巻き髪もストレートも思いのまま!
ピントルのヘアアイロン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!種類別:人気ヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ヘアアイロン
初心者必見!失敗しないヘアアイロンの上手な選び方
ヘアアイロン
選び方
決定版!人気ストレートヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ストレート
巻き髪なら!人気カールヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
カール
便利!人気2wayヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
2way
スポンサーリンク

タイプや素材別ヘアアイロンの種類と特徴

タイプや素材別ヘアアイロンの種類と特徴

ヘアアイロンを選んでいると様々な種類の物を見かけることがあると思います。大きく分ければ用途によって見分けがつきますが、中には素材や構造などの細かい違いがあるんですよね。

今回はヘアアイロンの種類について、素材や構造の面でも細かく解説していくので参考にしながら自分にぴったりのヘアアイロンを見つけていきましょう。

スポンサーリンク

ヘアアイロンのタイプ

ヘアアイロンは大きく分けて3つのタイプがあります。

  • プレートタイプ
  • バレルタイプ
  • ブラシ付きタイプ

プレートタイプはストレートヘアアイロンバレルタイプはカールアイロンと2wayヘアアイロンがあり、ブラシ付きタイプは、ロールブラシアイロンといって、プレートタイプとバレルタイプに比べて若干毛並みが違う種類です。ここではまずプレートタイプとバレルタイプから紹介していきますね。

プレートタイプのヘアアイロンの特徴

現在の価格はコチラ

プレートタイプはストレートヘアアイロンなので、主に髪の毛を真っ直ぐにするために使うヘアアイロンです。使われているプレートにもいくつか種類があるのですが、プレートの種類については後で詳しく解説していきます。

バレルタイプのヘアアイロンの特徴

現在の価格はコチラ

バレルタイプはカール・2wayのヘアアイロンなので、主に髪を巻く、2wayは真っ直ぐにもできるヘアアイロンです。使われているバレルにもいくつか種類があるのですが、バレルの種類については後で詳しく解説していきます。

ブラシ付きタイプのヘアアイロンの特徴

現在の価格はコチラ

ブラシ付きタイプのヘアアイロンはカールヘアアイロンの加熱部分の周りにブラシが付いているタイプのヘアアイロンで、ヘアアイロンで心配される火傷の心配が少ない商品です。

しかし、ストレートヘアアイロンやカールヘアアイロンのようにしっかりクセ付けができるヘアアイロンではなく、あくまで髪を軽めにストレートにしたり、軽くふわっと巻きたい人向けのヘアアイロンです。

ヘアアイロンなので濡れた髪に使うことはできませんし、アレンジには比較的向かない種類のヘアアイロンと言えるでしょう。

プレートタイプのヘアアイロンの種類

プレートタイプのヘアアイロンの種類

プレートタイプのヘアアイロンの種類は以下の3つの点で種類分けすることができます。

  • プレートの素材
  • プレートの幅
  • ヒート構造

それぞれにどんな種類があってどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

プレート部分の素材の種類

プレートに使われる素材にはいくつかの種類があり、それぞれで耐久性や髪へのダメージの少なさなどが変わってきます。

チタン(チタニウム)

チタンは値段こそ少し割高になってしまいますが、摩擦による髪へのダメージが少なくプレート自体の耐久性も高いため、髪もヘアアイロンも長持ちしやすいという特徴があります。

ただし、プレート全体がチタンでできていれば良いですが、表面だけチタンでおおわれている「チタニウムコーティング」などの表記がある場合はあまり長持ちしないので注意して選びましょう。

セラミック

セラミックは髪の仕上がり具合やプレート自体の丈夫さなどでチタンに一歩及ばないような位置づけの素材ですが、熱伝導の速さで言えば一番です。忙しい朝や急いでいるときなど、早く温まってほしい場合には重宝します。

テフロン

テフロンは新品の頃は髪に引っかかりにくくて使いやすいのですが、あまり丈夫ではありません。身近なもので言うとフライパンでテフロンが使われていますが、フライパンのテフロンも熱によってだんだん剥がれてきてしまいますよね。それと同じくヘアアイロンのテフロンも熱で剥がれてきてしまうので、あまり長持ちはしてくれません。

プレートの幅の種類

プレート部分の幅もヘアアイロンによって違いがあり、25mm前後~45mm前後まで豊富にラインナップされています。25mm前後の幅でも問題なく使えますが、髪の長い人は40mm前後の方が楽にセットすることができるでしょう。

プレートタイプのヒート構造の種類

ヒート構造もヘアアイロンによって種類があり、それによって温まるスピードやヘアアイロン自体の値段などが変わります。

シングルヒーター

シングルヒーターは多くのヘアアイロンに使用されているヒート構造で、プレートの中心に小さなヒーターが入っています。ヒーター自体が小さいためにヘアアイロンの値段は安くなりますが、プレートの隅の温度が下がりやすいという弱点があります。

ワイドヒーター

ワイドヒーターは名前の通り、幅の広いヒーターです。これによってプレート全体を温めやすくはなりますが、中心の温度が下がりやすくて均等に熱が伝わりにくいという弱点があります。また、プレートが大きくなるのでヘアアイロン自体が重くなって使いにくいと感じることもあります。

ダブルヒーター

ダブルヒーターは名前の通りヒーターを2つ入れてあるタイプの物です。効率的に熱を伝えることができ、均等に熱を保つこともできるのでヒート構造としては最高なのですが、構造が複雑なのでヘアアイロン自体が高価になってしまうという弱点があります。

スポンサーリンク

バレルタイプのヘアアイロンの種類

バレルタイプのヘアアイロンの種類

バレルタイプのヘアアイロンの種類は以下の2つの点で種類分けすることができます。

  • バレル部分の素材
  • バレルの太さ

それぞれにどんな種類があってどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

バレル部分の素材の種類

バレルに使われる素材にはいくつかの種類があり、それぞれで耐久性や髪へのダメージの少なさなどが変わってきます。

チタン(チタニウム)

バレルがチタン場合も値段が少し割高になってしまいますが、摩擦による髪へのダメージが少なくプレート自体の耐久性も高いため、髪もヘアアイロンも長持ちしやすくなります。

セラミック

バレルがセラミックの場合も髪の仕上がり具合やプレート自体の丈夫さなどでチタンに一歩及ばないような位置づけで、熱伝導の速さで言えば一番です。忙しい朝や急いでいるときなど、早く温まってほしい場合に重宝します。

テフロン

バレルがテフロンの場合も新品の頃は髪に引っかかりにくくて使いやすいのですが、あまり丈夫ではありません。フライパンのテフロンと同じくヘアアイロンのテフロンも熱で剥がれてきてしまうので、あまり長持ちはしてくれません。

バレルの太さの種類

バレルの太さによってスタイリングしやすい髪の長さが変わります。サイズは様々あるので、サイズごとの目安を紹介していきますね。

26mm前後

26mm前後のバレルはショートから肩につくくらいのミディアムヘアの人におすすめの太さです。26mmより下の太さよりも大きめのカールになるのでふんわりとした雰囲気とボリュームを出すことができます。

毛先だけ巻くのにも扱いやすく、縦に持って巻けばパーマ風に、横に持って巻けば内巻きに、と様々な使い方ができます。

32mm前後

32mm前後のバレルはミディアムからロングヘアの人におすすめの太さです。頭のトップから毛先までしっかりと巻くこともできますし、毛先だけ巻くこともできます。

38mm前後

38mm前後のバレルはロングヘアで大きめのカールを作りたい人におすすめです。38mmともなるとしっかりカールがつくのは毛先の方になるので、毛先に大きくカールを作りたい場合に選ぶと良いでしょう。

ヘアアイロン共通の機能

ヘアアイロンには基本的に共通している機能があります。代表的な3つを紹介していくので合わせて参考にしてみてください。

温度調節機能付きヘアアイロン

最近のヘアアイロンであればほとんどのもので温度調節機能がついています。温度の表示方法はつまみを回すタイプや液晶に表示されるものなどがあります。

コードレスヘアアイロン

コードレスは名前の通りコードがなく、電池や充電で使用できるものです。これだと場所を選ばず、スタイリングもコードを気にする必要がないので便利ですが、温度が上がりにくいという欠点もあります。

>>コードレスストレートヘアアイロンおすすめランキングはコチラ

>>コードレスカールヘアアイロンおすすめランキングはコチラ

>>コードレス2wayヘアアイロンおすすめランキングはコチラ

マイナスイオン発生装置付きヘアアイロン

マイナスイオンが発生するヘアアイロンは髪が傷みにくくなるので、毎日ヘアアイロンを使用している際には重宝します。少しでも髪を傷めたくない場合に選ばれると良いでしょう。

>>髪が傷みにくいストレートヘアアイロンおすすめランキングはコチラ

>>髪が傷みにくいカールヘアアイロンおすすめランキングはコチラ

>>髪が傷みにくい2wayヘアアイロンおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!種類別:人気ヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ヘアアイロン
初心者必見!失敗しないヘアアイロンの上手な選び方
ヘアアイロン
選び方
決定版!人気ストレートヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ストレート
巻き髪なら!人気カールヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
カール
便利!人気2wayヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
2way