自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

必見!電気シェーバーの手入れや保管方法と替え刃の仕方

電気シェーバーの手入れ

電気シェーバーはスイッチ一つで手軽に髭を剃れる便利なアイテムですが、正しい手入れや保管をしないと寿命を縮めてしまうことになります。また使い続ければ、刃は切れ味を失ってしまうので替え刃をしなければ綺麗に剃ることが出来なくなります。

電気シャーバーの使い方も然ることながら、使っていない時の扱いも大切になるため、正しい知識を身に着けておく必要があるのです。そこでこちらでは電気シェーバーの手入れや保管方法と替え刃の仕方をご紹介していきます

>>T字カミソリや電気シェーバーの髭剃り方法はコチラ

スポンサーリンク

電気シェーバーの手入れの必要性

電気シェーバーの手入れの必要性

電気シェーバーにとって手入れは必要なのか、という点については必要であり、肌のためにも長持ちさせるためにも重要である、という結論から述べておきます。

電動であるがゆえに便利な電気シェーバーですが、使い続ければ内部に髭が残ってしまいます

その髭のカスが内部に溜まり続ければ悪臭や雑菌の元になり、肌荒れやニキビの原因にもなってしまいます。

当然、このカスが邪魔して切れ味も悪くなってしまいます。つまり手入れをしていかなければ、肌への負担も増え、切れ味の悪さや悪臭、不潔であるという観点から買い替えを余儀なくされてしまうこともあるのです。

双方に配慮するためにも手入れやメンテナンスは丁寧かつ定期的に行っていかなければいけません。

電気シェーバーの寿命

さて、手入れやメンテナンスを行っていても寿命は来ます。電気シェーバーでは2つの観点で寿命を考えなければいけません。

バッテリーの寿命

バッテリーについては使用されている充電池によっても違いがあります。

そのため一概に寿命は語れませんが、最近増えてきているリチウムイオン電池はメモリー効果をほとんど持たず、放電状態の影響を受けないため500回は充電が可能と言われています。3日に1回充電するとしても4年程度は持つ計算になります。

ただしこれも使用頻度や使用時間によって必要となる充電の期間は変わるので、あくまで目安です。

ニッカド電池やニッケル水素電池も基本的には500回程度の充電が可能と言われますが、こちらは曲者です。

この2つはメモリー効果の影響を受けるため、浅い放電下で充電を繰り返すと、電気容量が減少します。

要するに寿命が縮まり500回を迎える前に使用が出来なくなる、あるいはパワー不足で役割を全うできない可能性があります。

丁寧に使えば同じような寿命になりますが、平均的に見ればリチウムイオン電池が最も寿命が長いと考えていただいてもいいかもしれません。

刃の寿命

刃の寿命については製品によって異なりますが、平均的に見て外刃が1年、内刃でも2年程度を目安に考えていただくといいです。

製品ごとに説明書を読んでいただくと記載されていることがほとんどなので、こちらでしっかり確認し、替え刃を準備しておいて交換時期が来たらすぐに交換するようにしましょう。

電気シェーバーの手入れやメンテナンスの仕方

電気シェーバーの手入れやメンテナンスの仕方

電気シェーバーを長く使っていきたいのであれば、手入れやメンテナンスは必須です。しかしその方法はタイプ別で違います。

それぞれのタイプに合った手入れの方法を実践していかなければ、電気シェーバーの状態はどんどん悪くなっていきます。ここからはそれぞれのタイプ別に手入れの仕方をご紹介していきましょう。

水洗い不可の場合の手入れ

水洗い不可の場合は当然、水で洗い流すことは出来ません。付属のブラシがあると思うので電気シェーバーに内部、特に刃に残っている髭を掻き出してください。しかしタイプによって方法に違いがあります。

  • 外刃と内刃が一体型ではない場合
  • 外刃と内刃が一体型の場合
  • 回転式の場合

1つ共通することがあるとすれば、ブラシでの洗浄は理想として毎日行うということです。

なかなか難しいと思いますが、それでも水洗いできない分、こまめな手入れが必要なので、出来るだけ期間を開けずコンスタントに行うようにしましょう。それを踏まえた上でそれぞれ分けてご紹介していきましょう。

外刃と内刃が一体型ではない場合

往復式だと最近はこちらが一般的になっていますが、まずはカバーを外します。そうすると、内部の刃が剥き出しの状態になるのですが、この刃の方向に対して水平にブラシをかけるようにしてください。

刃に垂直に動かすと、ブラシの毛が引っ掛かり、刃の切れ味を落とすことになりかねません。

外刃と内刃が一体型の場合

こちらの場合は上部のカセットを簡単に外すことができるので、内部をブラシで掃除すれば完了です。

刃はカセットと一緒に取り外せているので、刃の引っ掛かりなど気にせず髭を落とすことができます。

ただし一本型カセット刃自体は上からブラシ掛けするのは禁止されています。これはブラシの毛が刃に引っかかり破損の原因になるためですが、裏側から刃にブラシが触れない範囲で掃除することは可能です。

しかし、このタイプはウェットシェービング対応のものに多いので、水洗い不可のもので該当することはあまりありません

回転式の場合

こちらは分解が必要だという事です。主にこの機種を発売するフィリップスのシリーズでも、それぞれ分解の仕方やパーツに違いがあるため、説明書を読んで分解していただくといいですが、パーツを失くさないように注意しながら分解してください。

また分解時は刃で指を切らないように気を付けてください。

その上で外刃と内刃を取り出し、丁寧にブラシをかけてください。特に内刃は円状に刃が並んでいるので、それぞれに水平になるように心がけてブラシをかけるようにしましょう。

後述しますが、水洗いをする前にブラシをかけられた方はこの分解した状態を維持したまま水洗いに移ります。

水洗い可の場合の手入れ

水洗い可の場合でもブラシがけは有効となります。これを行う場合は、上述と同じ方法で行ってください。

それをした上で残った髭を水で洗い流します。面倒な方はブラシがけを省いても構いません

基本的には水洗い可能なものはそのまま流水で洗い流すことで髭を落とすことができます。

まずはカバーをつけたまま流水に晒し、続いてカバーあるいはカセットを取り外して内部とカバーをそれぞれ水で洗い流すようにしましょう。

完全防水のものであれば刃を駆動させたまま流水に晒すと汚れが落ちやすくなります。ただその場合、水が跳ねることがあるので手が触れないように気をつけながらヘッドを覆うと跳ねも抑えることができます。

ヘッドのみ防水のものは駆動させると壊れる可能性があるので、ヘッドだけ流水にかかるように配慮しながら落としましょう。

また時間に余裕があるのであれば、弱酸性のハンドソープや専用のクリーニング液をしようして洗浄すると、消臭効果や皮脂汚れを落とす効果も期待でき、より効果的に清潔な状態を保てます。

理想としてはウェットシェービングの場合は毎回水洗いとクリーニング液などでの洗浄、ドライシェービングであっても同様の洗浄を1週間に2回以上を行うのが良いとされています。

終わったら水気をしっかりと切り、乾燥させるようにしてください。乾燥が不十分だと悪臭の原因になってしまいます。

最後に、乾燥し終わったら専用のオイルを利用して、刃の切れ味を保つのも重要です。切れ味を維持するのは寿命を延ばす意味でも大切なので水洗いした後はオイルでの潤滑化を心がけるといいです。

回転式の場合

こちらだけは少し特殊です。ブラシがけでも触れましたが、分解した状態で水洗いをします。

ただし1つ1つのパーツを洗う必要があるので少し面倒ではあります。それでも1つ1つのパーツ、そして本体の髭が溜まっている部分を流水に付け洗い流すようにしてください。

また刃に関しては皮脂汚れなどを落とすために、40℃程度のぬるま湯に付けることで汚れを落としやすくなりますので、こちらを実施していただくといいでしょう。

こちらも終わったら水気をしっかり切り乾燥させるようにしてください。

ただしフィリップスの回転式電気シェービングは乾燥後の専用オイルを必要としないものが多いですので、こちらは商品ごとによく確認しておきましょう。

自動洗浄方式の場合の手入れ

自動洗浄方式は価格が高いものの、名前の通り自動的に洗浄をしてくれるので手入れが非常に楽です。

商品によって違いはありますが、基本的には洗浄機にヘッド部分を入れ、ボタンを押すだけで、洗浄から乾燥、充電まで行ってくれます。

高性能なものだと除菌や潤滑化なども行ってくれる便利なものがありますが、高性能故に使い続けると洗浄力が落ちてきます

高価な代物なので、出来れば自分で洗浄できる部分はやってしまうといいでしょう。

方法としては水洗いの仕方は変わりません。流水で流す際、ハンドクリームやクリーニング液を使って洗浄するので、上記の方法を参考にしてください。

ただし、商品によっては音波洗浄モードなどさらに効果的に洗浄できるものが搭載されているものもあるので、説明書をしっかり読みましょう。

終わったら本体を洗浄機に入れることで、細かい洗浄と乾燥、充電をしてくれます。洗浄機として本末転倒と思われるかもしれませんが、長持ちらせるためにも余裕がある時は、自分で洗浄することも大切です。

スポンサーリンク

電気シェーバーの保管方法

電気シェーバーの保管方法

洗浄の方法でも触れましたが、洗浄後は水気を良く切り乾燥させることが大切です。そのため保管場所についても乾燥している清潔な場所を選びましょう。

使用するのに便利という事で、洗面台や浴室に置いておく方もいらっしゃいますが、ここは水気も多いので刃が錆びやすくなってしまいます

そのためこのような場所は避けて保管場所を決めましょう。また保管する際は付属のカバーは必ずつけてください。

無い場合はケースなどを購入するか、丸々収納できるくらいの大きさがある密閉型のタッパーなどを使うといいでしょう。タッパーであれば湿気対策にシリカゲルを入れておくのも有効です。

手入れが不十分であったり、保管場所が不適切だったりすると雑菌や悪臭を出してしまい肌トラブルに繋がることがありますので、十分に注意して使用するようにしましょう。

電気シェーバーの替え刃について

電気シェーバーの替え刃について

電気シェーバーも髭を剃る直接的な要は刃にあります。この切れ味が悪くなっていけば必然的に剃り残しが出来てしまいます

それどころか肌への悪影響があるかもしれません。そう考えると、替え刃の存在は非常に重要となるのです。

電気シェーバーの替え刃の互換性

電気シェーバーは機種が豊富であるため、シリーズの中でも細分化されていますが、同シリーズ内でも互換性のある替え刃は限られてきます。

例えばブラウンのシリーズ9でも、替え刃の型番は4種類あり、それぞれ使えるモデルは異なるのです。

詳しくはメーカーサイトにあるような一覧や、直接問い合わせてもらうのが一番ですが、商品購入時にも気にかけておくといいでしょう。

電気シェーバーの替え刃の仕方

電気シェーバーの替え刃の仕方はモデルによって異なります。基本的は元ある古い刃を外し、新しい替え刃を装着するだけですが、本当にモデルごとに些細な違いがあるため、モデルによっては難しいものもあることだけは頭に入れておいてください。

どうしても交換が難しい場合は、電気量販店でも交換してくれます。料金がかかりますが、下手に交換して壊してしまうよりはいいでしょう。

ただ電気シェーバー購入時に替え刃が簡単かどうかも確認しておくとその心配もなくなりますので、是非ご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー