日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

スポンサーリンク

キュレルの口コミ評判とおすすめ日焼け止め

キュレル(Curel)

敏感肌の方のための日焼け止め「キュレル」をご存知ですか?

紫外線吸収剤はもちろん、ノンケミカルで様々な肌テストもしてある赤ちゃんの肌にも使える日焼け止めです。

今回はそんな「キュレル」の日焼け止めについて、徹底解説しています。肌が弱い方や、これから日焼け止めを購入しようと考えている方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

キュレル(Curel)とは

キュレル(Curel)とは

キュレルは、花王から販売されている日焼け止めで、「肌トラブルに真摯に向き合いたい」という願いのもとに誕生しました。1999年に、12年にわたる歳月をかけて製品化されたのが、キュレル スキンケアシリーズです。

キュレルの日焼け止めは「セラミド」に着目しており、「セラミドを守って洗い、セラミドの働きを補って潤いを与えるアプローチ」で、外部刺激から肌を守る肌のバリア機能の働きをサポートし、肌荒れしにくい潤い肌に保ってくれます。

また、抗炎症作用のある成分が配合されており、日焼けによる肌ダメージのケアもばっちりです。敏感肌でもOKなように、紫外線吸収剤や香料、着色料は無添加で、敏感肌の方によるパッチテストもしており、大手の安心感があります。

顔や身体、頭皮まで、優しい使い心地にこだわった、赤ちゃんから年齢を重ねた方にまでお使いいただける日焼け止めです。

>>日焼け止めの成分や使用期限について詳しくはコチラ

>>日焼け止めの正しい使い方と注意点について詳しくはコチラ

キュレルの日焼け止めの特徴

キュレルの日焼け止めの特徴

キュレルの日焼け止めは、紫外線をカットするだけでなく、乾燥、赤み.ほてり、シミ、そばかすなどの紫外線による肌ダメージまで防ぐUVカットタイプになります。

抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルも配合されており、アフターケアも安心です。さらに、セラミド機能成分やユーカリエキスなど十分な保湿力もあり、敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方にも人気な日焼け止めです。

続いてキュレルの日焼け止めの特徴のポイントをご紹介します。

  • 紫外線による肌ダメージを防ぐ
  • 低刺激性の製品設計

紫外線による肌ダメージを防ぐ

潤い成分「セラミド機能成分」を配合。肌の必須成分「セラミド」の働きを補い、肌(角層)のバリア機能を補って潤いで満たし、外部刺激を受けにくい「潤い高密度肌」に保ち、乾燥を防いでくれます。

植物由来の肌ダメージ防止成分も配合されているので、赤みやほてりも防いでくれます。

低刺激性の製品設計

無香料、無着色はもちろん、紫外線吸収剤も無配合。アルコールフリーで肌が弱い方も安心してお使いいただけます。

敏感肌の方のアレルギーテストや、ニキビのもとになりにくいノンコメドジェニックもテスト済みで赤ちゃんのデリケートな肌にも安心してお使いいただけます。

口コミ・評判

キュレルの日焼け止めは、紫外線吸収剤入りの日焼け止めが使えない方におすすめの日焼け止めです。他の日焼け止めに比べ、乾燥、肌荒れもなく、乾燥性敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。また、汗や皮脂で落ちにくいのも人気のポイントです。

乾燥性敏感肌の方は共通してセラミドが不足しているのですが、キュレルはお肌のセラミドを洗い流さずに、その働きを補って助けることのできる成分を配合しているため、「肌荒れがない」と敏感性乾燥肌の方にとても人気です。

敏感性乾燥肌の方だけでなく、それまでの日焼け止めで満足していた方の中にも、セラミド効果が肌がしっとりなのにサラサラになると大きな評判を呼んでいます。

また、洗い流した後も、「肌がもっちりして肌トラブルもなくなった」という方も多いようです。「石鹸で洗い流せる」のもキュレルの日焼け止めが人気なポイントです。

ただ、どんな日焼け止めでも塗り直したり肌が乾燥したりすると、多少落ちにくくなってしまうので、石鹸で落とせるキュレルの日焼け止めを使った時も、上記の場合にはクレンジング料で丁寧に洗い流しましょう。

テクスチャーは、ゆるいテクスチャー伸びもいいのですが、少し重ためなので塗った感じが不快に感じる方もいます。また、化粧下地につかうと白浮きしやすい場合もあります。

どんな人・シーンにおすすめ?

キュレルの日焼け止めは、肌につけていても負担が少なく、刺激やかゆみがないため、乾燥肌の方や敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方にもおすすめです。また、刺激がなく石鹸でも落とせるので肌にストレスをかけず、肌荒れがひどい時にも使っていただけます。

ただ白浮きが目立つので、色白の方のお肌に向いてる日焼け止めです。

スポンサーリンク

キュレルでおすすめの日焼け止め:厳選3種

キュレルでおすすめの日焼け止め:厳選3種

続いて、キュレルでおすすめの日焼け止めをご紹介します。敏感肌の方や、これから日焼け止めを購入しようと考えている方もぜひ参考にしてみてください。

>>人気の市販日焼け止めおすすめランキングはコチラ

>>日焼け止め乳液おすすめランキングはコチラ

UVローション

現在の価格はコチラ

セラミドケアしながら紫外線から肌を守る、乾燥性敏感肌を考えたUVローションです。顔や身体の肌にのばしやすいテクスチャーで、さらっと馴染む乳液タイプになります。

植物由来の消炎剤も配合されているので、日焼け後の肌にもお使いいただけます。白残りしにくいので、化粧下地として使うのもおすすめです。

付け方としては、直線を描くようにつけてから、手のひらでくるくる円を描くように伸ばしてください。2~3時間を目安に塗りなおすときちんと日焼け止め対策ができます。

UVミルク

現在の価格はコチラ

顔用のこちらの日焼け止めは紫外線による肌ダメージを防ぎ、肌が弱い方もつっぱり感や刺激などなく安心してお使いいただけるUVミルクです。

刺激も強くなく、しっかり日焼けを防止してくれるので、真夏の時期を含め一年通してお使いいただける日焼け止めです。

さらっとした付け心地で、化粧下地として使っている方も多く、少しずつ顔に伸ばしていくと白残りせずワントーン明るく見える仕上がりになります。

付け方のポイントは、2~3時間ごとにこまめに塗りなおすとしっかり日焼けを予防できます。UVミルクを塗る際に、コットンなどでしっかり汚れを落としてから塗るとミルクがきちんと肌に密着ししっかりと日焼けを防いでくれます。

UVエッセンス

現在の価格はコチラ

全身でお使いいただけるこちらの日焼け止めは、日常の紫外線をきちんとカットしてくれるみずみずしい使い心地のUVエッセンスです。デリケートな赤ちゃんの肌にもつかえる、敏感肌の方におすすめな日焼け止めです。

セラミド機能をサポートする成分が配合されているので、さらっとした付け心地でもしっかり保湿してくれます。付け方としては、直線を描くようにつけてから手のひらでくるくる円を描くように伸ばしてください。ローションなどで保湿してから日焼け止めを使用すると、ムラなく綺麗に伸ばせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め