自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

肌が荒れない!上手に髭を剃る10のポイント

上手な髭の剃り方

「髭を剃るとヒリヒリしてしまう」「深剃りが出来ず、剃り残しがある」など髭剃りの方法についての悩みは多いかと思います。

髭剃りは正しい方法や手順で行わないと、肌を痛めてしまいます。

この記事では、髭剃りの方法に関する悩みを解決し、快適に髭が剃れるように様々なポイントについて解説を行っていきます。特に、髭が濃い人や肌が弱い人は必見です。

スポンサーリンク

上手に髭剃りを行うポイント

上手な髭剃りの方法のポイント

お肌を痛めずに正しい髭剃りを行うためには、いくつかポイントがあります。

カミソリや電気シェーバーの動かし方はもちろん、髭を剃る時間アフターケアも欠かせません。

ここから、上手に髭剃りを行うための10のポイントやコツについてご紹介します。

  1. 髭を剃る時間帯
  2. カミソリか電気シェーバーを選ぶ
  3. 髭の生えている方向を確認する
  4. 肌の状態を整える
  5. シェービング剤を使用する
  6. 髭の流れに沿ってゆっくり剃る(順剃り)
  7. 剃り残した部分は逆剃りで
  8. 電気シェーバーは肌と直角に当てる
  9. アフターケアを行う
  10. 髭剃りのメンテナンスを欠かさない

髭を剃る前の準備から、剃り終わった後のアフターケアまで、しっかり理解して快適な髭剃りを行いましょう。

髭を剃る時間帯

まず確認したいのが、髭を剃る時間帯です。

髭剃りは、朝起きてから15~30分後に行うことをおすすめします。

起床した直後ではなく、少し時間を空ける事により寝起きの浮腫みが取れ、よりコンディションの良い状態で髭剃りを行うことが可能になるのです。

また夜間に髭を剃る方もいらっしゃいますが、朝に比べるとお肌に含まれる水分量が少なくなっており、肌へのダメージが大きくなってしまいます。

髭は朝に剃るべき?

髭は午前6時~午前10時に一番伸びると言われています。

逆に昼間活動している時間帯は、伸びにくくなり、夕方から夜にかけて再び伸びやすくなってきます。

そのため、夜間に髭を剃っても、朝伸びてきてしまうという状態になってしまいます。

髭がある程度伸びきった午前10時前後に剃るのが理想ですが、学校や仕事の関係でなかなかうまくいかないケースがあると思います。

そのため、朝起床してから15分~30分後を意識すると、より効率的に髭を剃ることが可能になります。

カミソリか電気シェーバーを選ぶ

髭剃りを行う道具をきちんと選ぶのも大切です。

髭剃りは大きく分けて「カミソリ」と「電気シェーバー」に分けることができます。

カミソリは、深剃りが出来る反面、肌への負担も大きくなってしまいます。

髭が濃い人にはおすすめですが、肌が弱い人にはおすすめできません。

一方の電気シェーバーは、肌への負担を抑え、手軽に素早く剃ることができます。

また、電気シェーバーは駆動方式によって「往復式」「回転式」「ロータリー式」に分ける事ができます。

それぞれに特徴があり、適しているユーザー異なってきます。

詳しくは「電気シェーバーの選び方」のページでご紹介しているので、そちらをご覧になり、自分に合った電気シェーバーを選ぶようにしましょう

>>電気シェーバーの上手な選び方

髭の生えている方向を確認する

剃る前に髭の生えている方向を確認することも大切です。

生えている方向に沿うようにカミソリや電気シェーバーを動かすと、肌への余計なダメージを少なくする事ができます。

最初から逆剃り(生えている方向に逆らう)を行ってしまうと、肌への負担が大きくなってしまいます。

まずは髭剃りを行う前に、ご自身の髭が生えている方向をしっかりと確認することが大切です。

特に、顎下やのど周りの髭はひとによって生えている方向が異なっているので、注意が必要です。

肌の状態を整える

まずは肌の状態を整えるためにも洗顔料を使用し、しっかりと肌の汚れを落としましょう。

その後さらに蒸しタオルを髭が生える鼻から下部分やもみあげ下などを含む全体に乗せ、肌を温めてあげると、髭が柔らかくなり剃りやすくなります

手間にはなりますが、こうすることで肌の負担を減らすとともに、カミソリの刃の劣化も防ぐことができます。

特に髭が濃い方や硬い方には有効な手段となり、短い時間で髭を剃ることにも繋がるので、良いことも多いです。

シェービング剤を使用する

髭剃りによる肌荒れを防ぐ方法

髭剃りを行う前に、必ずシェービング剤を使用しましょう。

この時に重要なのは、シェービング剤を付けてから、すぐに髭を剃らないことです。

髭にシェービング剤をつけてから30秒ほど放置することで、髭の根元まで浸透し、髭がふやけて刃の滑りが良くなり、より効率よく剃れるようになります。

またシェービング剤には、フォームタイプやジェルタイプ、ローションタイプなど様々な種類が存在し、特徴が異なります。

フォームタイプ ジェルタイプ ローションタイプ

>>シェービング剤の種類や選び方について詳しくはコチラ

肌に異常がある時はシェービング剤の使用を控える

シェービング剤には「界面活性剤」や「色素」など化学成分が多く含まれています。

その為、お肌に傷があるときや湿疹があるとき、また荒れているときなどはシェービング剤の使用を控えることをおすすめします。

髭剃りを行う際に大変便利なシェービング剤ですが、異常があるときは使用を控えてください。

電気シェーバーがウェットシェービングに対応しているかを確認

電気シェーバーがウェットシェービングに対応しているかを必ず確認してください。

お風呂剃り対応と書かれているモデルはウェットシェービングに対応しています。

きちんとした防水機能を有したモデルでないと、シェービング剤を使用し髭剃りをしたときに電気シェーバーの故障につながります。

もし対応していないのであれば、プレシェーブローションというものを使用し、乾燥させてから髭を剃るだけでも滑りを良くする効果が得られるので、摩擦を軽減し肌への負担を軽減できます。

また髭を立たせる役割もあるため、効率よく剃れるようになります。

>>お風呂剃り対応のおすすめ電気シェーバー

髭の流れに沿ってゆっくり剃る(順剃り)

通常、顎回りの髭は上から下に向かって生えているので、カミソリや電気シェーバーを上から下にゆっくりと動かしましょう。

髭が濃い人や素早く剃りたい人は、最初から逆剃り(生えている方向に逆らう)をしてしまう方も多いかと思います。

しかし、逆剃りは肌へのダメージにつながりますので、まずは順剃りで剃る事を覚えておきましょう。

もみあげや頬から剃り始める

まずは比較的に剃り易い、「もみあげ」や「頬」から剃り始めましょう。

シェービング剤が深く浸透した後に、顎下の硬い毛を剃るようにしていきましょう。

肌を伸ばし、平面を作る

髭とカミソリや電気シェーバーの刃をより密着させる事によって、深剃りが可能になります。

そのために、肌を引き伸ばし、平面を作るようにしましょう。

剃りにくい部分や硬い毛には大変有効です。

少ないストロークで剃りきる

お肌への負担を減らす為には、少ないストロークで剃りきる事が大切です。

何回もカミソリや電気シェーバーの刃を往復させると、その分だけ肌へのダメージが大きくなってしまいますので、注意が必要です。

剃り残した部分は逆剃りで

髭が濃い人や、硬い人はどうしても順剃りだけだと、剃り残しが出てしまいます。

順剃りを行い、髭の量を減らした後に、逆剃りできちんと剃りきりましょう。

この際、電気シェーバーやカミソリを強く皮膚に押し当てすぎず、軽く滑らすイメージで扱いましょう。

電気シェーバーは肌と直角に当てる

電気シェーバーは、肌とヘッドの部分(外刃)が直角になるようにしましょう。

ヘッドの部分の角度が浅すぎると、シェーバーの外刃が髭をしっかりと捉えることができません

剃り残しの原因ともなるので、ヘッドを肌に対して直角に立てるイメージで使用するようにしましょう。

アフターケアを行う

髭を剃り終わったら冷水で顔を洗ってください。こうすることでシェービング剤や肌に貼り付いた髭を落とします。

これで終わる方が多いですが、髭剃り後はカミソリで肌の角質層を削り取ってしまっています。

放っておくと肌がヒリヒリするのはこのためですが、放置すると乾燥して肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

そのため出来るなら髭を剃り、洗顔をした後に化粧水や乳液、美容液などで肌をケアしてあげるようにしましょう。

髭剃りのメンテナンスを欠かさない

カミソリや電気シェーバーを使い終わったら、必ずメンテナンスを行いましょう。

メンテナンスを行わずに、放置してしまうと、刃が酸化してしまい劣化につながるだけでなく、肌を傷つける原因となります。

メンテナンス方法や保管方法は別のページで詳しく解説していますので参考にしてください。

>>カミソリのメンテナンス方法

>>電気シェーバーのメンテナンス方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー