荒れや乾燥からプルプル唇を守る!
ピントルのリップクリーム専門ページ

おすすめの記事はコチラ
リップクリームおすすめランキング
おすすめ
リップクリーム
リップバームおすすめランキング
おすすめ
リップバーム
薬用リップクリームおすすめランキング
おすすめ
薬用リップ
オーガニックリップクリームおすすめランキング
おすすめ
オーガニック
色付きリップクリームおすすめランキング
おすすめ
色付きリップ
スポンサーリンク

唇や口角が切れる原因と正いリップケアの方法

唇が切れる原因と治し方

冬に多い唇トラブルの1つが「唇が切れる」ことです。特に多いのは口角に多く見られる症状であり、痛みが伴うため口を開けるのが億劫になる厄介なトラブルです。

そんな「唇の切れ」の原因と改善方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

唇や口角が切れる原因

冬に多い唇トラブルの1つが「唇の切れ」です。唇の端が裂けることが多く、痛みと出血を伴うので口を開けるのが億劫になり、食欲もなくなる厄介なトラブルです。

せっかく治りかけても、あくびなどの不可抗力によってまた裂けて、治りが遅くなることも多く、長期間治らないことも少なくありません

そんな厄介な唇トラブル「唇の切れ」の原因は大きく分けて3種類。

  1. 乾燥
  2. 栄養不足
  3. 病気

この中でも最も多いのが、秋冬に起きる乾燥によって唇や口角が切れてしまうことです。乾燥の場合はリップクリームを使ってケアすることもできますが、栄養不足であればリップクリームを使っても対症療法にしかならず、根本的な解決をするには食生活を見直すしかありません。

もちろん、病気の疑いがあれば自分でなんとかしようとせず、早急に病院での診察を受けることが望ましいでしょう。

では、それぞれの原因に合わせた唇や口角の切れを治す方法について詳しく紹介していきます。

乾燥は唇や口角が切れる1番の原因!

乾燥が1番の原因

「唇の切れ」の最大の原因は「唇の乾燥」と言われています。思い返してほしいのですが、乾燥した冬に唇が切れたことはあっても、湿気の多い夏に唇が切れたことはほとんど無いと思います。

唇はそもそも粘膜が外に出た部分と言われており、肌よりもデリケートで弱い部分です。潤っている状態が正常ですので、乾燥した状態にして置くと唇が荒れるのはもちろんですが、痒みや切れも発生することがあります。他の部位よりも乾燥に気を付ける必要があります。

注意してほしいのが、唇を舐める行為です。舐めることによって唇が一時的に潤いますが、その水分は一瞬で蒸発するとともに、内側の水分も一緒に奪っていきます。また、唇を外からの刺激から守るための「油膜」もなめとってしまうので、痒みが酷くなったり、荒れてしまう原因になります。

乾燥が原因の対処法

乾燥が原因で唇が切れた時は、対処法としては「保湿」が基本となります。保湿を徹底的に行えば、ダメージからの回復が促進され、唇の切れを早く治すことに繋がると言われています。

前述した通り、唇はバリア機能が無いので外部からの刺激に弱い個所です。ですので保湿や保護は非常に重要であり、十分な保湿を行わなければ回復が遅れるだけではなく、悪化させることにも繋がります。

ですので、出来るだけ早い回復を目指すのであれば、徹底的な保湿が最も合理的な方法と言えます。

乾燥が原因ならモアリップがおすすめ!

唇の保湿にはリップクリームがおすすめですが、唇の保湿を徹底的に行うのであれば、医薬品の「モアリップ」がおすすめです。普通のリップよりもはるかに優れた保湿力を持っており、唇の乾燥ケアにはおすすめです。医薬品ですので、用法用量や使用上の注意はよく読んでお使いください。

スポンサーリンク

栄養不足も唇や口角が切れる大きな原因

栄養不足も大きな原因

唇が切れる原因は唇の乾燥だけではありません。栄養不足も唇が切れる原因となります。特にビタミン不足の影響が大きいと言われており、特にビタミンB2とビタミンB6の不足によって唇が荒れて切れると言われています。ビタミンB2は粘膜を保護する働きがあり、ビタミンB6は粘膜を強化する働きがあります。

また、貧血も唇の荒れや切れの原因となると言われており、鉄分の不足も原因である可能性もあります。

栄養不足が原因の対処法

栄養不足が原因の場合は、バランスの良い食生活が基本となります。特に不足が予想される「ビタミンB2とビタミンB6」「鉄分」の補給が必要です。

サプリメントで補うのも1つの手段ですが、出来れば普段の食事で摂取することで、常日頃から栄養バランスに気を付ける習慣が身につくので、生活習慣病の予防にもなります。

ビタミンB2は「レバー、うなぎ、納豆、玉子」などに多く含まれており、ビタミンB6は「レバー、赤身の魚」に多く含まれています。また、ビタミンAとビタミンCを合わせて摂取することで、免疫力が向上すると言われています。

規則正しい生活とバランスの良い食生活。この2つは唇の切れだけではなく、健康的な生活に非常に役立つ習慣です。

その唇の切れってもしかしたら病気が原因かも?

その唇の切れってもしかしたら病気が原因かも?

「唇の切れ」が症状として現れた場合、病気が原因である可能性もあります。考えられる主な病気としては、「カンジダ」や「ヘルペス」ですが、糖尿病などの他の病気でも唇が切れることがあるので、心配な方や他の症状が出ている方は病院での診察をおすすめします。

特に「唇の切れ」が発生することが多いのは「カンジダ」です。唇の端に炎症が起きて亀裂が生じる皮膚疾患を口角炎、別名「カンジダ性口唇炎」といいます。

カンジダとは、口の中に存在している常在菌である「カンジダ菌」による感染症です。カンジダ菌は真菌、つまりカビの1種です。もともと口の中に存在している菌ですが、免疫力が落ちると繁殖し、唇トラブルの原因となります。

病気が原因の時の対処法

病気が原因の唇の切れや裂けの対処法は、病院での診察が基本です。治療が不要なほどの軽症であることが多いですが、素人判断で治療が遅れたために重症化したケースも少なくありません。

少しでも他の症状が見られた場合や、治りが遅い時など異常を感じたら診察されることをおすすめします。とりあえず、皮膚科を受診して検査してもらうのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
リップクリームおすすめランキング
おすすめ
リップクリーム
リップバームおすすめランキング
おすすめ
リップバーム
薬用リップクリームおすすめランキング
おすすめ
薬用リップ
オーガニックリップクリームおすすめランキング
おすすめ
オーガニック
色付きリップクリームおすすめランキング
おすすめ
色付きリップ