【勝手に!】佐藤さんにおすすめなリップクリームランキング

佐藤さん リップクリーム

冬はとても乾燥が気になりますよね。特に、唇の乾燥が気になります。初対面で挨拶したときに、唇がガサガサなんて、第一印象も悪くなってしまいます。第一印象はとても大事!

日本人で一番多い苗字の佐藤さん、日本の印象を良くするためにも佐藤さんにおすすめなリップクリームランキングを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐藤さんにおすすめなリップクリームランキング

  • 第3位:Pure Smile / DELICIOUS LIP CREAM パンの香り
  • 第2位:ウオーターインリップ / 薬用UVカット
  • 第1位:SAVEX / リップクリーム スティック チェリー

第3位:Pure Smile / DELICIOUS LIP CREAM パンの香り

現在の価格はコチラ

第3位におすすめするのは、ちょっとビックリ!「パンの香り」のリップクリームです。

日本人で一番多い苗字の佐藤さん、その中でも佐藤さんが多い、愛知県豊橋市の佐藤さんにおすすめしたいのです。

なぜなら、愛知県豊橋市で有名と言えば、カレーうどんです。よく食べますよね!美味しいですよね!カレーうどんを食べて、さぁ、リップクリームを塗ろう!そんな時にこの「パンの香り」のリップクリームなら、カレーうどんを食べたあとも、邪魔をしません。

さらに、カレーパンを食べた気分にでもなれそうなくらいです。

少しやわらかめのリップで植物性オイルが何種類も沢山入っています。保湿力もばっちりです。焼きたてのパンの香りでまた、食欲がでてきて、カレーうどんをおかわりしてしまうかも?このリップクリームはカレーうどんに合うので佐藤さんにおすすめです!

第2位:ウオーターインリップ / 薬用UVカット

現在の価格はコチラ

第2位におすすめするのは、ウォーターインリップクリームです。日本人で一番多い苗字の佐藤さん、その中でも佐藤さんが多い、静岡県浜松市の佐藤さんにおすすめしたいのです。

なぜなら、静岡県浜松市で有名と言えば、浜名湖です。このウォーターインリップの綺麗な青。浜名湖の綺麗な水を思い出すことでしょう。浜名湖を見ながら、さぁ、このウオーターインリップクリームを塗りましょう。

水が染み渡ります。浜名湖ではなく、イタリア産の天然鉱泉水が入っているということですが、同じくらい贅沢な水つやを演出してくれるでしょう。

ヒアルロンサンも入っているので、うるおい成分もばっちりです。UVカットもできるので、浜名湖で長時間遊んでいても大丈夫!このリップクリームはウォーターが入っているので佐藤さんにおすすめです!

第1位:SAVEX / リップクリーム スティック チェリー

現在の価格はコチラ

第1位におすすめするのは、 サベックスのリップクリーム スティック チェリーです。日本人で一番多い苗字の佐藤さん、その中でも佐藤さんが多い、東北地方の山形県の佐藤さんにおすすめしたいのです。

なぜなら、言うまでもないですが、山形県で有名と言えば、さくらんぼです。このリップクリームスティックチェリーなら、山形県のさくらんぼを思い出す甘くて幸せな香りに包まれることでしょう。

忙しくて山形へ帰りたいけど帰れない、でも、このリップクリームをつければ、すぐに山形県のさくらんぼ畑へつれてってくれます。かわいいチェリーのイラストにも癒されます。

ワセリンが入っているので、優しく唇を保護してくれます。フレッシュなチェリーの香りです。このリップクリームはさくらんぼの香りがするので佐藤さんにおすすめです!

https://www.amazon.co.jp/SAVEX-%E3%82%B5%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/B00V7IPVRG/ref=sr_1_8?ie=UTF8&qid=1458142032&sr=8-8&keywords=%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%80%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC

リップクリームの事をもっと知りたい人は、ピントルのリップクリーム専門ページへ!
>>リップクリーム専門ページはコチラ

ピントルマンライティング戦士

投稿者プロフィール

ピントルマンはピントル編集部の改造手術を受けた正義のライティング戦士である。日夜ユーザーの為になるコンテンツとは何かを考え、悪のメディア組織ブラックハットカンパニーと戦い続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

facebook

ページ上部へ戻る