巻き髪もストレートも思いのまま!
ピントルのヘアアイロン専門ページ

リュミエリーナの特徴や評判とおすすめヘアアイロン

リュミエリーナのヘアアイロンの特徴

髪に良いと話題のリュミエリーナが誇るヘアアイロン「ヘアビューロン」。何となく憧れのものというイメージがあっても、ヘアビューロンが実際どのようなものなのか、よく分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事ではバイオプログラミングって何?どんな効果があるの?2D Plusと4D Plusの違いは?など、数々のお悩みを解決していきます。

リュミエリーナのヘアアイロン「ヘアビューロン」の特徴、おすすめ商品、ラインナップから詳しく解説していくので、ぜひヘアアイロン選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

リュミエリーナでおすすめのヘアアイロン

リュミエリーナから販売されているヘアアイロンは、「ヘアビューロン」シリーズのみとなっています。ストレートとカールそれぞれから、おすすめのアイテムを紹介していきます。

ヘアビューロン 3D Plus【ストレート】

現在の価格はコチラ

商品詳細

  • ヘアアイロンタイプ:ストレートアイロン
  • カラー:ホワイト×ブルー
  • プレート素材:セラミック
  • 温度調節:約40℃~180℃(7段階)
  • 本体サイズ(使用時):高さ293×幅29×奥行85mm
  • 本体サイズ(キャップ装着時):高さ310×幅33×奥行42mm
  • プレートサイズ:幅20×長さ98mm
  • コードの長さ:2.0m
  • 重量:約417.5g
  • 消費電力:48W
  • 海外対応:〇
  • 自動電源OFF:〇(90分後)
  • 付属品:キャップ(1個)

現在販売されているストレートタイプのヘアビューロンの中では、価格が一番手軽な3D Plus。スタンダードタイプの2D Plusよりは価格が上がりますが、バイオプログラミング技術が施されている密が濃くなっており、しっとり美しい髪に仕上がるという口コミも多いです。

クセがあまり付いていないときは40℃の低温でツヤ出しに、クセの強い日は180℃の高温でもスタイリング可能です。電源を入れずに滑らせるという使い方もできるので、ツヤ出しのみ行いたいときはこの方法も試してみてください。

ヘアビューロンの効果を引き出すためにもヘアアイロン前にオイルなどは塗らず、よく乾いた髪で使用するようにしましょう。

プレートの隙間が気になるという方が多いのですが、髪を強く挟もうとするのではなく、何回か軽く滑らせるような使い方がおすすめです。しっかり挟むために力を入れていると、その重さも相まって疲れてしまうので注意です。

ヘアビューロン 2D Plus【カール】

現在の価格はコチラ

商品詳細

  • ヘアアイロンタイプ:ストレートアイロン
  • カラー:ホワイト×レッド
  • プレート素材:セラミック
  • 温度調節:約40℃~180℃(7段階)
  • 本体サイズ(S-type):高さ350×幅59×奥行85mm
  • 本体サイズ(L-type):高さ350×幅59×奥行85mm
  • バレルサイズ:26.5mm(S-type),34mm(L-type)
  • コードの長さ:2.0m
  • 重量:約394g(S-type),約473g(L-type)
  • 消費電力:46W(S-type),59W(L-type)
  • 海外対応:〇
  • 自動電源OFF:〇(90分後)
  • 付属品:専用スタンド(1個)

ヘアビューロンのスタンダードタイプである2D Plusのカールアイロン。高級なヘアビューロンの中では最もお求めやすい価格であり、そのぶん人気も高いです。

毎日使っていてもサラサラの髪をキープできると評判で、もっと早く買えば良かったという声も少なくありません。電源や設定温度のボタンも見やすく、使いやすさもバッチリです。

バレルサイズは2種類から選べるので、しっかりめに巻きたい方は26.5mmのS-type、ゆるめのふわふわカールが好みの型は34mmのL-typeをチョイスしてみてください。

ただ髪が本体に絡まりやすいのとコード部分が壊れやすいという口コミも中にはありますので、購入する際はメーカー保証が付くかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

リュミエリーナのヘアアイロンの特徴

リュミエリーナで販売されているヘアアイロンは、「ヘアビューロン」のみの取り扱いとなっています。そのヘアビューロンの特徴について、詳しくみていきましょう。

独自技術の「バイオプログラミング」

ヘアビューロンは毎日使っても髪があまり傷まない、使用すると健康な毛に見えると評判のヘアアイロンです。

その理由はバイオプログラミングという技術にあるようで、特殊なセラミックから出る遠赤外線が髪の細胞を活性化・保護することで、潤ってツヤのある髪に見えるということだそうです。電源を入れずに髪を滑らせるだけで、効果を実感できる人もいます。

ラインナップは5種類から

ヘアビューロンではストレートが2タイプ、カールが3タイプ販売されており、さらにカールのバレルはそれぞれ26.5mm(Sサイズ)と32mm(Lサイズ)から選べるようになっています。

2D Plus・3D Plus・4D Plusという3段階のレベルになっており、数字が大きくなるほど価格も高いです。モデルによる違いは技術の到達点の高さということだと公式では明記されており、具体的にはツヤやしっとり感の違いとなるようです。

高級品だからこそ正規店で!

種類によっても価格は大きく変わってきますが、全体的にヘアアイロンとしては高めの価格設定です。気軽に買えるものではないので、先に店舗や美容院で試してみるのがおすすめです。

また高級品のため偽物が出回っているという噂もあるので、非正規店で安くなっているものを見つけても注意しましょう。正規店なら1年のメーカー保証も受けられ、さらに申請することで6か月の保証延長も可能となるので、購入するなら正規店がベストです。

ヘアビューロンの機能は?

温度調節は40℃~180℃(7段階)と幅広く、お好みの温度で使用することができますが、他メーカーと比較すると立ち上がりの時間は遅めです。

ストレートとカールのSサイズでは120℃まで1分、180℃まで3分となります。カールのLサイズの方は120℃まで2分、180℃まで5分と時間を要するようです。

旅行などに持っていきたいという方もいるかと思いますが、ヘアビューロンの現在の型は海外でも使える仕様となっています。旧型であるHBR-SかHBR-Lは日本国内のみとなるので、よく確認するようにしてください。

安全面ではは、電源を入れてから90分後の自動電源オフ機能があります。万が一のときに頼りになりますが、電源が切れるまでの時間は長めなのできちんと自分で切るように気を付けましょう。

リュミエリーナのヘアアイロンの口コミや評判

ヘアビューロンに関する口コミをまとめています。実際に使用した方の意見を参考にすることは、ヘアアイロン選びでも重要なのでぜひチェックしてみてください。

良い口コミ・評判

美容師さんにおすすめされて買ったという方が多い印象です。使ってみるとしっとりまとまり、ツヤのある髪に仕上がるという口コミがくさん寄せられています。カールでも毛先が広がらずに、健康な髪に見せることができるようです。

2D Plusと3D Plus、3D Plusと4D Plusというモデルによる違いは大きく感じないという方がほとんどで、1番安い2D Plusでも十分と言う方が目立ちます。

2D Plusと4D Plusを比べると多少ツヤ感に違いを感じる方もおり、より良いものを求めるのなら予算を増やして上位のものを買ってみると良いかもしれません。

またデザインが未来的で気に入っているという意見も多かったです。

悪い口コミ・評判

プレートの隙間が気になる、髪をしっかり挟めないという口コミが目立ちました。しかし公式では強く挟みすぎずに、同じところを何度も滑らせて使用する方法が推奨されており、そのように使うことで隙間があっても問題なく利用できるかと思います。

また滑りが悪く髪が絡まりやすい、温度が安定しない、本体が重たい価格が高すぎるなどの声も上がっています。高級品だからと大きな期待を寄せて購入したぶん、価格に見合う効果を感じられなかったという方も中にはいるようです。

リュミエリーナのヘアアイロンはどんな人におすすめ?

リュミエリーナのヘアアイロンの大きな特徴はやはりしっとりまとまる仕上がりです。他のヘアアイロンではパサパサして見えてしまい、もっとしっとりツヤのある髪に見せたいという方におすすめです。

ただ価格が高いということもあり、ヘアアイロンにかけられる予算の多い方でないと厳しいかと思います。

また本体の重量が重めな点、高級品なので壊れてしまうとショックが大きい点などから、持ち運んで出先で使用することはおすすめできません。家庭用としての購入がベストですので、携帯したいときは別のコンパクトヘアアイロンを併用すると良いでしょう。

ヘアビューロンは他社にあるようなマイナスイオンや2WAY機能などの、バイオプログラミング以外の機能について特別なものはありません。そういった意味で機能はシンプルなヘアアイロンが良いという方に合っているかと思います。

スポンサーリンク

リュミエリーナのヘアアイロンの種類

リュミエリーナのヘアアイロンの全種類を紹介します。モデルによるスペックの違いはあまりないのですが、数字が大きくなるほどバイオプログラミング技術の到達点が高く、4D Plusが最上位モデルとなっています。どれにしようか迷っているという方はこちらを参考にしてみてください。

リュミエリーナのストレートアイロン

リュミエリーナのストレートアイロンの種類は以下の2つです。

  • ヘアビューロン 3D Plus【ストレート】
  • ヘアビューロン 4D Plus【ストレート】

ここではおすすめに掲載していない、4D Plusについて紹介します。

ヘアビューロン 4D Plus【ストレート】
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • ヘアアイロンタイプ:ストレートアイロン
  • カラー:ブラック×ゴールド
  • プレート素材:セラミック
  • 温度調節:約40℃~180℃(7段階)
  • 本体サイズ(使用時):高さ293×幅29×奥行85mm
  • 本体サイズ(キャップ装着時):高さ310×幅33×奥行42mm
  • プレートサイズ:幅20×長さ98mm
  • コードの長さ:2.0m
  • 重量:約422.5.5g
  • 消費電力:48W
  • 海外対応:〇
  • 自動電源OFF:〇(90分後)
  • 付属品:キャップ(1個)

ヘアビューロンの最上位モデルである4D Plus。特殊セラミックの性能が上がり、より髪を潤わせてくれるヘアアイロンです。しかしその効果を3D Plusと比べて圧倒的に感じるという方は少なく、3D Plusでも充分という方もいます。

とは言え最上位ということもあり仕上がりに満足している方がほとんどで、4万円代という価格になっても、少しでも良いものが欲しいという方はこちらがおすすめです。

ヘアビューロンを滑らせた部分にツヤが出るためついつい長い時間当てたくなってしまいますが、高温の状態で同じところに当て続けるともちろん髪は傷むので絶対に30秒以上は当てないようにしましょう。

ヘアビューロン【ストレート】比較表

商品 ヘアビューロン 3D Plus【ストレート】 ヘアビューロン 4D Plus【ストレート】
カラー ホワイト×ブルー ブラック×ゴールド
プレート素材 セラミック セラミック
温度調節 約40℃~180℃(7段階) 約40℃~180℃(7段階)
本体サイズ(使用時) 高さ293×幅29×奥行85mm 高さ293×幅29×奥行85mm
本体サイズ(キャップ装着時) 高さ310×幅33×奥行42mm 高さ310×幅33×奥行42mm
プレートサイズ 幅20×長さ98mm 幅20×長さ98mm
コードの長さ 約2.0m 約2.0m
重量 約417.5g 約422.5.5g
消費電力 48W 48W
海外対応
自動電源OFF機能 ○(90分後) ○(90分後)
付属品 キャップ(1個) キャップ(1個)

リュミエリーナのカールアイロン

リュミエリーナのカールアイロンの種類は以下の3つです。

  • ヘアビューロン 2D Plus【カール】
  • ヘアビューロン 3D Plus【カール】
  • ヘアビューロン 4D Plus【カール】

ここではおすすめに掲載していない、3D Plusと4D Plusについて紹介します。

ヘアビューロン 3D Plus【カール】
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • ヘアアイロンタイプ:カールアイロン
  • カラー:ホワイト×ブルー
  • プレート素材:セラミック
  • 温度調節:約40℃~180℃(7段階)
  • 本体サイズ(S-type):高さ350×幅59×奥行85mm
  • 本体サイズ(L-type):高さ350×幅59×奥行85mm
  • バレルサイズ:26.5mm(S-type),34mm(L-type)
  • コードの長さ:2.0m
  • 重量:約405g(S-type),約495g(L-type)
  • 消費電力:46W(S-type),59W(L-type)
  • 海外対応:〇
  • 自動電源OFF:〇(90分後)
  • 付属品:専用スタンド(1個)

2D Plusよりもバイオプログラミングの技術がより密に施された3D Plusのカールヘアビューロン。初代よりも髪をしっかり挟みやすくなったことや、本体に髪が絡まりにくくなったことなど、使いやすさの面も進化しました。

仕上がりに関しては2D Plusとの差を大きく感じている方は少ないのですが、やはりサラサラの仕上がりに満足しているという方がほとんどです。整髪剤を使わなくても、長時間キープできるという口コミも目立ちました。

2D Plusと比べて価格が少し高くなってもより使いやすく、仕上がりも少し良いヘアビューロンが欲しい方はこちらがおすすめです。

ヘアビューロン 4D Plus【カール】
現在の価格はコチラ

商品詳細

  • ヘアアイロンタイプ:カールアイロン
  • カラー:ブラック×ゴールド
  • プレート素材:セラミック
  • 温度調節:約40℃~180℃(7段階)
  • 本体サイズ(S-type):高さ350×幅59×奥行85mm
  • 本体サイズ(L-type):高さ350×幅59×奥行85mm
  • バレルサイズ:26.5mm(S-type),34mm(L-type)
  • コードの長さ:2.0m
  • 重量:約427.5g(S-type),約535.5g(L-type)
  • 消費電力:46W(S-type),59W(L-type)
  • 海外対応:〇
  • 自動電源OFF:〇(90分後)
  • 付属品:専用スタンド(1個)

ヘアビューロン最上位クラスの4D Plusのカールタイプがこちら。ブラックとゴールドの配色がいかにもな高級感を醸し出しています。2D Plusと3D Plus、3D Plusと4D Plusでは仕上がりにあまり大きく違いを感じないという方が多いのですが、2D Plusと4D Plusを比べるとやはり進化しているということが分かるようです。

他のスペック的にはほとんど変わらず、違いと言うと若干本体が重めになるくらいです。

仕上がりはさらにしっとり、よりツヤめく髪となります。もちろんこちらも電源を入れずにツヤ出しとして使ったり、滑らせるようにしてストレートアイロンのように使ったり、様々に工夫できるので試してみてください。

せっかくなら一番良いものが欲しいという方は、こちらを検討してみてください。店舗で試してみたり、正規店かどうか確かめるなど、失敗の無いよう自分に合ったヘアアイロンであるかよく考えてから購入しましょう。

ヘアビューロン【カール】比較表

商品 ヘアビューロン 2D Plus【カール】 ヘアビューロン 3D Plus【カール】 ヘアビューロン 4D Plus【カール】
カラー ホワイト×レッド ホワイト×ブルー ブラック×ゴールド
プレート素材 セラミック セラミック セラミック
温度調節 約40℃~180℃(7段階) 約40℃~180℃(7段階) 約40℃~180℃(7段階)
本体サイズ(S-type・L-type同値) 高さ350×幅59×奥行85mm 高さ350×幅59×奥行85mm 高さ350×幅59×奥行85mm
バレルサイズ

26.5mm/34mm

(S-type/L-type)

26.5mm/34mm

(S-type/L-type)

26.5mm/34mm

(S-type/L-type)

コードの長さ 約2.0m 約2.0m 約2.0m
重量

約394g/約473g

(S-type/L-type)

約405g/約495g

(S-type/L-type)

約427.5g/約535.5g

(S-type/L-type)

消費電力

46W/59W

(S-type/L-type)

46W/59W

(S-type/L-type)

46W/59W

(S-type/L-type)

海外対応
自動電源OFF機能 ○(90分後) ○(90分後) ○(90分後)
付属品 専用スタンド(1個) 専用スタンド(1個) 専用スタンド(1個)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!種類別:人気ヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ヘアアイロン
初心者必見!失敗しないヘアアイロンの上手な選び方
ヘアアイロン
選び方
決定版!人気ストレートヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ストレート
巻き髪なら!人気カールヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
カール
便利!人気2wayヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
2way