自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

日立のエスブレードの特徴と性能比較

日立の電気シェーバー:エスブレード

日立と言えば日本の電機メーカーとして非常に有名であり、品質の高い商品が市場を賑わしていますが、その中には電気シェーバーも名を連ねています。品質も然ることながら、その性能も高く、お求めになる方も多いです。

日立の電気シェーバーでもエスブレードシリーズは、商品展開は少ないながらも、それぞれが特徴を持ち、日立独自の技術で心地よい剃り味を実現しています。こちらではそんなエスブレードの特徴や評価と性能比較をご紹介していきます。

スポンサーリンク

日立(Hitachi)のエスブレードシリーズとは?

日立(Hitachi)のエスブレードシリーズとは?

エスブレードシリーズは、日本を代表する電機メーカー日立が製造する電気シェーバーです。日立は日本最大規模の総合電機メーカーであり、日立市という企業城下町を持つほどのメーカーでもあります。

日立製の電気シェーバーはシリーズを大きく分けると以下の2つになります。

  • エスブレードシリーズ
  • ジーソードシリーズ

商品数は非常に多いのですが、シリーズとしては非常にシンプルなのです。その中でもこちらではエスブレードシリーズについてご紹介していきます。

>>日立のジーソードについてはコチラ

日立のエスブレードシリーズの機能面の特徴

エスブレードシリーズは全て往復式を採用しています。

往復式の電気シェーバーは、深剃りに向いているものの、肌への負担が心配されます。しかし日立のエスブレードシリーズは、構造に工夫を持たせることで肌への負担を軽減しているされているのもポイントです。ただ非常に肌が弱い方には少し刺激が強いかもしれません。

また往復式という事もあり、刃の耐久期間は回転式に比べて短いため、1年~1年半程度で交換が必要となってきます。それだけ刃には負担がかかるものの、剃り味は良いとも言えるでしょう。

このシリーズは商品展開にも特徴があり、非常に多くの種類の機種が存在しています。そのため選ぶ際には違いなどを考慮の上で購入する必要があります。そこで種類ごとの細かい特徴についても触れていきたいと思います。

>>回転式シェーバーの選び方はコチラ

>>往復式シェーバーの選び方はコチラ

>>ロータリー式シェーバーの選び方はコチラ

日立のエスブレードシリーズの種類

日立のエスブレードシリーズの種類

まずは特徴を把握するためにも種類を押さえておきましょう。エスブレードシリーズは大きく分けると以下の3タイプに分かれます。

この中でもモデルごとに違いがあるので、そちらを見ていきましょう。

エスブレード

エスブレードのモデルは以下の通りです。

  • RM-T348
  • RM-W248
  • RM-T53
  • RM-T398

全てに共通して搭載しているのがウェーブキャッチ刃と呼ばれる内刃です。これは名称通りウェーブ形状をしており、日立独自の内刃となっています。この形状と刃先が27°の最鋭角にすることによって、刃の面積を広げ、髭をしっかりキャッチし、深剃りしてくれます。

またRM-W248以外はファインカットセンタートリマーを搭載しています。これは固定刃と可動刃を組みわせることで、長い髭やクセ髭をしっかり捕え、剃りムラを防いでくれます。

RM-W248は2枚刃であるため、こちらは搭載されていませんが、一般的な髭の濃さであれば十分な性能でしょう。これ以外は髭が濃い人にも使いやすいモデルとなっています。

RM-T53とRM-T398に至っては、さらに3Dヘッドを採用することで、ヘッドがフレキシブルに可動し、肌に密着してくれるので、滑らかな剃り心地を実現しています。

RM-T348とRM-W248はキワゾリ刃、RM-T398は髭の襟足の長さを5段階に調整するアタッチメントコームが付いているのも商品ごとの特徴です。

他にも全モデル防水構造となっているので、外刃を外しての水洗いが可能であり、ウェットシェービングにも対応しています。また充電交流式なので、充電しながらのシェービングも可能ですが、完全防水ではないのでお風呂剃りは出来ない点に注意してください。

エスブレードソニック

エスブレードソニックは以下の2種類の商品があります。

  • RM-FL20WD
  • RM-FL10W

こちらの共通点はソニックの名がつくように、早剃りに対応している点です。光ウェーブキャッチ刃に新開発のW音波振動カッティングシステムというものを搭載することで、微振動で素早く髭を剃り上げてくれます。

しかも肌に負担がかかってしまう切断抵抗を抑えているので、肌にもやさしい滑らかな剃り心地を実現しています。さらに丸ごと水洗いも可能であり、外刃と内刃を同時に洗浄できる簡単機構なのも有難いです。

汚れやすい内刃には光コート加工も施されているので、水洗いで汚れを浮かせて簡単に洗い流すことができます。

ここで商品ごとの違いが出てくるのですが、RM-FL20WDにはLED光乾燥器が付属しています。これとカラーリングの違いがRM-FL20WDとRM-FL10Wの差異となります。

水洗いの後は乾燥スイッチを押すだけで乾燥だけでなく除菌と防臭もしてくれる便利なユニットであり、接続を変えれば、充電やスタンバイ状態で置いておくスタンドにも変化します。

また外刃はグラデーション外刃を採用しており、開口面積を徐々に変化させることであらゆる髭を捕えてくれます。

さらにスイング式センタートリマーを搭載することで、コームのように寝ている髭を起こし、素早く剃り上げてくれる他、ファインカットトリマーも付いているので、剃りムラを防いでくれます。

3Dヘッドを採用しているので、肌への密着もしっかりしてくれますし、ウェットシェービング対応で快適なシェービングが可能なのも忘れてはいけません。

エスブレード 光コート

光コートの商品展開は他の種類と比べても一番多いのが特徴です。

  • RM-LF463
  • RM-FL56D
  • RM-FL53
  • RM-LF439D
  • RM-LF437
  • RM-LF433

まず押さえておきたいのは、こちらも光ウェーブカット刃を採用していることです。ウェーブ形状によって髭を捕える面積を広げ、かつ光コートによって水洗いだけで清潔な状態を保ってくれます。また水洗い可能という事でウェットシェービングにも対応しています。

さらにスイング式センタートリマーとファインカットトリマー、3Dヘッドも搭載されているので、どのような髭も逃さず深剃りしてくれます。

ここで商品ごとの違いを説明しておくと、先に触れておきたいのは末尾のDの有無です。これは先ほども出てきたLED光乾燥器の有無であり、Dが付いているものはこのユニットが付属しています。

またRM-LF463にはキワゾリ刃、RM-LF439D、 RM-LF437、 RM-LF433には新ファンカットトリマーが搭載されるという個々の違いが見られます。あとはカラーリングの違いもあるので、商品を選ぶ際にはその点も気を付けていただくといいでしょう。

モデル名 エスブレード エスブレード
ソニック
エスブレード 光コート
RM-T348 RM-W248 RM-T53 RM-T398 RM-FL20WD RM-FL10W RM-LF463 RM-FL56D RM-FL53 RM-LF439D RM-LF437 RM-LF433
刃の枚数 3枚刃 3枚刃 3枚刃 3枚刃 4枚刃 4枚刃 4枚刃 4枚刃 4枚刃 4枚刃 4枚刃 4枚刃
駆動方式 往復 往復 往復 往復 往復 往復 往復 往復 往復 往復 往復 往復
電源方式 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流 充電交流
内蔵電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池 ニッカド電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池 ニッケル水素電池
お風呂での使用 × × × × × × × × × × × ×
自動洗浄機能 × × × × × × × × × × × ×
水洗い
充電時間 5時間 5時間 5時間 5時間 1時間 1時間 5時間 5時間 5時間 1時間 1時間 5時間
使用可能時間 7日 7日 10日 14日 14日 14日 10日 10日 10日 10日 10日 10日
重量 約150g 約150g 約150g 約160g 約180g 約180g 約170g 約170g 約170g 約170g 約170g 約170g

日立のエスブレードシリーズの各モデルの違い

モデルごとの違いは触れてきましたが、搭載するバッテリーと充電についての違いはこちらで触れさせていただきます。

まずシリーズ通して充電・交流式両用となっており、ほとんどの商品が100~240V対応で、海外でも使用することができます。ただし、エスブレードのRM-T398だけは100Vのみ対応なので注意してください。

またエスブレードのRM-T348、RM-W248、RM-T53、光コートのRM-LF463、RM-FL56D、RM-FL53、RM-LF439D、RM-LF437、RM-LF433はニッケル水素電池を採用しており、充電時間や使用時間は商品によって異なります。

これに対してエスブレードのRM-T398はニカド電池、ソニックのRM-FL20WDとRM-FL10Wはリチウムイオン電池を採用しているので、バッテリーの持ちや充電時間を気にされる方は注意してください。

スポンサーリンク

日立のエスブレードシリーズの口コミや評価

日立のエスブレードシリーズの口コミや評価

エスブレードの評価は賛否両論、というのが正直なところです。良いという方も要れば、いまいちと悪い評価をつける方もいらっしゃいます。

>>人気の電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

良い口コミや評価

切れ味の良さや使い勝手がいいという意見が大半でした。性能で言えば他社製ではあるものの、性能が高いとされるパナソニックのラムダッシュにも匹敵するものだという方もいらっしゃいます。

デザインも良く、剃り心地も好評となっており、好きな方には納得の性能のようです。

悪い口コミや評価

使い続けると不具合が出始めるという意見もありました。コードの断線や動作音の不調などが見られたようです。もちろん全ての商品ではないようですが、そのような意見はいくつか見られます。

またLED光乾燥器も購入してみたけど使わなかったという方もいらっしゃいました。全自動洗浄器と違い、その恩恵がいまいち感じられないためのようです。目に見えない変化ではありますが、これも評価の1つに挙がっていました。

日立のエスブレードシリーズはどんな人におすすめ?

日立のエスブレードシリーズはどんな人におすすめ?

エスブレード全体で言えば、深剃りを望む方であれば満足できる性能です。ただ商品ごとに特徴が異なるので、自分の求める性能を持つ物をお探しの方にはおすすめとなります。

スペックなどは上述しましたが、気になる方は公式ホームページやメーカーへの問い合わせでより詳しく調べてみるのもいいでしょう。

>>髭が濃い人向け電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

>>肌が弱い人向け電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

日立のエスブレードシリーズの電気シェーバーおすすめランキング:TOP3

日立のエスブレードシリーズの電気シェーバーおすすめランキング:TOP3

それではエスブレードシリーズのおすすめランキングもご紹介していきましょう。とにかく機種が多いのがこのシリーズの特徴の1つでもあるので、購入でお悩みの方はこちらも参考にしてみてください。

>>人気の電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

第1位:RM-FL20WD

現在の価格はコチラ

エスブレードの中でもハイグレードモデルに当たるのがこちらです。LED光乾燥器も付属し、洗浄した後の除菌もしっかりすることが出来る為、安心して使用できます。

鋭い早剃りと肌への優しさが売りの高性能モデルとしておすすめであり、性能が良いものをお求めであれば、まずおすすめしたい商品として第1位になりました。

第2位:RM-LF439D

現在の価格はコチラ

こちらは光コートした4枚刃を搭載したモデルです。性能としては第1位にやや劣るものの、深剃り性能としてはなかなかなものを持っています。

もちろんLED光乾燥器も付いているので、除菌をして清潔に保つこともできます。高性能で価格は抑えたいのであれば、こちらを選ぶのもいいでしょう。

第3位:RM-T348

現在の価格はコチラ

エスブレードの中では一般的なモデルです。性能こそ上記2つには敵いませんが、その分だけ価格も抑えられています。

またLED光乾燥器は付きませんが、内臓LEDによる除菌機能はあるので、機能にこだわりがなく価格も抑えたいのであれば、こちらがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー