虫歯の約90%は歯と歯の隙間から!
ピントルのデンタルフロス(歯間ブラシ)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ブラシ?フロス?糸ようじ?歯間ケア用品の種類と使い分け
歯間ケア用品
使い分け方
歯間ブラシのおすすめランキング
おすすめ
歯間ブラシ
デンタルフロスのおすすめランキング
おすすめ
デンタルフロス
糸ようじのおすすめランキング
おすすめ
糸ようじ
おすすめのデンタルフロスホルダー
おすすめ
フロスホルダー

歯間ブラシやフロスが臭い時は要注意?ニオイの原因と対策

歯間ブラシ・デンタルフロス・糸ようじの臭い

歯ブラシでは取れない歯間の汚れや歯垢を取るのに便利な歯間ブラシやデンタルフロスですが、使っているとその臭いが気になったことはありませんか?口内はデリケートなだけに、出来れば清潔な状態に保ちたいところですが、使用した後の歯間ブラシなどが臭いとなると不安になります。

そもそもこの臭いの元はどこからきているのでしょうか。そこから解明していく必要があります。そこでこちらでは歯間ブラシやフロスの臭いの原因と対策についてご紹介してきます。

スポンサーリンク

デンタルフロスや歯間ブラシが臭い時は要注意!?

デンタルフロスや歯間ブラシが臭い時は要注意!?

そもそも歯間ブラシやフロスを使用した後、それが臭いとなると何かの危険信号なのではないかと考えられる方もみえるかもしれません。確かに変化が起こるということは何か原因があり、その信号だと考えるのが妥当でしょう。

しかし、臭いがあるからと言って要注意と言うわけではないのです。歯間ブラシやデンタルフロスなどで歯間の汚れを取ること言うことは、直後に食べた物が取れることがあり、それが臭うこともあります。

あるいは、奥歯などには食べカスが最も残りやすいので、それが発酵し臭いを出している可能性もあるのです。それが原因であるのなら、むしろ歯間ブラシなどで取れたことを喜ぶべきところです。臭いの原因は必ずしも病気などの信号ではないということは頭に入れておいてください。

注意したい!デンタルフロスや歯間ブラシが臭い原因

注意したい!デンタルフロスや歯間ブラシが臭い原因

とは言っても、危険信号の時もあります。毎日必ず丁寧に歯磨きをし、歯間ブラシなどで汚れを残すことなく落としているのであれば別ですが、ついついサボってしまったり、忙しさや歯磨きができない場所にいることで、後回しになってしまうこともあります。

そうなると、食べカス以外が原因で臭いが発生している可能性も捨てきれなくなってきます。歯間ブラシなどを使って清掃をした時、臭いがきついようであれば、その原因は以下のようなものが挙げられる可能性があります。

  • 歯垢(プラーク)
  • 虫歯
  • 歯周病(歯肉炎・歯周炎)
  • 不良補綴物(ふりょうほてつぶつ)

特に歯垢以外の3つは要注意になります。それぞれの原因について見ていきましょう。

歯垢(プラーク)

食べカス以外で最も分かりやすい原因がこの歯垢になります。汚れの正体である歯垢は細菌の塊と言われています。その細菌が歯間部に入り込んで増殖し、粘着性の汚れであるバイオフィルムを作ります。

これはちょうど台所の三角コーナーにある生ごみ入れや排水溝からの臭いの原因と同じです。こちらも生ごみなどの有機物に群がった細菌が増殖し、食物、特にタンパク質やアミノ酸を分解することで発生します

口の中でも歯間の他、舌の上に出来る舌苔でも同様のシステムで臭いの原因物質が発生します。この物質をVSC(揮発性硫黄化合物:Volatile Sulfur Compounds)と言い嫌気性菌という細菌が原因となっています。

詳しくは割愛しますが、この物質が歯間ブラシやフロスについてきて臭くなっている可能性があり、その原因は歯垢であることが分かるのです。

>>歯垢除去の方法について詳しくはコチラ

虫歯

虫歯の症状は、歯が溶け痛みを生じるという部分に着目されがちですが、臭いが発生することもあります。こちらは虫歯菌であるミュータンス菌が上述のように歯を溶かします。それによって凹凸ができた歯に多くの細菌や食べカスが入り込み、臭いが発生します。

歯間は口内のデモ特に細かい部分になります。歯ブラシでは毛先が届くことがほとんどなく、歯間ブラシなどを使わない限りは歯垢が溜まり、虫歯が出来て、そこにさらに歯垢が溜まるという負のスパイラルに陥りかねません

そのため時々、歯間ブラシやフロスを使うと臭いということも多いようです。また虫歯が重度になると、口内全体が臭くなると言事もあります。

>>虫歯の原因&予防方法はコチラ

歯周病(歯肉炎・歯周炎)

歯周病になっている時も臭うことがあります。歯周病の時は主にA.a菌やP.g菌といった歯周病菌が作り出す毒素により歯の周辺の組織が炎症を起こします。歯垢や歯石を定期的に取らないと、歯周病菌が出す毒素が発酵し臭いを放ちます

この細菌が潜むのは歯周溝と歯周ポケットになるのですが、その中でも細菌が作る毒素により歯茎が赤く腫れ、歯周ポケットが形成されてしまうのです。そこに歯ブラシやフロスを触れた際に毛細血管が破裂し、出血しだすのです。毒素の発酵もそうですが、この出血が汚れに付着し臭いを放つこともあります。

>>歯周病(歯槽膿漏)の原因と対策はコチラ

不良補綴物(ふりょうほてつぶつ)

歯の治療を行った方は銀歯や前歯の白いかぶせ物の縁の部分などが変形してめくれていたり、歯のラインに合わなっていなかったりするものを不良補綴物といい、その部分には歯垢が溜まりやすくなっています。

このような物ができると、歯ブラシやデンタルフロスなどでも歯垢を取れない隙間となってしまい、どんどん溜まって細菌の毒素で臭いが発生する原因となってしまいます。

スポンサーリンク

奥歯が臭くなる原因と対策方法

奥歯が臭くなる原因

さて、臭いの原因をいつかご紹介してきましたが、最も臭くなる場所には触れていません。それが奥歯です。奥歯は先述した食べカスが溜まりやすい場所としては紹介しましたが、それによって臭くなります。

しかし、それ以外にも原因はあり、臭いが出やすい場所でもあるのです。その原因は食べカスなども含めると以下の通りになります。

  • 磨き残しや食べカス
  • 虫歯菌の発酵
  • 歯周病による歯茎からの膿や出血
  • 親知らず周囲の腫れや膿
  • 歯根の先の膿が漏れ出すフィステル
  • 副鼻腔炎による異臭
  • 歯が割れた隙間
  • 銀歯の下に広がる虫歯
  • 入れ歯のカビ
  • インプラント周辺の腫れや膿
  • ブリッジ下の汚れ

細かく分けると11も原因が挙がります。それは簡単に奥歯が臭くなる理由と対策についてご説明していきます。

磨き残しや食べカス

こちらは既に触れていますが、磨き残しがあることで食べカスや歯垢が長期間残ってしまい、それが発酵して臭くなります。奥歯は歯ブラシが届きにくい場所なので、特に発生しやすいところとなります。

対策としては1本の歯ブラシだけで歯磨きをするのではなく、歯間ブラシをあらゆる方向から入れたり、ワンタフトブラシなどを使ったりして、時間をかけて丁寧に磨くと食べカスや歯垢をきれいにかき出すことです。

>>ワンタフトブラシを使った上手な歯の磨き方

虫歯菌の発酵

虫歯菌の発酵に関しては前述した通りです。奥歯は上記のように歯垢が溜まりやすいので、特に虫歯ができやすい場所でもあります。これにより、歯が溶かされ柔らかくなり、腐敗臭が出てしまうこともあります。

初期の虫歯は削ることはありませんが、口臭がでるような進行性の虫歯は歯を削って治療する必要があります。痛みが出てからでは神経を抜かなくてはいけないこともあるので、定期的に歯科検診を行い、必要であれば治療することが対処法となります。

歯周病による歯茎からの膿や出血

歯周病についても先ほど触れた通りです。特に歯肉炎になると歯茎が炎症を起こし腫れている状態ないので、歯磨きをした時に歯茎から出血し、血生臭さが奥歯の臭いの原因となります。また膿は細菌や白血球などの死骸が腐敗したもので、これも臭くなる原因となるのです。

まず歯肉炎に関しては歯磨きやデンタルフロス、歯石の除去などで多くの場合は改善を見込めます。特にデンタルフロスを行っても出血しない歯茎を目指すことが対策となります。

また膿が一部のみから出ている場合は、溶けてしまった骨を再生させる方法で歯周ポケットを浅くし、膿を止めることができます。しかし重度に進行してしまった歯周病は抜歯をして膿の原因である歯を取り除かなければ臭いを止めることはできません

いずれにしても歯周病の状態について、歯科医院で診てもらうことが対策の第1歩となります。

親知らず周囲の腫れや膿

親知らずは奥歯のさらに奥に横や斜めから生えてくるため、奥歯が臭くなる原因となってしまいます。このように生えてくると歯垢や歯石が溜まりやすく、歯茎が腫れ、膿が出やすい環境を作り出してしまうのです。あとはこれによって虫歯や歯周病が進行してしまい、奥歯が臭くなってしまうのです。

例え奥歯が臭くなくても親知らずを残しておいて良いことはないので抜歯し、歯磨きで汚れが取れる環境にします。親知らずがなくなれば、あとは先述したデンタルフロスやワンタフトブラシで汚れを落とすことも可能となります。

歯根の先の膿が漏れ出すフィステル

歯の神経が死んでしまうと歯根の先に膿が溜まることがあります。その膿が大きくなると膿の袋と歯茎がつながる穴ができます。これをフィステルと言います。これは根の先に膿が溜まることで出来、フィステルから膿が出ると消えると言った現象を繰り返します。

対処法としては自力での治療は無理なので、歯科医院で歯根の治療を行います。歯根の中の感染源をきれいにすることによってフィステルや奥歯の臭いも消すことができます。

副鼻腔炎による異臭

副鼻腔は上顎の根の近くにあり、副鼻腔炎になると奥歯が臭く感じてしまう方もみえます。この副鼻腔炎、鼻の病気ですが原因が歯にあることもあります

そのため鼻が原因であれば耳鼻科で抗生物質などの治療を行う必要があります。歯が原因の場合は、上顎洞炎とも呼ばれ歯根の先から細菌が副鼻腔に入り、感染を起こしています。そのため原因の歯根の治療を歯科医院で受ける必要です。

歯が割れた隙間

歯根が割れる歯根破折が起こると、亀裂に細菌が入り、歯茎が腫れたり膿が出たりして臭くなります。歯根破折は多くの場合、金属の土台が入っている歯に起こりますが、噛み合わせが強い人は生きてい歯でも起こることがあります。

歯根が大きく割れている場合は抜歯をするほかありません。部分的に割れている場合は、根の治療後に接着剤で補強することによって臭いを抑えることができます。

銀歯の下に広がる虫歯

ここからは虫歯などの治療を行った歯に関するものです。虫歯の治療後に銀歯を入れることがありますが、銀歯はその性質上劣化しやすく、錆びて隙間らから新たな虫歯が出来、臭いが出てしまうことがあります。先ほど触れた不良補綴物の1つです。

この場合はすぐに歯科医院へ行き、銀歯を外して中の虫歯の部分をきれいに取り除きます。何度か繰り返すと歯が薄くなり、抜歯が必要となるので劣化の少ないセラミック治療などをおすすめします。

入れ歯のカビ

奥歯に入れ歯を使っている方は、それにカビが生えることで奥歯が臭くなることがあります。口内は適度な水分と湿度があり、カビが繁殖しやすい環境です。そのため入れ歯を使うと唾液の流れが妨げられ、唾液による自浄作用が働かず、カビ菌が入れ歯に残り繁殖してしまうのです。

対策としては、面倒かもしれませんが毎食後入れ歯を外し、入れ歯用歯ブラシできれいに清掃してください。夜間は入れ歯を外し、入れ歯洗浄剤に漬け、カビを防止する必要もあります。

インプラント周辺の腫れや膿

奥歯にインプラントがある場合、そのメンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になり腫れや膿が出て奥歯が臭くなります

インプラントは自分の歯に比べ、細菌に対する抵抗力は低くなります。そのため毎日メンテナンスと定期的な歯医者での診療・手入れを行わなければ、細菌に感染し高額を払って入れたインプラントを撤去しなければいけなくなります

インプラントを入れたからと言って安心せず、毎日丁寧にメンテナンスをすることが対処法となります。

ブリッジ下の汚れ

ブリッジは失った歯の前後の歯を削って橋(=ブリッジ)のように繋げたものになります。ブリッジの真ん中の歯を失っている部分は汚れが溜まりやすいため、歯垢や歯茎の腫れ、膿が発生し、奥歯が臭くなることがあります。

ブリッジ周辺や舌をスーパーフロスという清掃道具で磨いてください。スーパーフロスとはデンタルフロスにスポンジがついてものであり、歯茎を傷つけずブリッジ周辺を磨くことができます。

また定期的に歯科医院へ行き、診療をしてもらって自分では取り切れない汚れを取ってもらうことも対策の1つとなります。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ブラシ?フロス?糸ようじ?歯間ケア用品の種類と使い分け
歯間ケア用品
使い分け方
歯間ブラシのおすすめランキング
おすすめ
歯間ブラシ
デンタルフロスのおすすめランキング
おすすめ
デンタルフロス
糸ようじのおすすめランキング
おすすめ
糸ようじ
おすすめのデンタルフロスホルダー
おすすめ
フロスホルダー