自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

フィリップスのシリーズ7000の特徴と性能比較

フィリップスの電気シェーバー:7000

髭を剃る上で電気シェーバーやカミソリを使用しますが、その剃り味は誰もが気になるところです。滑らかな剃り心地というのは、剃っていて心地良く、誰もが求めてやまない性能の1つと言えるでしょう。

フィリップスのシリーズ7000では、剃り心地を重視しており、他のメーカー品が追従できないほどの滑らかさを誇っています。この記事では、フィリップスシリーズ7000の特徴や評価と性能比較をご紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリップス(Philips)の7000シリーズとは?

フィリップス(Philips)の7000シリーズとは?

それではフィリップスシリーズについてご紹介していきたいと思いますが、同時にこのフィリップスを製造するメーカーについても触れていきましょう。

フィリップスは、オランダのアムステルダムを本拠地とする多国籍企業コーニンクレッカ フィリップスが製造する電気シェーバーです。このメーカーは電機・家電製品だけでなく、軍需産業も担っている企業です。

このフィリップスシリーズは大きく分けると3シリーズに分けられます。

  • 9000シリーズ
  • 7000シリーズ
  • 5000シリーズ

こちらではその中でも7000シリーズについてご紹介していきたいと思います。

>>フィリップスのシリーズ9000についてはコチラ

>>フィリップスのシリーズ5000についてはコチラ

フィリップスの7000シリーズの機能面の特徴

フィリップス全体で言える特徴は、回転式を採用していることです。回転式は静穏性が高く、振動も少ないので肌への負担が少ないことで、敏感肌の方や肌が弱い方に選ばれることが多い駆動方式です。

7000シリーズではその性能を最大限発揮し、滑らかな剃り心地を実現するシリーズです。元々肌に優しいのが回転式の良いところですが、その性能をフルに活かし、どのような肌の状態でも優しく髭剃りができるように整えられたのがこちらのシリーズの特徴となるのです。

他シリーズでもそうですが、本体は丸洗い可能な完全防水で、ドライシェービングはもちろんウエットシェービング(お風呂剃り)にも対応しているので、ジェルやフォームを使用して快適な髭剃りをすることが可能です。

また回転式という事もあり、刃が長持ちなのも特徴です。これだけ深剃りに特化しながら、約2年は替え刃の必要がないことはコストパフォーマンスが良く、またシェーバーオイルを使わなくても自動研磨してくれるので、さらに長持ちする機構となっています。

ここまではあくまで7000シリーズ全体の特徴ではありますが、このシリーズは大きく分けると2つのタイプに分かれます。細かい商品展開は後述しますが、タイプごとに機能なども違うので、それぞれ分けてご紹介しましょう。

>>回転式シェーバーの選び方はコチラ

>>往復式シェーバーの選び方はコチラ

>>ロータリー式シェーバーの選び方はコチラ

7000シリーズ

こちらは滑らかな動きと肌への優しさを追求したタイプです。このタイプには以下のような機能が搭載されています。

  • SkinGlide リング:摩擦低減マイクロスフェアコーティングで肌とシェーバーの摩擦を低減
  • 5方向ダイナミックフレックスヘッド:5方向に可動するヘッドで顔や首に密着

とにかく肌への優しさを第1に考えたタイプであることから、肌への密着度と負担の軽減には力を入れています。特に独自のSkinGlideリングによって、滑らかなシェービングを実現し、肌を炎症から守ってくれます。

またカッティングシステムにもユニークなものが搭載されており、V字型の刃によって肌を傷つけることなく、無精髭スタイルも作り出すことができる性能を持っています。もちろん、無精髭を望まないのであれば、それを綺麗に剃り落すことも可能です。

さらにジェントルプレシジョンブレードとスーパーリフト&カットを搭載することで、鋭い刃によって、寝ているような髭も起こしカットしてしまう剃りやすいシェービングを実現しています。

7000シリーズ センソタッチ

もう一つのタイプがこのセンソタッチになります。こちらは電気シェーバーでありながらスキンケアもできるタイプとして作られているのが特徴です。

くせヒゲキャッチ外刃&独立可動の2D可動システムによって、しなやかに動き顎のカーブなどにもしっかりと密着して、剃りにくいクセ髭なども深剃りできる性能を持っています。

また、なめらかヘッドによって肌をなでるようにシェービングが出来るのも、肌への負担を減らしてくれています。

それだけなら高性能な深剃り電気シェーバーと変わりませんが、こちらはさらにヘッドチェンジによって洗顔ブラシに交換することが可能で、こちらで手洗顔よりも皮脂量を抑え、テカリを抑えることが可能となっています。

肌の状態を整え、肌に優しくシェービングが可能と、スキンケアに特化した電気シェービングというのも納得の性能です。

フィリップスの7000シリーズの種類

フィリップスの7000シリーズの種類

、7000シリーズは他のシリーズと違い、商品展開として大きく2つに分けることができ、さらにその中に2種類ずつ商品が販売されています。

  • 7000シリーズ
  • 7000シリーズ センソタッチ
モデル名 7000シリーズ 7000シリーズ センソタッチ
S7520/26 S7520/12 RQ1187/43 RQ1187/37
刃の枚数 3枚刃 3枚刃 3枚刃 3枚刃
駆動方式 回転式 回転式 回転式 回転式
電源方式 充電式 充電式 充電式 充電式
内蔵電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池 リチウムイオン電池
お風呂での使用
自動洗浄機能 × ×
水洗い
充電時間 1時間 1時間 1時間 1時間
使用可能時間 50分 50分 50分 50分
重量 164g 164g 167g 167g

7000シリーズ

7000シリーズでは以下の2商品が展開しています。

  • S7520/26
  • S7520/12

この2つの商品の違いは「/」以下の番号にあります。/26は全自動洗浄機能が搭載されたスマートクリーンシステムが付属しているのに対し、/12には付属していません。またそれに伴い、/26にはクリーニングカートリッジも付属しています。

7000シリーズ センソタッチ

センソタッチでは以下の商品展開です。

  • RQ1187/43
  • RQ1187/37

センソタッチでは/37にジェットクリーンシステムと呼ばれる洗浄から除菌、充電までを全自動でこなしてくれるユニットが付属しています。その代り、水洗いは出来るものの、この商品だけはシリーズ通して完全防水ではありません。

それに対して/43については完全防水で本体の丸洗いが可能ですが、ジェットクリーンシステムは付属しません。

またもみあげなど細かい部分を調整するために付属するスマートクリックは/43が細部用トリマー、/37はヒゲスタイラーという違いもあります。

フィリップスの7000シリーズの各モデルの違い

細かい違いについては上述しましたが、S7520とRQ1187にも違いがあります。まず充電残量を表示するディスプレーはS7520が3段階表示なのに対して、RQ1187は5段階表示となっています。

またどちらも専用のポーチが付きますが、S7520はブラック、RQ1187はグリーンとデザイン上の違いもあります。

さらにそもそものコンセプトが違うので、S7520が細部を調整するトリマー、RQ1187は洗顔ブラシと付属品にも違いが見られるため、購入時には注意が必要です。

スポンサーリンク

フィリップスの7000シリーズの口コミや評価

フィリップスの7000シリーズの口コミや評価

こちらのシリーズは購入者があまり多くないので評価のサンプルが多くありません。しかしその中には良い評価や惜しい点も見られたので、それぞれの観点で評価をご紹介していきましょう。

>>人気の電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

良い口コミや評価

特化しているという事もあり肌への優しさと、それに伴う剃り心地には高い評価が付いていました。

他メーカーの商品だと肌荒れやカミソリ負けしていた方も、こちらであれば問題なく剃れるほど肌への負担は少ないようです。

また音も静かで、使い勝手もいいというのが意見として挙がっていました。

悪い口コミや評価

一方で顎の下など場所によっては剃りにくい場所があるのが惜しいという意見もありました。性能としては良いものの、際剃りにまでは対応できなかったようです。

フィリップスの7000シリーズはどんな人におすすめ?

フィリップスの7000シリーズはどんな人におすすめ?

7000シリーズを通して共通で言えるのは、肌が弱い方におすすめという事です。どの商品も肌に配慮した親切設計になっているので、これまで髭剃り後の肌荒れなどに悩まされてきた方には是非お試しいただきたい電気シェーバーシリーズとなります。

>>髭が濃い人向け電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

>>肌が弱い人向け電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

フィリップスの7000シリーズの電気シェーバーおすすめランキング:TOP3

フィリップスの7000シリーズの電気シェーバーおすすめランキング:TOP3

それでは7000シリーズのおすすめランキングもご紹介していきましょう。商品数こそそれほど多くありませんが、どれか1つに絞るのは難しいという方は、こちらも参考に選んでみてもいいと思います。

>>人気の電気シェーバーおすすめランキングはコチラ

第1位:S7520/26

現在の価格はコチラ

肌に優しい回転式であって、その中でも最も低刺激に作られているモデルしてこちらがおすすめです。

性能自体は先述した通りですが、これに全自動洗浄器も付いてくるモデルなので、シェービング後も綺麗な状態を全自動で保つことができます。

価格はそれなりにするものの、敏感肌で肌のことを第一に考えたい方であれば、こちらがおすすめです。性能の高さからも第1位に輝きました。

第2位:RQ1187/37

現在の価格はコチラ

こちらはセンソタッチシリーズの全自動洗浄器が付いたモデルです。肌への優しさと深剃りを両立させたモデルとしては第2位も第3位も性能として変わりはありませんが、全自動洗浄器が付く分、こちらが便利です。

第3位:RQ1187/43

現在の価格はコチラ

上記のように性能に差はほとんどありませんが、洗浄器が付かない分、こちらの方がお安いです。洗浄器の付属に特にこだわりがなく、性能が良いものを安く手に入れたいのであればこちらがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー