自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

必見!回転式シェーバーの選び方とメリットとデメリット

回転式シェーバーの選び方

ボタン1つで髭を剃れる電気シェーバーですが、こちらは駆動方式でその性能が大きく違います。その中でも回転式電気シェーバーを使っている方も少なくないでしょう。好みにもよりますが、これが良いと選んで使っていらっしゃるのだと思います。

回転式シェーバーは他の駆動式同様に多くの商品が販売されているため、それ自体の特徴や商品の選び方を知っていないと合うものを選ぶことは出来ません。そこでこちらでは回転式シェーバーの選び方とメリット・デメリットについてご紹介していきます。

>>人気の回転式電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

回転式の電気シェーバーとは?

回転式の電気シェーバーとは?

回転式電気シェーバーとはどのようなものか、そこからご紹介していきましょう。回転式は、髭を剃る刃が円状に配置されており、回転運動をしながら剃っていく構造になっているシェーバーです。

回転刃がついた円が大きな1つだけのものもあれば、小さな3つの回転刃が三角形に配置されているものもあります。様々な機種が販売されていますが、主として採用しているメーカーはフィリップスです。

回転式電気シェーバーの特徴とメリット・デメリット

回転式はとにかく振動が少なく、静穏性が高いという特徴を持っています。後述しますが、これがメリットにも繋がっています。

また刃の劣化が穏やかであり、丁寧に使えば替え刃は3~4年の交換で済みますし、メンテナンスのスパンも長いという特徴を持っています。

これは回転式にのみ見られる特徴であり、他のものより長持ちしやすいのが利点です。

回転式電気シェーバーのメリット

振動が少なく、静穏性が高いことは既に触れましたが、これにより肌への負担が少なくなっています

特に振動は肌への負担に直接つながるので、回転式は刺激が少なく敏感肌や、肌が弱い人にもおすすめとなるほどのメリットです。

また刃の劣化が穏やかであることから、替え刃が必要になるまでの期間が長いことについても触れましたが、これによりコストパフォーマンスが良くなっています

それだけでなく、内部で外刃と内刃が研磨し合うので、切れ味を長い期間維持してくれます

これが刃の劣化を穏やかにしている理由にもなっているのですが、刃が劣化せず切れ味を保ち続けることで、刃に髭が引っ掛かりにくく、肌への負担や傷をつけることが少ない、という利点に繋がっているのです。

安全性が高く、肌にも財布にも優しい電気シェーバーと言えるでしょう。

回転式電気シェーバーのデメリット

その一方で、剃り上げる際のパワフルさがないことから深剃りにはやや向かない駆動方式でもあります。

1つの大きな円のみで構成されたものは、肌との接触面が狭いため、剃り上げるのに時間がかかるのもデメリットです。

そのため髭が濃いとしっかりと剃り上げるには時間がかかってしまうため、不向きな駆動方式でもあります。また時間がない方にもあまりおすすめできません

小さな3つの円で構成されているものはヘッド部分が顔の凹凸に合わせて変形するため、多少密着度は上がっていますが、それでも他の駆動方式には劣ります。

さらに洗浄時にも細かいパーツに分解しなければならないものもあり、水洗い可能であっても他の駆動方式より時間がかかる代物でもあります。

髭剃りも洗浄もある程度、時間に余裕がある方でないと扱い辛いかもしれません

回転式電気シェーバーはどんな人におすすめ?

回転式電気シェーバーはどんな人におすすめ?

回転式電気シェーバーは、敏感肌の方や肌が弱い方にはおすすめです。また比較的髭が薄い人や、一般的な長さの方であれば、それほど時間を取られることなく髭を剃ることが可能でしょう。

時間を気にせず、ゆったりと朝を過ごせる方で長期的に使いたい方にもおすすめです。

>>往復式シェーバーの選び方はコチラ

>>ロータリー式シェーバーの選び方はコチラ

スポンサーリンク

回転式の電気シェーバーの選び方

回転式の電気シェーバーの選び方

回転式電気シェーバーの特徴が分かったところで、購入しようと思われた方はそれだけではどの商品にすべきか定まらないと思います。自分に合うものを選ぶためにも、回転式の選び方というものを知らなければいけません。

  • 電源方式
  • お風呂剃り
  • 水洗い

上記の3点は選ぶ上で是非確認してほしい基準になります。それぞれのポイントについて掘り下げながら、選び方を知っていただきましょう。その選び方を元に、自身の使用ニーズに照らし合わせながら選ぶようにしましょう。

電源方式

回転式だと電源方式としては以下の3つが存在します。

  • 充電交流方式
  • 充電方式
  • 乾電池式

簡単に説明すると充電交流方式は、ケーブルをコンセントにさして充電しながらでも稼働することが可能なタイプです。

便利ではありますが、感電防止の観点から浴室使用可能なものは少ないのが現状です。そのためバッテリー残量を気にせず髭を剃りたいという方にはおすすめです。

充電方式はその名の通り、充電した電力で稼働するものになります。充電交流方式とは違い、充電しながらの稼働は出来ませんが、防水タイプあるいは浴室使用対応のものはこちらをほとんど採用しています。

バッテリー残量の減少によりパワーが落ちやすいですが、最近はリチウムイオン電池という残量が0になるまで一定のパワーを保つものを搭載するものもあるので、そちらを購入すれば問題も解消されます。お風呂でも使えるものをお求めであればこちらがおすすめでしょう。

旅行や出張用に簡易的な構造で作られており価格としても安いのが乾電池式の回転式電気シェーバーになります。

パワーは使用する電池にかなり左右されますが、持ち運びに便利なコンパクトタイプが多く、荷物になりにくいのが利点です。

しかも長期的に使っていなくても、電池だけ入れればいいので充電を心配する必要もありません

以上の特徴から、自分が使うシーンに合わせて選ぶと使いやすいものが選べると思います。

お風呂剃り

お風呂剃り出来るかどうかは選ぶ上で1つのポイントとなると思います。電源方式でも触れていますが、充電方式のものだとお風呂でも使えるものが多いです。ただしこれは完全防水でないといけません

朝、お風呂に入る方で、浴室で髭を剃る方はお風呂剃り対応かどうか、選ぶときには注意して商品説明を確認するようにしましょう。

>>お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

水洗い

上記のお風呂剃りではないですが、水洗いできるかも重要です。電気シェーバーは長持ちさせたいのであれば毎日手入れすることが大切です。その上で、水洗い対応なのかどうかは大きな違いを生みます。

水洗いが出来ると洗浄が非常に楽です。詳しくは関連ページがあるのでそちらを確認していただくといいですが、水洗いができないものはブラシで丁寧に髭を落とさなければいけませんが、水洗い可能であれば流水で流すだけで洗浄できます

ただし回転式の場合はデメリットでも触れましたが洗浄時に分解が必要になります。それは水洗い可能なものも不可能なものも同じなので、時間としてはやはり水洗い可能なものの方が短くて済むのです。

それを考えると選ぶときには水洗い可能かどうかもしっかり確認しておく必要があるでしょう。

>>電気シェーバーの手入れや替え刃の仕方はコチラ

>>自動洗浄式シェーバーおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー