自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧

電気シェーバーとカミソリのメーカー比較

電気シェーバーやカミソリを選ぶ上で大事なのは性能やコストパフォーマンスですが、1つ1つ見ていったのではキリがありません。そんな時はメーカーごとの独自性や特徴に目を向けるのも手です。こちらでは電気シェーバーとカミソリのメーカー比較をしていきます。

スポンサーリンク

電気シェーバーメーカーの比較

電気シェーバーメーカーの比較

それではまず電気シェーバーのメーカー比較からご紹介していきましょう。各メーカーの大まかな特徴などをまとめていますので、現在どこのメーカーの電気シェーバーを購入しようか迷われている方は参考にしていただくといいと思います。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックの代表的な商品はラムダッシュになります。こちらは往復式を採用しており、商品展開も非常に豊富なのが特徴です。

5枚刃の商品を中心に、3枚刃の機種も製造しているほか、お風呂剃り専用のモデルも製造するなど、ユーザーが使う上で選びやすく性能の特徴を分けています

また方向や状態が違う髭を捕えやすくするために「くせヒゲリフト刃」という独自開発の内刃を搭載しているほか、内刃は30°鋭角ナノエッジ内刃に加工し、鋭い切れ味で髭を深剃りできるよう工夫がなされています。

また全ての機種ではないものの、髭の濃さによってパワーを自動で調整するヒゲセンサーや、丸みお帯び肌に無理なく密着するマルチフィットアーク刃など、肌への負担低減も追求した機能が多く存在します。

付属品には全自動洗浄器が付くものと付かないものがあり、このユニットは洗浄から除菌、乾燥、充電までも一気に請け負ってくれる便利な機能を備えています。

価格帯こそそれほど安くはないですが、価格に見合った高性能で高級感のある商品が多いとの評価もあり、電気シェーバーを使用する多くの方が支持するメーカーとなっています。

>>パナソニックのラムダッシュ5枚刃についてはコチラ

>>パナソニックのラムダッシュ3枚刃についてはコチラ

>>パナソニックのラムダッシュお風呂剃りについてはコチラ

ブラウン(Braun)

ブラウンも往復式電気シェーバーを販売するメーカーとしては有名です。こちらの主力商品はブラウンであり、商品展開数も多いのが特徴です。

こちらもシリーズごとにコンセプトなどは違いますが、どの商品も深剃り性能の高さは自他ともに認めるところであり、評価としても多くの方が高評価を挙げています。

パワー調整には人工知能ターボ音波テクノロジーを搭載することで、精密にミクロ振動を調整し、髭の濃さに合わせて最適なパワーでシェービングしてくれるので、電力消費の無駄を防ぎつつ、肌への負担も減らしています

また最高峰であるシリーズ9に至ってはハイブリッド5カットシステムという4つの刃を5段階に分けて使い分けることで、ワンストロークでほぼ全て剃れてしまう究極のシェービングを実現しています。

他のシリーズもこのシステムは無いものの、同種の刃を使うことで深剃り性能を作り上げています。

全自動洗浄器にはアルコール洗浄システムが付属し、洗浄から乾燥、充電だけでなく潤滑化もしてくれる優秀な性能を持っています。

価格帯はパナソニック同様高めではありますが、やや抑えている商品もあり、コストで言えばこちらの方が低めかもしれません。

主に髭が濃い方々から支持されているメーカーであり、評価している方もその層の方が多い印象があります。

>>ブラウンのシリーズ3についてはコチラ

>>ブラウンのシリーズ5についてはコチラ

>>ブラウンのシリーズ7についてはコチラ

>>ブラウンのシリーズ9についてはコチラ

イズミ(Izumi)

高性能なのに価格は安いというのがイズミの特徴です。評価を見ていると、性能だけで言えはパナソニックやブラウン、フィリップスにも匹敵する、あるいは凌駕するものもあると言われるほどなのに、価格は驚くほど安いと好評な意見が多いです。

駆動方式には往復式をメインとして回転式なども製造販売しています。機種ごとに4枚刃や3枚刃、果ては2枚刃を採用しているほか、ターボモーターを搭載し自分でパワー調整が出来るといった機能も持ち合わせています。

基本、シンプルな性能ながら扱いやすさがあるため、評価も高い印象がありますが、何よりも評価されているのはバッテリーの持ちの良さです。

独自開発の大容量リチウムイオン電池を搭載しているので、1回の充電で約1カ月は充電しなくてもいいという驚異のバッテリー持続期間を有しています。

コスト面を気にされる方が購入されることが多いですが、イズミは購入された方が概ね満足されている方が多いメーカーでもあります。

>>イズミのVIDANの深剃りシリーズについてはコチラ

>>イズミのVIDANのソリッドシリーズについてはコチラ

>>イズミのVIDANのお風呂剃りシリーズについてはコチラ

日立(Hitachi)

ロータリー式という新しい駆動方式を生み出したのがこちらの日立です。とは言ってもこれを採用した機種だけでなく、往復式を採用したエスブレードというシリーズも販売しています。

4枚刃を主に採用し、刃にはウェーブキャッチ刃、ヘッドには音波振動カッティングシステムを採用することで、深剃り性能や肌への優しさを高めています。

またロータリー式はトルクコントローラーで回転数を調整し、くせヒゲキャッチャーで様々な髭をしっかり捕え、剃り上げるといった機能を持ちます。

ロータリー式自体が往復式の深剃り性能を持ちつつ、回転式の肌への優しさを持つ良いとこ取りの性能を持っているので、それが相まって高い性能を発揮することとなり、ユーザーからも高評価を得ています。

価格帯はラムダッシュやブラウンほど高くはないですが、性能が高ければそれだけ予算が必要というのは変わらず、イズミと比べてしまうと高く感じられるかもしれません。しかし価格相当の性能は十分に期待できる商品でもあります。

>>日立のエスブレードについてはコチラ

>>日立のジーソードについてはコチラ

フィリップス(Philips)

フィリップスは回転式を採用しており、市場でもそのシェアをほぼ独占しているメーカーです。

回転式は肌に優しいことで知られていますが、深剃りができないという欠点を持っていました。

フィリップスではその欠点を補うために、ダブルVトラック刃や輪郭検知ヘッドを搭載することで、肌にしっかり密着し、深剃りできる機能を追加しています

もちろん全ての機種ではないものの、多くの製品に取り入れられています。他にも素早い深剃りを可能とするマルチプレシジョン刃や、肌との摩擦を減らすSkinGlideリングを搭載しているものもあります。

またスマートクリーンシステムやジェットクリーンシステムといった全自動洗浄器が付属するものもあり、洗浄、潤滑、充電を1台で行うことで、最高のパフォーマンスを維持し続ける性能も持ち合わせています。

価格帯はラムダッシュやブラウン同様に高めではありますが、回転式は貴重なため、肌が弱い方や敏感肌の方には特に支持されているメーカーでもあります。

評価も肌への優しさと、回転式の欠点を補って余りある深剃り性能に向けられていました。

>>フィリップスのシリーズ9000についてはコチラ

>>フィリップスのシリーズ7000についてはコチラ

>>フィリップスのシリーズ5000についてはコチラ

カミソリメーカーの比較

カミソリメーカーの比較

続いてカミソリメーカーの比較です。現在主に市場で販売されている4つの主要メーカーについての比較をしていますので、こちらもお悩みの方は参考にしてみていただくといいでしょう。

シック(Schick)

カミソリ業界でもトップシェアを争うのがこちらのシックになります。国内だけで言えばNo.1になったこともある大手となります。

そんなカミソリは深剃り性能はもちろん、カミソリに多い肌への負担を減らしたハイグレードモデルが多く、カミソリを使う多くのユーザーがその性能の高さを高評価しています。

5枚刃を主に採用しているので、深剃りが出来るのはもちろんのこと剃り味が良い商品となっています。

またハイドロシリーズなどは肌を守るためにモイスチャー美容ジェルを施すなど、肌の負担を減らす工夫がなされています。

これにより髭が濃い方はもちろん、肌が弱い方にも使いやすい商品を作っているのが特徴です。

これだけの性能を備えていながら、価格は良心的という事もあり、人気が高いメーカーとなっています。

>>シックのカミソリについて詳しくはコチラ

フェザー(Feather)

フェザーは刀匠の町である関市で生まれたメーカーです。そのため刃の切れ味は群を抜いており、評価でも多くの方が剃り味とその心地よさに高評価を挙げていました。

特に髭が濃い方々にとっては、この上ない剃り味を絶賛する方もいるほどです。

商品数は少ないものの、エフシステムというものを導入することで、ホルダーが違っても替え刃を取り付けられるという画期的な機能を持ち合わせています。

価格帯は可もなく不可もなくですが、剃り味から考えれば安いと感じられる方もいるような設定となっています。

>>フェザーのカミソリについて詳しくはコチラ

貝印(Kai)

貝印はフェザーの兄弟会社として同じく関市で生まれたメーカーです。そのためこちらも驚異的な切れ味を誇る刃を採用しています。

違いとしてはその商品数の多さにあります。ユーザーが使いやすいものを作るため、敏感肌の方でも使えるよう2種類のスムーサーを施したものや、刃数を選びやすくしたもの、コストパフォーマンスが良い商品など創意工夫が見られます。

価格帯は安めな方ですが、デザインの関係などで価格に見合っていないと評価される商品も若干あるのは確かです。

しかし、コストパフォーマンスを気にされる方からは概ね良い評価を多くされるメーカーでもありました。

>>貝印のカミソリについて詳しくはコチラ

ジレット(Gillette)

ジレットはシックと双璧を為し、業界シェアを争うメーカーです。こちらは剃り味だけでなく、操作性を重視した商品が多いです。

5枚刃の商品を主力としていますが、これにプラス1枚のトリマーをつけることで細かい部分の調整もできるようになっています。

またヘッド下にはフレックスボールというものを搭載することで、首を自在に動かし肌にしっかり密着する性能を発揮してくれます

価格帯は商品による違いもありますが、高性能であることを考えたら、安めという印象があります。ただ替え刃などが高いものもあるのでコストパフォーマンス的にはやや不満もあるのは確かです。

こちらもシック同様、カミソリを使用される多くのユーザーに支持されていますが、評価の対象はやはり操作性の高さに向けられており、高評価を得ることが多いメーカーでもあります。

>>ジレットのカミソリについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー