水分を閉じ込めしっかり保湿!
ピントルの乳液専門ページ

おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液
スポンサーリンク

使用に注意!肌荒れ対策における乳液の必要性と解決策

乳液と肌荒れ

お肌に良さそうな乳液だけど、肌荒れ対策にはなる?確かに、毎日のように使っている乳液であれば手間も省けます。しかし、全ての乳液が肌荒れに有効なのかどうかは疑問です。

果たして乳液は肌荒れ対策に有効なのか?有効だとしたらどのような乳液を使えば良い?など、乳液も使いつつ、肌荒れ対策のことも考えている人に有用な情報をお届けします!

スポンサーリンク

肌荒れしているときに乳液は使って良いの?

肌荒れしているときに乳液は使って良いの?

自分のお肌が、赤く炎症・ニキビ・肌荒れなどの症状が出ているときには、乳液の使用は避けた方が無難です。その理由は、症状を悪化させてしまう可能性があるからです。

そもそも乳液には油分が含まれており、その目的は油分を補給するための化粧品です。肌荒れなどの症状を起こしている上に油分を塗っても肌荒れは改善しないのです。

また、乳液に含まれている界面活性剤などの合成成分は、毒性が高いということを認識しましょう。

肌荒れをしている上に乳液を塗ってしまうと、界面活性剤の合成成分による毒性が肌荒れを悪化させてしまう危険もあります。

>>乳液の成分について詳しくはコチラ

肌荒れの原因になる可能性もある

乳液には水分と油分が含まれています。その水と油を混ぜ合わせるために界面活性剤が使用されます。

界面活性剤は毒性が高いということもあり、肌荒れを悪化させてしまうこともあります。しかし、悪化させるだけではなく刺激が強いため、肌荒れの原因にもなってしまいます。

このことから、肌荒れをしているお肌に塗るのはもちろんのこと、健康なお肌であっても乳液を使いすぎたりするのは禁物です。

界面活性剤でなくても、防腐剤・UVカット剤・下地クリーム剤・脂肪酸など乳液に含まれている成分はたくさんあります。

この中のどれかでも自分に合わない成分が含まれていれば、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。使用している乳液がお肌に合わないと感じたら、まずは乳液の何が合わないのかも考えるようにしましょう。

>>乳液の上手な選び方について詳しくはコチラ

乳液を使わず化粧水だけ使うのはさらに悪化させる可能性がある

使っている乳液がお肌に合わないときには、化粧水だけつけていれば乾燥を防ぐことができる…これは間違った認識です。

肌荒れというのは、肌に水分を補給させることによって肌荒れを改善できることもあります。それでは、なぜ乳液を使用せずに化粧水だけをつけるのがいけないのか?

化粧水はほとんどが水

化粧水は90%以上が水分であり、ほとんどが水です。この水をお肌につけたまま放置して乾かせば当然、お肌は乾燥してしまいます。

化粧水だけをつけて放置すれば、その水分と一緒にお肌の水分も外へ出て行ってしまうのです。

洗顔をして乾かすためにそのまま放置したり、唇をなめると乾燥して荒れてしまうのと同じ状態になります。これを防ぐためにあるのが乳液です。

化粧水をつけるのであれば、乳液も使う必要があります。化粧水をつけたあとに乳液を塗れば、乳液がお肌に蓋をしてくれて水分が蒸発するのを防いでくれます。

乳液を使わないなら化粧水だけ使えば良い…そういった単純な考え方はやめましょう。化粧水や乳液を使うなら、どのような使い方が適しているかも把握しておくことが大事です。

>>化粧水の専門ページはコチラ

スポンサーリンク

乳液における肌荒れ対策

乳液における肌荒れ対策

乳液に含まれている成分は、お肌に良くない可能性があります。だからといって、必ずしも自分に合わない乳液ばかりが市販されているとは限りません。

乳液は使用したいけど肌荒れが気になる人は、どのような対策を立てたら良いのか考えましょう。ここではその対策のいくつかをご紹介します。

乳液や化粧水を使用しない

肌荒れ対策として一番簡単な方法です。毎日の化粧で化粧水や乳液を使用している人は、少し抵抗があるかもしれません。しかし、お肌の状態によっては使用しないというのもひとつの手です。

化粧水や乳液を使用していて、肌荒れを引き起こしてしまったと考える人もいることでしょう。そんな人は、化粧水と乳液の使用をやめて様子を見てください。

それでも肌荒れが改善しなかったり、改善して使用したらすぐにお肌が荒れてしまう人は、病院で診てもらうことも考えましょう。

肌が荒れたら使用しない…自分のお肌を守るためには大切な選択肢かもしれませんね。

植物由来の界面活性剤が使用されている乳液を使用する

乳液の種類は多く、その中に含まれている界面活性剤にも違いがあります。種類や刺激の強さなども様々なので、使う人によって刺激が強いと感じることがあるかもしれません。

しかし、乳液に含まれている界面活性剤は肌への影響も少ないのが特徴です。そんな安全に作られている乳液であっても、乳液への配合量や強さによっては合わない人もいます。

もし、自分が使用している乳液がお肌に合わないという人は、植物由来の界面活性剤が含まれている乳液を使用してみましょう。

植物由来の界面活性剤は一般的な界面活性剤に比べると低刺激で、お肌への影響が少ないといわれています。そのため、植物由来の界面活性剤に切り替えれば、肌荒れを改善できる可能性があります。

乳液が肌荒れの原因だと感じたら、使用している乳液の界面活性剤をチェックしましょう。刺激が少ない乳液であれば、今まで通り使うことだってできるかもしれません。

>>低刺激なセラミド配合乳液おすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液