光と香りで癒される!
ピントルのアロマキャンドル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
初心者向け!アロマキャンドルの種類と選び方
アロマキャンドル
選び方
プレゼントに!ギフト用アロマキャンドルおすすめランキング
ギフト用
アロマキャンドル
女子必見!人気の可愛いアロマキャンドルおすすめランキング
可愛い
アロマキャンドル
自然派!オーガニックアロマキャンドルおすすめランキング
オーガニック
アロマキャンドル
安全安心!人気のLEDアロマキャンドルおすすめランキング
LED
アロマキャンドル

グレードの口コミとおすすめアロマキャンドル

グレードのアロマキャンドル

アロマキャンドルを扱うグレードというブランドは、多くの方にアロマキャンドルを楽しんでもらえるよう、価格を抑え、しかし上質な香りに包まれる商品を作り続けています。こちらではそんなグレードの口コミとおすすめアロマキャンドルをご紹介していきます。

>>アロマキャンドルの種類と選び方について詳しくはコチラ

>>アロマキャンドルの使用方法と保管方法について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

グレード(Glade)とは?

グレード(glade)とは?

グレードは、神奈川県横浜市西区に本社を置くジョンソン株式会社のブランドの1つです。ジョンソン株式会社は化学薬品メーカーであり、アメリカのSCジョンソン社の日本法人でもあります。よく間違われるのは多国籍企業のジョンソン・エンド・ジョンソンですが、こちらとは無関係です。

その歴史は1886年まで遡り、アメリカ合衆国ウィスコンシン州にて寄木細工の床材メーカーとして設立されたのが始まりとされています。そのご80年の時を経て、1986年高度経済成長期の日本に進出してきました。

化学メーカーとしては家庭用洗剤を主に製造していますが、グレード自体は2008年に消臭パフパフを日本で本格的に展開する際に登場したブランドであり、芳香剤や消臭剤を取り扱うブランドとして現在も様々な商品を販売しています。

グレードのアロマキャンドルの特徴

グレードのアロマキャンドルの特徴

グレードは、一般的な方々でも手軽に楽しめる香りの良いアロマキャンドルを作っています。デザインも極めて可愛いものや美しい、というものではないですが、シンプルでどこに置いても外観を損なわない作りです。

ニューヨークで最も売れているアロマキャンドルだけあり、その品数や価格は選びやすく、また手を出しやすいものとなっています。その香りは香水のようにトップノート、ミドルノート、ラストノートで構成された緻密にデザインされたものとなっています。

膨大にある香りの組み合わせから調香師の方々が計算に計算を重ね、深みがありつつもしつこくない、いつまでも飽きることない香りを実現すべく作り上げた香りとなっています。またグレード製だけでなく、海外産のものに多い特徴ですが日本国内のものより香りが強いものとなっています。

そんな中でさらにグレード製は、火をつけなくてもしっかりとその香りを楽しむことができ、火をつけ消した後もしばらくはその香りを楽しむことが出来る香りの強さと持続性が他の製品よりも高いのも特徴となっています。

香りについてはそれぞれの特徴や効果は違いますが、それによりどのようなシーンでも商品を選べるようになっています。その中には2in1と呼ばれる上層と下層で2つの香りに分けられているものもあり、使い続けることで途中から違う香りを楽しめるというユニークなものもあります。

>>アロマキャンドルの種類と選び方についてはコチラ

グレードの香りの種類

そんなグレードの香りの種類をこちらでまとめておきましょう。

  • エンジェルウィスパー
  • クリーンリネン
  • ピュアバニラジョイ
  • フレッシュベリー&ワイルドラズベリー[2in1]
  • ラベンダー&バニラ[2in1]
  • ムーンライトリリー&サイレントリバー[2in1]
  • サンシャインフラワー&クリーンリネン[2in1]

グレードのアロマキャンドルの口コミや評判

グレードのアロマキャンドルの総合評価としては高評価となっています。ただし全てが良い評価というわけではなく、悪い評価もあります。やはりその種類の多さと、品質、それに対する価格が評価されており、特徴である香りの強さも良いとされています。また他ブランドの製品と比べても燃焼時間は長めという事で、長時間楽しめるのも好評となっています。

