虫歯の約90%は歯と歯の隙間から!
ピントルのデンタルフロス(歯間ブラシ)専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ブラシ?フロス?糸ようじ?歯間ケア用品の種類と使い分け
歯間ケア用品
使い分け方
歯間ブラシのおすすめランキング
おすすめ
歯間ブラシ
デンタルフロスのおすすめランキング
おすすめ
デンタルフロス
糸ようじのおすすめランキング
おすすめ
糸ようじ
おすすめのデンタルフロスホルダー
おすすめ
フロスホルダー

歯科医も推奨!デンタルフロスの優れた効果と上手な使い方

デンタルフロスの効果と使い方

歯磨きをした後、鏡で歯を見てみると歯と歯の隙間に食べカスが残っていることや、歯科医院で歯磨き指導を受けた時、歯間の部分が赤く染まってしまった経験はありませんか?

どれだけ丁寧に磨いても歯間の汚れは歯ブラシでは毛先が届かず、落としきることはできないのです。そんな時にデンタルフロスというオーラルケア用品を使うと歯間部の汚れをしっかりと落とすことができます。こちらではデンタルフロスの優れた効果と上手な使い方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

デンタルフロスとは?

デンタルフロスとは?

さて、歯間の清掃にデンタルフロスが使えることを冒頭で振れましたが、同様のアイテムに歯間ブラシがあります。どちらも歯間の汚れを取るのに使う道具なのですが、なぜ2種類もあるのかというと、歯間の隙間の広さで使い分ける必要があるからです。

デンタルフロスは糸状の道具であるため、狭い歯間に通すことができ、歯垢を落とすことができます。しかしこの隙間が広くなるとデンタルフロスでは効率よく汚れを落とすことが出来なくなります。

そんな時に使うのが歯間ブラシになります。歯間ブラシは様々なサイズが売られており、隙間の大きさに合わせてサイズを替え、効果的に歯垢を取り除くことができます。それならば歯間ブラシだけでいいのでは、と思うかもしれませんが、デンタルフロスには歯間ブラシにはない優れた効果があるのです。

>>歯間ブラシの効果について詳しくはコチラ

デンタルフロスの優れた効果

デンタルフロスの優れた効果

デンタルフロスが持つ優れた効果は多く、物によっては歯間ブラシでは得られない効果もあります。ここからはそんな優秀なデンタルフロスの効果についてご紹介していきます。

  • 歯垢除去率が約80%までアップ
  • 虫歯になりやすい歯間を集中ケア
  • 虫歯の初期症状を発見するセルフチェック
  • 詰め物・かぶせ物の不具合の早期発見
  • 歯周病の予防チェック
  • 口臭の減少

以上のような6つの効果が期待できます。それでは1つずつ簡単にですが詳細を見ていきましょう。

歯垢除去率が約80%までアップ

基本的に歯ブラシを使って歯磨きをされる方が多いですが、歯ブラシだけでは約61%しか歯垢を除去することができません。そこでデンタルフロスも併用して歯磨きをすることで歯垢除去率は79%まで引き上げることができます

デンタルフロスを正しく使うだけで約80%まで歯垢除去率が伸びるのは大きいです。残りの20%は歯科医院などで歯科助士の方に除去してもらうしかないですが、これだけ歯垢除去できれば、虫歯などになるリスクは減少させることができます

>>歯垢除去の方法について詳しくはコチラ

虫歯になりやすい歯間を集中ケア

虫歯の90%が歯間から発生します。先述しましたが、歯間は歯ブラシだけでは歯垢を除去することができません。そのためデンタルフロスを使う習慣がない方は、いつも歯間だけに汚れが残ってしまうので虫歯のリスクが上がり、罹ってしまえばそこから進行していってしまうのです。デンタルフロスを正しく使うことで、この歯間の集中ケアを行うことができます

虫歯の初期症状を発見するセルフチェック

デンタルフロスは歯間に出来た虫歯のセルフチェックにも役立ちます。まずはデンタルフロスを歯間部に挿入し、歯の表面を擦るようにして動かしてください。その時、以下のような違和感があると初期虫歯や虫歯の疑いがあります。

  • 歯間でざらつきを感じる
  • 引っかかりを感じがする
  • 毎回同じ場所でデンタルフロスが引っかかる
  • 出し入れの時に糸がバラける

虫歯を早期発見できれば、重症化せずちょっとした治療や予防措置のみで十分に虫歯を治すことができます。デンタルフロスを使うことで歯垢除去だけでなく、虫歯の早期発見もすることができるのです。

>>放置はダメ!虫歯の原因&予防について

詰め物・かぶせ物の不具合の早期発見

虫歯同様、詰め物やかぶせ物の不具合の発見にも役立てることができます。先ほどと同様に動かした時に、以下のような異常があれば不具合を起こしている可能性があります。

  • 詰め物や金属の入っている歯の間に入れたとき引っかかりを感じる
  • デンタルフロスが入らない
  • デンタルフロスか切れてしまう
  • 出し入れの時に糸がバラける

このような詰め物やかぶせ物の下は歯ブラシもデンタルフロスも入り込めないところになるので、歯垢が溜まりやすく新たな虫歯ができる可能性もあります。このように進行していく虫歯を二次カリエスと言いますが、早期発見が出来れば防ぐことが可能です。

詰め物やかぶせ物の修正は歯科医院で行うしかありませんが、早期に発見することで大きな治療を必要としなくなります。また新しいかぶせ物へ切り替えるタイミングも分かるのでデンタルフロスを活用すると非常に便利であることがわかります。

歯周病の予防チェック

デンタルフロスを入れて出血があった場合は、歯周病の疑いがあります。もちろん出血だけなら歯と歯の間に溜まった歯垢による歯肉の炎症と言うこともあり得ますが、歯肉炎になっている可能性は捨てきれません。

また正しく使っているのに入れただけで出血するとなると、歯周病による炎症で入れただけで出血してしまっているケースもあります。詰め物やかぶせ物が合わなくなると歯垢が付きやすく、先述の虫歯以外にも炎症の原因ともなるので、セルフチェックを行いつつ出血する場合には早めに歯科医院で相談することをおすすめします。

>>歯周病(歯槽膿漏)の原因と対策&予防方法

口臭の減少

口臭の原因の1つは歯間や奥歯に溜まる食べカスや歯垢が発酵することによるものです。使用したデンタルフロスを鼻に近づけ臭いを嗅いでみた時、悪臭がしていれば口臭がひどくなっているかもしれません。

口臭が気になる方は日常的にデンタルフロスを使用して、歯間の汚れを落とすことで口臭を改善できるかもしれません。もちろん原因がこれだけではない可能性もあるので、必ず口臭をなくせるわけではありませんが、減少させる効果は高いと言えます。

>>歯間ブラシやフロスが臭い時は要注意?

スポンサーリンク

デンタルフロスの使い方

デンタルフロスの使い方

それではデンタルフロスの効果を得るためにも、ここで正しい方法をご紹介してきましょう。と、その前にデンタルフロスは2種類あり、糸巻き式とホルダー式に分かれます。このホルダー式と言うのが糸ようじタイプのことを言います。糸ようじについては使い方と共に詳しくご紹介している関連ページがあるのでそちらをご覧ください。

>>糸ようじの効果と使い方についてはコチラ

糸巻き式 ホルダー式
現在の価格 現在の価格

デンタルフロスの準備

まずはデンタルフロスを準備します。専用のケースから出すのですが、その長さは約40cmとなります。目安としてはケースを手で持ち、糸を出してケースを持っている手の肘まで伸ばしてください。

適切な長さで切ったデンタルフロスを片手の中指に2~3回巻き付けます。その後、もう片方の中指に残りの部分を外れないように巻き付けてください。その時、中指同士の間隔が10~15cmくらいに調節します。女性の方であれば10cmくらいがおすすめです。

