荒れや乾燥からプルプル唇を守る!
ピントルのリップクリーム専門ページ

おすすめの記事はコチラ
リップクリームおすすめランキング
おすすめ
リップクリーム
リップバームおすすめランキング
おすすめ
リップバーム
薬用リップクリームおすすめランキング
おすすめ
薬用リップ
オーガニックリップクリームおすすめランキング
おすすめ
オーガニック
色付きリップクリームおすすめランキング
おすすめ
色付きリップ
スポンサーリンク

唇がただれる原因と正いリップケアの方法

唇がただれる原因と治し方

粘膜が外に出た部分と言われる唇は、肌と比べても非常に敏感でデリケートな部分です。それゆえトラブルも多く 、唇の痒みやシミなどはよく聞くトラブルです。しかし、唇のトラブルの中でも特に症状が重いのが「ただれ」です。

唇のただれの原因と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

唇のただれの原因と対処法

唇のただれの原因と対処法

唇は皮膚とは構造が違い、どちらかというと粘膜に近い性質を持っています。簡単に説明すると、唇には保護する角質層も、バリアとなる皮脂もほとんどない デリケートな個所であるということです。

また、唇は紫外線や外傷による刺激や化粧品などの科学的な刺激が多く、食べ物の入り口でもあるので、感染症のリスクにも晒されています。それゆえ、唇は非常にトラブルのリスクが高い個所であり、痒みや腫れ、シミなどの唇トラブルに悩む人は少なくありません。

唇トラブルの中でも特に気を付けたいのが「唇のただれ」です。ただれは非常に重い症状であり、見た目的にも痛み的にも重症です。また、ただれの原因としては病気が真っ先に考えられますので、リップクリームなどでケアして治そうとは考えず、早急に病院での検査をおすすめします。

参考までに、以下に「唇のただれ」の原因を記載しますので、参考にしてみて下さい。

口唇ヘルペス(単純性疱疹)による唇のただれ

原因の1つとして「口唇ヘルペス」が考えられます。ただれ以外にも、唇の痒みや腫れ、水泡が出来た場合は口唇ヘルペスの可能性があります。

ヘルペスとは、小さい水膨れが集まった「急性炎症性皮膚疾患」のことです。特に唇にできたヘルペスを口唇ヘルペスと言います。ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」の感染によって引き起こされ、多くの場合は他に症状は出ませんが、初めて感染した場合は稀に高熱などの症状が出るケースもあります。

口唇ヘルペスが治るまでの期間

口唇へルペスが出来てから治るまでの期間は、1~2週間と言われています。放置しても治ることは多いですが、早く・綺麗にヘルペスを治したいのであれば、適切な治療が必要です。

口唇ヘルペスが出来てから治るまでの流れとしては、以下の通りです。

  1. 唇の周りに痒みが発生する(むずむず・チクチク)
  2. 数時間後に痒みを感じた場所が赤く腫れる
  3. 2~3日後に水ぶくれができる
  4. 1週間程度でかさぶたとなって治癒
口唇ヘルペスの対処法

口唇ヘルペスの対処法としては、薬を塗ることが基本となります。使用する薬は「抗ヘルペス薬」という薬であり、薬局でも手に入ります。しかし、初めてヘルペスに感染した人や症状が重い人は内服薬で治療するケースや天敵での治療となるケースもありますので、病院へ行くことをおススメします。

カンジダによる唇のただれ

カンジダとは、口の中に存在している常在菌である「カンジダ菌」による感染症です。カンジダ菌は真菌、つまりカビの1種です。もともと口の中に存在している菌ですが、免疫力が落ちると繁殖し、唇トラブルの原因となります。

カンジダにかかると、唇の粘膜に乳白色の糊状のものが出来るケースが多いですが、唇がただれることもあります。カンジダかどうかはどこの皮膚科でも簡単ん位検査を行えるので、病院で検査を受けることをおすすめします。また、治療には抗真菌剤の塗り薬が使われることが多いです。

扁平苔癬(へんぺいたいせん)による唇のただれ

扁平苔癬とは、かゆみを伴う皮膚病の1つです。赤紫の発疹が出来るのが特徴であり、原因は特定されています。体にできることの方が多いですが、口の中や唇にもできることがあり、唇のただれの原因であるケースもあります。

通常は1~2年で治ると言われていますが、口の中にできた場合は治療が長期に及ぶケースが多く、再発のリスクも20%程度と高いので、早めの受診をおすすめします。

病院へ行くなら皮膚科へ

上述したような原因以外にも、唇のただれを引き起こす原因はあります。「唇のただれ」は比較的重い唇トラブルですので、原因が病気であるケースも少なくありません。その原因によって受診する病院の科は異なりますが、唇のただれの原因を調べるのであれば、皮膚科をおすすめします。

皮膚科専門医であればどこでも行っている「病理組織検査」という検査を行えば、大抵のケースで原因が分かります。もちろん、呼吸不全症候群やアルコール中毒が原因の場合は、内科の受信が必要となりますが、まずは皮膚科で相談することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
リップクリームおすすめランキング
おすすめ
リップクリーム
リップバームおすすめランキング
おすすめ
リップバーム
薬用リップクリームおすすめランキング
おすすめ
薬用リップ
オーガニックリップクリームおすすめランキング
おすすめ
オーガニック
色付きリップクリームおすすめランキング
おすすめ
色付きリップ