日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め
スポンサーリンク

いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング

赤ちゃん向け日焼け止めランキング

天気が良く暖かい日には、赤ちゃんと一緒にお出掛けする機会が増えるかと思います。特に日差しが強くなる春から夏にかけては、大人と同じように赤ちゃんにも紫外線対策が必要なのか気になる方は多いのではないでしょうか。赤ちゃんの肌デリケートなので、大人がしっかりとケアをしてあげることが大切となってきます。

そこで、赤ちゃんにも日焼け止めが必要なのか、またいつから使えるのかなどを詳しく解説したいと思います。さらに、赤ちゃん向けの日焼け止めおすすめランキングTOP10もご紹介するので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

赤ちゃんに日焼け止めは必要?

赤ちゃんの肌はつるつるしていて綺麗ですが、とっても繊細で外部からの刺激にも敏感です。また、生後2~3か月頃の赤ちゃんは、皮脂の分泌が落ち着くので、肌が乾燥した状態になります。さらに、大人の3分の1程度の厚さしかなく、水分量も半分ほどなのだそう。

そのため、紫外線を浴びると肌はダメージを受けてしまい、ひどい場合だと火傷のように水ぶくれができてしまうこともあります。以前は、真っ黒に日焼けした肌は、健康的というイメージがあったのですが、近年では、紫外線を浴びすぎると、すぐには影響がなくても、大きくなったときにシミが出てきたり、大人になって皮膚がんや白内障などの病気を引き起こす原因になるともいわれています。

特に夏場は、直接肌に日光が当たる時間も長くなるので、外出の際は赤ちゃんの肌を守るために、日焼け止めを塗ってあげましょう。

いつから赤ちゃんに日焼け止めを使える?

赤ちゃんに日焼け止めを使う場合は、「ベビー用」のものを選びましょう。日焼け止めには種類がたくさんあり、商品によってそれぞれ対象月齢が異なるので、使用が可能な月齢かどうかの記載をきちんと確認しておきましょう。

新生児から使用可能なものもありますが、生後3か月頃までは、赤ちゃんの肌はとっても柔らかく敏感なので、できるだけ日焼け止めの使用は控えておきたいところです。外出の際は、直射日光が当たらないように、帽子やサンシェードなどで日焼け対策をしてあげましょう。

また、長時間の外出を控えるなども効果的です。赤ちゃんに日焼け止めを使用する際に注意しておきたいのが誤飲です。何でも口に入れてしまう赤ちゃんが、誤って飲み込んでしまわないように、手の届く範囲には日焼け止めを置かないようにしましょう。また、ふたが外れやすいものも気を付けておきましょう。

赤ちゃん向け:日焼け止めの選び方

赤ちゃん向け:日焼け止めの選び方

赤ちゃん向けの日焼け止めを選ぶ際のポイントや選び方をご紹介します。特に注意したいのは以下の4点です。

  • 低刺激でノンケミカルのもの
  • 塗り心地の良いもの
  • 海などはSPFやPAは高いもの
  • 簡単に落とせるもの

まずは、ノンケミカルかどうかを確認しておきましょう。日焼け止めには、「紫外線散乱剤」や「紫外線吸収剤」といった化学原料を使用しているものがあります。

赤ちゃんの肌はとってもデリケートで刺激に敏感なので、これらの化学原料によって肌がかぶれることも考えられます。ですので、低刺激でノンケミカルなものを選ぶようにしてください。また、塗り心地の良いものを選ぶのも大切です。伸びが良くてムラにならず、ベタつかないものを選んであげましょう。

SPFPAの値もさまざまで、どれを選べばよいか分かりにくいかと思いますが、これらの値が高いものほど日焼け止めの効果も強くなると覚えておきましょう。

選ぶ目安としては、普段の外出なら、SPF15~20、PA++程度、長時間に渡って直接紫外線を浴びてしまう海やプールなどにお出掛けの際は、SPF20~40、PA++~+++が目安となっています。

また、きちんと落とせる日焼け止めを選ぶのも、赤ちゃんの肌を守るためには大切です。ゴシゴシ洗わなくても簡単に落とせるものを選んであげましょう。

>>ノンケミカル日焼け止めおすすめランキングはコチラ

必ずパッチテストをする

日焼け止めの種類によっては、赤ちゃんに合わないものもあります。さらに、肌荒れしやすい体質やアレルギーがある赤ちゃんの場合は、特に注意が必要となります。ですので、赤ちゃんに日焼け止めを使用するときは、実際に使っても問題がないかどうか、必ずパッチテストをしましょう。

その際は、体に少し塗って、赤く反応したりかぶれたりしないかを確認しておきます。これらの反応がなく、塗っても大丈夫だと分かったら、適量を優しく塗ってあげてください。

日焼け止めを塗る方法としては、まずは顔ですが、それぞれ記載されている量を手に取り、額や鼻の頭、頬やあごに分けて乗せます。それをムラにならないように、全体にまんべんなく広げてあげましょう。

腕や足などに塗る場合は、直接塗って、手のひらで均等に塗り広げてください。塗り忘れやすい内側もしっかりと塗りましょう。また、赤ちゃんが汗をかいたりして日焼け止めが落ちた場合は、汗を拭き取って塗り治してあげると良いでしょう。

使用した後はしっかりと洗い流してあげる

日焼け止めを使用した後は、しっかりと洗い流してあげましょう。いくら赤ちゃんに塗っても安全だったとしても、塗りっぱなしはいけません。特に、SPFやPAが高いものは、日焼け止め効果も高くてキープ力も長時間持続します。その分、石鹸などで簡単に落ちにくい特徴もあるので、注意しましょう。

落とし方としては、石鹸をよく泡立てて、日焼け止めを塗った部分を優しくなでるようにして洗いましょう。赤ちゃんの肌は大人が思っている以上に、弱くて繊細なので、あまり強くゴシゴシとこすらないように注意してください。商品によって落とし方も異なる場合があるので、説明を確認して、洗い残しのないようにしっかりと洗い流してあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃん向け日焼け止めおすすめランキング:TOP10

赤ちゃん向け日焼け止めおすすめランキング:TOP10

赤ちゃん向けの日焼け止めは、たくさんの種類があります。中でも、おすすめの日焼け止めランキングTOP10をご紹介します。

商品の特徴やおすすめのポイントやシーンについても解説しますので、選ぶ際に参考にしてみてください。

>>人気の市販日焼け止めおすすめランキングはコチラ

第1位:ニベアサン / プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120g

現在の価格はコチラ

こちらは、日焼け止めメーカーの王道「ニベアサン」の、伸びがよくベタつかないのが特徴的な日焼け止めです。ノンアルコールで、無香料・無着色なので、赤ちゃんの肌に低刺激

専用のクレンジンもいらず、石鹸や洗顔料などで落とすことができます。顔や体に使用できるので、日差しが強くなる季節には重宝します

第2位:パックスベビー / UVクリーム SPF17 PA+ 30g

現在の価格はコチラ

「パックスベビー」の日焼け止めは、ノンケミカルでさらに無香料・無着色。肌へのなじみがよいといわれているマカデミアナッツオイルなどの天然素材からできているので、赤ちゃんの肌にも安心して使用できます。赤ちゃんだけでなく、敏感肌の大人の方にもおすすめです。

第3位:マミー / UVマイルドジェルN SPF33 PA+++ 100g

現在の価格はコチラ

クマのかわいい容器に入った「マミー」「UVマイルドジェルN」は、ポンプ式なので使いやすいのが特徴的です。90%が食品成分でできている優しい日焼け止め。ホホバオイルアロエエキス、木いちごエキスやアセロラエキスなどの天然素材が配合されていて、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心と人気となっています。

SPF値も高いので、しっかりと日焼け予防をしたいときにおすすめです。一度購入された方が、リピーターとなっている率が高い日焼け止めです。

第4位:和光堂 / ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用 SPF21 PA++ 30g

現在の価格はコチラ

こちらの日焼け止めは、母乳をお手本として誕生した保湿成分が配合されているので、うるおいを保ってくれる特徴があります。塗り心地はさらさらとしていて、白くなりにくいと人気です。

さらに、無香料・無着色なので、においが気になるという方でも安心してお使いいただけます。毎日のお散歩やお買い物などのお出掛けにおすすめ。

第5位:ピジョン / UVベビー ウォーターミルク (0ヵ月~) SPF15 PA++ 60g

現在の価格はコチラ

ウォーターベースの日焼け止めなので、水のような軽い使い心地が特徴的となっています。伸びがよくて、白残りしにくい乳液タイプ。紫外線のダメージから赤ちゃんの肌を守り、ベビーソープで簡単に落とせます。

ノンケミカルで、生まれたての赤ちゃんにも使用可能です。また、低刺激な日焼け止めなので、敏感肌の大人の方にもおすすめです。

第6位:ヴェレダ / エーデルワイス UVプロテクト SPF33 PA++ 50ml

現在の価格はコチラ

スイスのオーガニックコスメブランド「ヴェレダ」。配合されている成分は、天然由来のものばかりで、生後6か月の赤ちゃんから使用可能です。柑橘系の爽やかな香りと、薄い肌色のクリームが特徴的で、また、キメを整えてくれて、クリアな肌を作ることができるので、赤ちゃんだけでなく大人の方も化粧下地として使用することもできます。

第7位:ママはぐ / 日やけ止めジェル SPF25 PA+++ 100g

現在の価格はコチラ

こちらは「ママはぐ」ヨーグルトエキスが配合されたジェルタイプの日焼け止めです。ポンプ式なので、外出先でもさっと取り出して使用できます。また、玄関先に置いておくと、お出掛け前に手間なく塗ることができるのでとっても便利。

弱酸性の低刺激タイプなので、日常使いにおすすめです。大人の方も使えるので、赤ちゃんと一緒にご家族みなさんで紫外線対策にお使いください。

第8位:アロベビー / UV&アウトドアミスト SPF15 80ml

現在の価格はコチラ

こちらは、日焼け止めと虫よけが1本となった優れもの。ミストタイプなので、外出先でしゅっとスプレーしてお使いください。レモングラスローズマリーなどのアロマ成分が配合されていて、優しく赤ちゃんの肌を守ってくれます。

お湯で簡単に落とせるので、毎日安心して使用できます。アウトドアや虫刺されが気になる場所へお出掛けの際におすすめです。

第9位:ママバター / UV ケアクリーム SPF20 PA++ 45g

現在の価格はコチラ

保湿力の高いシアバターが配合された「ママバター」の日焼け止め。クリームタイプなので伸びがよく、石鹸で簡単に落とせるので、赤ちゃんから大人まで安心して使用できます。また、乾燥肌の女性には、化粧下地にぴったりと人気にもなっています。

ですが、レビューでは、夏場に使用するとシアバターがしっとりし過ぎて重く感じるという方の声もありました。

第10位:ドクターシーラボ / ベビーUVクリーム SPF30 PA++ 30g

現在の価格はコチラ

サクラエキス配合の「ドクターシーラボ」の日焼け止め。ノンアルコールで、無香料・無着色なので、デリケートな赤ちゃんの肌を安全にケアすることができます。クリームタイプで、伸びがよく塗りやすいのが特徴的ですが、肌に塗ると少し白く残るという場合もあるようです。使用した後はベビーソープで簡単に落とせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め