自分に合った体重計が見つかる!
ピントルの体重計専門ページ

ダイエットや筋トレに!目的別:体重計の種類と選び方

体重計の選び方

体重計の種類は豊富で、商品によって様々な機能が搭載されているので、購入する際どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

体重計はその使用目的によって適しているものが違い、合っているものを購入しないと性能不足、あるいは宝の持ち腐れになってしまうことも多いのです。そこでこちらでは目的に合わせた体重計の選び方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

体重計の正しい選び方

体重計の正しい選び方

体重計の正しい選び方を考えていく上で、体重計のタイプを選ぶことは大切です。体重計と一言に言っても3タイプに分かれ、使用用途によって選ぶべき体重計のタイプは変わってくるのです。

  • 体重計
  • 体脂肪計
  • 体組成計

上記の3つが体重計のタイプになります。自身に適した体重計はどれなのか、その選び方、考え方をこちらでは解説させていただきます。

>>人気の体重計のおすすめランキングはコチラ

>>人気の体脂肪計のおすすめランキングはコチラ

>>人気の体組成計のおすすめランキングはコチラ

目的別体重計の選び方

目的別体重計の選び方

体重計は、使用用途で適したものが変わるとお伝えしましたが、つまりはどのような目的で体重計を使用するかで選び方が変わるという事です。

体重計を使う主な目的は以下のようなものがあります。

個人個人の目的を精査すれば、さらに細かく分けることも可能だと思いますが、まずは大枠で目的を見極めることが大切です。これで適した体重計を絞ることが出来るのです。

ダイエットに適した体重計の選び方

まずは、目的の中でも特に多いダイエットに適した体重計の選び方を見ていきましょう。

ダイエットでは体重を気にする方が多いですが、厳密には体重以外のデータも重要です。そのため体重以外に様々な数値を測定できる体重計が必要になってきます。

そのような体重計を「体組成計」と呼ばれることもありますが、体重以外にも脂肪や筋肉量、推定骨量、内臓脂肪、基礎代謝量などが測定でき、体重計としてはハイスペックなモデルだと思っていただいてもいいでしょう。

ダイエットに使うためにこのような体重計を選ぶ上では以下のポイントに注目したいところです。

体重を測る以外にもこのような数値を測定できる機能が搭載されていると、ダイエットを成功させる上でより便利な体重計を選ぶことができます。

全ての機能が入っているものがベストですが、そうなると価格も上がってしまうことが多いので、普段はなかなか知れない体重以外の数値を測定可能な体重計を選ぶのがベターだと考えていただいてもいいです。

>>人気のダイエット用体重計のおすすめランキングはコチラ

体脂肪率を測定できる体重計の特徴

体脂肪率とは体組成の中で脂肪が締める重量の割合を表しています。例えば60kgの人の体脂肪率が20%の場合、その体脂肪の重さは12kgとなります。

ダイエットを考える上で体脂肪率は重要な意味を表します。基本的に健康診断でも肥満を判断するときにも体脂肪率を基準として考えています。

体脂肪は筋肉と比べても同じ重さでは、体脂肪の方が体積を大きくするため、体全体の堆積を増やしてしまい、太ってしまうのです。

つまりダイエットをするのであれば、体脂肪を落とすことが1つの要素であり、この数値の減少を目的にすることが多いため、測定できる体重計が必要になるのです。

体脂肪率は体組成計を除けば、その測定方法は意外と難しいです。そのためそれを手軽にしかも家庭でいつでも測れるのはメリットというほかありません。

体脂肪率については関連ページでもご紹介していますので、そちらも参考にしてください。

基礎代謝を測定できる体重計の特徴

基礎代謝とは、何もしていなくても生命活動を維持するために無意識のうちに自動で行われている活動で消費されるエネルギーのことを言います。

例えば心臓は常に動くことを意識してはいませんが、止まってしまうと生命活動が維持できません。そのため無意識下でも常に動き続けています

心臓は筋肉の塊である以上、動かすためには必ずエネルギーが必要となるのですが、このエネルギーが基礎代謝という事になるのです。

何もしていなくても、という前振りはありましたが1日動かないという事はほぼないため、日々の生活の代謝とともに、基礎代謝も行われていると考えていただくといいでしょう。

この基礎代謝は成人し、代謝が安定した一般人で、男性が約1500kcal/日、女性が約1200kcal/日となっています。(kcal/日は1日に消費するエネルギーの単位)

ただしこれは平均的な数値であり、個人差があります。しかし自分の基礎代謝を知ろうと思っても計算方法もやや複雑で、様々な数値が必要なため面倒です

またダイエットを考えていく上でも運動による消費カロリーの目標や、食事のコントロールにも必要な数値となってくるため、目標と計画を立てる上では知っておけるといい数値です。

そのため体重計の中にこの基礎代謝を測定できる機能があると、手軽に知ることができるため便利なのです。こちらも詳しくは関連ページをご用意していますので、そちらもご確認ください。

減量目標を設定できる体重計の特徴

上記の体脂肪率や基礎代謝から目標を設定したとして、紙に書いて貼っておいたり手帳などに書いておいたりして、目に触れるところに目標を掲げておくというのは良い手です。

ついついダイエットを諦めてしまう事や誘惑に負けそうになった時に目標が目に入ることで、思いとどまることもあるでしょう。

ただそれだけでなく、減量目標を設定できる体重計を購入すると、体重を測るたびに減量目標にあと何kgなのかや、性能が良いものだと体重がどのように推移してきたのかなどを記録し残してくれるので、より分かりやすく、モチベーションに繋がります。

部位別に脂肪率を測定できる体重計の特徴

部位別に脂肪率を測定できる体重計とはどういうものなのか、そこからご紹介してきましょう。

先ほど体脂肪率については触れていきましたが、あれはあくまでも全身の脂肪の割合です。しかし体脂肪は様々な場所についており、その割合は部位ごとに違います。

そうなると特に脂肪が多いと思われる部位の脂肪率を別途測定できると、目標や計画がより立てやすくなるのですが、これは通常の体脂肪率を測れる体重計ではできません。

そこで作られたのが部位別に脂肪率を測定できる体重計です。操作方法に沿って行えば、簡単に各部位の脂肪率を測定することができるのです。

ただここまでの機能が付くと、価格はかなり上がることは覚悟してください。それでも測定できることで、筋トレによるダイエットであれば、どの部位を重点的に行うかなど計画を立てることも出来るのです。

BMIを測定できる体重計の特徴

BMIとはボディー・マス・インデックスの略称であり、体重と身長からその人の肥満度を数値化した体格指数のことを言います。

健康診断を受けたことがある方は見たことがある数値でしょう。計算によって求められる数値であり、日本では22を標準体重として、25以上を肥満とみなしています。

簡易的に体の状態を示す数値なだけに指標にはなりますが、この数値だけで肥満かどうかを判断するのは危険ですので注意してください。

ただある程度の目安としては便利な数値ですので、計算ででも1つのデータとして知っておきたいですが、毎回計算するのは面倒という方もいるでしょう。

体重計によってはこのBMIを測定し、記録してくれるものもあります。体重は変化しますが、成人してから身長は変化することは少ないため体重計に登録することで、体重を測るたびに自動で計算してくれるので便利です。

>>BMIと標準体重の調べ方について詳しくはコチラ

アプリ連動型の体重計の特徴

最近は様々なものが、Bluetoothなどを利用してスマートフォンのアプリと連動するようになっています。

それは体重計も例外ではなく、ハイグレードなものになってくるとそのような機能が付くものがあります。

体重などのデータを体重計本体に記録するものも便利ですが、アプリと連動してくれていれば、いつでもその記録を確認できますし、体重計まで見に行く必要もないので便利です。

また体重計のディスプレーでは表示に限界がありますが、スマートフォンであれば非常に美麗で分かりやすいデータを見ることができるものもあります。

収納できるデータの種類や記録期間の違いも商品やアプリによって違いはありますが、体重計に記録するものより、より多くの種類や長い期間のデータを見ることが出来るものが多いです。

>>人気のbluetooth対応体重計のおすすめランキングはコチラ

筋トレに適した体重計の選び方

続いて筋トレに適した体重計の選び方です。こちらは先ほどから出てきている体組成計が便利です。

筋トレはダイエット以上に体重以外のデータが重要となります。むしろ体重は筋トレをする目的によっては全く関係ないものとなります。

また筋トレにおいて、筋力量は何よりも知りたいデータですが、体重計だけでは測定することができません。

そのため体重以外のデータも得られる体組成計、あるいは以下のような機能を持つタイプの体重計を使った方が、効率良く筋トレを行うことができるのです。

  • 筋肉量を測定できるタイプ
  • 体脂肪率を測定できるタイプ
  • アスリートモードを搭載しているタイプ
  • アプリ連動型のタイプ

>>人気の筋トレ用体重計のおすすめランキングはコチラ

筋肉量を測定できる体重計の特徴

筋力量とは、読んで字のごとく体についている筋肉の量になります。ダイエットや一般的に体重を測るだけであれば、気になることはほとんどないデータですが、筋トレを必要とする方々には気になるところです。

特に必要とする方はボディビルなどを行われている方のイメージもありますが、実は運動を主体としたダイエットでも効率よく行う手助けになるデータになります。

いずれにしても筋力量が測れる体重計を使うことで、体の現在の筋肉量を知るのに便利であり、これから筋トレをする上でどのように行うと良いのかの1つの指標にもなります。

こちらもハイグレードなものになると、筋肉量を部位ごとに測定できるものもあります。そうなるとより詳細なデータを採ることも可能ですが、やはり価格が高いのがネックではあります。

体脂肪率を測定できる体重計の特徴

体脂肪率については先ほど触れた通りです。筋トレをするとなると、ダイエットを除けばアスリートの方が多いと思いますが、体脂肪はアスリートにとってコントロールが必要なものになります。

例えばボディビルダーであれば、筋力量は多く、体脂肪率は低いことが望まれます。また筋肉も見た目重視で大きく、引き締まったボディを作るためには体脂肪を限りなく減らすことが求められます。そうなると体脂肪率が測れる機能は必要となってきます。

しかしこれが他のスポーツになってくると意味合いが変わってきます。確かに他のスポーツでも体脂肪率は低い方が良いのですが、低すぎると免疫能力の低下や、体温調整ができないなどの不調が生じるため、コンディション維持には下げ過ぎないことも大事です。

そのため、筋力量と同時に体脂肪率を把握しておくことも大切なのです。一般的にただ筋トレをしているだけであれば、筋力の増加と共に体脂肪が落ちているかどうかの確認もできることが望ましいため、やはり機能としては付いていた方が便利でしょう。

アスリートモードを搭載している体重計の特徴

アスリートモードとは、スポーツに従事し1週間のかなりの時間をトレーニングに当てられている方や、実業団に所属し大会に参加される方、あるいはプロとして活躍している方など、アスリートと分類される方に向けた機能を言います。

アスリートの方は一般人に比べて、筋肉量や骨量も多い傾向が見られるため、一般的な体組成計だけでは誤差が大きくなる可能性があります。

そのため測定の精度を上げ、より正確に近い値を導き出せるのがアスリートモードになり、それを搭載した体重計の特徴になります。

筋力量や体脂肪率を測定できる体重計でもアスリートの例は触れましたが、ハイレベルなトレーニングをする方や、競技レベルが高い方ほど、一般的な体重計、体組成計では誤差が大きくなる傾向にあります。

そのような方々はより精密に測れるアスリートモードが搭載されたものを使用したほうが、誤差も小さく、また効率よくトレーニングするのに便利になるのです。

注意としては、アスリートモードはあくまでメーカーの命名になりますので、メーカーごとに名称が変わります。商品選びの際にはしっかりと確認する必要があります。

アプリ連動型のタイプ体重計の特徴

筋トレにおいてもアプリ連動型は便利です。筋トレはダイエット以上に様々なデータを細かく管理していきたいところですし、こちらも手軽にデータを確認できると、計画も立てやすくなります。

また筋トレはトレーニングメニューを体の状況に合わせて変えていく必要にあるので、そのためにもデータはこまめに確認できた方が、効率良く筋トレを出来るという事になるのです。

家庭用など複数人の使用に適した体重計の選び方

家庭用など複数人の使用に適した体重計ともなると、当然1台の体重計で複数人のデータが管理できることは必須とも言えます。

さらに性能が良いものだと、乗るだけで、自動でユーザーを判断してくれるものだとなお便利になります。

このような機能を持つ体重計はメーカーごとに登録できる人数が異なりますので、購入する前には必ず確認しましょう。

大抵は核家族化の影響もあり、1家族4人を基準としているものが多いので、これよりも多い人数を登録できるものは少なくなっていきますが、使用する人数によって選ぶ商品を変えていくようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ダイエットや筋トレに!目的別:体重計の種類と選び方
体重計
種類と選び方
失敗しない!人気の体重計のおすすめランキング
おすすめ
体重計
高品質!人気の体組成計おすすめランキング
おすすめ
体組成計
減量!人気のダイエット用体重計おすすめランキング
おすすめ
ダイエット用
筋肉量測定!人気の筋トレ用体重計おすすめランキング
おすすめ
筋トレ用