虫歯の約90%は歯と歯の隙間から!
ピントルのデンタルフロス(歯間ブラシ)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ブラシ?フロス?糸ようじ?歯間ケア用品の種類と使い分け
歯間ケア用品
使い分け方
歯間ブラシのおすすめランキング
おすすめ
歯間ブラシ
デンタルフロスのおすすめランキング
おすすめ
デンタルフロス
糸ようじのおすすめランキング
おすすめ
糸ようじ
おすすめのデンタルフロスホルダー
おすすめ
フロスホルダー

歯間ブラシやフロスで歯茎から血が出る原因と改善方法

歯間ブラシ・デンタルフロス・糸ようじでの出血

歯磨きの後に磨き残しをなくすため、歯間や奥歯の清掃に使うのが歯間ブラシやデンタルフロスになります。普段から使ってみえる方もみえると思いますが、使用時に歯茎から血が出るとはないでしょうか

鏡を見ながら磨いていると赤い筋がどんどん広がったり、ブラシに赤いシミがついていたりすることがあると思います。そういった場合、そのまま続けていいのか気になる方もみえると思います。そこでこちらでは歯間ブラシやフロスで歯茎から血が出る原因と改善方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

デンタルフロスや歯間ブラシで出血する時は要注意!?

デンタルフロスや歯間ブラシで出血する時は要注意!?

歯間ブラシなどを使用している時、歯茎から出血したらその状態に不安を抱くかもみえるでしょう。歯茎が悪いんじゃないか、病気なんじゃないかと疑うかもみえると思います。確かに、そういった疑いがある方もみえるかもしれませんが、基本的には要注意と言うほどではありません

歯間ブラシやフロスは摩擦によって歯垢を落とします。この際、歯垢が原因で歯間に炎症を起こしているため、歯垢を落とすと同時に炎症で溜まっていた血も吐き出すことになるのです。もちろん深くまで入れると歯茎で削ってしまい出血することもあるので注意してください。

歯肉から血を出すのは良いこと?悪いこと?

出血自体に良いイメージはないので、歯肉から血が出るのは悪いことなのではないか、と思われているかもしれません。しかし歯茎に至っては血が出ることは良いことです。

歯肉からの出血は炎症によるものです。口に限らず、炎症は赤く腫れて痛みが出るため、負のイメージを持ってしまいますが、体が細菌を排除しようとする免疫反応なのです。そのため集まってきた血液は、体外へ排出していしまった方が良いのです。

ただし出血が出るようにわざと歯間ブラシなどを強く当てる必要はありません。あくまで意図しない形で出てしまっても心配する必要はないということです。

血はどれくらいの期間で出なくなる?

基本的に炎症による出血は血が出来れば問題ありません。その期間は個人差があるためどれだけと言うことは言えませんが、2週間以内には治まることが多いです。しかし、この2週間と言うのが肝です。これ以上出血が続くようなら、歯肉の炎症以外の原因も考えられます。歯茎の出血に伴う病気もありますので、歯科医院や内科を受診することもおすすめします。

注意したい!デンタルフロスや歯間ブラシで出血する原因

注意したい!デンタルフロスや歯間ブラシで出血する原因

さて、出血すること自体は要注意と言うほどではないのですが、先述したように歯肉の炎症でも出血することはあります。そこでここからは注意すべきデンタルフロスや歯間ブラシで出血する原因についてご紹介していきましょう。

正しく使用できていない

歯間ブラシは歯と歯の間に入れて何でもかんでも磨けばいいというわけではありません。道具である以上使い方があるので、その正しい方法を守ることで歯垢を落とすことができます

しかし不適切な使い方をすると、出血だけでなく歯肉の退縮を招くこともあります。一度下がった歯茎を元に戻すのは大変です。歯垢を落とそうと逆効果になってしまうので、歯間ブラシやフロスを使う場合は、まず正しい使い方を確認してから使用するようにしましょう。

歯肉炎になっている

歯肉炎が起こっているために出血している可能性があります。歯肉に炎症が起きていると、歯ブラシを当てたり歯間ブラシを通したりする少しの刺激だけで出血しています。これは先述の溜まった血ではなく、歯肉への刺激による出血です。

歯肉炎は歯周病の初期段階です。そのため最初の信号でもあるので、歯周病に進行させないために、徹底したプラークコントロールが必要になります。

歯周病が進行している

歯肉炎が進行し、歯周病にまでなってしまっている場合はより出血しやすくなります。歯周病は歯を支えている骨が溶け、歯周ポケットが深くなっている状態です。歯周ポケットに歯周病の細菌が繁殖して炎症が起こり、出血していきます。

また炎症による出血がさらに進行すると膿も出てくるようになります。こちらも先述しましたが、2週間以上出血が止まらない場合は、この歯周病による歯周ポケットの炎症が考えられます。歯間ブラシを当てる前から出血が起こる場合もあるので注意が必要です。

>>歯周病(歯槽膿漏)の原因と対策はコチラ

スポンサーリンク

歯茎からの出血を止める方法

歯茎からの出血を止める方法

それではここから出血してしまった場合、それを止める方法をご紹介してきましょう。しかしこれは根本的な解決法ではないことを頭に入れて置いてください。あくまで血の出やすい歯茎を改善していく方法です。

