日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

スポンサーリンク

日焼け止めとは?成分や使用期限について

日焼け止めの成分や使用期限

昨今の美肌への意識が高まる事によって、日焼けや赤外線、紫外線の浴びすぎが良くないと言う知識が広く浸透しています。それと同時に注目を集めたのが「日焼け止め」。普段から赤外線や紫外線を意識的に避けるケアが常識となっています。

今回は毎日使用する日焼け止めについての基本知識や酸化や劣化を遅らせ良質な状態を長持ちさせる為の保管方法などをまとめました。今、代表的な日焼け止めと言われている「ニベア(NIVEA)」「アネッサ(ANESSA)」「アリィー(ALLIE)」の3つもご紹介します。

 

スポンサーリンク

日焼け止めとは?

最近では定番のクリーム状の他にも乳液状、ジェル状、スプレー状、パウダー状など沢山の種類が販売されている日焼け止めですが、そもそも何の事を言うのでしょうか。

「日焼け止め」とは読んで字のごとく肌の日焼けを緩和、防止してくれる化粧用品の事を言います。日焼けの原因「紫外線」を肌に多く浴びると皮膚が炎症を起こしメラニン色素(皮膚が黒くなる原因)が皮膚表面に沈着し、シワ、シミやたるみ、そばかすなどを引き起こす事があります。最悪、皮膚がん、白内障の原因にもなるそうです。

それを考えると日焼け止めは、使い続け肌に浴びる紫外線の量を極力減らしシワ、シミやたるみ、そばかすなどの予防にも効果があるという事になりますね。もちろん個人差はありますが、未来の自分の肌への投資と言った感じでしょうか。

>>日焼け止めの正しい使い方と注意点について詳しくはコチラ

日焼け止めの効果

日焼け止めは日光に含まれる赤外線や紫外線からお肌を守る、ガードする効果があります。販売されている日焼け止めのパッケージ等にはその効果の強弱のような物を表す「SPF」や「PA」が表記されています。よく目にするが詳しくは理解していないと言う人も少なくないと思います。

SPFとは

「SPF30」や「SPF50」のようにSPFと数字という組み合わせの表記をよく目にすると思います。数字が大きい方が強い、と何となくイメージできますが、ただ数字が大きければ良い、と言うわけではありません。数字が大きいとそれだけ使用した時のお肌へのダメージも大きいので、自身のライフスタイルに合ったものをチョイスしましょう。

では、SPFとは何なのか。SPF(Sun Protection)は紫外線防御指数を表し、主に日光を浴びた時に肌が赤く炎症してしまう原因の紫外線B波に効果を現します。

SPFの後に続く数字は「時間」を表します。30だから30分、30時間という単純なものではなく、SPF1=約10分紫外線からお肌を守ってくれます。厳密に言うと紫外線B波によって受けるダメージを数字の分だけ遅らせてくれるという事になります。店頭で良く目にするSPF30なら30×10(分)=300分(5時間)といったイメージです。

ですので、毎日の通勤や通学、洗濯物を干したり、お庭のお手入れをしたりなどの日常生活ならSPF30で充分と言えるでしょう。

PAとは

「PA+」や「PA++++」のようにPAと数個の+表記でよく目にすると思います。プラスが多ければ強い、とイメージできますがSPFと同じようにお肌の事も考えて自身に合ったものを選びましょう。

PA(Protection Grade of  UVA)は皮膚が黒くなる原因の紫外線A波に効果を現します。

  • PA+:紫外線A波防止に効果がある
  • PA++:紫外線A波防止にかなり効果がある
  • PA+++:紫外線A波防止に非常に効果がある
  • PA++++:紫外線A波防止に極めて高い効果がある
スポンサーリンク

日焼け止めの成分

日焼け止めはサンスクリーン剤(Sunscreen)とも言われ、その成分は「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類から出来ています。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は紫外線を散乱、反射させて日焼けを防ぐものです。主成分は酸化チタンと酸化亜鉛で、紫外線吸収剤に比べるとお肌への負担が少ないのが特徴です。お肌の負担を考えSPFやPAが低い日焼け止めの多くがこの紫外線散乱剤で出来ています。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し熱エネルギーに変えることで日焼けを防ぐものです。合成化合物を使用し化学変化で熱エネルギーに変化させているので、お肌への負担も多くなります。SPFやPAが高い日焼け止めに使われる事が多く、紫外線を吸収する際に出来た成分がアレルギー反応や炎症を起こす可能性があります。

日焼け止めの使用期限

基本的には未開封で3年、開封後1年と言われていますが、各メーカーでは開封後3ヶ月を推奨しています。保管方法や使用方法によって早く劣化してしまう事もあるので、購入から日にちが経っている物は使用前に見た目や臭いなどをチェックするのがベストです。

防腐剤を含まない無添加の日焼け止めは未開封で1年、開封後6ヶ月と言われていますが、使用期限などが商品に記載されていない場合は普通の日焼け止めと同じ様に使用して良いと言えます。なぜかと言うと、化粧品(日焼け止め含む)には「製造または輸入後、適切な保存条件のもとで3年以内に品質が変化する可能性のあるものは使用期限を表示しなければならない」という決まりがあるからです。

上手な保管方法

日焼け止めを使用するのは紫外線が多い春夏だけ、秋冬には使用しないと言う人や、顔だけ、肘下だけなど部分使いの人は使用期限の3ヶ月~1年で使い切るのは難しいですよね。ついつい去年余った日焼け止めを使用してしまうなんて人も多いかもしれませんが、それは避けた方が良いでしょう。1度でも使用した事のある開封後の物なら尚更です。肌トラブルの原因になります。

少しでも良質な状態を長持ちさせる為に適切な場所、方法で保管しましょう。

直射日光を避ける

窓の近くなど日光が入る、当たる場所は避けましょう。容器によっては紫外線を通してしまう場合があります。日焼け止めに紫外線が当たると酸化、劣化の原因になります。

高温を避ける

電化製品の近くや冬場にヒーター等を使用し温度が上がる場所は避けましょう。未開封でも劣化する事があります。

湿気を避ける

お風呂場に隣接した洗面所に置いている人も少なくないと思いますが、洗面所は水道付近というのはもちろん、お風呂場からの湯気という湿気もあります。しかも高温にもなる場所なので、洗面所は適切な場所とは言えません。

肌からの雑菌を避ける

開封後の日焼け止めの品質を変えてしまう原因の1つが雑菌です。ボトルタイプの日焼け止めの口を手のひらや腕などの塗りたい場所に直接付けて使用していませんか?大きな口のタイプの日焼け止めを直接指で取ったりしていませんか?そんな時などに肌に付いていた雑菌が日焼け止めに入り込み、高温多湿で増殖してしまいます。

肌からの雑菌混入を避ける為に出来る事があります。

  • 小さな容器などに入れ替えて少しずつ使用する。
  • メイク道具のパテなどを使用し日焼け止めに直接触れる事を避ける。
  • 一度肌にとって余った日焼け止めを容器に戻さない。
  • 容器から口などにはみだした日焼け止めを毎回綺麗なティッシュでふき取る。

日焼け止めの代表的な人気ブランド

日差しが強くなり始める5月ごろから、ドラックストアーには色々なメーカーの日焼け止めが並び、どれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。テレビでCMが流されているブランドはやはり人気でレビューも多く、日焼け止めの効果も優秀で定番となっています。今回は皆さん一度は目に、耳にした事あるであろう代表的な日焼け止めをご紹介します。

>>人気の市販日焼け止めおすすめランキングはコチラ

ニベア(NIVEA)

現在の価格はコチラ

丸い青い缶のボディークリームで有名なニベア(NIVEA)はドイツで生まれたブランドで、日本では1968年から「ニベア花王」として製造販売が開始されました。歴史も古くテレビCMや雑誌など紙面での広告なども多いので日本でも大変有名なブランドですよね。

代表的な商品はボディークリームやボディーミルク、リップクリームなどで、日焼け止めも代表的な商品の1つです。ニベアの日焼け止めと言うワードより「ニベアサン」と言うワードの方がピンと来る人が多いかもしれませんね。

数々のスキンケア商品で定評のあるニベアの日焼け止めは、保湿性があり塗った後、お肌がしっとりするので化粧下地としても使用出来ます。香りも抑えられていてお肌への負担も考えられているので安心して毎日使用出来るのは嬉しいですね。価格も比較的安価なので普段使いに最適です。

クリームタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなど日焼け止めだけでも種類が豊富で、自分の好きな使用感の物を選べるのも大手の特徴です。

>>ニベアのについて詳しくはコチラ

アネッサ(ANESSA)

現在の価格はコチラ

アネッサ(ANESSA)は資生堂内のブランドで「最愛の肌へ、最強のアネッサ」をキャッチコピーに1992年に販売を開始しました。テレビCMには、森星や真木よう子、長谷川潤、蒼井優、土屋アンナ、蛯原友里など数々の有名女優、有名モデルを起用していてインパクトのあるテレビCMを放送し続けています。

代表的な商品は日焼け止め効果のあるローションや乳液が有名ですが、最近では日焼け止め効果のあるリッププロテクターやファンデーション、それをしっかり落とすクレンジングなども発売されています。

アネッサの日焼け止めは他の日焼け止めと比べると少し高価だが品質の良さに定評があり人気です。さらさらと軽い付け心地なのに絶対焼けない!と言う抜群の紫外線カット効果。以外に紫外線対策が難しい頭皮に使用してもテカリなど気になりません。尚且つ肌が綺麗に見えるのも嬉しいポイントです。

>>アネッサについて詳しくはコチラ

アリィー(ALLIE)

現在の価格はコチラ

アリィー(ALLIE)はカネボウ化粧品内のブランドで、歴史は他の2ブランドと比べると少し浅いですが、イメージキャラクターには西内まりやや北川景子、山田優、米倉涼子など、アネッサ同様、数々の有名女優、有名モデルが起用されているので、その効果もあって有名ブランドの1つになりました。

日焼け止め効果のある商品に特化していて顔用や美白効果が期待出来るもの、フェイスパウダー型やファンデーション型など多種多様の日焼け止めを販売しています。日焼け止め以外にはアイブロウやアイライナー、マスカラなどアイメイク用品の販売も開始されました。

アリィーの代表的な日焼け止めジェルや乳液は、伸びがよく肌にフィットし少量でも高い日焼け止め効果が期待できます。価格は他の日焼け止めと比べると比較的高価だが、少量でしっかり紫外線をカットしてくれるのでコスパが良いと言えるでしょう。ウォータープルーフで落ちにくいので海やプール、外でのスポーツなどに最適です。

>>アリィーについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め