自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法

上手な髭剃りの方法

日々のマナーとして男性は毎日髭を剃ると思います。ファッションで伸ばす方もいらっしゃいますが、多くの方は毎日のように整えられている事でしょう。

しかし正しい方法で髭剃りを行わないと、肌を傷つけてしまいます。そこでこちらではT字カミソリや電気シェーバーの正しい髭剃りの方法をご紹介していきます。

>>人気の男性用カミソリおすすめランキングはコチラ

>>人気の女性用カミソリおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

上手な髭剃りの方法のポイント

上手な髭剃りの方法のポイント

髭剃りはただ髭を剃れればそれでいいわけではなく、間違った方法で行うことで肌荒れに繋がってしまい、きれいな状態を保てないどころか、かえって髭が濃くなってしまうこともあるのです。

さらに髭剃りの際に使用されているのがカミソリか電気シェーバーかで注意すべき点が異なるため、どちらも同じような使い方をして肌を傷つけている、という事も起こっている可能性があります。

こちらでは正しい髭剃りの方法をご紹介していきますので、日々の自分の剃り方を省みて、正しいかどうか、もし間違っていたのであれば明日から直していきましょう。

髭剃りの前に確認すること

さて、髭を剃る前に確認したいことが2つあります。それが以下のポイントです。

  • 髭を剃る時間帯
  • 髭の生えている方向

普段の髭剃りであまり意識しない部分かもしれません。生えている方向は剃る上で気を付けている方も知れませんが、時間帯を気にする方は意外と少ないのではないでしょうか。この2つのポイントについて、もう少し掘り下げてみましょう。

髭を剃る時間帯

まず髭を剃る時間帯です。こちらは実践されている方も多いと思いますが、朝起きた後剃ることをおすすめします。寝ている間に肌の細胞が回復しているため、髭剃りの負担にも耐えることができます。

また朝起きてから15~30分後に剃ることで、寝起きの浮腫みが取れているので、よりコンディションの良い状態で髭剃りを行うことができます。

よく夜に髭を剃られる方がいらっしゃいますが、1日の疲れが肌にもたまっているため髭剃りの負担で傷つきやすくなっているためおすすめできません。

髭の生えている方向を確認する

剃る前に髭の生えている方向を確認することも大切です。髭は人によって生えている方向が違います。

正しい剃り方でもご紹介していきますが、生えている方向に対して上から下へ剃ることで、上手く刃で髭を捕え、効率よく剃ることが出来るのです。

また効率よく剃るという事は、回数や時間も少なくて済むので肌の負担を減らすことにも繋がり、結果的に肌荒れを防ぐ手助けにもなります。

T字カミソリの正しい髭の剃り方

T字カミソリの正しい髭剃りの手順

髭剃り前の確認を行ったところで、正しい手順を見ていきましょう。まずはT字カミソリの正しい髭剃り手順です。

肌を傷つけずにT字カミソリで綺麗に髭を剃る手順についてご紹介していきます。

STEP1:肌の状態を整え、髭を柔らかくする

まずは肌の状態を整えるためにも洗顔料を使用し、しっかりと肌の汚れを落としましょう。

その後さらに蒸しタオルを髭が生える鼻から下部分やもみあげ下などを含む全体に乗せ、肌を温めてあげると、髭が柔らかくなり剃りやすくなります

手間にはなりますが、こうすることで肌の負担を減らすとともに、カミソリの刃の劣化も防ぐことができます。

特に髭が濃い方や硬い方には有効な手段となり、短い時間で髭を剃ることにも繋がるので、良いことも多いです。

STEP2:シェービング剤を付ける

続いて髭剃りを行うためにシェービング剤をつけます。この時、つけたらすぐに剃らないようにしましょう。

髭にシェービング剤をつけてから30秒ほど放置することで、髭の根元まで浸透し、髭がふやけて刃の滑りが良くなり、より効率よく剃れるようになります。

>>シェービング剤の種類と選び方はコチラ

STEP3:髭の生えている方向に向かって剃る

ここまで下準備が出来たらいよいよ髭を剃ります。先ほど確認した髭の生えている方向に沿って上から下へ剃るようにしましょう。

逆方向に揃うとしても髭に沿って刃が乗ってしまい上手く剃ることができません。

それでも剃り残しが出てきます。これは大部分の髭とは方向が逆に生えているものになります。

それらは最初に沿った方向とは逆に下から上に剃ることで、剃り残しをなくすことができます。

このように方向に気をつけながら、もみあげや顎付近の比較的髭が柔らかい部分から開始し、最後に髭が硬い口周りや顎部分をシェービングしましょう。

STEP4:アフターケアを行う

髭を剃り終わったら冷水で顔を洗ってください。こうすることでシェービング剤や肌に貼り付いた髭を落とします。

これで終わる方が多いですが、髭剃り後はカミソリで肌の角質層を削り取ってしまっています。

放っておくと肌がヒリヒリするのはこのためですが、放置すると乾燥して肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

そのため出来るなら髭を剃り、洗顔をした後に化粧水や乳液、美容液などで肌をケアしてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

電気シェーバーの正しい髭の剃り方

電気シェーバーの正しいカミソリの手順

電気シェーバーは、T字カミソリよりは肌へのダメージは少ないように見えますが、間違った方法で行うと肌を傷つけてしまいます。

こちらも肌を傷つけずに綺麗に髭を剃る手順がありますのでご紹介してきます。

STEP1:肌の状態を整え、髭を柔らかくする

カミソリでの髭剃り同様に、洗顔をして肌を整え、蒸しタオルで髭を柔らかくしてあげるようにしましょう。

電気シェーバーも結局は刃で髭を剃るので、硬いままの髭では刃を劣化させます。また洗顔と蒸しタオルの使用によって、肌に潤いを与えたことで負担も軽減できます。

STEP2:シェービング剤を付ける

電気シェーバーだと使う方が少ないようですが、シェービング剤を使うようにしましょう。

効果としてはこちらもカミソリと同様ですが、肌と髭を柔らかくして滑りを良くすることで、快適に髭剃りを行えるようになります。

シェービング剤を髭に付けた後は30秒放置することで根元まで浸透させることも同じです。このように電気シェーバーであっても効果的に髭剃りを行えるようにしましょう。

ただし、カミソリと違い電気シェーバーは機械であるため、どのタイプでもシェービング剤を使えるわけではありません

近年はウェットシェービングができる電気シェーバーが増えてきているので、こちらであればシェービング剤を使うことが可能です。

対応していないのであれば、プレシェーブローションというものを使用し、乾燥させてから髭を剃るだけでも滑りを良くする効果が得られるので、摩擦を軽減し肌への負担を軽減できます。また髭を立たせる役割もあるため、効率よく剃れるようになります。

>>シェービング剤の種類と選び方はコチラ

STEP3:電気シェーバーを肌と直角に当てる

下準備が終わったのでいよいよ剃り始めますが、電気シェーバーの場合は肌と直角に当てましょう

こうすることで最大限電気シェーバーの剃れる面を活かせ、搭載されている刃を全て使うことができます

またカミソリと違い、髭が生えている方向に対して上から下へ剃った後に、そのまま逆剃りすることができます。

カミソリでは大部分を剃った後、剃り残しを逆剃りしていましたが、電気シェーバーであれば一気に剃り上げることが出来るので便利です。

STEP4:電気シェーバーをゆっくり動かす

電気シェーバーは早く動かさず、ゆっくり動かすようにしましょう。素早く動かしてしまうと、内刃まで髭が入り辛くなってしまい、結果的に剃り残しを多く残してしまったり、剃り上げるのに時間がかかってしまったりします。

外刃と内刃で深剃りを可能としているので、ゆっくり動かすようにしてください。

髭剃りによる肌荒れを防ぐ方法

髭剃りによる肌荒れを防ぐ方法

さて、手順としてはこれで一通りご理解いただけたと思いますが、肌荒れを防ぐ方法は何も手順だけではありません。

他にも気をつけなければいけない点はいくつもあります。例えば髭が濃い人は綺麗に剃ろうとするあまり無理に深剃りをしようとする方もいらっしゃいますが、これは肌荒れの原因になります。

他にも注意点はあるので、それらは後述しますが、肌荒れを防ぐためには肌に配慮しながら負担を極力排除して髭剃りをする必要があるのです。

そのためにも原因となる事項を把握し、肌荒れを防ぐ方法を知らなければいけません。そこでここからは髭剃りによる肌荒れを防ぐ方法をご紹介していきます。

無理な深剃りを行わない

無理な深剃りはやめましょう。深剃りをしようとすると肌に刃を強く押しつけてしまいます

この状態で剃ろうとすると、肌への負担が一気に上がって多くの傷をつけてしまう原因になります。

それだけでなく、角質層をより多く削ぎ落としてしまうので、乾燥が起こりやすく、結果肌荒れの原因となってしまうのです。

もう1つ付け加えると、毛を濃くする原因にもなってしまいます。

肌の負担を軽減して深剃りをするのであれば、カミソリなら4枚刃以上のものを使うといいでしょう。

電気シェーバーは高性能のものがどんどん販売されていますが、髭が濃いのであればロータリー式のものを使用することもおすすめします。

逆剃りや二度剃りを行わない

逆剃りとは毛の流れに逆らって剃る方法であり、二度剃りとは同じ場所を二度剃ってしまう方法です。

二度剃りは二度に限らず、何度も往復して剃る方法も含みますが、どちらも肌への負担を増やしてしましいます。

逆剃りは電気シェーバーの基本の剃り方なので、カミソリに限られます。ただこれもあくまで大部分の髭を剃る場合です。

剃り残しを剃る場合のみ大きく逆剃りはしないので、その限りではありません。

長い髭が大部分に生えている状態で逆剃りをしてしまうと髭が引っ張られて肌を傷つける可能性があります。

二度剃りの場合も、同じ場所を何度も往復することで肌を傷つける可能性が高まるので、結果として肌荒れを引き起こしてしまうのです。

正しい剃り方を身に着けることで、逆剃りや二度剃りを防止することができるので、慣れるまでは意識的に手順を反芻しましょう。

アフターケアを行う

手順の中で出来るだけ、と前置きしましたが、肌荒れを防ぐのであればしっかりとアフターケアを行いましょう。

理由については先ほど触れましたが、髭剃りの際、どうしても角質層を削ぎ落としてしまうので、乾燥肌を招き、肌荒れを起こす可能性が高まります。

それを防ぐためにも、化粧水や乳液、美容液で保湿し、肌の乾燥を防ぐようにしなければいけないのです。

朝シェービングを行う

こちらも先述しましたが、朝起きてから15~30分がベストタイミングになります。

睡眠によって肌の疲れが取れ、寝起き後の浮腫みが取れるちょうど良いタイミングであるため、髭を剃るためのコンディションが整った状態になります。

繰り返しますが、夜では肌が疲れているため、負担が大きくなり肌荒れを起こす原因になります。

また髭が生える時間は午前6~10時が最も良く伸びると言われています。本来は10時以降に剃るのが最も綺麗な状態を保てるのですが、通学・通勤を考えればそうもいきません。

しかし夜に寝ている時間も髭は伸びます。最も良く伸びる時間に比べれば伸びは悪くなりますが、夕方から深夜にかけて伸びています。

そのため、夜剃っても結局は朝髭が生えている状態になり、さらに午前6時~10時に一気に伸びるため、朝剃るよりも長い髭が残ってしまい、見た目が悪くなります。それも踏まえ、朝起きてからが良い時間帯となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー