傷んだ髪も憧れのサラツヤヘアーに!
ピントルのトリートメント専門ページ

おすすめの記事はコチラ
超優秀!人気トリートメントおすすめランキング
おすすめ
トリートメント
大人気!美容院専売トリートメントおすすめランキング
美容院専売
トリートメント
必見!メンズ向け人気トリートメントおすすめランキング
メンズ向け
トリートメント
安くて優秀な洗い流さないトリートメントおすすめランキング
安くて優秀
トリートメント
傷まない!人気カラートリートメントおすすめランキング
カラー
トリートメント
スポンサーリンク

効果抜群!洗い流さないトリートメントの使い方と注意点

洗い流さないトリートメントの使い方と注意点

トリートメントと言えば、使用後にはシャンプーと同じように洗い流すのが一般出来ですが、実は「洗い流さないトリートメント」というものが販売されているのをご存知でしょうか?「洗い流さないとなるとベタつくのでは」という疑問や普通のトリートメントと変わらないでしょ、といった意見もあるでしょう。

しかし、ベタつくこともなく洗い流すトリートメントよりも効果が高いとも言えます。とは言ってもどんなものか分からないといいものなのかどうか分からないという方もみえると思います。そこでこちらでは効果抜群の洗い流さないトリートメントの使い方と注意点についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

洗い流さないトリートメントの効果

洗い流さないトリートメントの効果

まずは洗い流さないトリートメント効果についてご紹介してきましょう。洗い流さないトリートメントは一般的な洗い流すトリートメントよりヘアケアとしての効果が多くなっています。それはダメージを受けた髪の補修をはじめとして、以下のような効果があるのです。

  • 髪の保湿効果
  • 髪のダメージ補修
  • 髪のダメージガード効果

このような3つの効果が期待できるのです。他にも洗い流さないトリートメントにはミルクタイプやミストタイプなど様々な商品が販売されているのですが、そちらは関連ページで詳しく紹介させていただいているのでそちらを参考にしてください。こちらではそれぞれの効果について詳しく見ていきましょう。

髪の保湿効果

ミルクタイプ ジェルタイプ

髪の保湿にはミルクタイプ・ジェルタイプの洗い流さないトリートメントが特におすすめです。

洗い流さないトリートメントには美容成分が含まれており、その中でも髪の保湿力を高めるものが多く含まれています。ドライヤーで乾かす時、水分が飛んでしまったり、日光に晒された場合や時間の経過によって髪の水分量が減ってしまったりすると、髪の乾燥やパサつき、ごわつき、うねりといった状態へと発展しやすいです。

そういった場合は洗い流さないトリートメントの美容成分で髪の保湿力を高めれば、そのような髪の状態を改善する効果を期待できるのです。

>>ミルクタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

>>ジェルタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

髪のダメージ補修

クリームタイプ ミストタイプ ウォータータイプ

髪のダメージ補修にはクリームタイプ・ミストタイプ・ウォータータイプの洗い流さないトリートメントが特におすすめです。

上述にもあるように、洗い流さないトリートメントには美容成分の他、様々な有効成分が含まれています。

洗い流すトリートメントであれば、塗布した後、ある程度成分が浸透したら流してしまいますが、洗い流さないトリートメントは長時間にわたって髪の内部に浸透していきます。その後、毛髪補習作用が働くことでダメージを負った髪も健康な状態に戻すことができます。その結果、髪の張りやコシが回復して全体的なボリュームアップが期待できるのです。

>>クリームタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

>>ミストタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

>>ウォータータイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

髪のダメージガード効果

オイルタイプ スプレータイプ

髪のダメージガード効果にはオイルタイプ・スプレータイプの洗い流さないトリートメントが特におすすめです。

洗い流さないということは髪の表面にトリートメントが留まっていることを意味します。その結果、トリートメントがバリアとなりガード効果を発揮してくれます。主にはドライヤーの熱や紫外線、埃、匂いといった外的ダメージから髪を守ってくれます。

これらは髪のごわつきやパサつきの原因になってしまいます。そのため洗い流さないトリートメントのコーティングによって1日中髪が守られるのであれば、日常生活で懸かってくるそれらのダメージから効果的に髪を保護し、トリートメントによって改善された状態を保てるということになるのです。

>>オイルタイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

>>スプレータイプの洗い流さないトリートメントおすすめランキングはコチラ

洗い流さないトリートメントの使い方のポイント

洗い流さないトリートメントの使い方のポイント

それでは洗い流さないトリートメントの使い方のポイントをご紹介していきましょう。使い方を理解しておけば先述のような効果をしっかりと得ることができます。トリートメントなんて適当に塗ればいいんじゃないの?と思われているかもしれませんが、実は正しい方法で塗らないと効果が半減するどころか髪を傷めてしまうこともあります。

これは洗い流すトリートメントにも言えることなので、しっかりと心得ておいてください。洗い流すトリートメントの正しい使用方法は関連ページに記載していますので、そちらも使う方は合わせて確認をしておくのもいいでしょう。

>>洗い流すトリートメントの上手な使い方と注意点はコチラ

髪の水気をしっかりと切る

まずは髪の水気をしっかり切ります。トリートメントは髪に水気が残っていると上手く浸透できず流れ落ちてしまいます。特に、洗い流さないトリートメントは水気が天敵であり、水分で薄まってしまうとコーティング効果などがなくなり、塗っておく意味がなくなってしまいます。

そこでタオルで挟んでパンパンと軽く叩きながら毛先にかけて水分をしっかりと切るようにしてください。完全に乾かす必要はないのですが、しっとりとした状態程度にしておかないとトリートメントの効果を得られません。

髪の中間から毛先を中心に塗布する

トリートメント全般に言えることですが、ときどき髪の根元から塗ろうとする方がみえます。残念ながらこれは間違いです。

トリートメントを塗る際は、トリートメントを手に適量乗せ指の間にもしっかり広げて、髪の中間あたりから毛先に向けて塗布してください

これは頭皮につかないようにするためですが、なぜそれがいけないのかは後述させていただきます。

頭皮に付かないようにコームを使って全体に馴染ませる

塗布したトリートメントはコームなどを使って全体に馴染ませます。特にダメージが酷い髪には揉み込むようにして馴染ませてください。

ただこの際、根元近くまで伸ばしますが、頭皮につかないように気を付けてください。頭皮についてしまうと、元々ある皮脂とトリートメントの油分が混ざり、毛穴を塞いでしまいます。そうなると頭皮ニキビや痒みの原因になります。

それだけならまだいいのですが、頭皮環境が悪化していくと抜け毛や薄毛の原因にもなり兼ねません。洗い流すトリートメントであればまだ流すので多少頭皮から落とすこともできますが、洗い流さないトリートメントは文字通りそのままにしてしまうので塗る際には特に注意が必要です。

優しくドライヤーで乾かす

塗布が終わったら、ドライヤーで優しく乾かします。ドライヤーから出る風に流すように乾かしてください。特に男性はよくやりがちですが、髪の間が素早く乾くように指でガシガシと髪を掻きながら乾かさないようにしましょう。せっかく塗ったトリートメントが落ちてしまいます。あくまでも優しく乾かしてあげるようにしてください。

スポンサーリンク

洗い流さないトリートメントを使う時の注意点

洗い流さないトリートメントを使う時の注意点

さて、正しい方法は理解していただけたと思いますが、間違った使い方をすると効果がないどころか髪を傷めてしまうことにもなり兼ねません。ここからは洗い流さないトリートメントの注意点についてご紹介していきますので、使用時には注意して行ってください。

水気を残ったままで使用しない

先ほども触れていますが、水気が残ったままで使用しないようにしましょう。洗い流さないトリートメントは特に水気があるとコーティング効果が薄まってしまいます。そうなるとダメージから髪を守れないどころか有効成分の浸透力が落ちてしまい、ダメージ補習の効果も望めなくなってしまいます。水気はしっかりと切ってトリートメントを塗布しましょう。

付けすぎないように量に気を付ける

付け過ぎないように気を付けるのはトリートメントに限った話ではありませんが、商品に記載されている目安分量を守って使用するようにしましょう。時々多めに付ければ効果も上がる、と勘違いされる方もみえますが、それは間違いです。

髪にはトリートメントの有効成分を吸収できる許容量が存在します。それを超える量を塗布したところで髪は吸収しきれないので、意味がないどころか使い過ぎで勿体ない状況になってしまうのです。場合によっては多すぎる栄養分は、栄養過多で毒にしかなりません。

また塗布する量が多いということは意図せず頭皮についてしまう可能性も上がってしまうということで。紙と紙を貼りつけるのに大量の液体糊を使った時、多すぎてはみ出した経験はないでしょうか?あれを思い浮かべてもらえば、なんとなくでもその状況が理解できると思います。

頭皮に付かないようにする

こちらも先述しましたが、頭皮につかないようにするのは必須とも言えます。頭皮環境の悪化は守るべき髪を失ってしまう原因となります。艶やかで美しい髪を手に入れようとしたら薄毛になってしまった、なんてことになったら目も当てられません。

頭皮に優しい成分で構成させれているものもありますが、どのような商品であれ、塗布するときには特に注意して行うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
超優秀!人気トリートメントおすすめランキング
おすすめ
トリートメント
大人気!美容院専売トリートメントおすすめランキング
美容院専売
トリートメント
必見!メンズ向け人気トリートメントおすすめランキング
メンズ向け
トリートメント
安くて優秀な洗い流さないトリートメントおすすめランキング
安くて優秀
トリートメント
傷まない!人気カラートリートメントおすすめランキング
カラー
トリートメント