水分を閉じ込めしっかり保湿!
ピントルの乳液専門ページ

おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液
スポンサーリンク

きれいな肌に!上手で効果的な乳液の使い方と注意点

効果的な乳液の使い方と注意点

乳液は適当に塗れば良い?そんなことはありません。乳液にも正しい使用方法というものがあります。ただ塗っているだけでは、満足する効果を得られないことだってあるのです。

乳液の使い方が知りたい!という人のために、乳液の正しい使用方法から注意点までを詳しく解説していきます。スキンケアを欠かしたくない人には必見です!

スポンサーリンク

乳液の効果

乳液の効果

乳液を使用したことによる効果はいくつかあります。ひとつはお肌に潤いを与えてくれる効果。もうひとつはお肌の水分を蒸発させないように保護してくれる効果です。

スキンケアとして乳液を使用している人はたくさんいますが、果たして正しい使用方法を守っている人はどくれくらいいるのでしょうか?

乳液の使用方法によってはまるで効果が得られないこともあります。逆に、使い方を間違わなければ乳液を効果的に使用することが可能です。

お肌のケアをきちんとするためにも、乳液の正しい使用方法をマスターしましょう。

>>乳液の成分について詳しくはコチラ

スキンケアで乳液だけ使うのはあり?

お風呂上りや洗顔後に化粧水や美容液をつけ、そのあとに乳液を塗る人も多いようです。イメージとしては、化粧水でお肌の表面に水分を補給し、水分が蒸発しないように乳液で保護するといった感じです。

それでは、乳液の使用だけでは水分の補給はできないのでしょうか?最近の乳液は良くなってきており、油分のほかにも水分がきちんと含まれています。

乳液に含まれる水分で水分補給もできるため、必ずしも化粧水をつけなければならないというわけではなさそうです。

もし、化粧水・美容液・乳液などの化粧品を毎日正しく使用しているのにお肌の調子が悪いという人は、乳液だけを使用して様子を見ても良いかもしれませんね。

お肌に良い化粧品であっても、過度な使用は避けるのが無難です。

>>化粧水の専門ページはコチラ

>>美容液の専門ページはコチラ

スポンサーリンク

乳液の効果的な使い方

乳液の効果的な使い方

乳液を使用したことによる効果を得るためには、乳液を正しく使わなければなりません。なんとなく肌に塗っているだけでは、きちんとした効果を得ることができないこともあります。

また、乳液の使用方法も大きく2つに分けることができます。手で直接塗る方法とコットンを使う方法です。

乳液を使用してスキンケアをする人は、ぜひとも正しい使用方法をマスターしてお肌への効果を実感しましょう!

乳液を手で使う場合の手順

手で乳液を使用する方法です。コットンの使用に比べると使用する乳液が少なくて済みます。

  1. 顔に化粧水をつけたあと、10円玉程度の大きさの乳液を手の平に出します。
  2. 乳液を両手で均等に広げていきます。
  3. 顔の中心から外側へ向かって、大きく円を描くように丁寧に乳液を伸ばしていきます。
  4. 乾燥しやすい頬→額→顎の順番で、乳液を十分に馴染ませていきます。
  5. 乾燥しやすい頬・おでこ・目の周りは、少量の乳液を手に取って重ねて塗っていきます。

乳液をコットンで使う場合の手順

乳液をコットンにつけて使用する方法です。手で塗るよりも乳液を多く使いますが、コットンの方が刺激が少なく肌に浸透させやすいという利点があります。

  1. 顔に化粧水をつけたあと、10円玉の大きさの1.5倍~2倍程度の大きさの乳液をコットンに出します。
  2. 顔の中心から外側へ向かって乳液をつけていきます。
  3. 乾燥しやすい頬→額→顎の順番で、乳液を軽く伸ばすように馴染ませていきます。
  4. 乾燥しやすい頬・おでこ・目の周りは、しっかりと乳液を馴染ませます。

乳液の使い方の注意点

乳液の使い方の注意点

乳液を使用する際には、注意点を理解しておくと肌のトラブルを事前に回避することが可能です。

しかし、自分では注意点を理解しているつもりでも、実はそうではない場合もあります。乳液を使用するのであれば、注意点をできる限り意識して使用するようにしましょう。

乳液を使用するときは擦りすぎない

乳液を肌に浸透させるために強い力は必要ありません。浸透させるためにこれでもかとばかりにゴシゴシと肌に擦り込んでも、浸透具合に変わりはないのです。

あまりにも力強く肌を擦ってしまうと、その摩擦によって皮膚の表面に傷がついてしまいます。特にコットンに乳液をつけて使用する場合には、感覚がわからず強く擦ってしまう率が高いです。

このようなことを毎日続けていると、色素沈着によるシミやそばかすの原因にもなってしまいます。

強く擦ったりしなくても、乳液はきちんと肌に浸透してくれます。肌に傷をつけるのを回避するためにも、擦りすぎずに優しく乳液を塗るようにしましょう

皮脂が多い部分に乳液を塗りすぎない

ついつい乳液を塗ってしまいがちなのが、皮脂の多いTゾーンや鼻の部分です。Tゾーンや鼻の部分がテカっていたりすると、乳液を塗った方が良いと勘違いしてしまう人も少なくはありません。

Tゾーンや鼻のように、皮脂の分泌量が多い部分には乳液の塗りすぎは禁物です。

皮脂の分泌量が多い部分に乳液を塗りすぎてしまうと、皮脂が毛穴につまってニキビや黒ずみの原因になってしまいます。

このようなことを回避するためにも、Tゾーンや鼻のように皮脂の分泌量が多い部分への乳液の塗りすぎには注意しましょう。

>>肌質別:ニキビ対策の乳液おすすめランキングはコチラ

>>乳液を使った毛穴の黒ずみの落とし方はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
お肌しっとり!人気の保湿乳液おすすめランキング
おすすめ
保湿乳液
日に焼けない!人気のUV乳液おすすめランキング
おすすめ
UV乳液
透き通る白さ!人気の美白乳液おすすめランキング
おすすめ
美白乳液
メンズ必見!人気の男性向け乳液おすすめランキング
おすすめ
男性向け乳液
さっぱり肌!人気のべたつかない乳液おすすめランキング
おすすめ
べたつかない乳液