その一方で量産品としての悪い面が評価を下げているところもありました。香りについては好き嫌いがありますが、香りに敏感な日本人にとっては香りが強すぎるとの声もあります。香りとしても安物のような独特な香りと酷評する方もいらっしゃるだけに、こちらも大量生産の弊害なのかもしれません。

特徴に良くも悪くも、と記したのはこれが要因となっています。しかし勘違いしてほしくないのは悪い評価をされていたのは少数であり、大半が良い評価をされていたという事です。代表的な評価をまとめてみましたが、ここでグレードのアロマキャンドルのメリット・デメリットもご紹介しておきましょう。

グレードのアロマキャンドルのメリット

メリットは、その香りの強さと種類の豊富さでしょう。悪い評価をつける方もいらっしゃいましたが、その香りの強さから火をつけなくても香りを楽しめるのはメリットです。芳香剤としても使用することができ、火をつけるのが不安な方はインテリアとして置いて香りを楽しむことができるのは利点でしょう。

また燃焼時間の長さは1つで長い時間楽しめるという事なので、豊富な種類から気に入る香りに出会いやすいため、しばらくはその香りに浸ることも可能ということです。

グレードのアロマキャンドルのデメリット

その一方で、人工的な香りに敏感な方は苦手とする香りである可能性があるため、おすすめは出来ません。芳香剤にもなるような強い香りがデメリットになってしまいます。それでも香りに満足されている声が大半なので、可能性としてはそれほど高くなく、香りとの相性さえ悪くなければ大きなデメリットはさほどないと言えます。

グレードのキャンドルはこんな人におすすめ

グレードのキャンドルはその豊富さから、様々なシーンに対応したものを選びやすいです。そのためシーンに合った商品をお探しの方にはおすすめとなります。また天然素材などにこだわりがなく、価格としても手頃なものをお探しであれば、こちらで十分に満足できるものとなっているはずです。ただし香りのチェックは予めしておいた方が無難です。

スポンサーリンク

グレードのアロマキャンドルおすすめ:厳選3種

グレードのアロマキャンドルおすすめ:厳選3種

それではグレードのアロマキャンドルのおすすめの香りをご紹介していきましょう。香りも多いので厳選して3選ご紹介させていただきます。

ピュアバニラジョイ

現在の価格はコチラ

透明感のあるシュガーバニラをベースにフレッシュアップルやピーチを織り交ぜることですっきりとした甘さを演出した商品で、次々と変わる甘さの感触に安心感に包まれたような感覚さえ得られる逸品でもあります。デザインとしてはシンプルですが、価格としても手に入れやすく幅広い層に支持されるのは確かな商品としておすすめです。

ムーンライトリリー&サイレントリバー

現在の価格はコチラ

グレードの2in1商品であるムーンライトリリー&サイレントリバーは前半がフゼアブーケ系の香り、後半はフローラルマリン系の香りへと変化し、どちらも高級な香りで癒しの空間を作り上げてくれます。日々の生活に疲れた方はこちらを試してみてはいかがでしょうか?

フレッシュベリー&ワイルドラズベリー

現在の価格はコチラ

こちらも2in1の商品ですが、新鮮な香りと野性味あふれる香りを織りなす甘酸っぱさがそれぞれ顔を見せるアロマキャンドルです。この香りによって爽やかさと共に心を解放して活力を与えてくれる商品となっています。最近元気がない方におすすめしたい香りです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
初心者向け!アロマキャンドルの種類と選び方
アロマキャンドル
選び方
プレゼントに!ギフト用アロマキャンドルおすすめランキング
ギフト用
アロマキャンドル
女子必見!人気の可愛いアロマキャンドルおすすめランキング
可愛い
アロマキャンドル
自然派!オーガニックアロマキャンドルおすすめランキング
オーガニック
アロマキャンドル
安全安心!人気のLEDアロマキャンドルおすすめランキング
LED
アロマキャンドル