お気に入りがきっと見つかる!
ピントルのチーク専門ページ

おすすめの記事はコチラ
ふんわり!人気のパウダーチークおすすめランキング
パウダー
チーク
自然な血色感!人気のリキッドチークおすすめランキング
リキッド
チーク
色持ち抜群!人気のクリームチークおすすめランキング
クリーム
チーク
肌に優しい!人気のミネラルチークおすすめランキング
ミネラル
チーク
コスパ抜群!人気のおすすめプチプラチークランキング
プチプラ
チーク
スポンサーリンク

あなたの顔の形はどのタイプ?顔の形別チークの入れ方

顔形別チークの入れ方

日常のメイクでチークを取り入れている人は多いと思います。しかし自分に合ったチークの使い方が分からずになんとなくチークを使用している人もいるのではないでしょうか。

チークは顔の形に合わせて入れ方を工夫することで様々な効果をもたらしてくれます。ここでは顔の形ごとに効果的なチークの入れ方を学び、顔の印象を変える方法を見ていきたいと思います。

これを読んで自分に合ったチークの入れ方をマスターし、メイクの腕をランクアップしましょう。

スポンサーリンク

チークの入れ方

チークの入れ方

チークは基本的に、黒目の外側から下げた位置小鼻と耳の中央を結んだところを起点に入れていきます。耳から指2本分は入れず、また、頬骨がある高さより上には入れないようにしましょう。
これを基本的なチークの入れ方になります。これを基準にそれぞれの顔の形なりたいイメージに合わせて入れ方を変えていきましょう。

>>人気の売れ筋チークおすすめランキングはコチラ

主な顔の形5パターン

顔の形は主に5つのパターンに分けられます。

  • 丸顔
  • 面長
  • 逆三角形
  • ベース型・エラ張り型
  • 卵型

中には自分の顔の形がコンプレックスだという人もいるかと思います。自分の顔の形に合った方法でチークを入れて、それぞれのデメリットになってしまう部分をカバーしつつ、より魅力的になれるメイクを覚えていきましょう。

丸顔

丸顔は、若々しく見えるのはメリットですが太ってみられがちというデメリットもあります。またメイクで明るい色を使用すると平面的な顔に見えてしまうという難点もあります。

面長

落ち着いた印象を与える面長の人は、実年齢よりも上に見られてしまいがち。ハイライトやチークを縦長に入れると顔が長く見えてしまうのが困りものです。

逆三角形

知的でクールな逆三角形の顔はシャープな印象を与えます。しかしチークを低めに入れてしまうとキツイ顔立ちに見えてしまうので注意が必要です。

ベース型・エラ張り型

ベース型・エラ張り型は顔立ちがはっきりしているのでセクシーなメイクが似合います。逆にナチュラルすぎるメイクにしてしまうと顔が広く見えてしまうのが難点です。

卵型

美しいバランスが印象的な卵型の輪郭にはナチュラルなメイクが似合います。強い色を使用するとやや老けて見られてしまうので注意が必要です。

>>チークの種類と選び方についてはコチラ

丸顔におすすめのチークの入れ方

丸顔におすすめのチークの入れ方

ぽっちゃりとして見える丸顔の人はチークの入れ方を工夫してシャープで引き締まった印象を目指しましょう。

ほお骨の高い位置からこめかみへ斜めに、長細く入れていきましょう。こうすることで引き締まった印象に仕上がります。丸く入れるのは一層顔が丸く見えてしまうのでNGです。

スポンサーリンク

面長におすすめのチークの入れ方

面長におすすめのチークの入れ方

面長の人はどうしても落ち着いて見えてしまうので、チークの入れ方で幼さを演出しましょう。

長さを出さないように、頬の内側から横長の楕円形にチークを入れます。高い位置にチークを入れると下の部分の長さが強調されてしまいます。頬骨よりも下を意識してチークを入れましょう。

横広にチークを入れることによりあどけない印象に仕上がります。

逆三角形におすすめのチークの入れ方

逆三角形におすすめのチークの入れ方

逆三角形の人はキツイ印象になりがちなので、チークの入れ方でやわらかな印象を目指しましょう。

頬の内側から丸くふんわりとチークを入れることでやわらかで優しげな印象になります。斜めに入れてしまうとシャープさが際立つので注意しましょう。

ベース型・エラ張り型におすすめのチークの入れ方

ベース型・エラ張り型におすすめのチークの入れ方

ベース型・エラ張り型の人は男っぽく見られがちです。チークの入れ方を工夫することでやさしい印象に変えてみましょう。

頬の中央からこめかみに向かって、やや斜めの楕円形を意識してチークを入れていきます。そのままエラにも軽く滑らせることがポイントです。これによりやわらかな印象に仕上がります。

スポンサーリンク

卵型におすすめのチークの入れ方

卵型におすすめのチークの入れ方

卵型の人は王道のチークの入れ方でOKです。微笑んだ時に一番高くなる位置が濃い目になるように入れて、こめかみへとを描きます。これにより女性らしいやわらかな印象に磨きがかかります。

黒目よりも内側に入れると顔が大きく見えてしまうので注意しましょう。

イメージ別:チークの入れ方

イメージ別:チークの入れ方

流れ作業になりがちなメイクですが、チークは入れ方を変えることで顔の印象を大きく変えてくれます。ここでは仕上がりの印象ごとにチークの入れ方を見ていきたいと思います。

その日の予定や服装に合わせてチークの入れ方を工夫し、印象を変えてみましょう。

>>流行メイクのチークの入れ方についてはコチラ

可愛い・キュート系

キュート系の印象を目指すのならば、頬骨の一番高い位置の黒目の下から目尻にかけてのあたりに丸く入れましょう。小鼻側が一番濃くなるようにグラデーションを意識して入れていきます。ぼかしすぎないようになじませるのがポイントです。

大きすぎないブラシで入れていくのが仕上がりを綺麗にするコツです。
色はや、ピンクとオレンジの2色を混ぜたものがおすすめです。上気したような頬が可愛らしい印象を与えます。

>>流行メイクのチークの入れ方についてはコチラ

大人っぽい・クール系

大人っぽいイメージを目指す時は、頬の一番高い位置からやや下にフェイスラインに沿って入れていきましょう。位置を高めに入れることでリフトアップ効果もあります。

大きめのブラシふんわりとした色付きを意識しながら入れていきましょう。発色が自然に見えるようにしっかりぼかすようにしてください。
色はベージュ、ブラウン系がおすすめです。クールで落ち着いた印象に仕上がります。

上品・エレガント系

上品でエレガントに仕上げたい時は、鼻から耳横にかけて平行に色を入れてみましょう。大きなブラシで入れていくのがポイントです。

手の甲で色をなじませてから頬に入れていきましょう。薄付きにすることで上品な仕上がりになります。
色は華やか過ぎない上品なオレンジや薄いピンク色などがおすすめです。品の良い落ち着いた印象になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
ふんわり!人気のパウダーチークおすすめランキング
パウダー
チーク
自然な血色感!人気のリキッドチークおすすめランキング
リキッド
チーク
色持ち抜群!人気のクリームチークおすすめランキング
クリーム
チーク
肌に優しい!人気のミネラルチークおすすめランキング
ミネラル
チーク
コスパ抜群!人気のおすすめプチプラチークランキング
プチプラ
チーク