しっかりメイクもさっぱりオフ!
ピントルのクレンジング専門ページ

よく読まれるページはコチラ
決定版!人気のクレンジングオイルおすすめランキング
オイル
ランキング
時短!人気のクレンジングウォーターおすすめランキング
ウォーター
ランキング
種類別:人気のクレンジングジェルおすすめランキング
ジェル
ランキング
低刺激!人気のクレンジングクリームおすすめランキング
クリーム
ランキング
しっとり!人気のクレンジングミルクおすすめランキング
ミルク
ランキング

オリーブオイルクレンジングの方法とおすすめ天然オイル

オリーブオイルクレンジングの方法

近年、天然のオイルを使った美容法が非常に人気を集めていますが、特にオリーブオイルを使ったクレンジング(メイク落とし)が話題になっています。ただ、どんな人でも相性が良いわけではないという点や効果、使い方がいまいちわかっていないという場合も多いですよね。

そこで今回はオリーブオイルクレンジングの効果や使い方、おすすめのオイルを紹介していきます。また、オリーブオイル以外の天然オイルを使ったクレンジングにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

オリーブオイルクレンジングの効果

オリーブオイルクレンジングの効果

オリーブオイルはオレイン酸が豊富なので非常に肌なじみが良く、洗い上がりがしっとりします。オレイン酸は皮脂にも含まれる成分なので、オリーブオイルクレンジングでオレイン酸を与えてあげれば汚れや乾燥と言った外的要因から肌を守る効果が期待できます。

さらにオレオカンタールという成分によって抗炎症作用も期待でき、毛穴の黒ずみ対策にも良いとされているので化粧水の浸透率も良くなると言われています。

このように様々な良い効果が期待できますが、せっかくなら酸化もしにくくオレオカンタールが含まれているエクストラバージンオリーブオイルを選ぶと良いでしょう。

また、一般的なクレンジングのように界面活性剤が含まれていないので界面活性剤による刺激が一切ないというのも大きなメリットです。

オリーブオイルクレンジングはどんな人におすすめ?

現在の価格はコチラ

以上の点からオリーブオイルクレンジングは乾燥がひどい人に最もおすすめです。また、界面活性剤による刺激に弱く、どうしても界面活性剤を使用したくないという人にもおすすめできます。

ただし、乾燥肌であればだれでも使えるわけではないので以下で紹介する注意点も考慮しましょう。

オリーブオイルクレンジングの注意点

オリーブオイルクレンジングは乾燥肌の人にはぜひおすすめしたいですが、いくつかの注意点があります。当てはまる場合は使わないほうが良いこともあるので、しっかりと目を通しておきましょう。

オレイン酸がニキビの原因になる可能性

オリーブオイルクレンジングの目玉であるオレイン酸ですが、肌馴染みが良く乾燥から守ってくれる反面、ニキビの原因にもなってしまいます。脂性肌の人やニキビができやすい場合は使用しないほうが良いでしょう。

仕上がりが少しべとつく

洗い上がりは良く言えばしっとりしていますが、悪く言えば少しべたついてしまいます。サッパリした仕上がりが好きだとういう場合にはあまりおすすめできません。

しっかりと拭き取る必要がある

オリーブオイルは当然ながらオイルそのものなので水では洗い流せません。この後使い方でも紹介しますが、蒸しタオルで優しくしっかりふき取る必要があるので、拭き取る時間を作れる人や拭き取るのが面倒ではない人にしか向きません。

オリーブオイルを使ったクレンジング方法

オリーブオイルを使ったクレンジング方法

  1. 手にオイルを取り温める。
  2. Tゾーン→Uゾーン→目元にオイルを馴染ませる。
  3. ティッシュなどで拭き取る。
  4. 蒸しタオルで拭き取る。
  5. 洗顔する。

