巻き髪もストレートも思いのまま!
ピントルのヘアアイロン専門ページ

スポンサーリンク

ウィッグにヘアアイロンを使う時の注意点

雰囲気を変えたいときや、コスプレやイベントのときに便利なウィッグ。持っているウィッグに飽きてしまったり、違った髪型も楽しみたいと思ったとき、ヘアアイロンを使ってアレンジできたらオシャレの幅を広げることができますよね。

ただ「ウィッグってヘアアイロンを使っても大丈夫なの?」「ウィッグの巻き方が分からない」などのお悩みを持っている方も多いかと思います。

そこで今回はどんなウィッグがヘアアイロンを使用できるのかヘアアイロンでウィッグのカール・ストレートを上手につくる方法などを解説していきます。

スポンサーリンク

ウィッグにヘアアイロンを使う時は耐熱性をチェック

ウィッグにヘアアイロンを使う時は耐熱性をチェック

ウィッグにはヘアアイロンが使えるものと使えないものがあります。その違いは耐熱素材でできているか否かです。ヘアアイロンを使ってアレンジをしたくなったら、まず耐熱性をチェックするようにしましょう。

耐熱ファイバーウィッグには問題なく使える

基本的に耐熱性ウイッグであれば、ヘアアイロンを使ったアレンジを自由にすることができます。ただものによって耐熱温度に違いがあるので、ヘアアイロンの設定温度には気を付ける必要があります。

また中にはドライヤーは大丈夫でもヘアアイロンは使えないというウィッグもあるので、耐熱ウィッグかどうかだけでなく耐熱温度までしっかり確認するようにしてください。

耐熱ファイバーウィッグの特徴

耐熱ウィッグはヘアアイロンを使ったアレンジを楽しめるので、オシャレの幅がぐんと広がります。また表面に耐熱加工のコーティングがされているぶん、指通りが良く髪が絡まりにくいのもひとつのメリットです。

ただ非耐熱のウィッグより、価格相場が高めにはなっています。

また耐熱性ウィッグの耐熱温度は、あくまでもそこまで耐えられるという数値になっています。耐熱温度ギリギリで使うのではなく、少し低めに設定するのがおすすめです。

非耐熱ファイバーウィッグは溶けるので使用NG

非耐熱性ウィッグであればヘアアイロンを使うことはできません。無理に使えばウィッグが溶けたり、チリチリになってしまうだけでなく、ヘアアイロンが故障する可能性もあるので絶対に辞めましょう。

非耐熱ファイバーウィッグの特徴

非耐熱性ウィッグはドライヤーやヘアアイロンを使ったアレンジはできませんが、ワックスなどで固めるようなアレンジは耐熱性ウィッグよりもしやすいです。

コスプレやイベントなどで使用するときは、そういったアレンジがしやすく安価で手に入れられる非耐熱性ウィッグがピッタリです。

ただ非耐熱性ウィッグは耐熱性ウィッグに比べてくし通りが悪くクシャクシャになりやすいので、使い終わったあとはきちんと絡まりを取っておくようにしましょう。

人毛ウィッグは傷みに注意

人毛100%のウィッグであれば、ヘアアイロンもドライヤーも普通に使うことができます。特に耐熱性を確認する必要はありません。

人毛ウィッグの特徴

ヘアアイロンを使うこと自体に問題はありませんが、私たちの髪がヘアアイロンを使って傷むのと同じことが人毛ウィッグで起こるかもしれません。

ヘアアイロンを使う頻度や当てる温度、当て続ける時間などには十分注意しましょう。ストレートアイロンであれば180度、カールアイロンであれば140度程度を目安に、あまり高温に設定するのは控えてください。

見た目や指触りが自然でアレンジも自由にできる人毛ウィッグですが、価格は他に比べてかなり高めになっています。また正しい知識やケア方法を学ぶ必要があり、扱いにくいというデメリットもあります。

人毛ミックスは耐熱性を確認

人毛ウィッグと言っても、中には人毛と化学繊維の髪がミックスされているウィッグもあります。人毛ミックスのウィッグは人毛の自然さと、化学繊維の扱いやすさの良いとこどりができるのでおすすめです。

ただこの場合は耐熱性をチェックする必要があるので注意しましょう。

耐熱か非耐熱か見分け方

手持ちのウィッグが耐熱性のものなのか分からない場合の見分け方を紹介します。非耐熱のものと知らずにヘアアイロンを使えば、ウィッグもヘアアイロンも傷めてしまうので、時前にしっかり確認しましょう。

1~2本だけ当ててみる

ウィッグの髪を1~2本取ってヘアアイロンを当ててみましょう。それでチリチリになってしまったり、あからさまに傷んでいるのが見えたら、そのウィッグは非耐熱性のものなのでヘアアイロンを使うことは控えてください。問題が無ければ耐熱性ウィッグです。

簡単にできて分かりやすい確認方法なので、まず試してみるようにしてください。

見た目で判断する

難易度は高めですが、耐熱か非耐熱かを見た目で判断できることもあります。

耐熱性ウィッグは耐熱コーティングがされているぶん、ツヤ感が少なく比較的自然な仕上がりになっています。それに比べると非耐熱ウィッグは、コーティングがないため人工的なツヤ感が強く出ます。

この方法で100%判断できるわけではありませんが、参考程度に見た目もチェックしておくと良いでしょう。

ウィッグのメーカーを確認する

ウィッグの耐熱までは覚えてなくても、メーカーだったら分かるという方もいるかと思います。全種耐熱というメーカーもあるので、そのメーカーの特徴を調べれば自分のウィッグがどちらなのかもわかるかもしれません。

ヘアアイロンを使ってウィッグを上手に巻く方法

ヘアアイロンを使ってウィッグを上手に巻く方法

ウィッグをヘアアイロンで巻くときは、地毛を巻くときよりも意識しておいた方が良い点があります。それらを踏まえてウィッグの上手な巻き方のポイントを解説していきます。

温度設定は150度程度に

ヘアアイロンの耐熱温度自体はもっと高めであることが多いですが、150度程度に設定することをおすすめします。耐熱温度ギリギリで使わずとも、これだけの温度があればしっかりクセ付けることができます。

あまり高温で使い続けると、ウィッグが傷んでしまうかもしれないので温度設定には気を付けてください。

使用前にはブラッシングを

ヘアアイロンをかける前は必ずブラッシングをして、髪の絡まりをほどき流れを整えておきましょう。ブロッキングもしやすくなり、スタイリングの仕上がりが格段に良くなります。

また変なクセがある状態でヘアアイロンをかけてしまうと、思うように髪を巻くことができなくなってしまいます。できればシャンプーもしてしっかり乾かした状態でブラッシングをするのが完璧なケア方法です。

キレイに巻くコツ

キレイな巻き髪ウィッグをつくるためのコツはまだまだあります。ブラッシングが終わっても、ヘアアイロン前にもう一手間かけておきましょう。

ウィッグを装着して巻く

自分の頭にウィッグを付けた状態で巻くほうが、地毛のスタイリングと同じ感覚で扱えるのでおすすめです。装着せずに巻くと、実際に付けてみたらイメージと違うなんてこともあるかもしれません。

鏡では見えにくい後頭部はマネキンに置いて巻いても良いかと思います。自分に合ったヘアスタイルをつくるためにも、最後はきちんと自分の頭に装着して仕上がりを確認しましょう。

ブロッキングをしっかりする

ファイバーを使用した化学繊維ウィッグは地毛よりもカールが付きにくくなっています。そのため一回にヘアアイロンに当てる量も、あまり多いと上手く巻くことができません。

ブロッキングをして毛束を作り少しずつ巻いていくようにしましょう。全ての髪にきちんと熱が伝わるように意識することが大切です。

ヘアアイロン後は手の上で冷ます

地毛を巻くときも同じことですが、髪のカールが定着するのはヘアアイロンで熱を当てている時間ではなく、熱が冷めるときです。ですからヘアアイロンを当てたら、カールが崩れないようにキープしたままそっと手の上で冷めるのを待つようにしてください。

ウィッグはクセが付きにくいからといって、長時間高温のヘアアイロンを当てることは良くありません。少し面倒かもしれませんが、キレイなカールをつくるためには毛束ごとにしっかり冷ます時間を取るようにしましょう。

保冷剤などで手のひらを冷やしながら行うと、時間短縮できるうえ強力なカールができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ヘアアイロンを使ってカールウィッグをストレートにする

ヘアアイロンを使ってカールウィッグをストレートにする

カールウィッグをストレートヘアにする際も、くるくるの天然パーマを真っすぐに伸ばすときとはまた違ったコツが必要です。そのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

水を使う

普通の髪にヘアアイロンをするときは、水で濡れたまま高熱を加えると髪が傷んでしまいますが、ウィッグの場合水を使って傷むということはありません。むしろ水で湿らせた方がキレイに仕上がるうえに、髪が冷めてスタイルが定着するまでの時間を短縮することができます。

霧吹きなどに水を入れて、ヘアアイロンを当てる直前に少しずつ吹きかけると良いでしょう。

ブラッシングで絡まないように

ブラッシングはストレートにするときも必須です。カールウィッグは絡まりやすいので、ほどいてできるだけサラサラの状態にしておきましょう。

この一手間で仕上がりのキレイさが変わってくるので、手を抜かずにしっかり行ってください。

ヘアアイロン後はドライヤーの冷風で冷ます

ヘアアイロンをかけ終わったら、ドライヤーの冷風を当てて全体の熱を冷ますようにしてください。ヘアアイロンは熱でクセ付け、冷めるときにスタイルが定着するようになっています。

せっかくストレートをつくっても形が定着しないまま終わりにしてしまうと、変なうねりができてしまうかもしれません。ドライヤーが無ければ保冷剤を使うなどしてしっかり冷めるのを待ちましょう。

同じ方法でちぢれたウィッグもストレートヘアに

カールウィッグをストレートヘアに直すときだけでなく、元々ストレートだったのに毛先がちぢれてしまったというウィッグも、同じ方法でキレイにすることができます。

毛先のちぢれや全体のうねりがひどいときは、ブロッキングして少しずつ熱を加えるなどの工夫をしてみてください。

家庭用アイロンで時間短縮

ウィッグはしっかり熱を加えないと強力にクセ付けることができません。ヘアアイロンだと一度に当てられる髪の量が少ないので、全体をストレートにするまでにかなり時間がかかってしまいます。

特に手間のかかる強めのカールやうねりのついたウィッグをストレートにしたいとき、裏技として家庭用アイロンを使うこともおすすめです。

アイロン台の上でしっかりブラッシングして水を加えながら、中~高に設定した家庭用アイロンで一気にストレートを作ってください。

家庭用アイロンだけだとキレイに仕上げるのは難しいですが、ヘアアイロンをかける前に家庭用アイロンで大体のクセを直しておくのは時間の節約になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!種類別:人気ヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ヘアアイロン
初心者必見!失敗しないヘアアイロンの上手な選び方
ヘアアイロン
選び方
決定版!人気ストレートヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
ストレート
巻き髪なら!人気カールヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
カール
便利!人気2wayヘアアイロンおすすめランキング
おすすめ
2way