日焼けをしっかり対策!
ピントルの日焼け止め専門ページ

おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め
スポンサーリンク

低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング

日焼け止めパウダーランキング

さっと肌に乗せるだけ、手軽に使用できる日焼け止めパウダーをご存知でしょうか。今回は日焼け止めパウダーについての魅力をたっぷり紹介致します。自分に合う日焼け止めパウダーの選び方や、おすすめブランド、商品までしっかり紹介しますのでぜひご覧ください。

紫外線は一年中降り注いできます。日焼け止めパウダーについて理解を深めることで、紫外線対策の選択肢が広がります。日焼けや紫外線は怖いけど、いろいろと対策するのはめんどくさいなんて方も、使い易い日焼け止めパウダーの魅力をぜひ知ってください。

スポンサーリンク

日焼け止めパウダーとは?

日焼け止めパウダーとは?

日差しと紫外線は年々強くなってきていると言われています。お肌に不安な環境の中で日焼けや紫外線対策に、悩みがつきない方も多いですよね。そんな不安を解消する日焼け止めアイテムの中に、「日焼け止めパウダー」があります。

日焼け止めパウダーとは、その名の通りパウダータイプの日焼け止めです。別名UVパウダーとも呼ばれています。メイクの上からでも重ねて塗ることができるので、こまめに塗り直しができ女性達の間で人気が高まっています。

ファンデーションのように色つきのものもあり、お休みの日にはファンデーション代わりにこれだけで済ませている方もいます。肌は焼きたくないし、メイクは軽めに済ませたいけど紫外線はできるだけ防ぎたい。そんな希望を叶えてくれる魅力的なアイテムです。

日焼け止めクリームとの違い

一般的に普及しているクリームタイプとパウダータイプには、それぞれの特徴を伴った違いがあります。

日焼け止めパウダーは油分のある日焼け止めクリームとは違い、サラサラしています。使い方も直接肌に塗り、メイク下地としても使われる日焼け止めクリームとは対照的に、メイクの仕上げとして最後に軽く肌に乗せるようなイメージで使います。

テクスチャーの伸び良さでは日焼け止めクリームが優勢です。日焼け止めパウダーも全身に使うことはできますが、パウダータイプはそこまで伸びが良くないので全身に満遍なく使おうとすると、クリームタイプよりもややコストがかかります

クリームタイプは下地として使われることもあり、保湿力が高いところも特徴ですが、その点パウダータイプはクリームタイプに比べると、保湿力に欠けます。乾燥肌の人にはあまり向かないかもしれません。

ただ、クリームタイプ特有の肌へ塗った後のベタつきが気になる方は、付け心地の軽いパウダータイプが快適でしょう。伸びが良くしっかり肌に塗る日焼け止めクリームと、サラサラとした軽い付け心地の日焼け止めパウダー、これらの違い踏まえて日焼け止めパウダーのメリットをチェックしていきましょう。

>>日焼け止めの使い方についてはコチラ

日焼け止めパウダーのメリット

日焼け止めパウダーのメリットは、大きく3つにわけることができます。

肌への負担が軽い。

付け心地の軽さが特徴の日焼け止めパウダーは、しっかり肌に塗るクリームタイプのものと違い、低刺激で油分も少なく、メイクの最後で軽く乗せるようにつけることから、肌への直接的負担が少ないと言われています。

クリームタイプの中でもモノによっては、白浮きしたり、ベタつきを押さえるために厚塗りになってしまうことがありますが、日焼け止めパウダーであればサラサラとしているので厚塗りになりにくく、その点も肌の負担が軽くなる理由のひとつです。

メイク直しが簡単。

夏場は特にメイクが崩れやすい季節です。メイクを直す際に下地に使っていた日焼け止めも塗りなおしたいけど、外出先でメイクを全て落として最初からやり直すのは難しいですよね。

そんな時日焼け止めパウダーなら、メイクの上に軽く重ねるだけで大丈夫です。こまめに直すことができるので、日焼け止めの効果も落ちてきているのでは、と気になる午後のメイク直しも簡単です。

落としやすい。

実は日焼け止めは刺激が強いものが多いので、メイクを落とす際にはしっかり落とさないと肌に負担がかかります。パウダータイプはその点とても落としやすいので負担が少なく、メイクオフの手間がかからないのもメリットです。

洗顔料ぬるま湯だけでも落とすことができるので、とても簡単です。

日焼け止めパウダーの上手な選び方

日焼け止めパウダーの上手な選び方

日焼け止めパウダーの魅力がわかってきたところで、今度は選び方のポイントも紹介します。肌に優しい日焼け止めパウダーも必ず合うかどうかは個人差があります

自分に合うかどうか、しっかりポイントをチェックしていきましょう。

>>目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキングはコチラ

SPF・PAの数値

日焼け止めのパッケージによく書かれている英数字ですが、この二つの数値の意味をご存知でしょうか。実は紫外線の中には紫外線B波、紫外線A波という種類が存在し、それぞれの紫外線に対してどれだけの効果があるかを示しています。

まず、SPFとは「Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)」の略称で、主に紫外線B波のことです。紫外線B波はシミやそばかすの原因になると言われており、春先から夏の終わりまで暑い時期に多く降り注いでいる紫外線です。

個人差はありますが、人が紫外線に当たり焼けてしまうまでに約15~20分ほどかかると言われており、それをSPF20ならば20倍遅らせることができるという意味になります。

PAは「Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)」の略称で、こちらは紫外線A波のことです。紫外線A波は浴び続けると肌が老化し、シワやたるみの原因になります。こちらは一年中降り注いでいます。

PAの後に「」がいくつか続いていますが、その+の数が多ければ多いほど効果の高さを確認することができます。4段階で設定されていますのでPA++++は非常に高い効果を期待することができます。

日焼け止めは数値の高さだけで選んではいけません。数値が高ければ高いほど紫外線を防ぐ効果は期待できるものの、合わせて肌への負担も高くなります

それぞれ日常生活を送るだけであれば、外出の時間にもよりますがSPF15~20、PA++~+++あれば良いと言われています。海や山、夏場の長時間の外出であればそれ以上のものを選ぶのがおすすめです。

肌に優しいかどうか

日焼け止めパウダーは油分が少ないので肌への負担が軽いのが魅力ですが、その中でもさらに添加物などが使用されていないタイプも出ています。敏感肌の方は防腐剤などの添加物有無もチェックしてみてください。

また、日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という成分があり、同じ日焼け止め効果でもそれぞれことなる性質を持っています。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、肌の奥まで紫外線を通さないようにします。紫外線を防ぐ力は強いのですが、肌への刺激も強く負担がかかります。それに対して紫外線散乱剤は塗ることで肌の表面で反射させることができます。肌への刺激も高くありません。

肌への優しさを優先するのであれば、紫外線吸収剤含まない日焼け止めパウダーを選ぶと良いでしょう。「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」または「オーガニック」とパッケージに記載されているものを検討してみてください。

>>ノンケミカル日焼け止めおすすめランキングはコチラ

テクスチャー

パウダータイプの中でも2種類のテクスチャーにわかれます。テクスチャーによっても付け心地が変わりますので、その違いもしっかりチェックしていきましょう。

ルースタイプ

粉が固まっていない、パウダータイプの中でもよりサラサラとしたテクスチャーです。ふわっと軽いソフトな仕上がりです。よりナチュラルな仕上がりを求めるならルースタイプがおすすめです。

ただ、ファンデーション代わりにこれだけで済ます場合、肌への負担が軽い分密着度が弱いので、落ちてしまう可能性があります。こまめにお直しするか、短時間の外出であれば心配ないでしょう。

他に、しっかりケースの蓋を閉めないと粉が零れてしまう可能性もあるので、どちらかというと持ち歩きにはあまり向いていません

プレストタイプ

プレストタイプは粉をしっかり固めたタイプのことです。ルースタイプと同様にサラサラとしたテクスチャーです。見た目は落ち着いたマットな仕上がりです

ルースタイプに比べると密着度は高いので、しっかりつけたい方におすすめです。密着度が高いとは言えど、もちろん肌への負担の軽さというメリットは変わりません

ただ、雑に塗るとムラができやすいので注意です。粉がケースから零れることもなく持ち歩きにも向いています

スポンサーリンク

日焼け止めパウダーおすすめランキング:TOP10

日焼け止めパウダーおすすめランキング:TOP10

肌に負担が少なく気軽に使え、こまめにお直しすることもできる日焼け止めパウダー。今まで使ったことがない方も欲しくなってきたのではないでしょうか。ここでは、おすすめの日焼け止めパウダーをランキング形式で紹介します。

