水分を閉じ込めしっかり保湿!
ピントルの乳液専門ページ

おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液
スポンサーリンク

洗い上がりがしっとり!乳液クレンジングの方法と注意点

乳液クレンジングの方法と注意点

クレンジングの方法も人によって違いがあります。中には乳液を使用してクレンジングをしている人も!そんなことできるの?と思う人も当然いることでしょう。

しかし、乳液でクレンジングする方法は実際にあるのです!そこで、乳液クレンジングの方法から注意点・メリットまでを、詳しく解説していきます。乳液が生活の一部だという人は必見です!

スポンサーリンク

乳液クレンジングとは?

乳液クレンジングとは?

乳液クレンジングとは、単純に乳液を使用してメイクを落とす方法です。

乳液には油分と水分がバランスよく配合されています。乳液に含まれる油分とメイクに含まれる油分を馴染ませることで、効率の良いクレンジングが可能となります。

多くの人が実践している一般的なクレンジングは、油分が多いためメイクや汚れを洗浄する力が強いです。

>>クレンジングの専門ページはコチラ

一方で乳液クレンジングは、一般的なクレンジングに比べると油分が少ないので洗浄する力が落ちてしまいます。

しかし乳液クレンジングは、油分が多いメイクでも肌にそれほどのダメージを与えることなく落とすことができます。

刺激が少ないだけではなく保湿効果もばっちりなので、肌の乾燥を和らげるというメリットがあります。

乳液クレンジングはどんなときにおすすめ?

乳液クレンジングは、肌への刺激が少なくおすすめできるクレンジング方法ですが、時と場合によります。メイクの濃さや肌の状態によっておすすめ度が変わってきます。

基本的に乳液クレンジングをおすすめできる場面というのは…

  • ナチュラルメイクのとき
  • 肌の乾燥が気になるとき

です。この2つの状態であれば、乳液クレンジングはおすすめできます。

ナチュラルメイクのとき

ナチュラルメイクであっても、時間をかけてじっくりと化粧をしたナチュラルメイクの状態ではおすすめできません。ナチュラルメイク≠薄化粧ではありませんからね。

この場合のナチュラルメイクは、薄いメイクのことを指します。肌に日焼け止め対策しかしていないときなんかも該当します。

一般的なクレンジングに比べると洗浄力の落ちる乳液クレンジングでは、メイクを落としきれずにメイクの油分が肌に残ってしまうことがあります。

完全にメイクを落としきれていない状態で寝てしまっては、肌荒れや黒ずみの原因にもなりかねません。乳液クレンジングはできる限り薄化粧のときに行うのが無難です。

肌の乾燥が気になるとき

肌の状態や乾燥具合が気になるときにクレンジングをする人だっていることでしょう。肌の状態が悪いときに一般的なクレンジングを行っては、余計に肌へダメージを与えてしまうこともあります。

こんなときには乳液クレンジングがおすすめです。乳液クレンジングは油分が少ない分、肌への刺激が少なくクレンジングすることが可能です。

さらに、乳液を使用することによる保湿効果も期待できることから、肌に優しいクレンジング方法だといえます。

乳液クレンジング方法

乳液クレンジング方法

乳液クレンジングは、肌をいたわりながらクレンジングできる方法です。メイクをする人は覚えておいて損はありません。

乳液クレンジングの方法を知りたい!という人のために、必要なものと手順をここに紹介していきます。

乳液クレンジングで必要なもの

  • 乳液
  • コットン
  • 精製水or化粧水
コットン 精製水 化粧水

乳液クレンジングの手順

  1. 普段使用する量の3~5倍の乳液をコットンに乗せます。
  2. 1で用意したコットンを使用して、円を描くように顔全体を優しくなで、顔全体に乳液を馴染ませます。
  3. 別のコットンに精製水または化粧水を十分に含ませ、顔全体に塗った乳液を丁寧に拭き取ります。
  4. メイクの汚れがコットンにつかなくなるまで、1~3の手順を繰り返します。
スポンサーリンク

乳液クレンジングの注意点

乳液クレンジングの注意点

乳液クレンジングは誰でも簡単に実践することができます。しかし、注意点があることも覚えておきましょう。自分の肌を守るためにも、注意点を意識して乳液クレンジングを行うことをおすすめします。

低刺激な乳液を使用する

乳液には刺激成分でもある界面活性剤が含まれています。それを考えると乳液というのは、必ずしも肌に良いという化粧品ではありません。

乳液の種類も多く、人によって肌へのダメージにも違いがあります。乳液クレンジングを行う際には、低刺激の乳液か自分の肌に合った乳液を使用するよう心がけてください。

どの乳液が自分の肌に合っているのかをリサーチしておけば、乳液クレンジングも容易に行うことができます。

>>低刺激なセラミド配合乳液おすすめランキングはコチラ

使用するコットンの素材に注意する

乳液クレンジングにはコットンが欠かせません。しかし、このコットンですがどんなものを使用しても良いというのは間違いです。

コットンにも種類があり、乳液クレンジングで使用したいコットンは綿100%のものです。そのほかに、乾燥や肌荒れなど肌トラブルに対応したコットンも存在します。

乳液だけではなく、コットンも自分の肌に合ったものを使用するのが良いでしょう。

しっかりメイクのときは乳液クレンジングをしない

外出時、出かける場所や会う人によってはメイクの濃さが違うという人も多いです。時には、メイクの状態に応じてクレンジング方法を変えるということも大切です。

乳液クレンジングはメイクを落とすことができますが、しっかりメイクを落とすのには向きません

そのため、しっかりメイクには一般的なクレンジングを。薄いメイクには乳液クレンジングというように、クレンジング方法にも変化を持たせるのが良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液