす

ヘアアイロンをあてるまえにご自身の髪にしっかりとあらめのクシをしっかりととおしておきましょう。

髪が絡まった状態でヘアアイロンを使うと、絡まった部分がつぶされることによって髪を傷めるばかりか、場合によっては髪がつぶれて絡まりが非常にとりにくくなってしまいます。

ヘアアイロンを当てる前のブロー段階でしっかりとクシを使って髪をとかすようにしてください。

ヘアアイロンはブラシやブローで整えてから

スタイリングをヘアアイロンに頼りすぎていませんか?

まずはしっかりとブラシを使い、丁寧にブローをしてある程度スタイリングをしてからヘアアイロンを使いましょう。

これによってヘアアイロンを使う時間を減らし、髪の毛を傷める時間を減らすことにつながります。

髪の毛を傷めないヘアアイロンとは?

髪の毛を傷めないヘアアイロンとは?

ここまでは髪の毛を傷めないためのヘアアイロンの使い方について解説してきましたが、ここではそもそも髪の毛を傷めにくいヘアアイロンについて紹介します。

髪へのダメージをゼロには出来ないヘアアイロンですが、極力髪を傷めないヘアアイロンの特徴についてまとめていくので参考にしてみてください。

ダメージケア機能がついたもの

現在、ヘアアイロンは様々なメーカーから販売され、その種類は非常に豊富であると言えるでしょう。

その中でも、特に髪へのダメージに配慮した機能のあるヘアアイロンが髪を傷めにくいヘアアイロンであると言えます。

代表的なものだと、「マイナスイオン機能」「オゾン機能」「遠赤外線機能」「スチーム機能」などがあります。

こうした機能がないヘアアイロンに比べると割高になりますが、髪の傷みを気にする方にはこうした機能を有したヘアアイロンがおすすめです。

チタンなどの摩擦の少ないプレート素材を使用したもの

ヘアアイロンのプーレートやバレルの素材を考慮することで摩擦によるダメージを軽減させることが可能です。

プレートの素材は主に「チタン・セラミック・テフロン」の3つがありますが、チタンかセラミックは滑りが良いので摩擦を減らすことができます。

さらに、テフロン素材のプレート耐久性を大幅に強化させた「シルクプレート」というプレートもあるのでそちらも注目です。

素材以外に摩擦を減らす機能

また、素材とは別に「クッションプレート」といって、プレート部分にバネを使用することで強くはさみすぎないようにすることで摩擦を減らすといったヘアアイロンもあります。

>>ヘアアイロンの選び方について詳しくはコチラ

プレートが均一に温まるもの

ヘアアイロンのプレート部分はその構造から必ずしもすべての場所が均一に温まるとは限りません。

設定した温度のつもりが部分的に熱くなっていたり、部分的に温まっておらず、必要以上にプレートを髪にあてる時間が長くなることによって髪を傷める原因となります。

プレートがなるべく均一に温まるものを選ぶことは髪を傷めないために大切なポイントの一つです。

ヘアアイロンの温度設定が可能なもの

もはや当たり前のレベルとも言えますが、髪を傷めにくいヘアアイロンを選ぶのであれば温度設定ができることは絶対条件です。

髪質やくせ、目的に合わせてヘアアイロンの温度を変えることは髪の毛を傷めないためには非常に大切なので絶対外せない条件となります。

ヘアアイロンを使う前のケアで傷みを軽減

ヘアアイロンを使う前のケアで傷みを軽減

ヘアアイロンを使うことによる髪の毛の傷みを少しでも軽減するために出来ることがあります。

それが、「シャンプー」「スタイリング剤の使用」「ヘアオイルの使用」「洗い流さないトリートメントの使用」です。

誰にでもできる簡単なことなので、ヘアアイロンによる髪の傷みを気にする方はチェックしましょう!

シャンプー選びとやり方をチェックする

普段使うシャンプーを薬局などで適当に選んだりしていませんか?

シャンプーの中にも普段からヘアアイロンを使う方におすすめのものがあります。それがアミノ酸系のシャンプーです。

洗浄力が強すぎても皮脂をとりすぎてダメージを受けやすい状態になりがちなので注意しましょう。

>>シャンプーの選び方やおすすめについて詳しくはコチラで紹介しています

ヘアアイロン用スタイリング剤を使用する

ヘアアイロン用のスタイリング剤の使用はマストです。ストレートウォーターやカールローションはスタイルを長持ちさせられるだけでなく、熱から守ってくれるという役割もあります。

使用方法は各スタイリング剤の説明書に随ってほしいのですが、基本的には水分を含んでいるのでスタイリング剤を使用した後はもう1度髪を乾かしてからヘアアイロンを使用するようにしましょう。

ヘアオイルを使用する

髪の毛を傷めないために重要なことの一つに潤いを保つということがあります。

ヘアアイロンをすることによって髪の毛の水分は奪われ髪の毛が傷むきっかけとなってしまうのでヘアオイルを使用して髪にうるおいを与えましょう。

シャンプー後のタオルドライ後や、ブロー前に使用しヘアオイルを使用し、その後にヘアアイロンを使用することで熱から髪を守り痛みを軽減させることができるでしょう。

洗い流さないトリートメントを使用する

ヘアアイロンを使用して傷んでしまった髪には「洗い流さないトリートメント」を使用して日常的にケアしていくこともよいでしょう。

特に髪を守る、プロテクトするという目的で取り入れる方が多く、タオルドライ後のキューティクルが閉じた状態で髪の毛をコーティングする役割を担います。

ここではおすすめを3つ紹介していくので参考にしながら選んでみてください。

ミルボン / ディーセス エルジューダ エマルジョン
現在の価格はコチラ

製品情報

  • 商品サイズ:H137mm×W46mm
  • 原産国:日本
  • 内容量:120g

こちらはミルクタイプの洗い流さないトリートメントで髪にとって非常に良い「CMADK」という成分が入っているので傷んだ髪にはとてもおすすめです。

また、バニラ・ローズ・アップル・カシスと時間が経つにつれて香りが変化していくので、1日ハッピーな気分で過ごせるのも人気の秘訣です。

ジョンマスターオーガニック / ローズ&アプリコットヘアミルク
現在の価格はコチラ

製品情報

  • 商品サイズ:H170mm×W60mm
  • 原産国:アメリカ
  • 内容量:118ml

こちらは保湿成分のダマスクバラ花水とアプリコット種子油が髪に潤いを与え、傷んだ髪を補修してくれます。軽いつけ心地ですがしっとり感は強め、ローズの香りもしっかりしているのでヘアフレグランスとしても使用できます。

資生堂 / TSUBAKI ダメージケアウオーター しっとりタイプ
現在の価格はコチラ

製品情報

  • 商品サイズ:H201mm×W83mm×D58mm
  • 原産国:日本
  • 内容量:220ml

こちらは手軽さが嬉しいミストタイプの洗い流さないトリートメントです。コスパも良く、シュッとスプレーするだけで髪に潤いを与えてくれます。仕上がりも「さらさら・しっとり」を選べるので、好みの仕上がりに合わせて選ばれると良いでしょう。

スポンサーリンク

ヘアアイロンで傷んだ髪を治すには

ヘアアイロンで傷んだ髪を治すには

毎日のヘアアイロンで傷んだ髪を見て呆然としている方、残念ながらその髪を完璧に修復する方法は今のところありません。

しかし少しでも髪のツヤを取り戻したい気持ちはあるはずです。あきらめず、まずはここで紹介する方法を実践してみてください!

ダメージの大きい髪にヘアアイロンは意味がない!?

ヘアアイロンで毎日セットしている方で、徐々にスタイリングがしにくくなってきたという方はいらっしゃいませんか?

実はそれ、髪が傷んでダメージホールだらけのスカスカな髪になってしまっていることが原因の一つです。

タンパク質が減りダメージホールだらけになった髪にはヘアアイロンが効きにくくなります。

さらにこのダメージホールには剥がれたキューティクルから余計な水分が侵入し、膨張することで髪の毛がうねってしまいます。

少しでも毎日のスタイリングがしやすくなるように、可能な限りの補修をしましょう!

まずはどの程度髪が傷んでいるかをチェック

ひとまず今どの程度髪が傷んでいるのかを簡単にチェックしてみましょう。

現在の状態を知ることで、明日からのヘアアイロンでのスタイリングに少しでも気をつけえるきっかけをつくりましょう!

手グシの通りをチェック

手ぐしを通した時にひっかかりを感じる。そんな方はキューティクルがはがれかけている可能性が高いでしょう。

髪の弾力をチェック

髪の毛にある程度に長さがある人は、自分の指に巻きつけてみてください。そこから手を離した時の弾力はどうでしょうか?

傷んだ髪でなければきれいにクルッともとに戻ります。そうれでなければダメージホールによって髪が傷んでいる可能性があります。

枝毛の有無をチェック

枝毛があるかどうかをチェックしましょう。コームなどを使用して髪を整えてからの方が発見しやすいでしょう。

枝毛をみつけてしまった場合は残念ながら治ることはないので、その部分はカットするしかありません。

髪の毛が簡単にきれないかチェック

髪の毛を一本だけ取り出してひっぱってみましょう。

伸びて戻らなかったり、簡単に切れてしまう場合は髪が傷んでいる証拠です。

キューティクルを補修する

髪の外側部分のキューティクルがはがれたりめくれあがっていると、髪はダメージを受けやすい状態となっています。

これを改善するために重要なのがCMCという存在。CMCとはいわば髪の様々な物質をつなぐ接着剤のようなものです。

CMCを修復することでキューティクルをしっかりとついた状態を維持できます。

CMCは主にアミノ酸や天然保湿成分などで出来ているので、アミノ酸系のシャンプーを使用して補給すると良いでしょう。

コルテックスを補修する

コルテックスとは、キューティクルの内側になる髪の毛の内部を構成するものです。

主にタンパク質で出来ており、この隙間がダメージホールとなります。

この部分を埋めるにはポリペプチドと呼ばれるアミノ酸を補給することが必要となります。

傷んだ髪に今注目のリバースケアとは?

今、若い女性の間で話題となっているリバースケアと呼ばれるヘアケア方法をご存知でしょうか?

通常のシャンプー後に行うトリートメントを反対の流れで行うリバースケアが傷んだ髪にうるおいを取り戻す方法として注目されています。

そのやり方、手順は以下の通りです。

  1. ブラッシング
  2. ヘアオイル
  3. トリートメント
  4. 軽く流す
  5. シャンプー
  6. トリートメント

まずはしっかりとブラッシングをすることでヘアオイルが浸透しやすい環境を整えます。

続いて乾いた髪に揉みこむようにヘアオイルを毛先を中心につけていきましょう。ここで15分程度放置します。

ここから一度トリートメントをします。これによって指通りをスムースにします。

この後すぐにシャンプーをするのではなく、いったん洗い流します。温めのお湯で軽くで構いません。

ここで初めてシャンプーをします。べたつきが残らないようにしっかりとすすぎ、トリートメントをして終了です。

ヘアアイロンとパーマだったらどっちが髪を傷めるの?

ヘアアイロンとパーマだったらどっちが髪を傷めるの?

パーマや縮毛矯正が、一般的にはヘアアイロンに比べてダメージが少ないと言われているのをご存知ですか?

ヘアアイロンを毎日のスタイリングで使う方であれば、一度はパーマや縮毛矯正をかけようか迷ったことはあるはず。

ここではそんな疑問に答えていきます。

ヘアアイロンよりもパーマや縮毛矯正の方がダメージは少ない

髪質など様々な条件があるので一概に言えるものではないかもしれませんが、基本的には多くの美容師が毎日のヘアアイロンに比べてパーマや縮毛矯正の方が髪を傷めないという意見です。

毎日のヘアアイロンは物理的な傷み、パーマは薬剤を使用した化学的な傷みとなり、傷みの種類が違うため比べるのは難しいのですが、パーマは一時的なもので継続した傷みでない点が大きいようです。

仕上がりはヘアアイロンの方がキレイ

ただし仕上がりに関してはヘアアイロンの方がキレイな仕上がりになります。

これはヘアアイロンかパーマかで迷っている方にとって大きな判断材料の一つになるでしょう。

パーティーや結婚式といったシーンに合わせた一時的なものであればヘアアイロンに軍配があがるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!種類別:人気ヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ヘアアイロン
初心者必見!失敗しないヘアアイロンの上手な選び方
ヘアアイロン
選び方
決定版!人気ストレートヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ストレート
巻き髪なら!人気カールヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
カール
便利!人気2wayヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
2way