素敵な男性は素敵な香りを身に纏う
ピントルのメンズ香水専門ページ

よく読まれるページはコチラ
【最新版】メンズ向け香水おすすめ人気ランキング
メンズ香水
人気ランキング
ビジネスシーンで使えるおすすめのメンズ香水
ビジネスシーン
おすすめ香水
デートでおすすめの女子受けが良いメンズ香水
女の子受け抜群
メンズ香水
学校につけて行けるおすすめのメンズ香水
学校で使う
おすすめ香水
スポーツに使えるおすすめのメンズ香水
スポーツシーン
おすすめ香水

メンズ香水の濃度による分類

メンズ香水の濃度による分類

香水はすべてが同じ濃度で作られているわけではありません。その中に含まれる香料の量によっていくつかのタイプに分類されます。香水は濃度によって持続時間や特徴が変わってきますので分類別に紹介します。

スポンサーリンク

メンズ香水の濃度別の分類と意味について

パルファン (parfum(s)) とエクストレ (extrait(s))

香水の濃度別分類の中でも最も濃度の高い香水です。その濃度は15%~30%程度となります。香りは非常に豊かで最も香りの原料に近いものと言われています。エクストレとはパルファンの別名となりほぼ同じ意味を持つ言葉となります。香水作りをする人がまず最初にイメージして作りだす濃度の香水です。

これよりも濃度の薄い香水はこれを元に作られていきます。香料の含まれる量が多い香水であるため香りがきつくなりがちです。体温で温められ、長いものでは7時間近く香るものもあります。

オードパルファン (eaux de parfum, EdP)

オードパルファンはパルファン、エクストレに次いで二番目に濃度の高い香水です。濃度は10%~15%となっています。持続時間に関してもパルファン、エクストレほどではありませんが長時間持続します。また値段も安いので手軽に高級な香水を楽しめる種類の香水と言えるでしょう。

香りに関しても最高級のレベルとまではいかないものの、十分な品質といえます。品ぞろえも豊富な濃度分類のため、自分に合った香水も選びやすいでしょう。また、濃度に関しては決して薄いものとは言い切れませんので、あくまでも香水のつけすぎには注意した方が良いでしょう。季節的には湿度の低い時期を選んでつけるのがおすすめです。

オードトワレ (eaux de toilette, EdT)

オードパルファンよりもさらに濃度の低い香水です。その濃度は5%~10%です。持続時間は上記の二種類の濃度の香水よりも短くなり、約3時間程度となっています。手頃な値段で手に入るために使いやすく種類も豊富な香水です。若い世代に人気の濃度の分類と言えるでしょう。

また強い香りがあまり不向きな場所においても分量を間違えなければ使える濃度の香水です。足や肘の裏側などに一吹きしておく程度にしておけば、さりげない香りを演出することが可能な種類の香水ということが言えるでしょう。ビジネススクールライフにも向いています。

オーデコロン (eaux de Cologne, EdC)

香水の中では最も濃度分類が下になっている種類のものです。最も濃度が薄い種類の香水という認識でよいでしょう。濃度は3%~5%となっています。持続時間に関しても決して長くはなく、長くても2時間程度でしょう。午前中につけたものでも昼前には香りは極端に弱くなっている場合がほとんどです。

値段もリーズナブルで香りを気軽に楽しんだり、衣類や頭髪に吹きかけても楽しめる香水です。レストランなどの強い香りが好まれない場所でも使えるでしょう。強い香りを嫌う女性でも、このオーデコロンの香水なら大丈夫という方も多いようです。

練り香水

練り香水とは一般的な液体の香水ではありません。いわゆる個体のもので正確には「香油」と言わることがほとんどです。使い方は普通の香水と同じく比較的体温の高い部位につけて使われます。液体の香水とは違った雰囲気やおもむきがあり好きな人は好きでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
【最新版】メンズ向け香水おすすめ人気ランキング
メンズ香水
人気ランキング
ビジネスシーンで使えるおすすめのメンズ香水
ビジネスシーン
おすすめ香水
デートでおすすめの女子受けが良いメンズ香水
女の子受け抜群
メンズ香水
学校につけて行けるおすすめのメンズ香水
学校で使う
おすすめ香水
スポーツに使えるおすすめのメンズ香水
スポーツシーン
おすすめ香水