デンタルフロスの持ち方・入れ方

デンタルフロスは持ち方さえ覚えれば効果的に使用できます。上の前歯、上の奥歯、下の歯と3種類の持ち方がありますので、そちらをしっかりと覚えてください。

と、その前に基本的な操作の仕方として、デンタルフロスは両手の親指と人差し指で摘まんでピンッと張ってから操作します。両指は1~2cm離して行いますので、こちらの基本動作を前提の上でそれぞれの使い方をマスターしましょう。

上の前歯に使う際の持ち方・入れ方

まず上の前歯に関しては、デンタルフロスを親指と人差し指で上向きに押さえます。人差し指を伸ばし、指の腹にデンタルフロスを這わせ、人差し指の根元を親指で押さえる形です。

入れ方としては片方の手の指を歯の外側に、もう片方の指を歯の内側に入れます。歯と歯の間に斜めに滑らせながら、前後にゆっくり動かし、歯茎の下あたりまでゆっくりと下げます。あまり勢いよく下げたり、糸を張っていなかったりすると歯茎を傷つけることがあるので気を付けてください。

上の奥歯に使う際の持ち方・入れ方

上の奥歯にはデンタルフロスを両手の人差し指で上向きに押さえます。先ほど上の前歯で行った押さえ方を両手で行ってください。

デンタルフロスの入れ方も基本的には上の前歯と同じです。ただ奥歯だと入れにくくなるので、力任せに行いやすくなります。歯茎を傷つけないためにもゆっくりと慎重に行いましょう

下の前歯・奥歯に使う際の持ち方・入れ方

下の前歯や奥歯にはデンタルフロスを両手の人差し指で下向きに押さえてください。ピンッと張った糸を親指と人差し指を下向きに添える形になります。

下の歯への入れ方は、片手の指を歯の外側に、もう片方の指は歯の内側に入れます。歯と歯の間に斜めに滑らせながら、前後にゆっくりと動かし、歯茎の下あたりまでゆっくりと引き下げます。

注意点は上の歯と同じように糸をピンッと張っていない、力任せに無理に挿入することで歯茎を傷つけることがあるので注意です。

デンタルフロス使った歯間ケアのポイント

それぞれ3種類の持ち方や入れ方が分かったところで、ここからは歯間の歯垢を落とすポイントをご紹介していきます。

上手な歯垢の取り方

それぞれの場所にデンタルフロスを入れたら、フロスを歯に引っ掛けるようにして、上下に数回動かし、歯の側面を清掃します。同じことを隣の歯の側面でも行ってください。つまり1回入れたら2本分の歯の側面を清掃する形になります。

上手な抜き方

基本的には挿入と逆になるようにゆっくりと抜きます。しかしもしうまく抜けない場合は、片方の指からフロスを外し、ゆっくりと前から引き抜いてください。力任せに外そうとすると、歯の表面や歯茎を傷つけることがあります。

歯の隙間ごとに新しい新しい部分を使う

1つの歯を清掃し終えたら、中指に巻いた部分を少しずつズラして巻きましょう。そうすることで使用した部分をズラして常に新しいところで磨くことができます。これを1本ごとに繰り返し行って下さい。

デンタルフロスを上手に使うコツ

デンタルフロスを上手に使うコツ

ここまでは基本的な方法をご紹介してきました。もちろん基本であり正しい使い方なので、これをマスターしていただくのが一番いいのですが、上手に使うコツと言うものもあります。特に初めての方は慣れないと、なかなか上手く扱うことができません。

そこでここからは上手に使うコツや、効率よく歯垢を取る方法などをご紹介していきます。

初心者は輪っかの状態で使用する

初心者の方は特にそうですが、いきなり上述の方法で上手に行おうというのは難しいところです。そこで基本で出てきたように40cmくらいの長さに切った後、デンタルフロスを指に巻き付けるのではなく、それで輪っかを作って下さい。あとはこの輪っかに寮ての人差し指を通し、糸が張った部分を1~2cmくらいに保ちながら伸ばして引っ張ります。

こうすることでデンタルフロスが非常に扱いやすくなります。初心者に限らず苦手な方もこちらを試していただくと上手く磨くことができます。

歯磨き前?後?デンタルフロスを使う順番

続いてデンタルフロスを効果的に使う方法です。多くの方は歯ブラシによる歯磨きをした後の仕上げとして使われる方が多いですが、実は効率よく効果的にデンタルフロスを使うにはその前に行った方が良いのです。

  1. デンタルフロスで歯と歯の間のケア
  2. 歯間ブラシで歯と歯肉の間のケア
  3. ジェルタイプ歯磨き粉と補助歯ブラシで歯磨き(2分)
  4. ペーストタイプ歯磨き粉とメイン歯ブラシで歯磨き(1分)
  5. 舌クリーナーで舌苔を除去
  6. マウスウォッシュで仕上げ

このような順番で行うのが理想的だと言われています。デンタルフロスは最初に使うんですね。まずデンタルフロス、そして歯間ブラシで歯と歯の間の歯垢を除去します。こうすることで細かい部分が先に清掃されるので、あとは歯ブラシで表面を磨くことで効率よく歯垢を除去できるのです。

また、虫歯予防のためのフッ素入り歯磨き粉などを使用している場合、歯磨き後に歯間ケアを行うと歯間のフッ素を剥がしてしまう可能性もありますので、歯ブラシを使用する前の方が効果的と言えるのです。

デンタルフロスを使用する頻度

デンタルフロスは、最低でも1日1回は使用するようにしましょう。夜間、就寝中は唾液の分泌量も少なくなり自浄作用が低下するため最も細菌が増殖しやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まります

そのため就寝前には必ずデンタルフロスなどを使って清掃することが必要となってきます。出来る方は毎食後デンタルフロスを使い歯垢を落としておくと、よりそのリスクを減らすことができます。つまり理想は1日3回、最低でも1日1回は使う、と言うことになります。

デンタルフロスが入らない原因

デンタルフロスが入らないという方が時々みえます。その原因としては以下のようなものが考えられます。

  • デンタルフロスの使い方が間違っている
  • 使用しているデンタルフロスの糸が太すぎる
  • 歯間部に虫歯がある
  • 詰め物やかぶせ物に不具合がある
  • かぶせ物がつながっている

このような5つの理由が挙がります。1つ目の使い方に関しては、上述の方法をよく読み、改めて自分の使い方が正しいのか確認してみて下さい

また2つ目のデンタルフロスの太さについては、歯間ブラシほどではないですが、太さに違いがあるものがあります。こちらは関連ページに選び方についての詳細が載っていますので、そちらを参考にして、自身の歯間の幅に合うものを選んでください。

>>デンタルフロスの種類と選び方はコチラ

虫歯や詰め物・かぶせ物の不具合については上述したチェックの通り、このような物があるとデンタルフロスが上手く入っていきません。疑いがある場合はすぐに歯科医院で診てもらうことをおすすめします。

かぶせ物が繋がっている場合、それは治療上の理由でブリッジと言う歯と歯がつながったものを使っていることがあります。このようなものを連結冠と言いますが、こちらは歯間が存在しないので、デンタルフロスを入れることはできません。ただ歯間がないのであれば歯垢を隙間に溜まることもないので安心して下さい。

しかしブリッジはその根元などに歯垢が溜まりやすいので、歯ブラシなどでしっかりと除去していきましょう。

>>デンタルフロスのおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ブラシ?フロス?糸ようじ?歯間ケア用品の種類と使い分け
歯間ケア用品
使い分け方
歯間ブラシのおすすめランキング
おすすめ
歯間ブラシ
デンタルフロスのおすすめランキング
おすすめ
デンタルフロス
糸ようじのおすすめランキング
おすすめ
糸ようじ
おすすめのデンタルフロスホルダー
おすすめ
フロスホルダー