水分を閉じ込めしっかり保湿!
ピントルの乳液専門ページ

おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液
スポンサーリンク

どれくらい使える?乳液の使用期限と正しい保管方法

乳液の使用期限と正しい保管方法

乳液をはじめとした基礎化粧品には、使用期限があるのをご存知でしょうか?長持ちする印象のある化粧品ですが、いったいどれくらい長持ちするのか知りたい人も多いはずです。

もし、使用期限を無視して化粧品を使用したら?使用期限を長持ちさせる方法ってある?このような使用期限に関する疑問を払拭して、安全に乳液を使用しましょう!

スポンサーリンク

一般的な乳液の使用期限

一般的な乳液の使用期限

乳液は時間が経過すれば酸化によって劣化していきます。仮に未開封であっても直射日光によって劣化することがあります。

また、開封後に長期間放置すれば空気が入り込んで酸化するだけではなく、雑菌が繁殖する恐れもあります。

未開封でも開封後でも、乳液に使用期限があることに変わりはありません。乳液を安全に使用するためにも、乳液の使用期限は一般的にはどれくらいなのかを頭に入れておきましょう。

>>乳液の上手な使い方はコチラ

未開封の乳液の使用期限

乳液に限らず基礎化粧品といわれるものは、製造から約3年という使用期限が一般的です。しかしながら、化粧品というのは使用期限の記載がなければ製造日の記載のないものがほとんどです。

なぜ記載がないのかというと、医薬品や化粧品の製造や販売について定める法律でもある、薬機法という法律があるからです。

薬機法によると、未開封の状態で3年以上品質が保持される化粧品については、使用期限や製造日などの記載の義務はないとされています。

このことからわかるように未開封の化粧品であれば、約3年は品質が保持される化粧品が多いということになります。

試供品の乳液の使用期限

デパートや大型ショッピングセンターなどでは、試供品を配っていることがあります。試供品は持ち運びにも便利で使い勝手も良いのが特徴です。

この試供品を使って、乳液などの化粧品代を節約しようと考えている人も少なくはありません。試供品といえども化粧品なので、3年は持つだろう…そう考えている人だっているはずです。

普通に考えればそうかもしれませんが、市販されている乳液に比べると試供品の乳液は使用期限が短いと考えるのが無難です。

とういのも市販されているものと試供品では、容器の設計も全く違います。試供品を使用したことがある人ならばわかるかと思いますが、試供品は簡易包装されているものがほとんどです。

簡易包装であるがゆえに劣化のスピードも早く、長くても1年以内で使い切ってしまうのが良いでしょう。

手に入れた試供品は引き出しの奥にしまって忘れることが多いです。それでも引っ張り出して使用するときには、いつ手に入れたのかを思い出してから使うのが安全です。

開封後の乳液の使用期限

未開封と開封後の乳液では、当然のことながら開封後の方が劣化が進んでしまいます。そのため使用期限が短くなり、なるべく早く使い切らなければなりません。

未開封の状態で約3年持つから、開封後でも使用期限は同じだと思うのは間違いです。乳液を開封したあとには、半年程度で使い切るのが望ましいです

半年では厳しいという人は、長く見積もっても1年くらいで乳液を使い切るようにしてください。

いつ開封したか分からないときのチェック方法

いつ開封したか分からないときのチェック方法

乳液などの化粧品を使うときには、できる限り開封した日時を記載しておくのが良いでしょう。しかし、いつ開封したのか覚えていない人の方が多いかもしれません。

そんな人のために、その乳液が安全に使用できるのかどうかをチェックするポイントがあります。開封した時期を覚えていない人はぜひ実践してみましょう。

  • 乳液が変色している
  • 変な臭いがする
  • 中身が分離している(使用前に混ぜるタイプは除外)
  • テクスチャーが変化した

使っていて上記のどれかに該当した場合には、直ちに使用を中止してください。そのまま使用しては単なる肌荒れだけではなく、お肌自体を傷めてしまうことだって考えられます。

いつもと違う感じはするけどそれほどではなかったり自己判断に自信がない人は、顔に塗るのではなく、ひじやひざに使用して様子を見ましょう

もしも、ひじやひざに悪影響が出たときにはその乳液は使うべき乳液ではありません。顔に使ってしまう前に破棄してしまいましょう。

スポンサーリンク

乳液を安全に長持ちさせる方法

乳液を安全に長持ちさせる方法

乳液には使用期限があり、開封後では使用期限も短くなることがわかりました。しかし、乳液の使い方に注意すれば開封後であっても使用期限を延ばすことが可能です。

誰でも簡単にできることなので、乳液を使用している人は覚えておきましょう!

乳液の使用後、しっかりふたを閉める

乳液の使用後、しっかりとふたを閉めるだけで空気に触れることによる酸化を防ぐことができます。乳液は酸化によって劣化していくので、しっかりとふたを閉めるということはとても大切です。

ふたを閉めているつもりでもきちんとしまっていなかったり、いつでも使いやすいようにふたを緩く閉めているのは良くありません。

ふたをきちんと閉めていないかも…という人は、普段よりも強く閉めることをおすすめします。

乳液を使用するとき、入り口に肌が触れる使い方をしない

乳液を使用するとき、入口に肌が触れてしまうと雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌は人間の皮脂をエサにします。そのため、皮脂が容器に付着すると雑菌を増やしてしまう原因にもなります。

皮脂だけではなく垢などもそうです。乳液を使用するときにはできる限り入口に触れないように意識し、定期的に容器の除菌もしておきましょう。

乳液の正しい保管方法のポイント

乳液の正しい保管方法のポイント

乳液の保管には冷暗所が最適ですが、暑すぎたり寒すぎたりするのも良くありません。それでは、乳液を正しく保管するためのポイントとは?乳液を長持ちさせたい人はぜひ、覚えておきましょう。

  • 直射日光が当たらない場所で保管
  • 湿度が高くない場所で保管
  • 温度が高くない場所で保管

直射日光は成分が分離してしまう可能性があり、温度・湿度が高くなると雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

乳液を長持ちさせて安全に使用するためにも、上記の3点は守るよう心がけてください。

冷蔵庫で乳液を保管するのはOK?

乳液を冷蔵庫に入れると長持ちする!気持ち良い!といったことを良く耳にします。このことからわかるように、乳液を冷蔵庫に保管する人がたくさんいそうです。

しかし、乳液を保管するときには冷蔵庫に入れておけば良いということはありません。乳液は常温で使用することを想定して作られているため、冷蔵庫での保管は避けるのが無難です。

常温では気持ちが良くないから冷たくしたいという人は、温度変化が少ない野菜室での保管が良いでしょう。その際には、冷蔵庫内を清潔にしておかないといけません。

冷蔵庫内に雑菌が繁殖しやすいものがあればもちろん良くありませんし、掃除しないのも良くありません。どうしても乳液を冷蔵庫内で保管したいときには、多少なりとも労力がかかることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液