日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め
スポンサーリンク

敏感肌向け!ノンケミカル日焼け止めおすすめランキング

ノンケミカル日焼け止めランキング

敏感肌の人にとって紫外線は肌の刺激になるものです。しかしそれを防ぐための日焼け止めもまた敏感肌の人には肌を荒れさせる刺激になってしまいます。

そんな時に重宝するのがノンケミカル日焼け止めです。ノンケミカル日焼け止めとは肌の負担になる紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めのことを言います。しかし、最近の日焼け止めは肌への刺激を一層軽減するべく様々な進化を遂げています。

今回はそんなノンケミカル日焼け止めについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ノンケミカル日焼け止めとは?

ノンケミカル日焼け止めとは?

近年目にすることが増えた、ノンケミカル日焼け止めという言葉。なんとなく肌に良いというイメージで詳しい意味を知らない人も多いのではないかと思います。

ノンケミカルとは合成成分が入っていないという意味です。日焼け止めにおいては紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤を使用した製品という意味合いで用いられています。

では紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とはどういうものなのでしょうか。

紫外線吸収剤とは皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学反応を起こさせることで肌の内側に紫外線が入ってくるのを防ぐ働きをします。紫外線を防ぐ力が強く、使い心地が良いというメリットがあります。

しかし肌への負担が大きいため、人によっては肌にダメージを負う可能性があります。また、化学変化が起こるに従って、肌を守る力が弱まっていくのでこまめに塗り直す必要があります。

一方、紫外線散乱剤とは肌の表面で紫外線を反射させることで日焼けを防ぎます。自然由来の原料を使用しているものが多いので肌への負担が軽いという利点がある一方で、使用感に難のあるものが多いという問題があります。

では紫外線散乱剤を使用している製品ならばノンケミカル日焼け止めなのかといえば、それは違います。市販されている日焼け止めの中では紫外線散乱剤を使用し、ノンケミカルという扱いで販売されていても合成成分を使用しているものがあるのです。

ノンケミカルとは本来、合成成分を使用せず無添加で、なおかつ自然由来の成分だけで作られたオーガニックなものでなくてはなりません。肌の負担を軽くするためや、子供に使用する目的でノンケミカル日焼け止めを購入する際は成分をしっかりと確認して購入するようにしましょう。

メリット

ノンケミカル日焼け止めの1番のメリットは肌への負担が非常に軽いという点です。加えて、クレンジングなどを使用しなくてもオフできるのでその点でも肌に優しいのが特徴です。

このように肌への負担が軽くなるように作られているので、肌の弱い人や子供でも安心して使用できます。

一方で、使用感が悪かったり白浮きしたりするというデメリットもありますが、最近ではノンケミカルのものでも使用感が良いものや、白浮きしないようなものも多く販売されており、選ぶ幅が広がっています。

また、紫外線吸収剤を使用している日焼け止めはクリームタイプのものが多いのですが、ノンケミカルの日焼け止めはパウダータイプのものなどもあり、状況に応じて形状が選べるというのも大きなメリットになっています。

ノンケミカル日焼け止めおすすめランキング:TOP10

ノンケミカル日焼け止めおすすめランキング:TOP10

肌が弱い人にとって紫外線は刺激となって肌を痛めます。しかし紫外線を防ぐための日焼け止めもまた、刺激となって肌への負担になってしまいます。

ここでは肌の弱い人や子供でも安心して使用できるノンケミカル日焼け止めのおすすめランキングを紹介していきたいと思います。

>>人気の市販日焼け止めおすすめランキングはコチラ

第1位:MAM&BABY / UV MILK

現在の価格はコチラ

今までどんな日焼け止めを使っても肌荒れを起こしていたという人に強くおすすめしたいのがMAM&BABY「UV MILK」です。SPF17.7・PA++と数値はさほど高くはありませんが100%天然成分で作られているため非常に肌に優しく、新生児にも使用できるというのが大きな魅力になっています。

この「UV MILK」は紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も使用していません。紫外線吸収剤も紫外線散乱剤も使用せずにどうやって紫外線から肌を守るのか不思議に思う人もいるかもしれません。

MAM&BABYの「UV MILK」は天然のUVカット成分であるMAASという成分を採用しています。このMASSとは海藻や魚などが紫外線から身を守るために体表面に持っている天然の紫外線を防御する働きを持っている物質のことです。

このMASSを独自の手法で高濃度で抽出し、日焼け止めに使用しているのです。こだわった天然成分だけを使用した肌を思いやる日焼け止めと言えるでしょう。

肌の負担にならないというだけではなく、肌のコンディションを整えるスキンケアとしても優秀で、使うほどに肌の調子が上がっていく日焼け止めでもあります。化粧下地としても美容ミルクとしても、マッサージクリームとしても使用できるまさに万能の日焼け止め。敏感肌の人にはぜひ試して欲しい製品です。

第2位:LANOA / ミネラルCCクリーム

     
現在の価格はコチラ

ノンケミカル日焼け止めながら、1本6役もこなす優れものがこのLANOAの「ミネラルCCクリーム」です。この1本で化粧下地、日焼け止め、乳液、美容液、毛穴カバー、色補正という多機能を備えています

また、ノンケミカル日焼け止めにしては珍しくSPF50+・PA++++という高数値で、紫外線対策としても非常に優秀な製品です。

皮脂吸着パウダーを配合しているので、皮脂が顔に広がる前にこのパウダーが皮脂を吸着してくれ、その結果ファンデーションが崩れるのを防いでくれる働きがあります。ミネラル成分を贅沢に配合しているので、塗るだけで肌にツヤを与え、透明感のある肌に仕上げてくれます。

化粧下地としても非常に優れた製品であるのではないでしょうか。

さらにこの「ミネラルCCクリーム」にはライトセラピーという効果があります。これはUVの光の波長を変えて肌のケアに使用するという方法で、エイジングケアに優れた効果を発揮してくれます。

紫外線を防ぐだけではなく、そのUVを有効活用する日焼け止めは非常に画期的な存在です。

今まで、ノンケミカル日焼け止めの白浮きや化粧のりの悪さに悩んでいた人に特におすすめしたい製品です。

第3位:Lapis Lazuli(ラピスラズリ) / LLサンスクリーン

現在の価格はコチラ

SPF40・PA+++と、ノンケミカル日焼け止めとしては中々の高数値が特徴の1つであるラピスラズリの「LLサンスクリーン」は高保湿と低刺激にこだわった日焼け止めになっています。

日焼け止めによく使用され、肌への負担の原因になる7種の成分が無添加なので、安心して使用できる製品です。

また、従来のノンケミカル日焼け止めの問題点だった白浮きを抑え、ザラつきのないしっとりと滑らかな仕上がりになるのも優れたポイントです。

従来の日焼け止めは汗で落ちてしまうことも難点でしたが「LLサンスクリーン」は植物性のポリマーを使用することでその問題の克服をしています。植物性のポリマーを配合することでphに応じて性質が変わり、汗の弱酸性では落ちにくく、石鹸の弱アルカリ性では簡単に落ちるようになっています。

この働きにより、専用のクレンジング不要で洗顔だけで日焼け止めを落とせるようになっています。

肌荒れ防止成分をたっぷりと配合し、日焼け止めをしながら保湿ができるので乾燥性敏感肌の人に非常に適した日焼け止めになっています。柚の香りでリラックス効果まで付いた肌にも心にも優しい製品です。

第4位:アクセーヌ / スーパーサンシールド EX

現在の価格はコチラ

アクセーヌの「スーパーサンシールドEX」はSPF50+・PA++++というノンケミカルながら高い数値を誇り、なおかつウォータープルーフという秀でた製品です。ウォータープルーフだと専用のクレンジングで落とすイメージがありますが、通常のクレンジングでオフできるので肌の負担を軽減できます。

UV防止効果だけではなく、使用感と心地良さにもこだわっており、伸びの良さと潤い感は肌に無駄なストレスをかけません。「スーパーサンシールドEX」を化粧下地に使用することでファンデーションの付きや持ちを良くする効果もありす。

パーフェクトヴェール技術を採用することにより、色素が直接肌に触れないように作られているのも肌への優しさです。

普段使いは勿論ですが、汗をかくアウトドアの時など非常に重宝する日焼け止めと言えるでしょう。

第5位:dプログラム / アレルバリアエッセンス

現在の価格はコチラ

敏感肌にも様々な種類がありますが、花粉などのダメージで一時的な敏感肌になる人におすすめなのがdプログラムの「アレルバリアエッセンス」です。SPF40・PA+++で紫外線から肌を守る働きも優れているのですが、空気中の花粉やホコリなどのアレルゲンからも肌を保護してくれる日焼け止めなのです。

化粧下地としても高い効果を持ち、ファンデーションの付きを良くしてくれます。「アレルバリアエッセンス」は透明ですが、同シリーズで「アレルバリアエッセンスBB」というBBクリームタイプのものも発売されており、用途によって選べるのも嬉しいポイントです。

第6位:アベンヌ / デイプロテクターUV 

現在の価格はコチラ

SPFの高い日焼け止めは肌に負担になるから避けたいという人におすすめなのがアベンヌの「デイプロテクターUV 」です。SPF30・PA+++でデイリー使いにピッタリの日焼け止めですが、もちろんおすすめポイントはそれだけではありません。

この「デイプロテクターUV 」は保湿クリームとして優れた効果を持っているのです。これ1本で日焼け止め保湿クリーム化粧下地の役割を充分に果たしてくれます。

日焼け止めを使用すると肌が乾燥するという人にはぜ試して欲しい製品です。

第7位:ブルークレール / UVラグジュアリーデイクリームII

現在の価格はコチラ

あらゆる外的要因で肌荒れを起こしてしまうという敏感肌の人にはブルークレールの「UVラグジュアリーデイクリームII」をおすすめします。SPF23・PA++と数値はそこまで高くはありませんが、花粉やPM2.5、ブルーライト、近赤外線などからも肌を守ってくれるプロテクター性の高い日焼け止めなのです。

徹底的な無添加にこだわり、肌への優しさを追求した日焼け止めで保湿性にも優れており、肌をしっかり保護したい人に適しています。

第8位:POLA(ポーラ) / ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト

現在の価格はコチラ

ローヤルゼリーエキスやヒアルロン酸などの美容成分を贅沢に使用しているのがポーラの「ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト」です。

この「ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト」はSPF50・PA++++で紫外線を完全に防ぎながら、美白ケアまで行ってくれるという優れもの。さらに肌荒れをケアする保湿成分を配合しており、日焼け止めに高いスキンケア能力を求める人にうってつけの製品と言えるでしょう。

第9位:エトヴォス / ミネラルUVパウダー 

現在の価格はコチラ

エトヴォスの「ミネラルUVパウダー 」はその名の通りパウダー状の日焼け止めです。ミネラルと美容成分から作られているため肌に優しく、毛穴を塞ぐこともありません。

ほんのりとパールがかかったピンクベージュのパウダーは肌にツヤと血色を与えてくれますフィニッシュパウダーとしてもとても優れたパウダーです。

SPF50・PA++++と高い数値ながら石鹸で簡単にオフできるのも優れたポイントと言えるでしょう。

化粧直しを行うたびに塗り直しができるので、日中に化粧直しをする人には非常に適しています。

第10位:ママバター / UVケアクリーム

現在の価格はコチラ

ノンケミカル日焼け止めはどうしても価格が高くなってしまうという難点があります。しかしママバターの「UVケアクリーム」はノンケミカルながらも非常に低価格。コストパフォーマンスに優れた日焼け止めです。

SPF25・PA++で肌への負担も少なく、無添加で子供でも安心して使用できます。伸びも良く、石鹸で落とせるので肌がストレスを感じません。

デイリー使い用に低価格の日焼け止めを探している人や親子で使用したい人におすすめの製品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め