自分に合う髭剃りが見つかる!
ピントルの髭剃り専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー

コスパ最強!人気の格安電気シェーバーおすすめランキング

格安電気シェーバーランキング

電気シェーバーを使ったことがある方ならご存知だと思いますが、使い続けると替え刃などを購入する必要が出てくるため、ランニングコストを考えた商品選びが必要です。しかし、ただ安いだけの商品だと性能に不安が残ります。

電気シェーバーの中には格安でありながら性能は高く、コストパフォーマンスも良い商品があるのですが、意外と知られていません。そこでこちらでは人気のおすすめ格安電気シェーバーをランキングでご紹介していきます。

>>回転式シェーバーの選び方はコチラ

>>往復式シェーバーの選び方はコチラ

>>ロータリー式シェーバーの選び方はコチラ

スポンサーリンク

第1位:パナソニック(Panasonic) / ES-RL13

現在の価格はコチラ

価格を抑えつつ、性能も高い、替え刃も比較的安いコストパフォーマンス抜群な商品と言えば、この商品です。

3枚刃ではあるものの、パナソニック独自でラムダッシュにも採用されているマルチフィットアーク刃を搭載することで、価格が安い電気シェーバーであっても高い深剃り性能を誇ります。

またシェービングジェルなどを使用したウェットシェービングにも対応しており、水洗いで簡単に洗浄できるのも魅力です。

これだけの性能を揃えて価格は5,000円以下となるとコストパフォーマンスも高く、人気も高いとして第1位に選ばれました。

第2位:イズミ(IZUMI) / VIDAN IZF-V361

現在の価格はコチラ

価格は安いのに、高性能な電気シェーバーを送り出すイズミの中でも最も人気なのがこちらの商品です。

こちらも往復式の3枚刃ではありますが、深剃り性能はなかなかのものです。

水洗いも可能で、電圧も海外での使用も視野に入れているモデルなので、出張に持っていく際に大変便利です。

>>イズミのVIDANの深剃りシリーズについてはコチラ

スポンサーリンク

第3位:日立(HITACHI) / エスブレード・ジュニア RM-S147

現在の価格はコチラ

日本の家電メーカー最大手である日立から販売されているエスブレードシリーズの低コストモデルです。

キワゾリ刃で長い髭やクセ髭を短くし、外刃で仕上げるコンビネーション剃りは価格が安くても高い深剃り性能を実現しています。

防水加工でシェービングフォームを使用した髭剃りにも対応しており、終わった後は水洗いも可能、また電圧も海外に対応しているので、出先であっても安心して使えます。価格としても安く、使いやすい商品として人気となっています。

>>日立のエスブレードについてはコチラ

第4位:パナソニック(Panasonic) / ES-RL32

現在の価格はコチラ

再び、パナソニックから3枚刃の往復式の電気シェーバーが登場です。こちらも性能としては第1位の商品とほぼ同じですが、デザイン性のこだわりを持ち、持ちやすさと質感を高めたメタル&ラバー調デザインを採用していることから少し高めとなっています。

デザインにこだわりがあるのであればこちらでも良いでしょうが、性能としての差はほとんどないことから、第4位になりました。

第5位:日立(HITACHI) / エスブレード RM-W249

現在の価格はコチラ

2枚刃でありながら、手軽に鋭い切れ味を感じられるのがこちらの商品です。日立で独自に作られたこだわりの刃を搭載することで、刃数が少なくても鋭い剃り味を実現し、コストを抑えることに成功しています。

さらにお風呂剃りにも対応の防水性能を誇り、お風呂で使う方には嬉しい商品でもあります。デザインも独特でホールドしやすいS字型となっており、ユニーク性を持ち合わせたものをお求めであれば、こちらもおすすめです。

>>日立のエスブレードについてはコチラ

スポンサーリンク

第6位:パナソニック(Panasonic) / ES-RT17

現在の価格はコチラ

顎下までしっかりとした深剃りを可能にしたのがこちらの商品です。上記までに出てきた電気シェーバーにシャープトリマーを搭載することで、顔の凹凸にもしっかりと対応し、顎のラインであっても深剃りが可能となっています。

そのため少し価格は上がりますが、それでも深剃りできる電気シェーバーでこの価格は格安と言わざるを得ません。スタイリッシュなデザインも人気として第6位になっています。

第7位:イズミ(IZUMI) / VIDAN IZF-V56

現在の価格はコチラ

こちらも4枚刃の往復式を搭載しながら低価格を実現したイズミのVIDANモデルです。深剃りできるのはもちろんのこと、接触面も広いので一気に剃り上げられる早剃り性能も魅力です。

水洗いもでき、電圧は海外でも対応可能、さらに充電しながらの使用が可能な充電交流式と便利な商品ですが、上記までの商品に比べると少し価格は上がることから第7位になりました。

>>イズミのVIDANのソリッドシリーズについてはコチラ

第8位:フィリップス(PHILIPS) / パワータッチ PT764

現在の価格はコチラ

フィリップスの回転式は少し価格が張るものが多いのですが、この商品はその中でも断トツに価格が安い電気シェーバーです。

丸みを帯びたエッジが特徴で、軽く当てて滑らせるだけでスムーズに髭を剃れるコンフォートカット刃を採用しているので、低価格でありながら髭を的確に深剃りすることができます。

もちろん回転式ならではの肌の優しさも持っており、何よりも替え刃をするまでの期間が長いので、必然的にコストパフォーマンスも高い商品として第8位に入っています。

スポンサーリンク

第9位:イズミ / VIDAN IZF-V86

現在の価格はコチラ

イズミ製の中のVIDAN製の中では比較的高い部類にはなるのですが、それでも電気シェーバーでは格安商品となるのですから、メーカー自体も驚異の価格設定と言えます。

そんな中にあって4枚刃を採用し、ターボモードを搭載することで髭が濃い場所と薄い場所で最適な強さを調整できるのは早剃りの上でも、肌への配慮の上でも嬉しい機能です。

これで価格は抑えているので、初期投資を考えてもコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。格安人気のモデルとして第9位になりました。

>>イズミのVIDANの深剃りシリーズについてはコチラ

第10位:ブラウン(BRAUN) / ブラウン シリーズ3 3030s

現在の価格はコチラ

全体的に価格が高い商品が多いブラウンの中でも格安なのがシリーズ3になります。3枚刃の往復式ですが、マイクロコームを搭載しているので、髭を効率的に取り込み剃ることが出来るので、結果として早剃りが期待出来る商品です。

電圧の海外対応もしており、充電しながらの使用も可能、水洗いもできるという便利な商品ですが、さすが上位の商品に比べればコストパフォーマンスは落ちるとして第10位に入りました。

>>ブラウンのシリーズ3についてはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!髭剃りの種類と上手な選び方
髭剃り
種類と選び方
電気シェーバーとカミソリの種類とメリット・デメリット
髭剃り
特徴
T字カミソリや電気シェーバーの上手な髭剃り方法
髭剃り
上手なやり方
お風呂剃り対応電気シェーバーおすすめランキングと選び方
おすすめ
お風呂剃り対応
定番!電気シェーバーとカミソリのメーカー比較一覧
髭剃り
メーカー