日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング

目的別:市販日焼け止めランキング

屋外でも屋内でも、1年中UV対策をすることが当たり前になりつつある現状ですが、日焼け止めを使い分けている人はどれほど居るのでしょうか。日焼け止めは目的別に使い分けるのが、最も効果的な使用方法なのです。とは言っても一体どのように使い分けたら良いのかピンとこない人もいることでしょう。

そこでここでは日焼け止めをより使いこなすべく、目的別の日焼け止めの選び方について詳しく見ていきたいと思います。目的ごとのおすすめの日焼け止めの紹介もあるので、実際に購入する際の参考にしてください。

目次 [非表示]

スポンサーリンク

日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めを選ぶポイント

紫外線対策として欠かすことのできない日焼け止めですが、なんとなく選んでいる人も多いのではないでしょうか。日焼け止めにはそれぞれ特色や効果が違うので、選ぶ際はそれらを考慮して選ぶ必要があります。

肌の状態や使用するシーンなどを加味し、状況に合った日焼け止めを選ぶことが大切です。日差しの強さと外出時間、そしてどれだけ外に居るのか応じて日焼け止めを使い分けることでより効果を高めることができます。

また、自分のに合わない日焼け止めを使用し続けることは深刻な肌トラブルの原因にもなるのでやめましょう。

>>日焼け止めの使い方についてはコチラ

SPFとPA

日焼け止めに必ず表記されているSPFとPAという文字。数値が高ければ何でもいいわけではありませんので、以下でSPFとPAの意味を解説したいと思います。

紫外線の種類

紫外線には3種類あります。

紫外線A波(UVA)は肌の奥深くまで届き、活性酸素を作り出します。これがシワやたるみなど、肌の老化の原因になってしまうのです。雲や窓を通ってしまうのもこの紫外線A波の特徴です。

紫外線B波(UVB)は肌表面に炎症を起こす作用があります。肌表面に活性酸素を発生させ、シミやソバカスの原因になります。

紫外線C波(UVC)は非常に有害な紫外線です。今まではオゾン層に阻まれ地上に到達していませんでしたが、近年のオゾン層の破壊により人体への影響が懸念されている紫外線でもあります。紫外線C波は皮膚病の原因になってしまう紫外線だと言われています。

一般的な日焼け止めはUVAとUVBを対策するものなのです。

SPA

SPFは「サンプロテクションファクター」の略で、主に紫外線B波への防止に効果があります。数値が高いほど効果が高くなります。しかしこの数字が表しているのは効果時間ではありません

紫外線を浴びてから実際に日焼け状態になる時間には個人差があり、平均的には15分~20分程度と言われています。

つまりSPFは日焼けをするまでの時間を遅らせる数値ということなのです。

例えば、紫外線を浴びてから日焼け状態になるまで10分かかる人がSPF50の日焼け止めを使用した場合、10×50で500になるので、日焼け状態になるのを500分遅れさせることができるという意味になります。

これはつまり日焼け止めを塗ったからといって紫外線を完璧に防ぐということではなく、紫外線を極力少なくしているという効果だということです。

PA

PAは「プロテクショングレイドオブUVA」の略で、紫外線A波を防止する効果の高さを表しています。

「++++」、「+++」、「++」、「+」の4段階で表記され+の数が多いほど効果が高くなります

紫外線B波は秋口から2月くらいまでは威力を弱めるのに対し、紫外線A波は秋口以降多少は減少するものの、年間通して降り注いでいます。

このことから紫外線対策は夏場に限らず、通年行う必要があるのです。

汗や水対策ができるかどうか

日焼け止めをメインで使用するのは夏の暑い時期になると思います。そこで気になるのが汗や水ではないでしょうか。

日焼け止めは基本的に汗をかいたり水に濡れたりすることで落ちてしまいます。つまり汗をかくたびに塗り直す必要があるのです。

そこで汗をかく時期やレジャーなどの際には、汗や水に強いタイプの日焼け止めを塗るか、飲むタイプの紫外線対策をすることをおすすめします。

汗や水で日焼け止めが落ちてしまった場合、焼けてしまうのは勿論ですがまだらに焼けてしまう可能性があります。それを避けるためにも汗をかくシーズンなどは汗、水に強い日焼け止めを選ぶようにしましょう。

使う体の部位

日焼け止めには塗る部位に指定のあるものがあります。これは顔用には顔用の、体用には体用の特色があるためなので、面倒に感じてもそれぞれ分けて使用するのが理想的です。

顔用と指定されている日焼け止めは化粧下地として使用できるように作られているものが多いのが特徴です。化粧下地として使用することで、化粧崩れを防いだり、肌が美しく見えるようにパウダーを配合しているものもあります。

また、パウダーファンデーションを上から重ねても乾燥しないように保湿効果の高いものなどもあります。

一方、体用と指定されている日焼け止めは顔用と比べるとやや刺激が強いものが多いのが特徴です。体の皮膚は顔よりも厚いため、顔用ほどの低刺激でなくてもおおよそは問題がありません。

また、塗れる範囲が広いため塗りやすいのも大きな特徴です。そして化粧下地としても使用できる顔用のものに比べて落としやすくできているものが多いのです。

部位の指定のある日焼け止めに関しては、その部位に合うように作られているので従うようにしましょう。

>>顔用日焼け止めおすすめランキングはコチラ

刺激のある成分に注意

日焼け止めに使用されている成分の中には、肌にとって刺激になる成分があります。

紫外線吸収剤を使用している日焼け止めは使用感が良いメリットがありますが、肌の表面で紫外線を吸収し化学的に変質させるので刺激が強くなるデメリットもあります。

紫外線吸収剤とは「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」や「ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル」、「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」といった化学物質の合成素材で、こういった成分が肌荒れの原因になります。

デメリットはありますが、肌の強い人であれば紫外線吸収剤の入っている日焼け止めを使っても問題はありません。心配な方は念の為パッチテストを行うと良いかもしれません。

逆に肌の弱い人は、刺激が少ない自然由来の成分で作られているノンケミカル日焼け止めを選ぶようにしましょう。

>>ノンケミカル日焼け止めおすすめランキングはコチラ

しかし、ノンケミカル日焼け止めと言っていても完全に安全というわけではありません。合成着色料や合成香料、防腐剤を使用していないかどうか、成分表等を確認してから使用するようにしてください。

以下に敏感肌の人が避けるべき成分をまとめてみました。

  • 合成界面活性材(洗浄力の向上)
  • 合成ポリマー(肌にツヤ感を与える効果)
  • タール系色素(合成着色料)
  • パラベン(防腐剤)
  • ハイドロキノン(美白効果付与)
  • レチノール(肌のターンオーバー促進)
  • エタノール(冷感作用と防腐効果)

目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング

目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング

本来、日焼け止めは目的別に選ぶことが望ましいものです。そこで目的別におすすめの日焼け止めのランキングを紹介したいと思います。

普段使い向け日焼け止めおすすめランキング:TOP5

日常や少しの外出程度に使用する日焼け止めは、そこまで数値の高い日焼け止めでなくても問題ありません。数値の高い日焼け止めはそれだけで肌の負担になるので、普段使いするのは控えたほうが無難です。

ここでは普段使いに適した日焼け止めのおすすめランキングを紹介します。

第1位:ELIXIR(エリクシール) / シュペリエル デーケアレボリューション W 2
現在の価格はコチラ

美容乳液、日焼け止め、化粧下地としての機能を兼ね備えたエリクシールの「シュペリエル デーケアレボリューション W 2」はSPF30・PA++++というデイリー使いに適した日焼け止めです。

化粧水のあとに使用するだけで夕方まで潤いが続きます。シミ、小じわを予防し、乾燥対策までしてくれる優れもの。通勤などで紫外線にさらされるという人向けの日焼け止めです。

第2位:アクセーヌ / UVプロテクション AC
現在の価格はコチラ

UVケアをしながらニキビ対策もできるのがアクセーヌの「UVプロテクション AC」です。SPF28・PA++という数値は日常で使いのに充分役割を果たしてくれます。

紫外線吸収剤を使用していない低刺激な日焼け止めなので肌の弱い人にも向いています。大人ニキビが気になる人や油性肌の人に非常におすすめの製品です。

第3位:スキンアクア / モイスチャージェル
現在の価格はコチラ

スキンアクアの「モイスチャージェル」はこれ1本で顔にも体にも使用できるコストパフォーマンスの高さが魅力です。容量も多めなのでまさに普段使いに最適な日焼け止めと言えるでしょう。

SPF35・PA+++で紫外線対策には充分。化粧水感覚で使用できる使用感の良さも特徴です。家族で使用する人や、体用として使用するのにも適しています。

第4位:プロハーブEM / ホワイトUVクリーム
現在の価格はコチラ

ミツバチ由来の成分プロポリスと12のハーブ成分から作られているプロハーブEMの「ホワイトUVクリーム」はSPF25・PA++で普段使いに適した日焼け止めになっています。無香料、無着色で肌に優しいのもおすすめのポイントです。

自然由来の成分が肌をしっとりとさせてくれるので日焼け止めを塗るとかさつきが気になるという人におすすめです。

第5位:NOV(ノブ) / UVローション EX
現在の価格はコチラ

ノブの「UVローション EX」はSPF30・PA++でローションタイプの日焼け止めです。紫外線吸収剤フリーながらも使用感が心地良く伸びが良いのが大きな特徴です。

普段使いの日焼け止めは肌に優しいものを使用したいという人に強くおすすめしたい製品です。

海水浴等レジャー向け日焼け止めおすすめランキング:TOP5

海水浴やレジャーなどの汗をかいたり水に濡れたりするような場面では、ウォータープルーフで数値の高い日焼け止めが適しています。

ここではレジャーや海水浴などに適した日焼け止めを紹介していきます。

第1位:ANESSA(アネッサ) / パーフェクトUV アクアブースター
現在の価格はコチラ

絶対に焼きたくない人にはアネッサの「パーフェクトUV アクアブースター」がおすすめです。SPF50+・PA++++という最強の数値が紫外線にさらされる肌をしっかりと守ってくれます。

伸びが良く、使用感が気持ち良いのも大きな特徴です。汗や水に非常に強く、しかし石鹸で簡単にオフできるので肌に無駄なストレスを与えません。

ベタつくこともなく、化粧崩れを防ぐ効果もあります。とにかく焼きたくないという人は「パーフェクトUV アクアブースター」の使用をおすすめします。

>>アネッサについて詳しくはコチラ

第2位:ALLIE(アリィー) / エクストラUVジェル(ミネラルモイスト ネオ)
現在の価格はコチラ

数値の高い日焼止めは肌が乾燥するのが気になるという人にはアリィーの「エクストラUVジェル」がおすすめ。うるおい成分を配合しているのでSPF50+ ・PA++++という数値でUVケアに高い効果を発揮しながらもうるおいも与えてくれます

伸びの良いジェルが肌の凹凸にしっかりとフィットし、ムラ焼けも防いでくれます。レジャーやスポーツ、日常的にも使用できる日焼止めと言えるでしょう。通常のボディソープや洗顔料でもオフできるので、顔だけでなく体にももちろん使用できます。

>>アリィーについて詳しくはコチラ

第3位:POLA(ポーラ) / ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト
現在の価格はコチラ

ポーラの「ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト」はSPF50・PA++++という高い数値と使用感の良さが特徴です。さらりとした付け心地とベタつかず、毛穴を塞ぐこともないので快適なレジャーを楽しめます。

そしてこの「ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト」の最大の特徴は、UVケアを行いながら美白ケアもできるという点です。また、スキンケア成分も配合しているので日中の乾燥からも肌を守ります。

日焼け止めに美白ケアを求める人に非常に適した製品なのではないでしょうか。

第4位:コーセー / スポーツビューティ UVウェアスーパースムース
現在の価格はコチラ

コーセーの「スポーツビューティ UVウェアスーパースムース」はその名の通り、スポーツに適した日焼止めになっています。汗や水だけではなく、皮脂にも強いのが大きな特徴です。

また、体温が上がることで肌をガードする働きが強まるヒートアクション成分を配合。「SPF50+・PA++++」という数値が紫外線にさらされる肌を強く保護します。

炎天下に長時間さらされるようなレジャーやスポーツの際は「スポーツビューティ UVウェアスーパースムース」が非常におすすめです。

第5位:ビオレ / UVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ
現在の価格はコチラ

SPF50+・PA++++、スーパーウォータープルーフという機能性を持ちながら非常に低価格なのがビオレの「UVアクアリッチウォータリー エッセンスタイプ」です。非常にコストパフォーマンスに秀でた製品で、うるおい感もしっかりあり、軽い付け心地も魅力的な日焼け止めになっています。

数値の高い日焼け止めは頻繁には使用しないという人やコストパフォーマンス重視の人に強くおすすめした日焼け止めです。

敏感肌向け日焼け止めおすすめランキング:TOP5

敏感肌の人にとっては紫外線は肌への強い刺激になります。しかし、日焼け止めも種類によってはやはり肌にダメージを与えてしまうのです。ここではそんな敏感肌の人向けのノンケミカル日焼止めを見ていきましょう。

第1位:ブルークレール / UVラグジュアリーデイクリームII 
現在の価格はコチラ

ブルークレールの「UVラグジュアリーデイクリームII」はあらゆる合成成分を使用していない非常に肌に優しい日焼け止めです。SPF23・PA++という数値も普段使いに適しています。

保湿成分やヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合し肌の調子を整える作用もあるので化粧下地としても問題なく使用できます。

完全無添加にこだわりたい敏感肌の人にはぜひ試して欲しい日焼け止めです。

第2位:WELINA ORGANICS(ウェリナオーガニクス) / キスフォータウン
     
現在の価格はコチラ

防腐剤、石油由来成分、エタノールなどの肌の健康を害する成分の無添加にこだわっているのがウェリナオーガニクスの「キスフォータウン」です。ミネラルを豊富に含んでいるハワイの海洋深層水と100%天然植物成分から作られている肌に優しい美容液ベースの日焼け止めです。

SPF20・PA++という肌の負担を軽くしている数値なので赤ちゃんにも使用できます。しっとりとした使い心地で保湿効果も高いので乾燥性敏感肌の人に適しています。

第3位:Lapis Lazuli(ラピスラズリ) / LLサンスクリーン
現在の価格はコチラ

乾燥性敏感肌でそれなりに高い数値の日焼け止めを探している人にはラピスラズリの「LLサンスクリーン」がおすすめです。SPF40・PA+++という高数値に加えて汗に強いのも特徴です。

弱酸性の汗では落ちず、弱アルカリ性の石鹸では簡単に落ちるのも非常に魅力的と言えるでしょう。

また、肌荒れ防止成分をたくさん配合しているのも敏感肌には嬉しいポイントです。

第4位:MAM&BABY(マム&ベビー) / UV MILK
     
現在の価格はコチラ

どんな日焼け止めでも肌が荒れてしまうという人にぜひ使用して欲しいのがマム&ベビーの「UV MILK」です。

「SPF17.7・PA++」という肌の負担にならない数値は、紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も使用せずに天然成分だけで作られています。

そのため、肌に優しく新生児からでも使用できるほどの低刺激になっています。皮膚科医共同開発なので、アトピー性皮膚炎の人にも適しています。

第5位:d program(d プログラム) / アレルバリアエッセンス
現在の価格はコチラ

SPF40・PA+++というノンケミカル日焼け止めとしてはなかなかの高数値が特徴のdプログラム「アレルバリアエッセンス」は、花粉などでシーズン限定で敏感肌になってしまうという人にぜひ試して欲しい日焼け止めです。

この「アレルバリアエッセンス」は紫外線だけではなく、花粉やホコリなどのアレルゲンからも肌を守ってくれるのです。化粧下地としても優秀で、フェンデーションの付きを良くし、長持ちさせてくれます。

辛い花粉シーズンのUVケアにおすすめの日焼け止めです。

飲む日焼け止めおすすめランキング:TOP5

肌に負担をかけることなく、手間もいらない日焼け止めとして近年注目されているのが飲む日焼け止めです。

ここでは飲む日焼け止めのおすすめランキングを紹介したいと思います。

第1位:ZERO PLUS / 飲む日焼け止め WHITE VEIL
現在の価格はコチラ

飲む日焼け止めを試してみたいけどどれを購入したら良いのか分からないという人には株式会社ZERO PLUSが販売している「飲む日焼け止め WHITE VEIL」をおすすめします。

美容のスペシャリスト監修の元、日常に不足しがちな成分を摂取することもできるサプリメントになっています。

日焼け止めだけではない、美容系サプリメントと思えば初心者の人でも試しやすいのではないでしょうか。

第2位:Heliocare(ヘリオケア) / ピュアホワイト ラディアンス
現在の価格はコチラ

ヘリオケアの「ピュアホワイト ラディアンス」は皮膚科学会からも支持されている日焼け止めです。

ハーバード大学と光老化対策チームが研究開発した安心安全、そして高い効果が裏付けされた確かなサプリメントです。元々は医薬品として作られているので非常に高価ではありますが、安心安全にこだわる人におすすめの飲む日焼け止めです。

>>ヘリオケアについて詳しくはコチラ

第3位:資生堂 / ピュアホワイト
現在の価格はコチラ

国内メーカーが販売している飲む日焼け止めを探している人には資生堂の「ピュアホワイト」がおすすめです。国内大手化粧品メーカーが販売しているだけあり、確かな品質と高い安全性が評価され売上を伸ばしている製品です。

UVケア効果はもちろんですが、継続して服用し続けることにより肌の調子が整えられるという嬉しい効果まであります。くすみニキビに悩んでいる人にもおすすめの日焼け止めです。

第4位:サンタンブロック / トライアングル 飲む日焼け止め
現在の価格はコチラ

1日に何錠も服用するのは忘れてしまいそうという人にはサンタンブロックの「トライアングル 飲む日焼け止め」がおすすめです。1日1錠を服用するだけなので続けやすいのが魅力です。

美容ケアやエイジングケアもできるというのもおすすめのポイントです。UVケアに関しても医師から推奨されるのも納得の効果の高さを発揮してくれます。

第5位:fine base (ファインベース) / インナーパラソル
現在の価格はコチラ

飲む日焼け止めのUV対策の有効成分であるニュートロックスサンを多く配合しているのがフェインベースの「インナーパラソル」です。そのUVケアに対する効果は飲む日傘と言われていることにも納得の作用をもたらしてくれます。

1つのサプリメントでしっかりと紫外線の対策を行いたい人に強くおすすめの製品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め