根本的にはやはり歯科医院などで治療してもらうことになりますので、歯茎の改善をしつつ、歯科医院で診察・治療を行ってください。

柔らかい歯ブラシで歯茎をマッサージする

歯茎から出血がある場合は、歯茎が腫れ傷つきやすくなっています。このようなときは毛先がやわらかめのものや超極細毛などの歯ブラシで優しく歯茎をマッサージするように磨いてください。

出血はすぐに止まるわけではなく、2~3週間程度しっかり行うと徐々に出血の量が減っていきます。初めから普通、あるいはかための歯ブラシで力強く磨いてしまうと歯茎に傷がついて、出血が増えてしまうので気を付けてください。

>>目的別おすすめ歯ブラシと上手な選び方

殺菌作用のある歯磨き粉を使用する

歯茎からの出血がある時は殺菌作用がある歯磨き粉が有効です。先述通り細菌による炎症が原因である場合が多いです。そのため殺菌作用のある歯磨き粉で細菌の活動を抑えることで改善を見込めます。

ただし泡立ちが少ないものにして下さい。泡立ちがあるものは研磨剤や発泡剤が入っており、それによって歯茎を傷つけてしまうこともあります。そのため泡立ちの少ないジェル状の歯磨きがおすすめです。ジェルによって摩擦が減り適切なマッサージ効果が得られます。

>>歯磨き粉の選び方について詳しくはコチラ

アルコール系の洗口液や液体歯磨きを使わない

アルコール系の洗口液や液体歯磨きは刺激と乾燥を口内に与えてしまうため、歯茎からの出血が増えてしまいます。上述のようなジェル系の歯磨き粉だけでも十分ですが、洗口剤や液体歯磨きを使用したい場合は、刺激が少なく殺菌作用が強いものを使用しましょう。

>>低刺激なおすすめマウスウォッシュ厳選10種

デンタルフロスや歯間ブラシ使用時の悩み

デンタルフロスや歯間ブラシ使用時の悩み

デンタルフロスや歯間ブラシを使用して歯間の汚れや歯垢を落とす際の出血は、注意を払いすぎる必要はないものの、期間的に長い場合は注意が必要と言うことが分かっていただけたと思います。

そうなるとこれらをあまり心配せず使えるわけですが、出血とは別で悩みを感じてみえる方もいるようです。この悩み、出血同様場合によっては何らかの信号であることがあります。そこでここからは使用時の悩みについて、いくつかご紹介てきたいと思います。

使用時に痛みを感じる場合

使用時に痛みを感じるのは先述した不適切な使用方法で行っている可能性があります。この場合は今一度使い方を見直すことで改善することができますが、厄介なのは重度の歯周病だった場合です。この場合でも痛みを感じてしまうことがあります。

まずは歯肉が傷ついていないか確認してみてください。傷ついている場合は先ほど触れた通り正しい使い方に改めればいいですが、その方法を教わる意味でも一度歯科医院で診察を受けてみてください

そうすることで不適切な使い方であれば改善できますし、歯周病の場合は治療に移すことができます。歯科医院では歯磨きや歯間ブラシの正しい使用方法を指導してくれるところが多いので、虫歯などでなくとも利用してみてはいかがでしょうか。

>>歯科医も推奨!上手な歯の磨き方はコチラ

デンタルフロスや歯間ブラシが臭う場合

歯間ブラシやフロスが臭う場合は、汚れや歯垢が原因であることが多いです。しかしそれは裏を返すと、それだがしっかりと取れてきれいになっていることになります。臭いがきつい汚れや歯垢は特に発酵が始まっているので、そのままでは口臭の原因になります。

歯間ブラシでしっかりと汚れや落としましょう。またこの歯間ブラシを使った後放置してしまうとブラシそのものが臭くなってしまうので、歯ブラシと同様に水でよく洗浄し、水気を切って乾かしておきましょう

ただし、この臭いの原因も汚れや歯垢であることが多いだけで、他にも臭いの原因はあります。詳しくはこちらの関連ページに記載されていますので、そちらをご覧ください。

>>歯間ブラシやフロスが臭い時は要注意?

歯と歯の隙間が広がった気がする場合

正しく使用していれば歯と歯の隙間が広がることはありません。また歯間ブラシに至っては歯と歯の隙間が大きい歯に対して使用する器具になります。これが狭い場合にはデンタルフロスを使用してください。強引に太い歯間ブラシを使用すると広がることもあり得るので気を付けましょう。

また歯間ブラシの使用によってプラークコントロールの質が高まると、歯肉炎による歯茎の腫れが治まり、引き締まって歯と歯の隙間が広がったように見えることがあります。見た目としては違和感があるかもしれませんが、歯周組織にとっては良いことなので、安心して行って下さい。

使用時に出る血がドロドロしている場合

歯間ブラシを使用した時に、サラサラとした出血ならば歯間ブラシで歯肉を傷つけてしまった可能性が高いです。これは時間が経てば出血は止まります。しかしドロドロした出血や血液が黒っぽい場合は、歯周病や歯肉炎による出血である可能性があります。このような血液だった場合は、一度歯科医院で相談してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ブラシ?フロス?糸ようじ?歯間ケア用品の種類と使い分け
歯間ケア用品
使い分け方
歯間ブラシのおすすめランキング
おすすめ
歯間ブラシ
デンタルフロスのおすすめランキング
おすすめ
デンタルフロス
糸ようじのおすすめランキング
おすすめ
糸ようじ
おすすめのデンタルフロスホルダー
おすすめ
フロスホルダー