ハイブランドからプチプラアイテムまで紹介しますので、ぜひお参考にしてみてください。

第1位:オルビス (ORBIS)/ サンスクリーンパウダーSPF50 PA++++

現在の価格はコチラ

素肌のような軽い付け心地なのに、SPF50 PA++++でしっかり紫外線をカット。高い効果が期待できるのは、紫外線散乱剤を極薄の板状粉体に付着させて配合していることに理由があります。

板状粉体にしたことで肌の表面を隙間なく覆い、強い日差しを浴びても紫外線を強力に跳ね返すことができるのです。さらにテカリも押さえ、くずれにくくサラサラ感が持続します。

こんなに嬉しい効果ばかりなのに価格もお手頃です。自然な仕上がりが好きな方、初めて日焼け止めパウダーを手にする方におすすめです。

第2位:ドクターシーラボ / エンリッチリフトUVパウダー50

現在の価格はコチラ

国内で最高レベルの紫外線防御力のSPF50+ PA++++が魅力の日焼け止めパウダーです。日焼けや紫外線を防いでくれるだけでなく、美容成分も配合されているので、ふっくらしたツヤのある肌をも作ってくれます。

毛穴やこじわもカバーする効果もあり、ちりやほこりからも肌を守ってくれるスキンプロテクター成分も配合されているので、ファンデーションの代わりにベースメイクのメインとして使うこともできます。

日差しの強い日の長時間の外出や、旅行などでメイク用品をできるだけコンパクトにまとめたい方におすすめです。これひとつあればメイクの時間も節約できます。

第3位:DHC / 薬用PWプレスドパウダーUV(医薬部外品)

     
現在の価格はコチラ

紫外線予防はもちろんのこと、シミやそばかすなどをカバーしてくれる美白メークアップ効果と、美白スキンケア効果も期待できます。くずれにくく、明るい肌を維持してくれる優れものです。

薬用美白成分C誘導体が配合されているので、今あるシミやそばかすをカバーするだけでなく、原因となるメラニン生成を抑え予防します。カバー力があるのに厚塗りにならないのもうれしいポイントです。

どんなに数値の良い日焼け止めパウダーでも、完全に紫外線をカットできるわけではありません。こちらの商品は紫外線の予防と同時に、美白スキンケア効果も期待できます。白い肌のお手入れに、より注力されている方にぜひ試して頂きたいアイテムです。

第4位:エトヴォス(ETVOS) / ミネラルUVパウダー SPF50 PA++++

現在の価格はコチラ

ミネラル美容成分でできている、ルースタイプの日焼け止めパウダーです。毛穴をふさがず肌に優しい自然な仕上がりに。ぬるま湯と石鹸で簡単に落とせてしまいますが、効果は劣ることなくロングUVAやブルーライトを大幅カットしてくれます。

ロングUVAは肌の奥深くまで入り込んでくる紫外線です。非常にダメージが強くシミ、乾燥などの原因にもなりますが、こちらの日焼け止めパウダーは保湿効果や保水力の高い成分も含んでいるので、紫外線で受けたダメージや、夏場の強力なエアコンの風などで乾燥しがちな肌におすすめです。

乾燥肌でパウダータイプを敬遠していた保湿力重視の方、手にとってみてはいかがでしょうか。

第5位:MiMC / ナチュラルホワイトニングミネラルパウダーサンスクリーン SPF50 PA+++

現在の価格はコチラ

キメ細やかなパウダーで肌の表面のでこぼこをなめらかにしてくれます。紫外線予防はもちろんのこと、メラニンの生成を抑えてくれる効果で、日焼けしてしまった後のケアも期待できます。

日焼け止めパウダーは、こまめに塗りなおすことでより効果を維持し続けることができます。こちらのアイテムは繰り返し塗りなおしても厚塗りに見えないので、しっかり日焼け止め対策をしたい方におすすめです。

他にも成分として含まれている東洋ハーブの効果で、日焼け後の肌のほてりを抑えてくれます。肌荒れ対策にもなり、健康的な肌を維持し美しく見せてくれます。

第6位:セザンヌ(CEZANE) / UVクリアフェイスパウダー

現在の価格はコチラ

こちらの日焼け止めパウダーの魅力はなんといってもそのお手頃な価格です。しっかり日焼け止め対策したいのに、コストを気にしてたっぷり使えないのでは意味がありませんよね。その点気にせず、たっぷり使える価格がセザンヌの日焼け止めパウダーのうれしいところです。

数値はSPF28、PA+++なので、海や山へと一日中アウトドアを楽しむのには向きませんが、日常生活で使用するには十分な数値です。また、テカリを抑え、顔色を明るく仕上げてくれます。

メイクの仕上げに、お直し用にとおすすめのアイテムです。ケースもコンパクトなので小さめのポーチにも収まります

第7位:アムリターラ (Amritara)/ オールタイムパウダーサンスクリーン SPF38 PA+++

現在の価格はコチラ

色はほとんど付かない透明な日焼け止めパウダーです。オーガニックのホホバオイルで保湿効果も期待できます。他にもオーガニックにこだわった各成分を含んでいることで、お肌にとことん優しい日焼け止めパウダーになっています。

顔だけでなく全身にも使うことができ、汗のベタつきも抑えサラサラにしてくれます。さらに甘夏とオーガニックローズマリーのさわやかな香りで、より心地よい使用感を楽しむことができます。

添加物や成分が気になってしまう方、敏感肌の方におすすめです。汗をよくかき、あせもが出来やすい方はボディパウダー代わりに使えるのもうれしいですよね。

第8位:トゥベール(Toutvert) / ミネラルサンスクリーン

現在の価格はコチラ

紫外線吸収剤不使用の、肌に負担が少ないノンケミカル処方の日焼け止めパウダーです。保湿成分もたっぷり配合しているので、紫外線で受けた肌のダメージもしっかりケアしてくれます。

高品質の天然ミネラルを使用しているので付け心地も非常に軽く、仕上がりはセミマットタイプとツヤタイプの2種類が出ています。2個セットでの販売もしているのでその日の気分によって仕上がりを選べるのも楽しいですよね。

SPF50、PA++++で紫外線予防はばっちりです。効果の高い日焼け止めパウダーがほしいけれど、できるだけ肌の負担を軽くしたい方におすすめです。

第9位:シャネル(CHANEL) / ル ブラン ルース パウダー UV

現在の価格はコチラ

ルースタイプの日焼け止めパウダーです。肌によくなじみ透明感のある仕上がり長時間維持してくれます。空気のように軽いと言われるパウダーで付け心地も優しく、紫外線もSPF50 PA++++でしっかり予防します。

少量のパウダーで軽くはたいて肌に乗せます。光沢のある上品なホワイトカラーのケースが、日焼け止めの効果を期待させてくれるデザインです。

価格はやはりハイブランドのシャネルだけあり少し高めではありますが、日焼け止めパウダーとしての品質は間違いありません。自分へのご褒美や、大切な方へのプレゼントにいかがでしょうか。

第10位:エムエスエイチ(msh) / TiME SECRET ミネラルUVパウダー

現在の価格はコチラ

肌にピタッと密着して毛穴やシミをカバーしてくれる日焼け止めパウダーです。紫外線もしっかりガードし、美容エッセンスも配合されているので肌の潤いも保ってくれます。

皮脂吸収パウダーでサラサラとした付け心地が長く続くので、夏などのテカリやすい時期におすすめです。ケースもコンパクトで持ち歩きに便利です。

パウダータイプの中では比較的落ちにくく、メイク直しがこまめにできない方にもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
最新!目的別:人気の市販日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
市販日焼け止め
簡単で手軽!日焼け止めスプレーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めスプレー
化粧下地にも!顔用日焼け止めおすすめランキング
おすすめ
顔用日焼け止め
低刺激!日焼け止めパウダーおすすめランキング
おすすめ
日焼け止めパウダー
いつから必要?赤ちゃんの日焼け止めおすすめランキング
赤ちゃん
日焼け止め