自分に合った体重計が見つかる!
ピントルの体重計専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ダイエットや筋トレに!目的別:体重計の種類と選び方
体重計
種類と選び方
失敗しない!人気の体重計のおすすめランキング
おすすめ
体重計
高品質!人気の体組成計おすすめランキング
おすすめ
体組成計
減量!人気のダイエット用体重計おすすめランキング
おすすめ
ダイエット用
筋肉量測定!人気の筋トレ用体重計おすすめランキング
おすすめ
筋トレ用

アプリで体重管理!アプリ対応の体重計と注意点

アプリ対応の体重計

現在は技術の発展により、スマートフォン1つあれば様々なことができるようになりました。特にアプリを入れることにより機能が拡張されるので、さらに便利になります。その恩恵は様々なものに利用されています。

体重計はデータなどの管理をするのに本体に記録するものが多いですが、最近はスマートフォンと連動することで、より簡単に、かつ便利にデータの閲覧や管理が出来るようになりました。こちらではアプリ対応の体重計と注意点をご紹介していきます。

スポンサーリンク

アプリ対応の体重計とは?

アプリ対応の体重計とは?

今や生活の中で無くてはならなくなったのがスマートフォンですが、電話やメール、LINEなどの通信手段としてだけでなく、アプリを使ったスケジュールやデータ管理なども手軽に行えるようになりました。

体重計を製造するメーカーはそこに目をつけ、測定した体重や体脂肪率などのデータをスマートフォンに送り、アプリで管理するというシステムを作り上げたのです。

スマートフォンを例にとりましたが、もちろんデータ管理に適しているPCでもアプリさえ入れればその管理は可能となっています。

つまりアプリ対応体重計とは、スマートフォンやPCと連動して、データ管理を行い、分かりやすくその変化を教えてくれる製品になるわけです。

ただし全ての体重計が対応しているわけではありません。当然、デジタル体重計であってもそれ自体に通信できる機能が無ければデータのやり取りは出来ませんし、例え通信環境が整っていてもスマートフォンによっては未対応のものもあります。

例えば、iPhoneではアプリが出ているがAndroidには未対応であることもあり、その逆もまたあり得ます。

また両方に対応していても通信方法の関係でPCには未対応という事もあり得ます。要するにアプリ対応といっても環境によって出来るかどうかはしっかり確認をする必要があるという事です。

>>人気の体重計のおすすめランキングはコチラ

>>人気の体脂肪計のおすすめランキングはコチラ

>>人気の体組成計のおすすめランキングはコチラ

アプリ対応の体重計のメリット

アプリ対応の体重計のメリットは、何といってもデータ管理のしやすさにあります。そもそもスマートフォンやPCにデータを送れるので、いちいち体重計があるところまで行ってデータを確認する必要がありません。

そもそも体重計のモニターはどれだけ大きくなっても見辛いことが多く、データの確認においては操作もし辛いことが多いです。

しかしアプリ対応であれば、スマートフォンやPCの綺麗な画面上で確認することができますし、操作もしやすいことがほとんどです。

またアプリそのものはデータが確認しやすいように数値の配置や、グラフなどを使用したビジュアルとしての分かりやすさを重視していることが多く、管理できるデータ量も多いので、長期的に確認できることが多いです。

ダイエットやトレーニングにおいては1日単位や1週間単位の推移だけでなく1カ月単位の推移も重要になってきます。そのあたりを確認しやすいのは便利というほかないでしょう。

アプリ対応の体重計のデメリット

ただしデメリットもあります。体重だけでなく体脂肪率や筋肉量など様々数値が測定できるとなると、高性能な体重計や体組成計となり価格もかなり高くなりますが、アプリ対応の通信機能を持たせるために、さらに高価になってしまいます

また先ほども触れましたが、アプリ対応とついつい飛びついて、自分が持っているスマートフォンやPCに対応していない、と言ったミスをすることもあります。

そのため予算、そして通信機能の確認を念入りにする必要があるのがやや面倒ではあります。

アプリ対応の体重計の注意点

アプリ対応の体重計の注意点

さて、ここまで特徴やメリット・デメリットについて触れてきましたが、それらも踏まえた上でアプリ対応の体重計の注意点をご紹介してきます。

接続可能な端末

先述しましたが対応している接続可能な端末の確認は要注意です。せっかく購入しても接続ができないのであれば、宝の持ち腐れです。

  • iPhone対応
  • Android対応
  • PC対応

基本的にはこの3つの対応を注意する必要があります。タブレットであればOSにも因りますが、iPadであればiPhoneと、それ以外のタブレットはAndroidと、タブレットパソコンはPCとの対応を確認すれば問題はないと思います。

ただ確実ではないので、詳しくない方、分からない方は家電量販店の店員に伺うか、メーカーに直接問い合わせるようにしてください。

話は逸れましたが、体重計のメーカーあるいは機種によって接続可能な端末が変わってきます。全て対応ものもあれば、一部対応のものもあるので自分がどの端末でデータを管理したいかも考えた上で、接続可能かどうか確認してください。

体重計の通信機能の違い

通信機能の違いも注意が必要です。体重計には以下のような通信方法のいずれかを採用しています。

  • Wi-Fi対応
  • Bluetooth対応
  • おサイフケータイ・Felica
  • NFC対応

Wi-Fiはインターネットとルーターを利用したホームネットワークなどで通信する方法になります。そのためこの環境が構築されてないと通信できないことがありますが、体重計の近くでなくてもデータのやり取りができます。

例えば、体重計がWi-Fi通信さえしていれば、外出先からでも体重計と通信することが可能です。体重計さえ通信ができていれば、スマートフォンは無線LANに接続していなくても通信可能なのです。

Bluetoothは体重計とスマートフォンが直接通信するためネットワークなどが必要ありません。その代り体重計から通信可能な一定範囲に居なければやり取りができません。

おサイフケータイやFelicaの機能を利用したものは体重計の通信部分にタッチすることでデータをスマートフォンに送ることができます。

しかしBluetooth以上に体重計の近くに居なければならず、タッチしなければいけない範囲に居なければいけないため、測定後などすぐに通信しないと面倒と思うこともあるかもしれません。

NFC(Near Field Communication)もおサイフケータイ機能やFelicaと同じで、体重計の通信部分にかざすことでデータを転送することができる機能になります。メリット・デメリットはおサイフケータイなどと同じになります。

>>人気のbluetooth対応体重計のおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ダイエットや筋トレに!目的別:体重計の種類と選び方
体重計
種類と選び方
失敗しない!人気の体重計のおすすめランキング
おすすめ
体重計
高品質!人気の体組成計おすすめランキング
おすすめ
体組成計
減量!人気のダイエット用体重計おすすめランキング
おすすめ
ダイエット用
筋肉量測定!人気の筋トレ用体重計おすすめランキング
おすすめ
筋トレ用