1.手にオイルを取り温める。

オリーブオイル大さじ1杯程度を手に取り、手の温度でオイルを温めます。温めることでテクスチャーを柔らかくし、肌やメイクに馴染みやすくなります。

2.Tゾーン→Uゾーン→目元にオイルを馴染ませる。

比較的皮膚が厚い部分から優しく馴染ませていきましょう。

3.ティッシュなどで拭き取る。

まずは大まかにオリーブオイルを拭き取ります。ティッシュなら3枚程度重ねて使用しますが、キッチンペーパーなどでも代用可能です。

4.蒸しタオルで拭き取る。

蒸しタオルを顔にかけて軽く温めた後、優しくオリーブオイルを拭き取っていきます。強くこするのではなく押し当てるようにしてなるべく摩擦を起こさないように拭き取るのがポイントです。

タオルの面を変えて顔のべたつきが無くなるまで繰り返しますが、1回でべたつきが無くならない場合はもう一度蒸しタオルを作って繰り返しましょう。

5.洗顔する。

仕上げに良く泡立てた洗顔料で優しく洗顔し、オリーブオイルをしっかり洗い流しましょう。

スポンサーリンク

オリーブオイル以外のクレンジングに使える天然オイル

オリーブオイル以外のクレンジングに使える天然オイル

オリーブオイル以外にもクレンジングに使うことができる天然オイルはたくさんあります。クレンジング効果があることはもちろんですが、天然オイルには種類によってそれぞれ特徴があるので以下の表を参考にしてください。

天然オイル メリット デメリット
オリーブオイル しっとり仕上がる 乾燥肌向け 少しべとつく ニキビの原因
ホホバオイル 低刺激 乾燥対策 特になし
椿オイル 乾燥肌向け ニキビの原因
セサミオイル さっぱりした仕上がり 脂性肌向け 特になし
スクワランオイル 低刺激 保湿力がある アレルギーが起きにくい 特になし
ココナッツオイル 肌をやわらげる 保湿効果がある 特になし
スイートアーモンド オイル シミ・そばかす対策 肌をやわらげる 酸化しやすい
ローズヒップ オイル 肌のターンオーバー促進 毛穴の詰まりの解消 酸化しやすい

クレンジングにおすすめの天然オイル:厳選3種

それでは最後にクレンジングにおすすめな天然オイルを厳選して3つ紹介していきます。それぞれの特徴を参考にしながら自分にぴったりの天然オイルを選んでみてください。

オリーブ園 / バージンオリーブオイル

現在の価格はコチラ

こちらは化粧用に作られたオリーブオイルです。クレンジングとしてはもちろん、髪や肘、膝など全身に使うことができるので1本持っておくと非常に便利なオリーブオイルとなっています。

液だれしにくいボトルも好評なので、初めてオリーブオイルクレンジングをしてみるという人には特におすすめと言えるでしょう。

ナチュラルオーケストラ / ホホバオイル

     
現在の価格はコチラ

こちらはコールドプレスで圧搾された未精製の天然100%ホホバオイルです。低刺激で使いやすく、特にデメリットがないという点でもクレンジングとしておすすめしたい理由です。また、未精製ということでビタミンやミネラルを多く含み、肌荒れやニキビ、敏感肌のケアとしても活躍してくれるアイテムとなっています。

ハーバー / 高品位 スクワラン

現在の価格はコチラ

こちらは乳液やクリームの代わりにもなる非常に優秀な天然100%スクワランオイルです。特に保湿力が高いアイテムなのでクレンジングとして使用しても保湿効果が大きく期待できます。普通は美容液のようにスペシャルケアとして使うことが多いので贅沢な使い方ではありますが、乾燥が気になっている人には非常におすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
決定版!人気のクレンジングオイルおすすめランキング
オイル
ランキング
時短!人気のクレンジングウォーターおすすめランキング
ウォーター
ランキング
種類別:人気のクレンジングジェルおすすめランキング
ジェル
ランキング
低刺激!人気のクレンジングクリームおすすめランキング
クリーム
ランキング
しっとり!人気のクレンジングミルクおすすめランキング
ミルク
ランキング