自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方

髭剃りの選び方

髭を剃るためには「カミソリ」か「電気シェーバー」が必要になってきます。

カミソリや電気シェーバーには、それぞれメリットデメリットが存在し、ご自身のニーズに合わせて正しいものを選ぶ必要があります。

間違った選び方をしてしまうと、綺麗に髭を剃れないどころか肌を傷つけてしまう恐れもあります。

そこでこちらでは髭剃り選びに失敗しないために髭剃りの基礎知識と目的別の上手な選び方についてご紹介していきます。

「髭が濃い人」や「肌が弱い人」など様々なニーズの方に最適な髭剃りを解説していきます。

スポンサーリンク

髭剃りの種類

髭剃りの種類

ご存知の方も多いと思いますが、髭剃りは「カミソリ」と「電気シェーバー」に分ける事ができます。

かつては、「カミソリ」が主流のアイテムで、剃るだけでもかなり時間がかかる上に肌にも負担がかかるものがほとんどでした。

しかし現在は、電気の力で手軽に使える電気シェーバーや肌を傷つけないカミソリ、また電動で使う事の出来るカミソリなど各メーカーから様々な商品が展開されています。

カミソリ 電気シェーバー

カミソリの種類

カミソリには「形状」「刃の枚数」「男性用と女性用」といった違いがあります。

それぞれに違いがあり、使用の目的も少しづつ異なっています。

形状の違い
T字カミソリ I字カミソリ

カミソリにはT字とI字、両刃の3タイプがありますが、髭剃りとして多く採用されているのはT字カミソリです。広範囲の髭をとらえ、短時間で剃りきる事が可能です。

I字カミソリは、もみあげや顎の下などT字カミソリでは剃りにくい、細かい部分への使用に向いています。

またかつては両刃カミソリという形状が販売されていましたが、扱いが難しく手軽に使えない事から現在はほとんど使用されません。

刃の枚数
3枚刃 4枚刃 5枚刃

刃の枚数は、2~5枚刃の商品が多く販売されています。主流となっているのは3枚刃以上であり、刃数が多いほど性能は良いとも言われています。これは刃が増えることで髭を捕えやすくなり、深剃りをすることが可能で、面積も増えるので肌への負担も減るためです。

但し、「髭がそこまで濃くない」という方は2~3枚刃で十分に、髭を剃ることが出来、刃の枚数が多すぎると逆に深剃りしすぎてしまうというデメリットもあります。

男性向けと女性向け
男性向け 女性向け

カミソリには「男性向け」に販売されているモデルと「女性向け」に販売されているモデルに分ける事が出来ます。

男性向けのカミソリは、髭や顔周りの太くて濃い毛をしっかりと剃れるように設計されています。

一方の女性向けのカミソリは、腕やすねなど全身のケアが可能になっており、保湿成分を配合しているため肌へのダメージを極力抑える設計になっているのが特徴です。

以下のページで男性向け、女性向けのおすすめランキングを紹介しているのでご購入の際は、そちらをご覧ください。

>>男性用カミソリおすすめランキングはコチラ

>>女性用カミソリおすすめランキングはコチラ

カミソリのメリット

  • 電気が必要なく、どこでも使える
  • 深剃りがしやすい
  • お風呂での使用も可能
  • 操作がしやすい
  • 価格帯が安い

カミソリのメリットは何といってもその手軽さです。当然ですが電気が必要ないのでいつでも使用することができますし、水に浸けて壊れるという心配もないのでウェットシェービングをする方には使いやすいです。

また自分の力の加減で深剃りをする事も可能で、髭が濃い人におすすめです。

もちろんお風呂で使用するのも何の問題も無いのも特徴といえるでしょう。ホルダー自体も細いため握りやすく、電気シェーバーに比べれば細かい部分の操作もしやすいのもメリットです。

また、価格帯も電気シェーバーに比べれば圧倒的に安いため、コストパフォーマンスに優れているのもカミソリの特徴となっています。

カミソリのデメリット

  • 肌への負担が大きい
  • シェービング剤は必須で、時間がかかる

デメリットとしては肌への負担が挙がります。電気シェーバーと違い、髭を剃るための刃が直接肌に当たるため、剃る時にどうしても負担になります。

最近は性能も挙がってきて刃にスムーサーを施すなどの工夫も見られますが、電気シェーバーに比べればどうしても負担は目についてしまいます。

それを軽減するためにシェービング剤を使用するのですが、これを肌に塗り剃ろうと思うと時間がかかります。メリットで手軽さを挙げましたが、シェービング自体はそれほど手軽ではないかもしれません。

終わった後も洗顔は必須ですし、肌が弱い場合、乾燥肌などを防ぐためにスキンケアも行わなければいけないため、時間が必要となります。

そのため朝時間がない人は、電気シェーバーの方が向いていると言えるでしょう。

電気シェーバーの種類

電気シェーバーは国内外のメーカーから様々なタイプが販売されています。

家電量販店や通販サイトではなかなか、それぞれのメリットやデメリットを理解できないと思いますので、こちらで詳しく解説していきたいと思います。

シェーバーのタイプ(駆動方式)
往復式のモデル 回転式のモデル ロータリー式のモデル

シェーバーの駆動方式は主に3種類に分ける事が出来ます。

往復式は、深剃りに強く剃り残しを減らすことが出来ます。また、肌への設置面積が多く、短時間で素早く剃りきる事が可能です。その反面肌への負担は大きく、動作音も大きい駆動方式になっています。

次に回転式は、肌への負担を抑えた設計なため、お肌が弱い人に向いているタイプです。動作音も静かで早朝や夜間の使用にも向いています。しかし、深剃りはできない点がデメリットです。

ロータリー式は、日立のみが採用しているモデルな為、商品数があまり多くありません。特徴としては、往復式と回転式の中間といったところでしょう。

>>往復式のおすすめ電気シェーバーはコチラ

>>回転式のおすすめ電気シェーバーはコチラ

>>ロータリー式のおすすめ電気シェーバーはコチラ

充電方式
充電交流タイプのモデル 充電タイプのモデル 乾電池タイプのモデル

電気シェーバーの充電方式は、主に「充電交流」「充電」「乾電池」の3タイプに分けることが可能です。

「充電交流」と「充電」の違いは、充電中に使用できるかという点です。「充電交流」タイプの電気シェーバーは、コンセントで給電をしながら髭を剃る事ができます。そのため、朝時間が無いときに「充電のし忘れ」によって使用できないなんて事はありません。

一方の「充電」タイプの電気シェーバーは使用する時には、コンセントから外さなければなりません。そのため、使用しなければいけない時に「充電されるのを待つ」必要が出てきます。

一見すると「充電交流」タイプの方が優れてるように聞こえますが、実は「充電交流」タイプの電気シェーバーには「お風呂で使えない」モデルがほとんどというデメリットがあります。そのためお風呂剃りがしたいと考えている人は、「充電タイプ」を選ぶと良いでしょう。

また「乾電池」タイプの電気シェーバーも販売されています。主な使用用途としては、旅行先で使用するための携帯シェーバーです。家庭での使用のみを考えているならば、「充電交流」と「充電」のどちらかを選びましょう。

洗浄方式(水洗いが可能か)とお風呂剃り

電気シェーバーには「水洗いが可能」なタイプと「ブラシ」のみを使用し洗浄するタイプがあります。

現在は多くのモデルで、水洗い対応になっていますが、一部格安モデルなどで水洗いに対応していない商品もありますので、購入の際には確認が必要です。最近では自動洗浄が可能なモデルも販売されているので、そちらも大変便利です。

また同じく「お風呂剃り」も対応しているモデルとそうでないモデルが存在します。

>>お風呂剃り対応のおすすめ電気シェーバーはコチラ

電気シェーバーのメリット

  • 操作が簡単で、逆剃りもできる
  • シェービング剤が要らないドライシェービング
  • 肌が傷つきにくい

電気シェーバーはボタン1つで動くものが多く、操作が簡単です。またカミソリでは逆剃りが出来ませんが、電気シェーバーではむしろ順剃りから逆剃りをすることで、短時間で深剃りをすることが可能になります。

また刃が直接触れないことから、ドライシェービングでも髭剃りが可能なのもメリットです。もちろん髭剃り後のスキンケアは必要ですが、これがないだけでも時間を短縮できます

ウェットシェービングも可能ですが、これは対応していない機種もあるため、行う際には注意が必要です。

また刃が直接触れないことにより、カミソリよりも肌を傷つける可能性が低くなるのも事実です。ただ肌への負担が無いわけではなく、往復式はむしろ振動などで肌荒れの原因などを作るので、こちらも注意が必要です。

電気シェーバーのデメリット

  • 全体的に価格が高い
  • ランニングコストがかかる
  • 充電方式や防水加工によっては使えないこともある

性能は高いのですが、その分だけ価格も高くなります。これはハイグレードになればなるほどその傾向が強いです。一部商品では性能が高いのに価格は安めというものもありますが、カミソリに比べてしまうとどうしても高くなります。

利便性と時間をお金で買っていると思えば納得かもしれませんが、替え刃や潤滑剤、商品によっては洗浄剤などランニングコストも余計にかかるのが電気シェーバーのデメリットでもあります。

また充電する以上、電力がなくなれば動かなくなります。充電しながら使えるものもありますが、全てではありません。

さらに防水加工の度合いでお風呂剃りやウェットシェービングができないものも存在し、場所を選ぶことも少なくないのが電気シェーバーの欠点でもあります。

目的別:髭剃りの選び方

髭剃りを選ぶためにはその種類だけでなく、目的によって選ぶ方法もあります。そんな時は以下のような点に注意して選びましょう。

  • 深剃りができるか
  • 肌への優しさがあるか
  • お風呂剃りは可能か
  • 水洗いが可能か
  • 自動洗浄は可能か

シェービングをする上で深剃りできるかは必須項目ですが、肌が弱い方や過去に肌荒れなどを起こした方にとっては肌への負担の選ぶポイントになります。

また、ウェットシェービングをする方やお風呂剃りをする方は、それができる機種かどうかも重要です。

最近のものはほとんど水洗いが可能ですが、ブラシのみの清掃しかできないものもあるため、一応の確認は必要となります。

さらに時間がない方にとっては自動洗浄の有無も大切です。ユニットが付属するかどうかは価格にも関わってくるので、選ぶ上では必ず見ておきたいところです。

髭が濃い人におすすめの髭剃り

5枚刃のT字カミソリ 往復式の電気シェーバー
ジレット(Gillette)
フュージョン5+1 プログライド
パナソニック(Panasonic)
ラムダッシュ ES-LV9B

髭が濃い人は、「5枚刃T字カミソリ」がおすすめです。5枚刃T字カミソリは、太い髭や硬い髭もしっかりと捉えて、深剃りすることが出来ます。

ただし、髭が濃い人の中には、朝自宅で剃っても、昼間には髭が伸びてきてしまうという方もいるかと思います。

そんな方には、「往復式の電気シェーバー」がおすすめです。往復式の電気シェーバーは、肌への設置面積が広く、剃り残しを少なくする事ができます。

また電気シェーバーにも「刃の枚数」が存在します。3枚刃のシェーバーより5枚刃のシェーバーを使用することにより、「くせヒゲ」や「長いヒゲ」もしっかり剃りきる事が出来ます。

>>髭が濃い人におすすめ電気シェーバーはコチラ

肌が弱い人におすすめの髭剃り

回転式シェーバー
フィリップス(PHILIPS)
9000シリーズ S9731/33
フィリップス(PHILIPS)
7000シリーズ S7520/26

肌が弱いのであれば「回転式電気シェーバー」がおすすめです。

回転式は振動も少なく、肌への負担が少ないことで知られています。そのため肌が弱いのであれば回転式は必須となります。

往復式は負担が大きいので避けたいところですが、ロータリー式は回転式ほどではないものの、それに近い肌への優しさがあるので、選択肢に入れてもいいかと思います。またカミソリはどうしても肌への負担が大きいので、おすすめは出来ません。

ただ商品の中には肌の負担を減らしたカミソリというものも販売されているので、どうしてもカミソリが良いという方はそちらをお試しいただくのもいいかもしれません。ただし推奨するわけではないのでご注意ください。

>>肌が弱い人におすすめの電気シェーバーはコチラ

朝時間がない人におすすめの髭剃り

往復式+充電交流+自動洗浄の電気シェーバー
パナソニック(Panasonic)
ラムダッシュ ES-LV7B
ブラウン(Braun)
シリーズ5 5090cc-P

朝時間が無いのであれば、電気シェーバーがおすすめです。

当然ですが時間が短縮できるのが電気シェーバーの良いところです。カミソリは総じて時間がかかるので、時間が無いのであれば向きません。特に往復式のシェーバーであれば、時間をかけずに素早く剃り切ることができます。

また朝遅刻しそうなときに「シェーバーの充電がない」というケースもあります。そのため、充電をしつつ使用することの出来る「充電交流式」の電気シェーバーだとより便利です。

また洗浄する時間も確保できないのであれば、自動洗浄式のものを選ぶとなおいいでしょう。ただし必須ではないため自分のライフスタイルに合わせて選んでいただくといいです。

>>自動洗浄式シェーバーのランキングはコチラ

外出先で使用する人におすすめの髭剃り

乾電池式の電気シェーバー
イズミ(Izumi)
IZD-210
イズミ(Izumi)
IZF-303

旅行や出張などが多く、外出先で使うことが多いのであれば乾電池式の電気シェーバーがおすすめです。

電気シェーバーの中には乾電池で動くものもあります。携帯性を高めるためコンパクトタイプが多く、また電池で動くので充電を気にする必要もありません。

コンパクトであることから軽量なものがほとんどなので持ち運びにも便利です。

>>ポータブル電気シェーバーのランキングはコチラ

お風呂で使用したい人におすすめの髭剃り

お風呂剃り対応の電気シェーバー カミソリ
ブラウン(BRAUN)
シリーズ3 3080s-B
ジレット(Gillette)
フュージョン5+1 プログライド

お風呂で使用したい方は必ず防水加工の性能確認をしてください。

水洗いできるものがほとんどになりましたが、水洗いできるからお風呂でも使えるわけではありません

お風呂剃りができるものは、パッケージなどにお風呂剃り可能やウェットシェービング可能という記載があるはずなので、必ず確認するようにしましょう。

またカミソリもお風呂場で使用できますので、カミソリという選択肢でも良いでしょう。

>>お風呂剃り対応電気シェーバーのランキングはコチラ

掃除や手入れが面倒な人におすすめの髭剃り

自動洗浄対応の電気シェーバー
パナソニック(Panasonic)
ラムダッシュ ES-LV7B
ブラウン(Braun)
シリーズ9 9295cc

掃除や手入れが面倒なのであれば自動洗浄対応の電気シェーバーがおすすめです。

当然ですが自動洗浄対応であれば、自分で水洗いをしなくても洗浄してくれるので楽です。しかも商品によっては潤滑化まで行ってくれるものもあるので、手入れの手間も省けます。

>>自動洗浄式シェーバーのランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー