自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

必見!往復式シェーバーの選び方とメリットとデメリット

往復式シェーバーの選び方

便利な電気シェーバーを選ぶ上で、皆さんが気にされることは何でしょうか?価格や性能もあると思いますが、駆動方式を気にされる方もいらっしゃることでしょう。その中には往復式の電気シェーバーを選ばれる方も多く見られます。

往復式シェーバーはポピュラーな駆動方式であり、これを好んで使われる方もいらっしゃいますが、実際に自分に合った商品を選べていない方も少なくありません。そこでこちらでは往復式シェーバーの選び方とメリット・デメリットをご紹介していきます。

>>人気の往復式シェーバーおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

往復式の電気シェーバーとは?

往復式は正面に構えた時、刃が左右一方向に往復するように振動しながら髭を剃る構造になっています。

電気シェーバーの中ではポピュラーな構造であり、パワフルに髭を剃ってくれることから、深剃りにも向いています。

主に採用しているメーカーにはパナソニックとブラウンが挙がりますが、その他のメーカーでも同駆動方式の機種を販売しており、多種多様な商品が市場をにぎわしています。

往復式電気シェーバーの特徴とメリット・デメリット

往復式の特徴は何といってもその機種の多さにあります。先ほども触れましたが、メインで展開するのはパナソニックとブラウンですが、簡易的な構造や工夫のしやすさから、メーカーごとに強みを持たせ、独自構造を加えた商品を多く製造しています。

元々深剃りしやすい駆動方式ですが、肌との接地面積の増加や、負担を減らす構造などユーザーのニーズに合わせて選べる種類の多さが目玉でもあります。

往復式電気シェーバーのメリット

商品ごとに様々なメリットがありますが、どの商品にも共通して言えることはやはりその力強い剃り心地でしょう。

振動を加えることにより外刃が髭をしっかりと捕え、内刃が逃がすことなく剃ってくれるため、一定の面積を短時間で剃ることができます

時間がかかるほど肌への負担が増えてしまいますが、時間を短縮することでその負担を減らす手助けにもなります。

深剃りもしやすいため、髭が濃い方には特に使いやすいパワフルシェーバーとして人気です。

また最も機種が多いという事で選びやすさを指摘しましたが、製造ラインが確立されていることやニーズが多いことから、比較的価格が安めなのもポイントです。

とは言っても高性能のものを購入し出したらかなり高価なものもありますが、それでも平均を出せば手に入れやすい価格と納得していただけるでしょう。

種類の多さ、そして予算に合わせて選べるというのもこちらの駆動方式ならではのメリットと言えます。

往復式電気シェーバーのデメリット

振動によって剃りやすさを生み出していますが、これは欠点にもなります。まず振動によって駆動音が大きくなりやすいため、うるさいというデメリットが挙がります。

企業努力によって改善はされてきていますが、安い商品や回転式に比べるとまだまだうるさいのが現状です。

またこの振動の刺激は肌への負担にもなっています。それだけでなく、髭を剃る面積が広い分、肌との接点も多いことから傷をつける可能性も高く、出血や肌荒れの原因を作りかねない駆動方式です。

これらは時間短縮の恩恵も受けていますが、総合してみれば肌への負担は大きいと言わざるを得ません。

さらにパワフルに剃ってくれるのは良いのですが、髭を飛び散らしやすいのもデメリットです。剃る時間が短くても掃除をする面倒さもあります。

他にもぶつけてしまった時にカバーが破損すると刃が直接肌に触れ大変危険になることや、振動により電池の消耗も早く、刃は劣化しやすいことから短い期間でのメンテナンスが必要となります。

往復式電気シェーバーはどんな人におすすめ?

往復式電気シェーバーはどんな人におすすめ?

往復式電気シェーバーは髭の濃い方や、朝時間がない方にはおすすめとなります。髭が濃いとどうしても時間がかかってしまいますが、こちらの往復式なら十分に時間を短縮できます

髭が薄い、あるいは普通程度の方ならさらに短い時間で済むことでしょう。掃除についても洗面所で行えば、水で流して終えることも可能なので、場所さえ気にすればこちらも対策が可能です。

逆に肌への負担が大きいので敏感肌の方や肌が弱い方は避けるべき駆動方式でもあります。

>>回転式シェーバーの選び方はコチラ

>>ロータリー式シェーバーの選び方はコチラ

スポンサーリンク

往復式の電気シェーバーの選び方

往復式の電気シェーバーの選び方

往復式がどのような特徴を持ち、どのような方におすすめなのか、これでご理解いただけたと思います。しかしそれだけでは実際に購入することは出来ません。なぜならば、往復式の中にも様々な商品が販売されているからです。

  • 電源方式
  • お風呂剃り
  • 水洗い

以上の3点は往復式電気シェーバーを選ぶ上での基準になります。それぞれの基準について掘り下げてご紹介しますので、商品を選ぶ際には必ず確認し、自分のニーズに照らし合わせて選ぶようにしましょう。

電源方式

駆動方式だと電源方式としては以下の3つが存在します。

  • 充電交流方式
  • 充電方式
  • 乾電池式

簡単に説明すると充電交流方式は、ケーブルをコンセントにさして充電しながらでも稼働することが可能なタイプです。

便利ではありますが、感電防止の観点から浴室使用可能なものは少ないのが現状です。そのためバッテリー残量を気にせず髭を剃りたいという方にはおすすめです。

充電方式はその名の通り、充電した電力で稼働するものになります。充電交流方式とは違い、充電しながらの稼働は出来ませんが、防水タイプあるいは浴室使用対応のものはこちらをほとんど採用しています。

バッテリー残量の減少によりパワーが落ちやすいですが、最近はリチウムイオン電池という残量が0になるまで一定のパワーを保つものを搭載するものもあるので、そちらを購入すれば問題も解消されます。お風呂でも使えるものをお求めであればこちらがおすすめでしょう。

旅行や出張用に簡易的な構造で作られており価格としても安いのが乾電池式の回転式電気シェーバーになります。

パワーは使用する電池にかなり左右されますが、持ち運びに便利なコンパクトタイプが多く、荷物になりにくいのが利点です。

しかも長期的に使っていなくても、電池だけ入れればいいので充電を心配する必要もありません

以上の特徴から、自分が使うシーンに合わせて選ぶと使いやすいものが選べると思います。

お風呂剃り

お風呂剃り出来るかどうかは選ぶ上で1つのポイントとなると思います。電源方式でも触れていますが、充電方式のものだとお風呂でも使えるものが多いです。ただしこれは完全防水でないといけません。

朝、お風呂に入る方で、浴室で髭を剃る方はお風呂剃り対応かどうか、選ぶときには注意して商品説明を確認するようにしましょう。

>>お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

水洗い

上記のお風呂剃りではないですが、水洗いできるかも重要です。電気シェーバーは長持ちさせたいのであれば毎日手入れすることが大切です。その上で、水洗い対応なのかどうかは大きな違いを生みます。

水洗いが出来ると洗浄が非常に楽です。詳しくは関連ページがあるのでそちらを確認していただくといいですが、水洗いができないものはブラシで丁寧に髭を落とさなければいけませんが、水洗い可能であれば流水で流すだけで洗浄できます

往復方式は水洗い可能な場合、比較的簡単に分解でき、サッと洗い流すだけでかなり綺麗になります。ただ定期的にハンドソープやクリーニング液を使用して雑菌対策や臭い対策も行っておくことをおすすめします。

>>電気シェーバーの手入れや替え刃の仕方はコチラ

>>自動洗浄式シェーバーおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー