自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

失敗しない!目的別:男性用カミソリの上手な選び方

男性用カミソリの選び方

髭を剃る上で髭剃りは欠かせないアイテムとなるわけですが、皆さんは自分に合うものを選べているでしょうか。なんとなくCMが流れているから、話題になっているからという基準で選んでいないでしょうか。そのような選び方をしていると、肌に合わない髭剃りで顔を剃り続けることになるのです。

髭剃り選びはその目的によって選ぶ必要があります。世の男性の目的はいくつかありますが、メーカーもそれに合うように髭剃りの種類や商品を展開しているのです。そこでこちらでは男性用カミソリの目的別の正しい選び方をご紹介していきます。

>>人気の男性用カミソリおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

男性用カミソリの上手な選び方

男性用カミソリの正しい選び方

男性にとって髭剃りは嗜みでありマナーでもあります。そのため髭剃りは非常に多くの種類が販売されていますが、正しい選び方をしなければしっかりと髭を剃ることは出来ません。そこで、ここからは男性用カミソリの正しい選び方をご紹介していきます。

ちなみに男性用カミソリとは基本的に髭剃り用のカミソリの事を指します。ご存知の方が多いと思いますが、これで他の部位のムダ毛処理などはできませんのでお気を付けください。

現在の価格はコチラ

男性用カミソリを選ぶ際の基準

それではまず男性用カミソリを選ぶ基準からご紹介していきましょう。以下の4つを基準として選ぶと、適した商品を選ぶことができます。

形状は使い勝手に直結しますし、切れ味や肌への負担は実際に使う上で重要な要素です。また手動式か乾電池式かも選ぶ上では大切な基準になります。なぜかという理由も含め、ここからそれぞれの基準で選ぶ方法をご紹介していきます。

カミソリの形状で選ぶ方法

形状での選択の場合、3種類から選ぶことになります。

  • T字
  • I字
  • 両刃

男性用の髭剃りとして主流なのはT字カミソリになります。一昔前は両刃カミソリも使用されていましたが、現在ではあまり使われる事はありません。

T字は安全剃刀とも呼ばれ、左右に引かない限りは肌を傷つけることが少ないカミソリになります。

そのため男性の髭剃り用や女性のムダ毛処理用として展開されている形状でもあります。刃がついている部分は面として広く、素早く髭を剃ることができます

そのため髭剃りとしてもT字カミソリがおすすめです。以前は細かい部分の処理には向いていませんでしたが、最近は男性用カミソリの性能も上がり、ヘッドが可動するものや刃がしなってフィットするものなど販売されているので、より髭を剃りやすい商品となっています。

カミソリの切れ味で選ぶ方法

カミソリの切れ味での選択であれば、その刃数で選ぶことになります。カミソリが刃の枚数が多いほど切れ味が良くなります。さらに刃数の増加で軽い力でも深剃りが出来るのも利点です。カミソリの刃数の種類は以下の通りです。

  • 2枚刃
  • 3枚刃
  • 4枚刃
  • 5枚刃

この中でも3枚以上の刃が主流となっていますが、その中でも切れ味を求めるのであれば、4枚刃や5枚刃をおすすめします。

これらはヘッドも広く、鋭い切れ味で素早く広い面積を剃ることができます

その分細かい部分のケアには向きませんが、深剃りが可能で夜まで綺麗な状態を保つ物をお探しなのであれば、切れ味が良い4枚刃以上のものが適しています。

先述しましたが、最近は技術の向上で性能の良いものが多く出ているため、細かい部分のケアもしやすくなってきています。

それでもより細かい部分のケアをしたいという事であれば、I字カミソリを1つ購入しておき、定期的に細かい部分の処理をするという2本使いでも良いでしょう。

何にせよ、切れ味においては4枚刃や5枚刃を選ぶことを推させていただきます

肌への負担で選ぶ方法

髭剃りをする上で肌への負担は重要な問題です。特に敏感肌の方や、肌が弱い方は特に注意を払わなければなりません。肌への負担が少ないものを選ぶのであれば、切れ味同様、刃数の多いものをおすすめします。

先ほども触れましたが、4枚刃や5枚刃ともなると小さな力でもすんなりと髭を剃ることができます。

この小さな力というのが重要で、力がそれほど必要ないのであれば、肌に押し付けることもありません

肌への負担とは具体的にカミソリの刃による傷や、角質層を剥がしてしまうことを指します。

押し付ける必要が無いのであれば、傷を作る可能性も低くなり、角質層を剥がす量も減らすことができます。

残念ながら髭剃りをしている以上、角質層を剥がさずに行うことはなかなか難しいですが、それでも負担はかなり減らすことが出来るでしょう。

特に肌が弱い方や敏感肌の方、あるいは髭剃り後のヒリヒリに悩まれている方は5枚刃のものをおすすめさせていただきます。

最も軽い力で剃ることができるので、正しく髭剃りをしていれば現状最も負担が少ないとされる刃数になります。

ただし、アフターケアも含めた上での話なので、肌のことを気にされるのであれば、性能だけに頼るのではなく、正しい髭剃りの方法で肌を守ってあげましょう。

もし、髭剃りの方法に自信がないのであれば「T字カミソリや電気シェーバーの正しい髭剃りの方法」という記事もご用意していますので、そちらを参考にしてください。こちらはあくまで選び方なので割愛させていただきます。

手動式カミソリか乾電池式カミソリか

T字カミソリは基本的に手動であり、販売されているものはその大部分が手動式となりますが、最近は乾電池式のT字カミソリも販売されるようになりました。

要するに電気によって振動を起こし、髭剃りをアシストしてくれるのです。

これにより、さらに力を入れなくても短時間で深剃りが出来るようになりました。力も要らず、しかも時間が短いとなるとかなり肌への負担が減らせます。

これはかなりのメリットですが、その分、振動により刃の消耗が激しくなるというデメリットもあります。

つまり、刃の寿命が短くなり替え刃をするまでの期間が短くなるのです。本体自体も通常の手動式に比べれば高くなるので、お財布との相談は欠かせないでしょう。

それでも時間がない方や肌が弱い方にとっては、髭剃りの短縮や安全性をお金で買うと思えば、メリットの方が大きいと感じる方もいるかもしれません。当然そのような方々にはおすすめとなります。

ただこればかりは予算と自分のライフスタイルに合わせて選んでいただくのがベストな選択となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー