日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め
スポンサーリンク

ポイントがわかる!日焼け止めの上手な使い方と注意点

日焼け止めの正しい使い方

紫外線は1年を通して降り注いでいます。そのため、日焼け止めなどでの紫外線対策は1年を通して行うことが必須です。

日焼け止めは、肌が日焼けして茶色くなるのを防ぐ役割だけでなく、将来のシミやシワを防いでくれる役割もあり、今や女性だけではなく、男性も使用する方がいらっしゃるほどです。

日焼け止めは薬局やスーパー、コンビニでも購入することができ、その種類は多種多様で、多くのメーカーやブランドから販売されています。それは日焼け止めの効果などによっても違いますが、正しく効果を得るためには、正しい使い方をしなければなりません。そこでここでは、日焼け止めの上手な使い方と注意点をご紹介していきます。

スポンサーリンク

日焼け止めの使い方のポイント

夏だけでなく、オールシーズン日焼け止めを塗る方もいらっしゃるでしょう。日焼けをするのは夏だけではありません。

日焼け止めはただ肌に塗ればいいというわけではありません。正しい使い方をしていないと塗っても充分な効果が得られないので、基本の使い方を知っておくことが大切です。

また、クリームタイプ、スプレータイプなど様々な種類の中から自分の肌にあったものを選ぶことも重要です。

>>日焼け止めの成分や使用期限について詳しくはコチラ

しっかりと塗り直す

SPFの数値が高い日焼け止めを塗っていれば塗りなおしが必要ないと考える方もいらっしゃいます。しかし、SPF値の過信には注意が必要です。

SPFの数値はどのくらいの時間日焼けから肌を守ることができるかの数値です。効果は人によって異なり、日焼けしやすい肌の人であれば短時間で日焼けから肌を守る効果は少なくなってしまいます。長い時間日焼けから守ってくれる効力が続くのであれば、塗りなおす必要はないと考えてしまいます。

ですが、ウォータープルーフの日焼け止めであっても、絶対に落ちないということはありません。夏はもちろんこと、オールシーズン見えなくても肌の表面は汗をかいているので、汗で流れてしまったり、メイクがよれてしまえば日焼け止めの効果も半減してしまいます。

よって、日焼け止めはこまめに塗りなおすのが効果的でしょう。

毎回日焼け止めを塗るのが大変だと感じる方には、顔であれば日焼け止め効果のあるフェイスパウダーも上手に活用してみるのも1つの手かもしれません。

>>日焼け止めパウダーおすすめランキングはコチラ

ムラにならないように塗る

肌にまんべんなく塗っているように思っていても、意外にも塗り残しはあるものです。また、きちんと塗ることができている場所と、きちんと塗ることができていない場所も存在します。

他にも、フェイスラインの下や耳耳の裏足元などは日焼け止めを塗り忘れがちです。日光に当たる部分は必ず日に焼けます。また、勘違いされている方もいらっしゃるようですが、服を着ている部分でも日焼けはするので、服を着ているからといって安心するのはよくないでしょう。

日焼け止めを1度にたくさん使うともったいないと感じる方も多いとは思いますが、塗る量が少量であると、ムラになってしまい、効果が得られません。日焼け止めの使用量が少ないとムラづきの原因になります。

目安の量はメーカーや商品によっても異なりますが、表示や説明がある場合にはまずそれに従って、肌の状態や自分の好みによって加減をするとよいでしょう。特に目安量の記載がない商品であっても、十分に伸ばせるような量を使用するのがよいです。

ムラになってしまうと、日焼けしやすい場所としにくい場所ができ、肌の色も体のパーツによって変わってしまうことになります。

>>顔用日焼け止めおすすめランキングはコチラ

塗り残しに注意する

日焼け止めを塗り残した部分があると当然のことながらその部分は日焼けしてしまうことになります。自分の日焼けしたくない部分を意識していても、塗り残しやすい場所があるので注意が必要です。

  • まぶた
  • 小鼻
  • 首の後ろ
  • フェイスラインの下
  • 耳の裏
  • 手の甲
  • 足元

上記の7つは塗り残しが多くなっていますので、特に注意が必要です。

余談ですが、塗り残しを防ぐための専用のカメラが発売しているようです。日焼け止めを塗った後の肌をこのカメラを通してみることで、日焼け止めを塗れていない場所と濡れている場所の確認ができます。どうしても塗り残しが気になるという方は購入してみるのも1つの手かもしれません。

日焼け止めの使い方と注意点

日焼け止めを塗るのは肌トラブルを防ぐためでもあると思いますが、日焼け止めを塗ることで肌トラブルを引き起こしてしまっては元も子もなくなってしまいます。

日焼け止めで肌トラブルが起きてしまうのは主に使い方を誤っていることが原因です。そこで、日焼け止めの正しい使い方と注意点を詳しくご紹介いたします。

使用後はしっかりと洗い流す

多くの方が日焼け止めを塗るのに重点を置いていて、日焼け止めを落とすことにはあまり気を使っていないように感じます。

日焼け止めを落とさずに肌に残ったままの状態であると肌トラブルの原因になってしまう可能性がありますので、日焼け止めをしっかりと洗い流すことが大切です。

水に塗れても落ちないウォータープルーフ仕様の日焼け止めはレジャーにぴったりで、塗りなおしも少なくて済むので使用している方は多いでしょう。しかし、塗りなおしが少なくて済む分、落ちにくいものも多くあります。

日焼け止めを落とすときには、洗顔料やボディーソープでしっかり洗い流します。力を入れて洗い流すと肌が傷ついてしまう原因になりますので、優しく泡で洗うようにするといいでしょう。それでも落ちないと感じた場合にはクレンジングなども併用し、肌に負担をかけない落とし方をすることがおすすめです。

肌に合う日焼け止めを使用する

UVカット率、SPF、PAの全てが高ければ高いほど日焼け止めの効果が高く、日焼けしづらくなっていますが、効果の高い日焼け止めはそれだけ肌にかかる負担も大きくなっています

現在では様々な種類の日焼け止めが販売されており、肌トラブルに配慮した日焼け止めが多くなっています。ですが、全く肌トラブルが起きないということではありません。日焼け止めは長い時間、直接肌に触れるものですので、細心の注意が必要です。

また、肌に合う合わないというのは誰でも必ずあります。おすすめされたものを使ったけど自分の肌に合わなかった、というのはよくあることなので自分の肌をよく理解して、自分に合った日焼け止めを探しましょう。

特に、敏感肌の方はノンケミカルなど、刺激が少ない日焼け止めを使うことがおすすめです。

>>ノンケミカル日焼け止めおすすめランキングはコチラ

パッチテストを行う

ノンケミカルや敏感肌用の低刺激の日焼け止めを選んだとしても、肌トラブルの可能性がゼロというわけではありません。そこで、全身に塗る前にパッチテストを行って、肌の状態を観察しましょう。

日焼け止めの中に配合されている成分は1つではなく、一般的に肌に悪い成分と言われている紫外線吸収剤を使用していなくても、他の成分が肌に合わないという場合も考えられます。ましてや敏感肌の人であれば、普通肌に比べて合わない化粧品が多くあります。評判や口コミだけを信用してすぐに使い始めるのは危険であることを覚えておきましょう。

日焼け止めは顔で使用することを考えて顔でパッチテストを行う方がいいと考える方もいらっしゃると思いますが、もし肌トラブルが起きてしまった時のことを考えると、肌トラブルが起きても目立ちにくい場所のほうがいいでしょう。

例えば、腕の内側などの敏感ですが目立たない場所に日焼け止めを塗って試すのがおすすめです。2,3日しても肌トラブルが起きている様子がなければ、その日焼け止めは全身に使用することができます。

パッチテストをする際には意識して多めに塗ると正しい結果が得られやすいです。

スポンサーリンク

上手な日焼け止めの使い方

日焼け止めの上手な使い方を知っている方は意外にも少ないのではないでしょうか。

現在使用している日焼け止めの正しい効果を得るためには、上手な日焼け止めの使い方をすることが必須条件です。そこで、身体に塗る場合と顔に塗る場合の日焼け止めの上手な使い方をご紹介いたします。

>>人気の市販日焼け止めおすすめランキングはコチラ

身体に塗る場合

シミやシワなどが気になる方は多くいらっしゃるので、日焼け止めを塗る際に顔ばかりに意識が集中してしまいがちで、身体への塗り方は適当になっている方も多いかと思います。しかし、身体も紫外線を浴びると、シミやシワの原因になってしまいます。露出している身体の部分には特に意識をして日焼け止めを塗りましょう。少しだけだから、といいて日焼け止めを塗らずに外出することは控えた方がいいです。

身体に塗る場合には、塗りたい肌の部分に容器から直接日焼け止めを付け、手のひらで丸を描くように伸ばしていきます。

胸に日焼け止めを塗る際には、手首からひじの関節のあたりまで、線を描くように日焼け止めを肌に乗せ、手のひらで包み込むように塗りましょう。脚も同じように、足首からひざのあたりまで、線を描くように塗ります。

肩や胸は特に日に焼けやすい場所なので、丁寧につけるこまめに塗りなおすなすなどの注意が必要です。

顔に塗る場合

顔に日焼け止めを使用する一般的な順番は、基礎化粧品などのスキンケアが全て終わった後、ベースメイクの前です。先にスキンケアで肌をしっかりと保湿し、肌の土台を作ってあげることが大切です。

スキンケアの後、肌の表面がべたつかず、しっとりとした感触になったらうるおいが十分に肌に入り込んだサインだと考えます。

そして、日焼け止めを適量手に取り、頬・おでこ・鼻・あごにのせて優しく伸ばします。目安として、クリーム状の日焼け止めの場合にはパール大2個分、液状タイプの日焼け止めの場合には500円玉1個分または1円玉2個分が適量です。この4点に日焼け止めをのせることによって、塗りムラを防ぐことができます。

その後、顔全体に1度なじませ、同量を重ね付けします。しかし、日焼け止めの上からファンデーションを使用する場合にはこの重ね付けは必要ありません。また、まぶたは塗り忘れの多い場所なので気を付けましょう。

>>顔用日焼け止めおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め