安眠できる便利アイテム!
ピントルのアイマスク専門ページ

おすすめの記事はコチラ
安眠できる!人気のアイマスクおすすめランキング
おすすめ
アイマスク
圧迫感なし!人気の立体アイマスクおすすめランキング
立体
アイマスク
目を癒してくれる!人気のアイピローおすすめランキング
おすすめ
アイピロー
ギフトにも!人気の可愛いアイマスクおすすめランキング
可愛い
アイマスク
遮光だけじゃない!アイマスクの効果
アイマスク
効果
スポンサーリンク

使い分ける!ホットアイマスクとアイスアイマスクの効果

ホットアイマスクとアイスアイマスクの効果

実際目元を温めるのも冷やすのも同じことと思っている人は多いと思います。しかし症状によっては温めると逆効果の場合や冷やすだけでは得られない効果が温めると得られたりと冷やすと温めるでは違いがそれぞれあります。

何気なく暑いから冷やしたり、寒いから温めている人は必見です!ここでは実際症状別に温める場合と冷やす場合の解説から、効果、特徴について詳しく説明しています。症状によって使い分けしてみてください。 

スポンサーリンク

目元は温めたほうがいいの?冷やしたほうがいいの?

人気のアイスアイマスクおすすめランキング:TOP5

アイマスクにはホットアイマスクとクールアイマスクの2種類のアイマスクが存在します。しかしどちらを使えばいいのか分からないと思う人は多いかと思います。冷やせば冷たい、温めれば暖かいだけではなく、それぞれ効果や用途が変わってきます

ホットアイマスクの場合、目元を暖めることによって目の周りの血行が良くなり筋肉をほぐしてくれます。そのため目元の疲れやむくみ、また肩こりに効果的と言われています。普段パソコン作業や目元を集中して行う仕事をやっている人は、目が疲れがちなのでホットアイマスクがおすすめです。

クールアイマスクの場合は、目が充血している時や目のかゆみ、目の疲労に効果的と言われています。目元を冷やすことで筋肉が収縮し、冷やし終わった後、筋肉が一気に元に戻り血行が良くなります。また、目のかゆみにも効果的と言いましたが、アレルギー性の目のかゆみにも一度冷やすことで、和らげる効果があります。

>>アイマスクの選び方について詳しくはコチラ

症状によって温めるか冷やすかを判断する

上記でも述べましたが、「暖めるのも冷やすのも同じこと?」と感じる人もいると思いますが、簡単にまとめると暖める効果が状態回復冷やす効果が体力回復と思っていただいて大丈夫です。

しかしネットの情報では曖昧な回答が多かったり、冷やすのも温めるのも同じことと書いてあることは多いですが、症状によって使い分けすることが肝心です。冷やすだけでは得られない効果が温めることにより効果を得られたりする場合や、冷やすことで逆効果になってしまったりまた、その逆で温めると逆効果になってしまうこともあります。目元の疲れは全身の疲れとも言われているくらいなので、慎重に選びましょう。

症状別:アイマスクの効果

症状別:アイマスクの効果

アイマスクは様々な用途で使い分けされ種類も豊富です。光を遮断して快適な睡眠の手助けをしたり、現代人が抱えている疲れの原因を簡単に取り除いてくれたりと様々です。また、睡眠の質を上げるために使っている人や光の遮断目的で使っている人など使用目的も様々だとです。

効果を体感した人の多くはもうアイマスクが手放せなくなると言うくらいアイマスクは魅力的なアイテムです。その中でもホットアイマスクとクールアイマスクは、光の遮断だけではなく、目の疲れや症状にとても効果的と言われています。

下記ではホットとアイスマスクの効果や特徴などについて詳しく説明しています。用途や症状に合わせてお選びください。

>>アイマスクの効果について詳しくはコチラ

アイスアイマスクの効果

冷罨法と用いられることがありますが、これは目と目の周りを冷やし、血管と筋肉を抑縮させることで、元に戻ろうとする力を引き出す方法のことを言います。一時的に効果を和らげたり、休息をとることで治る目の疲れに効果的と言われています。

夏の暑い日や就寝前にアイスマスクをして寝る人も多いと思いますが、アイスマスクには下記の3つの効果があります。それぞれ下記にて説明しているので、ご覧ください。

疲れ目

目の疲れは誰しも感じることです。長時間集中した時や、パソコン作業やテレビを長時間観たときなど、日々の生活の中で目が疲れがちになっている人は多いと思います。目元が疲れていると肩こりの原因の一つにもなります。疲れ目の症状として、目の奥が痛い、目がショボショボする、ピントが合わせにくいなどの症状が主な疲れ目の症状です。

そして疲れ目の厄介な症状が、目だけではなく全身に症状がでる場合です。疲れ目を放置することで、他の部位がそれをカバーしようと目以外の部位が働くことで負荷がかかります。その主な例が肩こりであったり偏頭痛、全身のだるさなどです。

寝れば治る」と思っている人も目は休まりますが次の日も同じことを繰り返していると、目は完全に疲れきってしまいます。改善策としては、目元を冷やすことです。目を冷やすことによって、目元の筋肉が収縮し冷やし終わった後、筋肉が元に戻り血行が良くなり回復します。目の疲れが良くなるだけで他の部位に負荷もかからなくなり、肩こりや偏頭痛なども改善されます。

普段肩こりがひどいと感じている人は、まずは目元を休ませ冷やしてあげることで症状が改善されることもある様です。しかしこれは一時的に疲れをとっていることになるので、長時間、例えば就寝前だけにやるのではなく寝ている間もクールアイマスクをし続けることにより効果は更に良くなります。

充血

長時間、目を集中して作業したり朝起きたら目が真っ赤になっていることは皆さん一度はあるかと思います。その赤くなっていることを充血と言います。充血は眼が炎症を起こしている状態のことを言い、充血してる場合、温めても冷やしてもどちらも効果があると言われていますが、すぐに効果を感じたい人は冷やすことをおすすめします。

冷やすことによって目の周りの血管が抑縮して、一時的に充血を隠すことができます。しかし一時的に効果がでるだけで、完全に治ったわけではありません。仕事でどうしても時間をとれない場合など、すぐに効果を感じたい人にはおすすめですが、しっかりと休息をとることが最善です。

目元が熱い場合

目元が熱くなる原因はドライアイ、目の炎症、疲れなど様々です。病院に行く時間がない人やすぐに改善したい人は目元を冷やしてあげることが効果的です。現代人の多くはパソコンが復旧しパソコンを多く触る機会が増え、常に目が疲れている状態と言われています。

また長時間集中してパソコンやテレビ、また細かい字を見終わった後など、目が疲れ熱くなることがあります。理由は、目元周りの筋肉を使い筋肉が極度の緊張感から目元が熱くなります。そんな時は、冷やすことによって、緊張感で固まっている筋肉を抑縮し、冷やし終わった後に筋肉が解放されそれと同時に目元の熱も下がっていきます。

しかし熱くなった目元を冷やしすぎると眼精疲労が悪化してしまう場合もあるので、冷やす際は5分から10分といった短時間で冷やすことをおすすめします。

目元が熱いのを分かっているのに、対処せずに放置してしまうと、目は常に緊張感で過ごし筋肉も和らぐことなく眼精疲労が悪化していきます。悪化していくと頭痛や肩こりなど様々な症状を引き起こします。短時間の手間いらずなクールアイマスクで目元を癒してあげてください。

ホットアイマスクの効果

温罨法と用いられることがありますが、温罨法とは目と目の周りを暖めることで、血管を広げ、血液の循環を良くする方法のことを言います。温めることで筋肉がほぐれリラックス効果があるほかに、新陳代謝にも効果があります。

目元を温めることに効果的な症状は以下の3つになります。下記では効果と詳しい理由を説明しています。

>>ホットアイマスクの選び方について詳しくはコチラ

目のくま

目の下の皮膚は血管が細かく張り巡らされ、人間の皮膚の中でも目の下の皮膚は最も薄い皮膚と言われ、血管などの色がわかりやすい部位です。そのため睡眠不足や疲労、ストレスの効果が一番目につく部位と言われています。

くまには4種類存在し、黒くま、茶くま、青くま、赤くまに分けられています。それぞれ症状は違いますが、全てのくまに効果的なのが目元を温めてあげることです。目の下にくまができる原因は目の疲労によって老廃物が溜まり血液の循環が悪くなり、酸欠状態を引き起こし、その酸欠状態になった血液が黒くなり目の下に溜まり引き起こします。

ホットアイマスクで目元を温めることで血液の循環が良くなり、疲労や老廃物が血液にのって排出され、酸欠状態になっていた血液に酸素が流れ込み、目のくまが解消されます。

ドライアイ

実に日本人の8割がドライアイと言われているほど、現代人の多くはドライアイを抱え、日々を過ごしています。目は常に涙で潤った状態を保っています。乾燥するのを防ぎ、角膜や粘膜への栄養を補給し、傷などから目を守ってくれる大事な役割を担っています。しかし異常により目の表面の涙が渇き、目の健康状態が損なわれる病気のことをドライアイと言います。

ドライアイには様々な症状があり、代表例でいうと瞬きの回数が多いことや10秒間、目を開けてられないことが主な症状です。しかし多くの人は、ドライアイと気づかずに普段過ごしていることが多くあります。それはドライアイが深刻な病気や病院に行くほどのものではないと考えている人が多いからです。ドライアイを放置することで視力の低下や、コンタクトが入らないといった現象が起こってきます。

ドライアイ対策は簡単に自宅でできるものが多く、その中の効果的な対策としてホットアイマスクがあります。目元をホットアイマスクで温めることで、目の周りの血行を良くしドライアイの解消に効果的と言われています。

理由としてマイボーム腺というまぶたの縁にある皮脂腺の一つで、涙の蒸発を防ぎ、涙がこぼれ落ちるの防ぐ皮脂腺が人の目にはありますが、涙の主成分に含まれている油を温めることにより、分泌、溶かしだし脂層を綺麗にすることができます。15分以上目元を温めることで効果がでやすいと言われているので、就寝前や就寝中に使用することをおすすめします。

全身のリラックス効果

目元を温めるだけで全身のリラックス効果に繋がります。眼球をコントロールしている動眼神経は副交感の神経といわれ、目を温めることでリラックス状態や、体を修復する現象が起こります。目を温めることでそのスイッチが入り、全身ポカポカ状態になります。理由は、目の副交感神経が働き血液の循環が良くなり、血液が体全体にいきわたりやすくなります。

もちろん頭や顔全体を温めることでこの効果は起こると言われていますが、血液の循環に最も効果的なのは目を温めることと言われています。そのためホットアイマスクが一番効率良く、全身のリラックスや疲れを癒してくれるアイテムです。リラックス効果だけではなくストレスや疲れなどもとり、また温め終わった後に目元を優しくほぐしてあげることで目だけではなく肩こりにも効果的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
安眠できる!人気のアイマスクおすすめランキング
おすすめ
アイマスク
圧迫感なし!人気の立体アイマスクおすすめランキング
立体
アイマスク
目を癒してくれる!人気のアイピローおすすめランキング
おすすめ
アイピロー
ギフトにも!人気の可愛いアイマスクおすすめランキング
可愛い
アイマスク
遮光だけじゃない!アイマスクの効果
アイマスク
効果